• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

星新一さんのショートショート

星新一さんのショートショートで「我は神なり」がオチになっている作品が掲載されている書籍名を教えてください。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数6
  • 閲覧数881
  • ありがとう数11

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4
  • MacJun6
  • ベストアンサー率45% (94/205)

#1です。 #3の方のいわれている通り、「ちぐはぐな部品」の中の「神」という作品でした。 「我は神なり」という台詞は確認しましたがありませんでした。でも補足で書かれた内容と一致しますね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

タイトルは「神」でしたか。 ありがとうございます。

関連するQ&A

  • 星新一さんの全ショートショートを読みたいのですが。

    星新一さんの全ショートショート作品を 通勤電車の中で少しずつ読みたいと思ってます。 全話が入っているのをとさがしてたところ 「ショートショート1001」というのを見つけたのですが、 3冊にしか別れてないので持ち運ぶにはかなり重そうです。 この本は1冊あたりどれ位の重さがあるのでしょうか? 全作品が入っているのはこの本しかないのでしょうか? 電子出版だともっとありがたいのですが・・・。

  • 星新一さんのショートショートを探しています。

    星新一さんのショートショートを探しています。 あらすじは覚えているのですが、タイトルや、どの本に載っていたかを忘れてしまいました。 もしこの作品のタイトル、掲載されている書名をご存知の方がいらっしゃいましたら教えて下さい。 (以下内容に触れてしまいますのでご注意下さい。) 砂漠で迷ってしまい、食べ物も水もなく瀕死の状態の男が、ついに自分の足を切り取って食べようとする。 そこでたまたま触れた瓶から魔神が現れ、なんでも願い事を叶えてやろうと言うが、朦朧としている男は魔神に、では自分の足を痛くないように切って料理してくれ、と頼む。 よろしくお願いいたします。

  • 星新一さんのショートショート

    星新一さんのショートショートで、凄く昔に読んで面白かったモノがあり、 また読みたいと思うのですが、その話のタイトルと収録している本を知ってる方 がおりましたら是非教えてください!!! 内容は・・・ ある架空の星での出来事で、ミツバチがストーリーに絡んでいて(なんか働いていたような・・・) 最後に、やはり大どんでん返しがある っていう感じのショートショートだったと思います。 非常に断片的で不確かな記憶ですが、気になって夜も眠れません(笑)。 これじゃないの?っていうのを思いついた方、是非宜しくお願いします!!!!

その他の回答 (5)

  • 回答No.6

今まで読んで探していました。 「ちぐはぐな部品」という本の「神」だと思います。 「我は神なり」という言葉は発しませんが、私はこの質問を見て、この話が浮かびましたが・・・ 題名と本がわからなかったので、本棚から引っ張りでしていました。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 おかげさまで迷いなく「ちぐはぐな部品」注文できました。

  • 回答No.5
noname#26171

あまり回答欄でやりとりすると規約違反になるのですが、少しだけ。 #1様。 確かあの話は、最終的なデータを入力し終わったとたんにコンピュータが消えてしまい、私利私欲目的でその作業を依頼した社長が「神罰」をくらい、世界各地で天変地異(神の怒り?)が起こる・・・で、「完成した神」は言葉を発しませんでしたよね?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 そんな内容だったような気がします。

  • 回答No.3
noname#26171

見つけました。 「ちぐはぐな部品」でした。 参考URLのサイトを見つけ、ここで検索できました。 ただ、質問の話に「我は神なり」というセリフがあったっけ・・・?

参考URL:
http://www.f3.dion.ne.jp/~kujyou/

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 おかげさまで入手できそうです。 「我は神なり」はないですか... うろ覚えですみません。

  • 回答No.2
noname#36179

妄想銀行」の中に「大黒様」が出てくる話があるのですが、多分違うかなぁ。「我は神なり」というセリフはなんか読んだことがあるようなので、過去に読んだ書籍を羅列してみます。 「妄想銀行」「かぼちゃの馬車」「未来イソップ」「宇宙のあいさつ」「おせっかいな神々」「きまぐれロボット」「ようこそ地球さん」この中のどれかに入っていると思うのですが。なにせ、火事で全部焼失しまったもので。 参考URLは、パソコン初心者なもので、うまく貼りつけられていませんでしたらゴメンなさい。

参考URL:
http://books.yahoo.co.jp/special/hoshishinichi/data/index03.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 参考URLのレビューをあたってみます。

  • 回答No.1
  • MacJun6
  • ベストアンサー率45% (94/205)

