• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

擁壁の作り変え方法について

 中古の住宅を契約しました。 西側は道路水平にに接し、南側は段々と東に向かって下がった道路に接しています。 擁壁にヒビがあります、ヒビの側に地盤も下がっています。 大工の棟梁にみてもらったところ「17年でこの程度なら気にする必要は無い」といわれました。 なので今回はリフォームして住むつもりです。建て替える資金もないので… ですが擁壁の工事をするときになって住宅はそのままに擁壁の作り変えが出来るのでしょうか?(不動産やはできるといいますが不安材料です。) 工事をするときには垂直な擁壁にして敷地を広げたいと思っています。 住宅と擁壁の上部までの距離は1.5メートルぐらいです。 よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数6
  • 閲覧数1363
  • ありがとう数7

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.6
  • char2nd
  • ベストアンサー率34% (2685/7757)

 #4です。 >大変参考になるサイトでした。L型での施工は幅がどのくらい必要なのでしょうか?  プレキャストL型の場合、地盤条件により底版の幅も違ってきますし、メーカーによる違いもあります。  とりあえず下記URL製品で算出してみましょう。  地上高さが1.8mとのことですが、擁壁の場合必ず根入れと呼ばれる埋込みが必要で、その最低値は地盤により異なります。通常の地盤であれば35cm以上です。  従って、擁壁自体の高さは2.15mとなりますから、この場合は2.25mの製品となります。  擁壁にはコンクリート基礎と砕石基礎を施すので、それぞれの厚さを10cmと20cmとすると、全体の高さは2.65mとなります。  こういった構造物を施工する際は、作業用の余裕幅として構造物から50cm程度の平場を確保します。  又、掘削する際は地山の崩壊を防ぐため、1m以上の深さとなる場合は、土留めを設けるか1:0.5以上の勾配を付ける必要があります。  土留めを設ける場合で、擁壁の前面からの掘削幅は、  1.50+0.50=2.00m  勾配堀をする場合は、  1.50+0.50+2.65×0.5=3.325m となります。  ただ、土留めといっても自立式しか方法はなく、引き抜き時に家屋の方への影響が懸念されます。  かといって、他の方々への補足を読むと2.5m程度しかないようなので、勾配堀では家屋の下を掘ることになります。  ですから、どうしてもL型で行いたい場合は、自立式矢板として、施工後はそのまま埋め殺しにするしかないでしょう。  その場合に建築許可が下りるかどうかは分かりませんが。

参考URL:
http://www.iwate-hume.co.jp/product/youheki/klw/

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

 L型の擁壁すてきなものがあるのですね。掘削幅が2メートルではむりそうですね。  やはり家を建て直すときに擁壁を直すというのが一番良いように思いました。それをふまえて今回のリフォームを考えようと思います。  いろいろとありがとうございました。貴重なお時間をありがとうございました。

関連するQ&A

  • 擁壁に関する注意事項

    住宅用の土地を探してます。 現在候補が一つあり、南側が道路で、東側が擁壁となってます。 この擁壁の高さが約5M、擁壁部分の面積が約10坪あります。 この擁壁の部分を隣接する隣で買って頂くように調整中です。 調整がつけば、擁壁部分は隣の敷地となり、私の敷地はこの擁壁の上からの平地部分となります。 このような土地割りの場合、考えられるリスクと、事前にチェックしておくべき事項があればアドバイスお願いします。 また、地盤調査を行う予定ですが、この場合擁壁部分 の地盤も考慮に入れて何かしなければならないのでしょうか?

  • 擁壁について

    擁壁について2つ質問します。 1つは構造についてです。敷地が道路面と3M以上高く道路面に垂直擁壁を設置しようと思います。擁壁に水抜き穴など設ける場合の適正な大きさ(φ)とピッチを知りたいです。 2つは法規についてです。敷地面と道路で高低差があり平均地盤面の算定をするのですが、擁壁が高い方の敷地に接しているのですが擁壁自体の高さは3.9Mあります。高い方の平均地盤面からだと高さは500mmとかになるのですが、この場合でも道路面から2Mを超えているので工作物申請が必要なのでしょうか?教えてください。

