• 締切済み
  • 暇なときにでも

自立について

日本以外の国の、自立の年齢や、あり方を教えてもらえませんか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

みんなの回答

  • 回答No.2
  • tousen
  • ベストアンサー率33% (1/3)

自立心が強い人と弱い人との違いは、親の愛情だと思います。 よく聞く話は、長男には母親がつき、長女には父親がつき次男、次女、末っ子には誰もとは言わないが長男、長女より愛情を注がない、もしくは上としたがかわいがられる間はそれほど。 スポーツ選手には末っ子が多いとか、長男より次男のほうが経営がうまいというのはここから来ていると思います。愛情が注がれてない(めんどうを見てくれない)分自分で何とかしなくてはならないので自然と自立心が養われると思います。 すべてこうと言うわけではありません。この逆もあります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
  • celena
  • ベストアンサー率19% (26/132)

オーストラリアのビクトリアでは18歳で大人と認められます。日本では20歳で初めて認められる酒、タバコも18です。結婚も18から、ギャンブル(カジノなど)も18。逆に18歳未満に対してはこういったこと厳しいです。酒など買うのにIDが必要です。そう言うわけで18になると自立心が高まると思います。 自立の仕方は家族・文化によってそれぞれだと思いますが、僕のホームステイ先では、15歳の娘が家で労働して親からその代金をもらっていました。日本でもあるかもしれませんがお金の管理については別々だったのでちょっと驚きました。

参考URL:
経験・体験

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 自立とは

    たもがみ閣下がおっしゃるには、戦後アメリカは狭いアパートをいっぱい作らせて日本人を誘導して個人主義を押し付け、大家族が壊れていったのだそうな。 小林よしのりも大家族の崩壊で伝統が受け継がれなくなったことを問題視してます。 親子で考えが違いすぎるので「うっせーよ」みたいに親の言うことを聞かない国になっているのは事実で、自立以外の選択肢はとりにくいのかもしれない。 日本が団結できない国になった原因のひとつは親離れ子離れというきれいごとで自立が促されてきたからではないかと思いますが、どうですかね? 一人暮らしも借地借家法の規制が強化されたから安心して暮らせるものと思われますが、いかが。 自立って孤立じゃん。きこりになるわけじゃないじゃん。親から離れ大家さんの世話になるだけじゃん。治安が悪い国で同様のことしたら身の安全が守られないじゃんw

  • 「日本は自立した社会を目指す!」

    「日本は自立した社会を目指す!」 自立できない人が増えてるのに自立を目指そうって、要するに政策で自立できない人を助けられるほど国に予算がないってことですよね。 助けられないから自立しろと問題を投げ出してるだけでは?

  • 海外で障害者の自立支援が進んでいる国

     私は今、障害者(特に身体障害者)の自立(職業的自立あるいは職業訓練)が日本よりも進んでいる海外の国・自治体・あるいはその中にある施設について調べ、取材に行きたいなと思っています。  どなたか上記の『身体障害者の自立支援』が進んでいる国、あるいは施設を知っておられる方がおりましたら、教えていただけないでしょうか? お願いいたします。

  • 自立

    この国はなぜ住民運動、デモ、ストライキが見られないのだろう、と思いませんか。団結できないじゃないか。 田母神しがおっしゃるにはアメリカは狭いアパートをいっぱい作らせて若者をそこに誘導した、とのことです。 うーん、親からの自立ってだましなんですかね? 親の世話にはならないが大家の世話になることですよね?これって自立なのかいな。 昔で言う村八分と同じ効果があるのが自立最先端ですよね? くまなくインフラ整備されているのは近代化がだいぶ進んでからで、それまでは隅々までインフラなど整備されてなかったと思うし。 会社で自立というと、会社を離れて新しい会社を起こすことでしょう。資本主義ならこれがいっぱい見られないとおかしいが。ただ、独立起業する人はほとんどみられないし。

  • 介護でいう高齢者の自立とは

    タイトルのとおりなのですが、国や自治体が謡文句のようにいう 高齢者の自立できた社会を目指すというのは 具体的には高齢者がどういう環境にあれば良いのかわかりません。 自立とはどういうことなのでしょうか? かなり国の回答に対し揚げ足的な質問ですが 国は自立を具体的にどうとらえているのでしょうか? また、個人的なイメージでも構いませんので どなたか教えていただけないでしょうか?

