解決済み

ヒップホップとロック

  • 困ってます
  • 質問No.1652755
  • 閲覧数853
  • ありがとう数8
  • 気になる数1
  • 回答数4
  • コメント数0

ヒップホップとロックを混ぜたようなダンスは可能ですか?また、この2つを組み合わせたようなダンスの動画、DVD、本…などがあったら教えてください。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1

ベストアンサー率 34% (32/94)

普通にアリだとおもいますよ(^_^)

メインはヒップホップでとって、打楽器でインパクトがあるところだけ音ハメでロックでとるとか・・・
参考までにMINI☆BOXさんのプロモが見れるところを貼っておきますね。ここまでいくとフリースタイルになるのでしょうが、小学生とは思えないですね^^;
お礼コメント
noname#31245

なるほど。。。参考にさせていただきます。MINI☆BOXさんすごすぎです…アドバイスありがとうございます☆
投稿日時 - 2005-09-19 13:46:14

その他の回答 (全3件)

  • 回答No.4

ベストアンサー率 16% (11/65)

確か今年のディライトファイナリスト「花井伸二」がヒップホップっぽいロックをしていますよ☆
お礼コメント
noname#31245

ありがとうございます☆
投稿日時 - 2005-10-31 09:36:59
  • 回答No.3

ダンスのオーディションを受ける時、必ずダンスジャンルを記入させられます。ジャズとか、ハウスとか。
ヒップホップとロックを組み合わせたならば「フリースタイル」になりますね。
しかし、普通はヒップとロックは“ダンス”という括りならば、混ぜられません。
理由は、ヒップは4ビートでノル踊り。ロックは16ビートです。また、ヒップは「ヒップホップ」という音楽ジャンルで踊り、ロックは「ソウル」という音楽ジャンルで踊る踊りです。

ダンススクールに行くと、普通のヒップで、しかしロックのポイントなどを混ぜた振り付けがありますが、先生は「ロックのようにカチッとしたポイントをするな」といいます。つまり、ロックではないのです。

↓に子供のダンス大会で優勝したチームのURLがあります。私もそのダンスをTVで見たのですが、
あれは幼児がやっているダンスだから許されたので、大人?があれをやったら、クソ扱いになるはずです。
理由は、既存のダンスをしているのに、既存のダンスのセオリーを無視しているからです。
tokkurikunさんも「フリースタイル」としてロックとヒップの融合を考えているのなら、融合する中で、
「誰も見た事の無いダンス」を目指してください。そうでなければ、あの幼児のように、小手先だけ変えた想像性の無い踊りになってしまう可能性があるからです。
お礼コメント
noname#31245

なるほど…アドバイスありがとうございます☆がんばります!!
投稿日時 - 2005-09-20 18:04:50
  • 回答No.2

ベストアンサー率 37% (13/35)

私はそのダンスを目指しています!!!
私の中ではHIP ROCKと呼んでるんですが、現段階でHIP ROCKを専門でやってるDVDやダンサーさんは見たことありません…
正直私はダンス経験も3年でまだHIP HOPとROCKを組み合わせると言う技術はできませんし…
HIP HOPでちょっとROCKが入ってると言うのはまれに見るのですが…
補足コメント
noname#31245

mizuki0105さんとはダンスの趣味が合いそうな気がします。。振りを考えなければいけないのですが、mizuki0105さんおすすめダンスのホームページなどがありましたら、よかったら教えてください。ヒップホップがいいです…
投稿日時 - 2005-09-20 18:00:26
お礼コメント
noname#31245

いやいや、私かなりの初心者ですよ(^_^;)今できるとしたらヒップホップ中心でロックを入れるダンスになりそうですね。。mizuki0105さんがヒップロックを完成させて、ダンス会に広めてください☆回答ありがとうございます!!
投稿日時 - 2005-09-20 18:00:21
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
アーティストやジャンルについて知っていることを教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


OKWAVE若者応援スペシャル企画

ピックアップ

ページ先頭へ