  • 擁壁工事の負担

    擁壁工事の負担者について教えて下さい。 私は千葉県内に住んでおります。このたび中古で購入した家の建替えを考えております。 土地は南側を頂点として東西2辺に市道が走る細長い三角形の格好をしております。 西側の道路は、登り坂の起点となっており、土地の西側は坂の高さに沿ってブロックで積まれた擁壁が斜めに存在しております。 今回、建替えをするにあたり、現在のブロック擁壁では強度不足のため、新たに擁壁を造らなければ市の建築許可が降りないと不動産会社を通じて知らされました。擁壁工事は上の土地所有者の負担(原則)という話も聞きましたが、市役所の建築指導課、道路管理課では工事代の負担は出来ないとのことです。なお、西側の坂は公道扱いではなく、公図上では地番が無い市の敷地です。市の西側道路は民法225条で規定される土地所有者には該当しないとも解釈は出来るのですが、擁壁がなければ、道路も崩れ落ちて存在はしないため、 下の所有者が全額負担することも、不思議に思われます。 擁壁の工事費は驚くほど高く予算も無いため困っています。 どなたか、このようなケースでの擁壁工事負担について、お知恵をいただけますようにお願いいたします。

その他の回答 (5)

  • 回答No.5
  • elbert
  • ベストアンサー率25% (95/373)

だいたいは理解できたので、アドバイスします。 現場打ちコンクリートが費用的に一番安いと思います。 L型での施工幅は、基礎もちゃんと型枠で施工するとすると、 L型の長さ+ベニヤ12mm+桟木50mm+単管50mm+フォームタイ100mm+手の入る部分100mmで 大体30cm余裕があれば、十分過ぎるぐらいでしょう。 住宅の基礎にドン付けであれば、もっと狭くてもできますね。(型枠もいらないし。) 擁壁の基礎は1.5mもないでしょうから、 現状で余裕で施工できるでしょう。 擁壁の高さ、根入れ量によってL型の寸法は 変わりますので、詳しくは構造設計者に相談してください。 プレキャストだと工期がかなり短縮できます。 が、費用はかさむでしょう。 仕上げをどうするかにもよりますが、 プレキャストだとコンクリート打ち放しでもいけますが、 現場打ちだと、道路に面する部分には仕上げが必要かと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

だいぶ知識が着いてきました。専門の業者に聞くにしても少しは分かるようになってきました。 何度も時間を割いてアドバイスくださりありがとうございました。

  • 回答No.4
  • char2nd
  • ベストアンサー率34% (2685/7757)

 ここまでのやりとりを見ていると、どうもその擁壁はブロック積みではないでしょうか。  それであれば、単純に施工し直す場合は今のままで可能だと思います。  ただし、ブロック積みは垂直な壁には出来ません。その場合は別の工法が必要になります。  垂直な擁壁を施工する方法としては、おおむね次の3種類です。 ・現場打ち鉄筋コンクリート製L型擁壁 ・プレキャストL型擁壁 http://www.klwall.com/gai.htm ・垂直ブロック積み擁壁 http://www.maruji.com/seihin_syoukai/youheki/gol/gol.html  このうちあとの2つは、宅地造成等規制法施行令に基づく大臣認定品を使う必要があります。  L型擁壁は、現場打ちでもプレキャストでも、底版部の施工のため、背面側を掘削する必要があります。どの程度の幅を掘るかは擁壁の高さによって違います。  垂直ブロック積みでも底版の施工は必要ですが、L型ほどの幅は必要としません。ただ、手間がかかるので、そこそこの費用はかかると思います。  昨今は施工期間の短縮と製品の均一性や見た目を重視して、コンクリート二次製品を使うことが多いです。  現状の擁壁の高さや前面勾配、前面の道路と擁壁の接点から建物までの幅などの情報があれば、もう少しアドバイスが出来るかと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

 大変参考になるサイトでした。L型での施工は幅がどのくらい必要なのでしょうか? 既存住宅に影響を与えずに工事できるのでしょうか?  目に留めてくださりありがとうございました。

  • 回答No.3
  • elbert
  • ベストアンサー率25% (95/373)

