• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

斉藤茂吉の短歌「のど赤き 玄鳥ふたつ屋梁にゐて足乳根の母は死にたまふなり」について

学校の授業で斉藤茂吉の短歌「のど赤き 玄鳥ふたつ屋梁にゐて足乳根の母は死にたまふなり」について調べています。この短歌の詳しい解説、または詳しい解説が載っているページを教えてください。 よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数6238
  • ありがとう数27

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
  • debut
  • ベストアンサー率56% (913/1604)

ここ↓はどうでしょうか?  http://www13.plala.or.jp/hosonag/jukentanka2.htm

参考URL:
http://www13.plala.or.jp/hosonag/jukentanka2.htm

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 文学的な説明も入っててとてもわかりやすいです。

関連するQ&A

  • 斉藤茂吉

    至急おねがいします。 斉藤茂吉の のど赤き玄鳥ふたつ屋梁にゐて足乳根の母は死にたまふなり という短歌を単語として区切り、活用の種類を知りたいのですが どこで区切ればいいのかも種類も全然分かりません。 教えてください☆・゜三 のど/赤き/玄鳥ふたつ屋梁にゐて足乳根の母は死にたまふなり うえのように区切って頂きたいです うえの区切りが間違っていたらすみません(うω;`) あと形容詞や動詞などももし分かる方がいれば 全てでなくてよいのでお願いします!

  • 斉藤茂吉の短歌について

    斉藤茂吉の短歌で「最上川 逆白波の たつまでに ふぶくゆうべと なりにけるかも」という短歌の解説が詳しく書いてあるところが知りたいのですが、知っている人は教えてください。

  • 斉藤茂吉について

    斉藤茂吉の歌集について、以下の短歌が掲載されている歌集の題名と、ページ数をしりたいので、よろしく御願いいたします。 「うつせみは 願いを持てばあわれなりけり 田沢の湖に伝説ひとつ」

その他の回答 (1)

  • 回答No.1
  • jakyy
  • ベストアンサー率50% (1998/3967)

有名な歌ですね。 下記のサイトに解説が載っています。 「読めば国語力がつく第72回」 http://www.doblog.com/weblog/myblog/46669/1313852 「前衛短歌を考える2」 http://blog.goo.ne.jp/omisosiruparty/d/20040901 「日本名歌の旅4」 http://www003.upp.so-net.ne.jp/s-waichi/meika4.htm

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。 参考にします。 もう少し詳しいほうがいいです。

関連するQ&A

  • 斉藤茂吉の短歌の意味が、わかりません

    学校の授業で斉藤茂吉の『赤光』より、死にたまふ母をやっているのですが、その中の“灯あかき都をいでてゆく姿かりそめ旅とひと見るらんか”の意味は、“灯あかき”は枕詞で、茂吉は、自分が母の所に向かおうとしているところを、他の人はかりそめの旅だと思うだろうと感じ、それに対しての、悲しさとせつなさを表している。ということで、よろしいのでしょうか?

  • 斉藤茂吉の短歌の意味が、わからず困っています

    斉藤茂吉の短歌、『赤光』より死にたまふ母の“灯あかき都をいでてゆく姿かりそめ旅とひと見るらんか”の意味は、母のところへ向かう自分は、他人にはかりそめの旅だと思われていると感じ、それに対し、悲しみとせつなさを覚える。と言うことで、よろしいのでしょうか?

  • 斉藤茂吉の短歌について

    いま、学校の課題学習で、斉藤茂吉の 「かがやける ひとすぢの道 遥けくて  かうかうと風は 吹きゆきにけり」 の歌について調べています。 そこで、この短歌の意味の解釈を日本近代文学大系 、現代日本文学大系の2つの本で調べたのですが、 どうしても意味がわかりません。 どなたか意味を知っていたら、教えていただけないでしょうか。宜しくお願いします。 あと、「かがやける ひとすぢの道 遥けくて  かうかうと風は 吹きゆきにけり」の歌は、 どの歌集に掲載されているのでしょうか? また、茂吉が何歳の時に書いた詩なのでしょうか? 重ねて、知っている方は、教えてください。 宜しくお願いします。

  • 日本の短歌

    公務員試験の問題で与えられた短歌の作者を答える場面が出てきまして、答えはわかっているんですが、短歌の意味が気になっています。 のど赤き玄鳥ふたつ屋梁にゐて足乳ねの母は死にたまふなり:斉藤茂吉 やはらかに柳あをめる 北上の岸辺目に見ゆ 泣けとごとくに:石川啄木 幾山河越えさり行かば寂しさのはてなむ国ぞ今日も旅ゆく:若山牧水 邑山の松の木むらに、日はあたり ひそけきかもよ。旅びとの墓:折口信夫 よろしければ教えていただけないでしょうか。

  • 斎藤茂吉 至急お願いします

    回覧ありがとうございます。 私は中2なんですが、明日国語の発表があります。 斎藤茂吉の「母の歌」です。 この短歌は教科書にのっています。 みちのくの母のいのちを一目見ん一目見んとぞただにいそげる 死に近き母に添寝のしんしんと遠田のかはづ天に聞ゆる のど赤き玄鳥ふたつ屋梁にゐて足乳根の母は死にたまふなり というものなんですが、この現代語訳を知りたいんです。 あと、この短歌のテーマも考えてほしいです。 お願いします。

  • 斉藤茂吉の短歌「のど赤き 玄鳥ふたつ」について

    ちょっと分からないところがあります。 どうしてここのツバメの喉は赤いですか。 丹頂鶴と似ていて、頸の羽毛は赤いですか。それども、ツバメは口を大きく開いて、赤い喉が見えるのですか。 もし後者になったら、ツバメは餌を待っている雛鳥ですか。それども、ただ叫んでいて、まるで詩人の母の死ために泣いているようですか。 詩人はどうしてのど赤きのツバメを書いたのでしょうかな。

  • 短歌の勉強の仕方

    今度テストに斉藤茂吉などの短歌についてのテストがあるんですけどこを勉強していいかわかりません。誰か教えてください!

  • 家族に関する短歌

    家族に関わる短歌を教えて下さい。有名・無名 問いません。 たはむれに母を背負いてそのあまり軽きに泣きて三歩あゆまず(石川啄木) みちのくの母のいのちをひと目見んひと目見んとぞただにいそげる(斉藤茂吉) など。  できれば家族への感謝を歌っていると尚よいのですが。。。

  • 斉藤茂吉 短歌 

    猫の舌のうすらに紅(あか)き手ざはりのこの悲しさを知りそめにけり この短歌の意味のあるサイトを探してみたのですが、みつかりませんでした。 この短歌の解釈はどういう内容になりますでしょうか?

  • 斉藤茂吉の短歌

    「この心葬り果てんと秀の光る錐を畳に刺しにけるかも」 この短歌の訳と作歌の背景を教えて下さい お願いします。どこ探しても無いんです(;_;)