解決済み

江戸時代の価格表

  • 困ってます
  • 質問No.1606753
  • 閲覧数461
  • ありがとう数6
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 96% (957/992)

江戸時代の値段表で銭数百文の所を銀何匁で書き表してるのは銀で払ってもらいたいのですか?それともただ匁で書いてみただけですか?
通報する
  • 回答数2
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2
レベル12

ベストアンサー率 33% (258/765)

江戸時代経済の中心であった大阪地区は銀本位制で、政治の中心であった江戸地区は金本位制でした。

大阪地区は秤量銀貨を目方を量って取引していましたが、江戸地区では計数銀貨といって価格が決まった銀貨を使用していました。 (1朱銀、1分銀など)
金銀銅貨の交換比率は一応定められていました。

従って物価も関西では銀何匁と表記するのがわかりやすく、江戸では銭何百文と表記するのがわかりやすかったのです。
お礼コメント
mersess

お礼率 96% (957/992)

東西で差異があるということですか、ありがとうございました。
投稿日時 - 2005-08-27 16:10:35

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.1
レベル14

ベストアンサー率 25% (1361/5264)

銀が基軸通貨だったので銀で表示されているのではないでしょうか。
お礼コメント
mersess

お礼率 96% (957/992)

ありがとうございました。
投稿日時 - 2005-08-27 16:09:02

このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


抽選で合計100名様にプレゼント!

ピックアップ

ページ先頭へ