せっかく補足をしていただいたのですが、 理解できませんので、もう少し補足をお願いします。 >今はコンクリートのブロックのようなものを台形状に積み上げ固めたものです。 底辺部と上部では1メートルぐらいの差があります。 その上部から1.5メートルのところに建物はあります。 敷地の端からですと2.5メートルぐらいあります。 底辺部と上部で1メートルとは? 水平方向に1メートル、垂直方向に1メートル? その上部から1.5メートルとは? 敷地の端から2.5メートルとは、何と何の距離で水平なのか垂直なのか? 住宅、擁壁、道路の位置関係が理解できません。 擁壁とは敷地と道路の境界にある壁なのですよね?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

 どうにも形容がうまく出来てないようですみません。 >底辺部と上部で1メートルとは? 水平方向に1メートル、垂直方向に1メートル? 水平方向に1メートル、垂直方向に最大で1.8メートルです。 東側にひな壇 >その上部から1.5メートルとは? 擁壁を作ったうえの利用できる土地の部分の端という意味です。 擁壁は南側道路と東側隣家の間です。 南西の角地に建っていて、西側はフラットな道路です。 北側は隣家の擁壁であまり高くない。奥に向かって最大80センチの段差ぐらいです。 >

  • 回答No.2

擁壁の高さがとても気になるところです。 結構な高さがあれば垂直は難しいですよ。 それと擁壁前が道路で、ないとあと施工はまず不可能と考えてください。 ですので高さ1.8以上で前面道路が無い場合は、今検討ですよ。 その場合大工さんだけでは少し心もとないので、構造設計士にご相談ください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

心配になり現地を見てきました。一番高さがある部分で1.8めーとるぐらいです。

  • 回答No.1
  • elbert
  • ベストアンサー率25% (95/373)

現場監督をやっています。 ちょっと質問の内容では詳しくはわからないのですが、 擁壁と住宅の外壁の距離が1.5メートルあるのであれば、 問題なくできるでしょう。 わからない部分としては、 >工事をするときには垂直な擁壁にして敷地を広げたいと思っています。 垂直な擁壁? 今は垂直ではない? >住宅と擁壁の上部までの距離は1.5メートルぐらいです。 擁壁の上部まで? 擁壁の下部と住宅とは1.5メートルではない? 擁壁が垂直ではないから? 詳細が得られれば、もう少しアドバイスできるかもしれませんね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早速の書き込みありがとうございます。現場監督のお言葉心強いです。

質問者からの補足

 今はコンクリートのブロックのようなものを台形状に積み上げ固めたものです。底辺部と上部では1メートルぐらいの差があります。その上部から1.5メートルのところに建物はあります。  敷地の端からですと2.5メートルぐらいあります。

関連するQ&A

  • 擁壁の傾きは直せる?

    山を削った造成地で、南側と西側斜面に高さ2m程度の擁壁(生コン現地流し込み)があります。擁壁長さはそれぞれ20m程度の2分割構成となっており、南側斜面の中間で別れています。造成後18年経過しておりますが、一方の擁壁が土圧に耐えられなくなったのでしょうか、外側に上端で3cmほど傾いています。いつ傾いたのかは判りません。分割部分から、折れた擁壁の根元を見ると、わずかに鉄筋が見えます。この様な状態ですが、擁壁の修理、補強工事は可能なものでしょうか?また、2年前にこの物件を中古で購入しましたが、その当時で家の南側犬走り部及び基礎部にひび割れがありました。擁壁の傾きは数ヶ月間チェックしていましたが今のところ進行は無いようですが、素人目でこのひび割れの原因は擁壁の傾きではないかと思っております(擁壁が傾いたため敷地南側の地盤が沈下した?)。実際に専門家に診断してもらいたいのですが、どの様なところに相談したら適正な診断をしてもらえるのでしょうか? よろしくお願いいたします。