  • 日本と世界の身体障害者の自立

     私は今、日本と世界の身体障害者の扱いの違いについて調べたいと思っています。  『障害者自立支援法』の成立以後、日本の身体障害者は厳しい立場に立たされていますが、その中で、日本の身体障害者は、いかにして生活・職業的自立(特に、健常者に負けないだけの収入を得ている障害者の方は、そのすべをどこで学んだかが知りたいのです)をはかっているのかを調べたいのです。  また、海外の、特に『身体障害者福祉政策』が手厚い国のことも調べたいと思っています。 その例としては、どんな国が挙げられるでしょうか? また、それらの国は、身体障害者の生活的・職業的自立のためにどんな施設を作り、どんな法律を作って、その人々を支援しているのでしょうか? 情報をお持ちの方がおられたら教えてください。 また、『この本に書いてあるからこの本を読むべし』と『本の名前』を教えてくださるのでも結構です。 どうかよろしくお願いします。

  • 何が自立でしょうか?

    生活保護をこれから申請する予定の36です。 これから自分で生活はもちろん、金銭管理までです。 自分で資金を集めて親から離れる場合以外は、自立ではないと友人に言われました。 では私の場合、自立ではなくなんでしょうか? もちろん生活保護を受けることは五年も保留してきましたが、もはやお手上げです。 19で出産してから母と同居で、頑張ってきましたが自立したことは今迄なかったと言うことになります。 自立もしたいけど、今は病気もいくつも抱えて仕事にはつけません。 最初の自立の時、皆様は自力でしたでしょうか? 教えてください。

  • 自立とは!?

    自立とは携帯に頼らないことだと親は言います。 おかしくないですか? 人に頼らないことを自立自立、と言うのではないでしょうか?

  • 自立支援法で自立は可能なのでしょうか

    自立支援法について勉強しています。 次のようなことについて教えていただけたらありがたいです。 自立支援法ができたことで自立できたのでしょうか。 自室支援法のもとで実際の生活の場では今どのようなことが起こっているのですか。 そのほか何か自立支援法についてご存知のことがあれば教えてください。

  • 経済的自立のない、精神的自立とは?

    現在、子供はおらず、週に3度のパートをしながら、持病治療のため通院・治療をしながら主婦業をしています(30代)。 体調が不安定なためにフルタイムで働くことができず、経済面では、ほぼ全面的に旦那に頼っています。 基本的に関係はうまくいっていると思います。 がしかし、私は彼がいなくなってしまうと、生きていくことができないので(精神的にも経済的にも)、時々凄まじい不安に襲われます。(私が彼に依存気味なので、旦那も、たまに疲れた表情になります・・)。年齢が離れているせいもあり、ゆくゆくは私ひとりで生きていかなければならないので、 その時のことも想像すると、取り乱してしまいます(まだまだ何十年も先とはいえ)。 今までの病状の経過から、フルタイムで普通に働くことができる日はまず来ないと思います。 もちろん、そうできるようになるのを目指して努力はしていますが、多分これは難しいです。 なので、経済的な自立というのは、もう仕方がないので諦めるとしても、精神的に自立したいと思っています。 ただ、「精神的自立」というのは「経済的自立」がなくてもできるものなのでしょうか? また、できるとしたら、それはどのような形で成立するものなのか? また、、精神的自立とは果たして具体的にどういうことなのか・・? (それに対して経済的自立は、自分の生活に必要なお金を自分で稼ぐことなので、とても分かりやすいですね) 子供を産んで育てればいいという考えもありますが、これも、私の病状・また環境・状況的に難しいこともあり、 夫婦の相談の上、今後その選択肢をとることはないと思います。 旦那と知り合う前は、メンタルを病んでおり、他人との接触、社会との接触が一切なかったので、 それ以前の生活はかなり悲惨なものでした。 自分が生きていることに不安を覚えなくなったら、結果的にそれは自立をしていると考えていいと思うのですが、色々な病気を抱えながらも、そのことや自分の未来に不安を覚えないで生きていくために、どうすればいいかを、いつも考えています。 皆さんのご意見を聞かせて下さい。