• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

ドブジャンスキー

“Nothing in biology makes sense except in the light of evolution.” これはエッセイのタイトルですか?(本?雑誌に掲載?) このエッセイ(?)を読みたいんですが、何を見ればいいですか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数110
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • seian
  • ベストアンサー率50% (16/32)

そういうのは題名をそのままwww.google.comででも検索してみれば大抵何とかなります。 おそらくgooでも・・・。 例えば以下のようなページが見つかります。 http://www.elite.net/~hclark/light.htm

参考URL:
http://www.elite.net/~hclark/light.htm

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

分かりました.ありがとうございました. 全文載ってるものなんですね・・・

関連するQ&A

  • 水木しげる先生が昔、ビッグコミックかなんかに連載していた…

    漫画というより、エッセイみたいな。 ご自身の戦争体験を書いたものなんですが、 タイトルはなんていったかご存知の方いらしたら教えて下さい。 今から13~15年くらい前だと思うんですが…。 雑誌に掲載されていたときは、1ページの上半分がイラストで下半分に文が載っていました。 掲載雑誌は、ビッグコミックかオリジナルかスピリッツ、それのどれかだったと思います。

  • 平林久和 「振り向けば景色は変わっていた」

    平林久和氏の「振り向けば景色は変わっていた」というエッセイ(かどうか分かりませんがそういうタイトルの文章)があるそうなんですが、どの本に載っているかご存じの方はいらっしゃらないでしょうか?何冊か本が出版されていて、どの本に掲載されているのかわかりません。分かる方がいたら教えてください。お願いします。

  • 解釈で悩んでいます

    ソリの合わない母と息子の会話で、父親は病気で死にそうだけど、 おだやかに人生を受け入れているのに、 それに比べてママはどうだ!?と、息子が食ってかかりました。 ママは家庭を顧みなかった家族へのつらい気持ちを涙ながらに訴えます。 ママ)Of course he is accepting of everything. Isn't that what comes with dying? Some brain thing that kicks in and all of a sudden everything makes sense. Suddenly everyone's coming from love no matter how hateful they're been in their loves. You drown your child or you put a bullet through your own head, and it's nothing more than a cry for help, but you get stuck with the living and nothing, nobody makes any sense. 当然、彼はすべてを受け入れられるでしょうよ。それが死に直面するってことじゃないの? 脳から出る物質か何かのせいで、突然すべてに意味が感じられるようになって、実際は、過去がどうであれ、すべてが素晴らしく感じられるようになるんだわ。 これ以後の意味がわかりません。 ママは死にそうなわけじゃないから、どうにも辛い人生から 逃れられない、と言っているのでしょうか? どなたか教えて下さい。 どうぞよろしくお願いします。

  • 英文科学ジャーナルについて教えて

    英文科学ジャーナルについて教えて Journal of Applied Microbiology という微生物関係のジャーナルがあるそうです。 友人が投稿して掲載が決まったのですが、どんなジャーナルかご存じの方教えてください。 本部、編集者、発行部数、レベル等です。有名な雑誌なのでしょうか。

  • canの意味・用法について

    質問です ・Most of the desserts she makes are so great that nothing else in the world can be better. (妻が作るデザートのほとんどはとてもおいしくて、世界でこれよりおいしいものはないと思います) という文でcanの用法・意味はどう考えればいいのでしょうか? nothingの否定とcanで(~のはずがない)という意味と考えていいのでしょうか? どうかよろしくお願いします。

  • A except B

    次のような文章があり、それについて質問をさせてください。 We are more likely to use slang or colloquial English when speaking to friends and colleagues than when addressing strangers or superiors , and we would probably not use them in writing, except of an informal kind. We (誰のことですか?) はたぶん使わないだろう(仮定法)。them を。書く場合には。インフォーマルな種類を除いて」となると思います。綺麗な日本語にはしていません。them を使ってもいいけど、それは informal kind の場合は、という意味だと思います。 最後のところで except of..と of になっているのはなぜでしょうか? except for...はexcept が前置詞で except forは辞書を見てありますが、これはなんでしょうか?本の解説には、 except of で "なぜ of がついているのか?”という問いがあります。解説には ”前にwriting が省略されているから。省略のきっかけを作っているのは except。これは{~を除いて」という意味の前置詞だが、通常 A except B {Bを除くA}という形でつかうので、except の前後には同じ形の語句が来る。そのため、2回目の一部は省略可能。” ” in writing, except (writing) of an informal kind. と答えはなるようですが、except 前置詞 writing (動名詞)で、 write of ...など辞書にありませんが、これはなんなのかご説明をいただけますか?よろしくお願いいたします。全訳などは大丈夫ですのでけっこうです。

  • この英文の構造について教えてください。

    バートランド・ラッセルの「The Conquest of Happiness」からの英文です。 They found themselves in the presence of something which awoke in them that sense of reverence which nothing else claimed, and something to which they felt, even in the very depths of their being, that an unquestioning loyalty was due. 彼らは、彼らの中に呼び起こした何かの存在の中に、他に値するものが何もない尊敬の意味、そして絶対的な忠誠が当然払われるものであると、彼らの存在のまさに深みの中でさえ、彼らが感じた何かに、気がついた。 と訳してみましたが、全体の構造がよくわかりません。 They(S) found(V) themselves in the presence of something (which) awoke in them が最初にあって、 以下はthat節でしょうか? (that) sense of reverence (which) nothing else claime, and something to( which) they felt(後半のthatにつながる→) (that) an unquestioning loyalty was due. even in the very depths of their being(挿入句)

  • 「執筆者紹介」の最適訳は?

    共著の本や雑誌の巻末に複数の「執筆者紹介」を掲載する場合、その「執筆者紹介」の英訳で最もふさわしいのはどれですか? a. The Introductions of the Writers/Authors b. The Profiles of the Writers/Authors c. The Writers'/Authors' Note d. その他何かいい表現があれば・・・ 又、上のタイトルの中で、the や 's'(複数形)の使用法でおかしい所があれば合わせて教えて下さい。

  • 和訳お願いします。

    Synthetic biology is in fact the name now used for a cluster of new technologies in which, as John McCarthy, the computer scientist, says, biomolecular components (natural or synthetic) are newly combined or reorganised to create novel genetic and biochemical circuitry, pathways, and ultimately organisms. It is, in a sense, a hybrid discipline between science and engineering. Synthetic biology has caugh the imagination not least because it makes the beginnings of potentially manufacturing life forms from scratch and eventually of creating tailor-made creatures in our own image-or in principle in the image of anything we can engineer. This is heady stuff, and if it works may give us un precedented powers. If we can try to understand how to make better creatures than ourselves, longer-lived, more resistant to disease and injury, healthier and better adapted to a changing environment, we should surely do so. よろしくお願いします。

  • 瀬戸内寂聴の自伝的小説のタイトル

    瀬戸内寂聴さんは、出家なさる前、恋多き女性だったということを両親から聞きました。 瀬戸内さんの自伝か、自伝的小説があればぜひ読んでみたいのですが、瀬戸内さんの本はあまりに多いので、探せなくて困っています。 タイトルを教えていただきたく思います。 「瀬戸内寂聴 自伝」で検索したのですが、わかりませんでした。 また、友人から聞いたのですが、瀬戸内さんは 「女は恋をしたなら、自分の身を滅ぼすほど…」 と書いていらしたそうです。 本に書いていたのか、新聞や雑誌などに書いていたのかわかりませんが、瀬戸内さんのエッセイなどで、そのようなことが書いてある本があれば、タイトルを教えてくださるとうれしいです。 どうぞよろしくお願いいたします。