  • 敷地境界の擁壁について

    敷地南側(約15m幅)の境界線に東から西に向かって町の側溝があるのですが、高低差があり、東側は敷地から50cm低く~西側は250cm低くなっています。側溝の南側は町営施設の擁壁があります。現在、側溝より1m程度北側の敷地内に古い石垣があるのですが、西側は高さもあり柵などがなく転落の危険があります。そこで、境界線である側溝ギリギリにコンクリートの擁壁を作って石垣と擁壁間を土で埋めて平らにしようと考えています。擁壁は南側の町営施設と同じ高さで、擁壁と擁壁の間に側溝があるイメージです。そこで、厚さ15cm程度の擁壁を15m(コンクリート約3.0m3)作るにはいくらぐらいかかるのでしょうか?また、他にもっと安く擁壁をつくる方法はありますか?表現が悪くイメージし難いかと思いますが、よろしくお願いします。なお、作業性はあまり良い場所ではありませんが、既存の石垣を抱き込む形で擁壁を作れば、強度面では大きな問題がないとも考えています。

  • 購入予定の土地の擁壁にクラックが入りました

    この度土地を購入することになり、その土地の擁壁について教えていただきたく思います。 購入予定の土地は丘の上の団地の一区画で、造成して1年ぐらいかと思われます。 北東角地で、東側は道路より2m高くなっています。 東側は一部分のみ擁壁工事されており、残りの部分は購入後に私の方で駐車場などを擁壁工事することとなっています。 西側は隣家の敷地で0.5m隣家の方が高くなっており擁壁です。 南側もまた別の隣家の敷地でこちらは1.5m隣家の方が低く、やはり擁壁です。 西側・南側の隣家とも、擁壁から1m離して現在建築中です。 北側は道路に面しており擁壁で西から東へ向かって0.5~2mの高さの擁壁となっています。 先日現地へ行ってみると、 北側の擁壁に以前はなかったクラックが入っていました。 敷地のちょうど中央ぐらいの部分で、擁壁の高さが1mちょっとぐらいの部分なのですが 上から下(地面)まで、5mmぐらいの大きなひびが入って擁壁が完全に割れている状態です。 水抜き穴が入っているところなので、それも関係あるのでしょうか。 原因として、どのようなことが考えられるのでしょうか。 このままこの土地を購入して、家を建てても支障ないものでしょうか。 ひび部分をとりあえず埋めるというような簡単な処置をすれば問題ないのでしょうか。 今後もこのようなひび割れが次々発生する可能性もあるのでしょうか。 売主に対して、どのように対応すればよいでしょうか。 建築条件のハウスメーカーとの契約はしています。 契約金も払い込み済みです。 土地代金は1割のみ支払っています。 どうぞよろしくお願いいたします。

  • 擁壁のある土地の地盤改良について

    土地面積約55坪、東側が高さ3m、南側が1~3mの擁壁(L型プレキャスト)のある土地の購入を考えています。造成は3年前に大手が行っています。土地全体に高さ1mの盛土があり、支持地盤は固い粘土質(N値:25~50)ですが、擁壁側は幅3mが埋め戻しの盛土となっています。入口となる西側は道路との段差がなく、こちらに駐車場を設置したいのですが、その場合建物が東側の擁壁から幅1mのところに建つことになり、地盤改良を行うとL型擁壁の上に鋼管杭を打つことになります。これを避けるため、東側を幅3m程度あけて建物を支持基盤の上にのせると、西側の駐車場を北側にうつすことになり、南側の庭は2.5m程度になってしまい土地が有効に活用できなくなってしまいます。HM及び地盤調査会社の方は、砕石とベタ基礎だけでも十分安全であるが、心配であれば擁壁の上に杭を打ってもよいと話しています。 地震等で擁壁が壊れてしまわないかが心配なので、擁壁の負担を減らすような地盤改良を行いたいと考えています。擁壁に直接杭を打つのはためらわれますので、他によい地盤改良の方法があれば教えていただければと思います。また、プレキャストの擁壁は頑丈なので50年はもつと言われたのですが、粘土質の土地ということもあり、コンクリートの寿命も気になります。一般的に擁壁はどの程度の耐用年数があるのでしょうか。わからないことばかりで申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします。