題名は分からなくても、もう少し内容かなにか、わからないでしょうか? 以前はまって、数冊を除きほとんど文庫本を揃えました。 我は神なり・・・そんな結びの話もあったような気がしますが、なにしろ神様ネタは多くて見当がつきません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

回答ありがとうございます。 内容は、神の定義などをコンピュータに入力しているうちに「我は神なり」のセリフとともにコンピュータが神となって消える話でした。

関連するQ&A

  • 星新一さんか阿刀田高さんのショートショートだと思うのですが

    星新一さんか阿刀田高さんのショートショートだと思うのですが30年前ぐらいの作品でネットも本も見つかりません。 ストーリーは ある会社の社長のところに車のセールスマンが来ます。高性能な車なので社長も買う気になりますが、ひとつだけ高性能とは言えない所があって社長が文句を言うのですがセールスマンの一言で・・・ というものです。登場人物、落ちなど星さんぽいのですが見つかりません。もう一度読みたいのです。よろしくお願いします。

  • 星新一さんのほのぼのショート

    星新一さんのショートショートが好きです。 星新一さんのショートショートと言えば、シュールでブラックなものが多いのですが「未来イソップ」収録の「ある夜の物語」のような、こころ温まる話にも惹かれます。一冊の単行本に1話ぐらいこんな話があったらいいなぁと思います。 そこで質問ですが、星さんの文庫本のなかで一話ぐらい(もちろんそれ以上でも可)「心温まる・イイ話」がある文庫本を教えていただけないでしょうか。

  • 星新一さん

    星新一さんのおすすめの作品はなんですか?

  • 星新一さん

    星新一さんについて調べているのですが、資料館みたいなHPがみつからず困っています。 星新一さんの一生について、できるだけ詳しく知りたいのですが、HP、知っていれば教えてください。

  • 星新一さんのショートショート

    星新一さんのお話しで (1)地球上に恐竜が復活する (2)子供の小さい頃の姿があらわれる (3)その現象はもうすぐ滅びる地球が昔を懐かしんでいる というお話がもう一度読みたいのですがタイトルが分かりません どなたか分かる方教えてください

  • 星新一さんのショートショートで・・・

    星新一さんのショートショートでどうしてもタイトルが思い出せないのがあるのですが、誰か教えてください。 まず舞台は未到の無人惑星だったと思います。そこに映画の撮影か何かで映画スタッフ・女優さんなどがいます。そして物知らずの女優さんのペットが精力増強剤か何かの薬を飲まされて死んでしまいます。で、そのまま映画の撮影セットとペットの遺体を残して帰ってしまいます。 もしこの奇妙な惑星を新発見し、この不思議な状況を目の当たりにした学者たちはどんな的外れでもっともらしい学説を唱えるのだろうか・・・って話です。 本編のタイトルと本のタイトルがわかればうれしいです。

  • 星新一さんのある作品の題名を教えてください

    星新一さんのショートショート作品の中に「その日一日だけあらゆる法律を停止する」という内容の作品があるそうです。 『みんな自分の家にこもって外の敵と戦ううちにその日が終わり、 「ああ 法律って本当にありがたいもんなんだなぁ・・・あってよかったなぁ」 とそして最後に一言言う』 という説明を読み、探していますがわかる方いらっしゃいますでしょうか? よろしくお願いします。

  • 星新一さんの作品で・・・

    星新一さんのショートショートで、探している作品があるのですが、 題名等を忘れてしまい困っています。 内容は、近未来の世界(彼の作品ってほとんどそうですが)で、 ふれてはならないタブー、言ってはいけない言葉というのがあり、 本などのすべての記録からもその言葉は抹消されていて・・・ というものです。禁句は「戦争」だったと思います。 作品のタイトル、収録されている本(できれば新潮文庫)を ご存知でしたら、教えてください。

  • 星新一さんの作品で

    星新一さんの作品で 「鏡の中の犬」という作品があるのですが、 収録されている本のタイトルがわかりません。 ご存知の方がいましたら教えてください。 お願いします。

  • 星新一氏の小説に「その可能性は多い」…?

    先日、星新一氏の本(ショート・ショート作品)を読んでいたのですが、 その中に、「ああ。その可能性は多い。」といったセリフを見ました。 「可能性」における「多い・少ない」という表現は無い筈ですが、 星新一氏の書いたものなのですから、間違っていない様な気もします。 それか、校正者の犯したミス・誤謬かも知れません。 皆さん、どう思われますか?