• 締切済み
  • すぐに回答を!

公共投資と景気

公共投資を増やすと景気にはどのような影響があるでしょうか? マクロ経済的に言ういうと1.政府支出を増やす。2.国債発行額が増える。もしくは、増税によりマネーサプライが減る。3.金利が上がる。4.企業の経済活動が減速する。ことが考えられます。しかしその一方で、公共投資に対する企業投資の増加や雇用、道路などの公共投資で作ったものから得られる経済効果が期待できます。このトレードオフでどちらが大きいんでしょうか? 公共投資を増やす政策で長期的に実質GDPは増加するのでしょうか? 御願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数624
  • ありがとう数1

みんなの回答

  • 回答No.1
  • parts
  • ベストアンサー率62% (6341/10113)

これは物によると思いますよ。 公共投資でもただ単に道路や無駄な建設に金をつぎ込めば、国は破綻します。 ただ、アメリカがIT景気になる前、アメリカ政府は公的にIT関連の研究などにお金を投資しています。この投資はITバブルに比べると大きな物ではなかったのですが、将来にとってプラスになる物へ公共投資すれば確実に長期的にGDPがのびることがこれで実証されています。 問題は、公共投資の対象物ですね。今の日本のように投資先が定まらずばらまくだけなら、長期的にもトレードオフではこれは投資が大きくなるだけでGDPには・・・です。 対して、将来のために的確な判断をして次の産業や技術に投資すれば、間違いなく世界をリードし景気はけた外れにのびます。また、複数ではなく、一つの物を高めればそれでも世界をリードでき景気はのばせます。この見極めができる人間が政府にいて実行するだけの力があれば、景気は上昇すると言うことです。 (これは別の話ですが今の日本政府内にいるとは思えませんがね) Q/公共投資を増やすと景気にはどのような影響があるでしょうか? A/長々と書きましたが、おわかりになられたでしょうか?あなたの質問で書いておられるとおり、影響は2つ、景気の後退があり政府が破綻するか、もう一つが景気の後退をくい止め市場を賑わすかどちらかになります。 Q/公共投資を増やす政策で長期的に実質GDPは増加するのでしょうか? A/政策次第です。投資する対象物が将来の有望株である。もしくは対象物に投資することで他の何かに何らかの大きな利が出るなら、増加するでしょう。 逆に、ただ単に見定めもせずだらだら流すだけなら、増加するかはホントに運次第です。(可能性は低い) Q/このトレードオフでどちらが大きいんでしょうか? A/日本のことを言っているなら、ここ数年はたぶん負(国債)ですね。たぶんこのままなら次も負になる可能性が高いかな?結局は政治家の見定めによるってことですよ。 これぐらいしか言えませんね。株でも何でもそうですが、ある物に投資したら必ず成功するとは言えません。いつも同じ風が吹くとは言えませんからね。その風を的確に読めば新しい好景気がやってきます。読めなければ・・・ どちらのトレードオフが大きいとは言い切れないと言うことです。舵取り次第ですね。だから選挙があるのかな?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 巨大公共投資について

    不況対策としての効果がもはやなくなったといわれているにもかかわらず、現代の日本では巨大公共投資、しかも環境破壊型巨大公共投資がなぜいつまでも続いていくんですか??また、それと、資本主義の原理や経済状況などとの関係はどんなことがあるんですか? ながくなってすいません。。おねがいします!

  • 公共投資に関する統計資料

    公共投資に関する統計資料といいますか、経済指標としてはどのようなものがあるのでしょうか?

  • 現在、政府は財政再建という名目で政府支出や公共投資を抑制する一方、法人

    現在、政府は財政再建という名目で政府支出や公共投資を抑制する一方、法人税を減税して消費税を上げるという、消費者いじめ・企業優遇な政策により景気が後退する政策をとっています。 国債も政府負債抑制の名のもとに国債発行抑制を目指しています。 こういった増税・抑制政策より、景気を回復させるために公共投資を(ルールを見直して)拡大し、限定期間で消費税減税や消費者の購買を後押しする投資をするために国債はもっと発行すべきです。 国債が増えると将来に負担がかかるという意見もありますが、このまま国内税収が不景気により減っていけば、国債を抑制しても税収が減り、国債利払いのデフォルトもあり得ます。 政府は景気対策ができていないのではないでしょうか?

  • 公共投資の非効率性

    よく、わが国の公共投資は、土木建築に偏りすぎており、無駄な道路・橋を作るのは無意味だという指摘を聞きます。 これに対し、(オールド?)ケインズ的な発送では、穴を掘って埋めるだけだろうが、何であろうが、財政政策は有効であることになっています。 このような現在の財政政策の有効性について、経済学の初学者にも分かりやすく説明するにはどうすればいいのでしょうか?