  • 土地の擁壁について

    造成地の擁壁についての質問です。 現在建築中なのですが、造成地に雨水が流れやすいように西から東へ全体的に傾斜がついています。 自分が買った土地が一番低い場所で、西側の土地の水が入り込んできてしまっています。 各土地ごとの境界(北と西側)に擁壁はなく水をせき止める方法がありません。 そこで質問なのですが、我が家の西側を購入される方の雨水が入り込んできそうなのですが、西側の方に擁壁(雨水が入り込まない程度の高さ)を作ってもらうことは可能でしょうか? 住宅屋さんに聞いたところ、土地の高さの高いほうが低いお宅に迷惑のかからないよう擁壁を作るのが住宅業界の暗黙のルールだとは言っていたのですが。 そんなルールあるのですか? はじめての書込なので、うまく表現できませんが教えてください。

  • 擁壁・造成の費用について

    気に入ったエリアで最近土地が販売されそうで、購入を検討しております。 形状は以下のとおりです。 ○高低差 ・当該敷地に対して道路(12メートル)は西に面しており、当該敷地は道路より3.5メートル高い。間口は8メートル程度。 ・北側の隣地は当該敷地と同じ高さ。 ・東側の隣地は当該敷地よりも1.9メートル高い(この擁壁はそのまま維持) ・南側は公共の階段になっており、西側から東に向かって上っている。階段の脇にも擁壁あり(長さ18メートル)。 ・形状は不整形(台形)で、細長い。 ・面積は50坪から60坪(調整の余地あり)。 所有者は建設会社です。この会社に条件面を確認したところ、当初は次のとおり言われました。 (1)現況引き渡しで坪45万円 (2)擁壁を以下のとおり作り直し、建築条件を外して坪55万円 ・既存の斜めの擁壁を壊し、新たに垂直の擁壁を作る ・土地の一部を掘削して、地下駐車場、階段を設置する。 予算の制約もあり、坪50万円にならないかと交渉したところ、担当者ベースではOKをいただきました。 ところが、社長には話が上がっていなかったらしく、どうも坪単価60万円程度で販売したがっているようです。 そこで伺いたいのですが、上記のケースで、古い擁壁を壊して造成し、新しい擁壁を作るとコストとはだいたいどのようなものでしょうか。 近く打合せがあるので、早めにアドバイスをいただければ幸いです。

  • 擁壁が壊れた!業者に買い取ってもらえますか?長文ですいません。

    新築で土地建物とも建築会社から5年前に購入しました。少し高台にあって家の敷地南側が擁壁となっています。先日家の傾きに伴い,薬液注入工法により地盤改良工事を行いました。結果的には終了して家は水平レベルに到達したのですが,その過程で,家を持ち上げるとともに横方向にもテンションがかかり,擁壁を押してしまい,擁壁が両隣家との境で破断して南側に倒れそうなくらい押し出されてしまいました。知り合いの一級建築士「k」に見てもらったところ,「構造力学的に擁壁としての機能を喪失している」ということでした。建築会社は土地を擁壁等造成をした会社から購入したようで,擁壁工事には関わってません。kは「擁壁が倒壊したら家も倒壊する虞があり,君たちの命も危ない。また,擁壁が倒壊してその下に居た人が死んだら君が責任を取ることになる。この家を建築会社に買い取ってもらうか,建築会社に他に住むところを新たに構えてもらえ。」といいます。建築会社は,擁壁工事または擁壁の地盤調査がきちんと行われているかどうか確認してはいなかったようです。こういった場合,建築会社にを買い取ってもらうことはできるのでしょうか?できないとなれば別に新たに居所を構えてもらうことはできるのでしょうか?私は大変不安であり,建築会社の担当者に対して今日からでも他所で生活したい旨を伝えるとともに,買取または新たな居所を構えてもらうことの希望を伝えましたが,建築会社の方は「社長と相談して後日連絡します。」というにとどまっています。建築会社から「擁壁の補強は十分です。崩壊しないように工事をするのでそれで納得して欲しい」といわれることも予想され,品確法も見てみたのですが,擁壁及び擁壁の地盤が品確法で対象とされる「基礎」に当たるかどうか判断できません。どなたか詳しい方,アドバイスをよろしくお願いします。