  • ケインズの公共投資について教えてください

    経済のことほとんどわかりません。教えてください。 ケインズは不況の時は、国家が経済に不介入という立場ではなく、公共投資をして建築関係に国が投資すれば波及効果が出て、雇用も増え景気も回復すると唱えたのだと思うのですが、なぜそうなるのかがわかりません。 非常に単純化して例を示すと 親会社のA建設会社があって、B工務店がその下請けだとします。そしてB工務店の建築資材の仕入れ先がC建材店だとします。 今、国が、ケインズが主張したように公共投資を1000円、A建設会社に行ったとします。A建設会社は1000円のうち、300円を自社の利益として先取りし、残りの700円を下請けのB工務店に出したとします。 B工務店は700円のうち200円を自社の利益として先取りし、500円を仕入れ先のC建材店に支払ったとします。C建材店は500円のうち100円を自社の利益として先取りし、残りの400円を職人に給与として払ったとします。 結局利益を上げたのは、A建設会社300円、B工務店200円、C建材店100円、職人400円の合計1000円です。 国が投資した1000円は、それぞれの利益として分散されただけであって、それぞれ自分の下請けに出した、1000円+700円+500円+400円=2600円の経済効果とみるのが妥当とは思えないのですが・・。 また、結局国に入る税金も、民間のそれぞれの利益部分の合計1000円に対しての、例えば10%であって、だとするならば、国は1000円投資して100円税金で回収できるにすぎません。 どうにも波及効果という考え方が理解できないのですが、詳しい方教えてください。よろしくお願いします

  • 円借款は公共投資ですか?

    円借款は遠い公共投資なのでしょうか? よく日本は貧しい国に、支援金を送ります。 ミャンマーでは、火力発電所の操業ということで、技術提供など500億円もの円借款をしていましたが、現地では技術者の頭領は、日本人が説明や指示を最終的にはしないと危険だったりするでしょう。 なので、火力発電とすれば、東電や中電などの技術者が派遣されるのでしょう。 その人に給料や手当てとして払われたりするので、他国に援助金を送るけれども日本人にも一部返ってくるしくみになっているのではないでしょうか? つまり公共投資になっているということではないでしょうか? もちろん、ほとんどはそちらの作業員は現地の方々だと思うので、そちらへの給料になると思われますが、残ったお金はミャンマー国内で火力発電のまわりにいろいろなお店など誘致したりして、経済がまわるように使われることを目的にしているのでしょうか? 遠くはミャンマーが成長した暁には手土産を日本に贈っていただけるということが最大の公共投資の目的ということになるのでありましょうか。 ほかでもいろいろな国に円借款などしていますが、これはもはやお金ではないよ! ということを表しているものではないでしょうか? 便利なお金というものを利用して他国の生活の助けとなるのであれば、借金になったりしたとしても、それは別口のことなのだよ!? ということなのでしょうか。 これこそ、世の中金じゃないといわんばかりのことなのでしょう。

  • 三面等価の原則について

    家計は所得増加分の75%を消費の増加に向けたとする。所得に存在しない消費(基礎的消費)は50、民間投資は200であるとする。 海外との取引は無しとし、45度線モデルを用いて以下の問いに答えよ (1)政府支出が無い場合の均衡GDPを求めよ (2)増税を行わずに政府支出を100だけ増加させる場合、均衡GDPはどれだけ増加するか。 (3)(2)における政府支出増加ぶんと均衡GDP増加分を比較し、それらの差がなぜ生じるのか、そのメカニズムについて証明せよ。 国民経済計算の三面等価の成立を、産業部門が2部門である例を用いて証明せよ。 教えてください。

  • 財政学に詳しい方!お願いします。

    大学の課題なんですが、さっぱりなので助けてください。 【財政学課題】 閉鎖経済において、1,000億円を減税に用いた場合と公共事業に用いた場合では、 それぞれ国民所得はどれだけ増加するかを答えよ。 ただし、民間投資、租税、政府支出は外生的にあたえられ、 限界消費性向は0.6であるとする。 減税のケース ○○億円 公共投資のケース ○○億円 宜しくお願い致します。

  • 生産可能曲線の拡大に役立つものって?

    経済学で、生産可能曲線の拡大に役立つものとして、 「新しい資源、新技術」と参考書に載っていました。 しかし、公共投資の増加は役立たないそうです。 自分としては国から公共投資の増加という援助を受けたら、たくさん生産できるように なって生産可能曲線が拡大すると考えているのですが、 違いますか?

  • 公共事業と有効需要

    ☆公共投資の増加は乗数効果により多くの有効需要を創出し、国内総生産(GDP)を拡大させる。 乗数効果:一定の条件下において有効需要を増加させたときに国民所得が乗数によって増加する現象。  (この文の一定条件下の有効需要の増加 とは、公共事業による有効需要の増加ということを言っているのでしょうか?) ☆の文の意味をできるだけ簡単に説明して頂けないでしょうか?乗数効果の意味も分からず困っています よろしくお願いします

専門家に質問してみよう