  • 新築予定地の擁壁について

    家の新築を検討中です。購入した土地は既存擁壁がブロックで、ひび割れ等もあるため、既存擁壁を壊して擁壁から作り変える予定です。敷地は13mx13mの正方形で南面道路は東西に傾斜しており、既存擁壁は西端で1m、東端で1.7m程度の(道路面からの)高さとなっています。(東側は南北に1.7mの擁壁。) 住宅メーカー2社について検討していますが、A社は現場打ちのRC擁壁で最高1.7mの擁壁となるので構造計算したもので行いたいと言い、B社は構造計算済のプレキャストの擁壁(宅地造成用の1tf/m2耐加重のもの)で行いたいといっています。費用的には構造計算+擁壁30m(南側13mと東側13mの擁壁+玄関階段部分のオーバーラップ含む)で平均16万円/m、プレキャストは擁壁30mで平均7万円/m程度です。かなりの金額差となっており、予算的にはプレキャストのほうがよいのですが、本当に構造計算を行った擁壁工事が必要なものでしょうか。また、工事の際に注意する点はありますか。 ちなみに建物は木造二階建てで東側擁壁から2m離れた場所に建築予定です。(A社の構造計算は2m離れた建物に対する擁壁強度の計算といっています。)また、盛り土であるためおそらく地盤強化として建物には湿式柱状の地盤補強を行うことになると思います。 よろしくお願いいたします。

  • 確認申請(擁壁)

    敷地と前面道路に2mを超える高低差があり、擁壁を設置する場合、確認申請は必要だというのは知っていますが、 一つ疑問があります。 例えば、土木単独の道路工事で、敷地より道路部分が高い(2m超える)場合、擁壁の確認申請は必要になりますでしょうか。 工事関係者に聞くとやってないという答えが返ってきました。 個人的にはやるべきではと思っていますが。 ※(宅地造成法又は、開発許可等は該当せず)

  • 地盤強化リフォーム

    25年ほど前に土地を買って新築しました。 土地を斡旋してくれたのは住宅メーカーで地盤調査の結果、特に軟弱地盤ではないと言われました。 ただ、西側に2mほどの擁壁があり、そこにブロックを5段積んで土地をならして、ブロックから90cmほどの所に土台が乗った形になります。 新築当時、西側は我が家の目の前まで道路が来ていて空き地になっていました。 当然、その途中までの道路が北側に抜けると思っていたのですが、そこでストップして我が家の西側ギリギリに建売住宅が建ちました。 我が家の1階が お隣の2階よりやや下、と言う感じです。 前置きが長くなりましたが、このような状態で10年ほど前、リビングをリフォームした時に、西側の障子の立て付けが悪かったので直してもらいました。 大工さんが「西側にかなり沈んでいるのでは?」と。 外回りを調べると西側に2箇所あった排水枡が空でした。ここには水が溜まっているのが普通で溜まっていないと言う事は枡にひびが入っていて、水が地中に吸い込まれているのだろう、と。 枡はすぐさま取替え、今現在もちゃんと水が溜まった状態です。 さらに、土台にもひびが入っていたので外側からコンクリ壁でを補強しました。(全部で300万くらい掛かりました) しかし、直してもらった障子の立て付けが再び「動かない」状態です。 それはつまり、地盤自体が西側に沈下しているせいではないかと思います。 (元々、盛り土をしていた上に、排水枡から水が染み込んでいたせい?) 西側に家がなければ、まだそれほど心配ではないのですが、 もしも今後、大きな地震とかがあった時に、このままでは擁壁が崩れるのではないか、と さらに西側に沈下していくのではないかと心配で溜まりません。 家も25年でそこそこ傷み、今までにリフォームをしてきましたが、さらに大きなリフォームも必要かと思います。 このような状態で、地盤の強化をするべきか それともいっそ、新しいところに引っ越すか、と思ったりもします。 でも、そのためには今の家を売ることが必須です。 その場合、地盤強化のリフォームをしておくのと今のままとでは査定額も大きく変わるのでしょうか? 選択肢  ・地盤強化をして、家はちょこちょこリフォーム  ・家を立て直してなるべく西側を空ける  ・今の家を売却して、新しい家を購入 夫55歳、今の家にローンはありません。 土地は25年前に2000万で買い、およそ2000万で新築しました。 付近の中古住宅の最近の同規模の家の「売値」は2000~2300万程度です。