• ベストアンサー
  • 困ってます

~運動方程式→エネルギーand運動量保存則?~

僕は大学入試に向けてちょっとだけ頑張ってる受験生なのですが、(笑) 運動方程式等に関して質問があります。 ある先生に聞いた話なんですけど、 『エネルギー保存則も運動量保存則も運動方程式が元であり、変形したり積分したりすれば運動方程式から導くことが出来る』んですよね?? だから気になって、ホントかな~と思っていろいろ変形してたら   ma=F   m(Δv/Δt)=F   mΔv=FΔt 『おぉ、これは確かに力積とか運動量保存則っぽい!』 ってなったんですけど、これは正解でしょうか? また、エネルギー保存則はどうやって導くのでしょうか? これはまったくわからないんです!どなたか教えてください。 よろしくお願いします。m(_ _)m

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 物理学
  • 回答数6
  • 閲覧数1141
  • ありがとう数7

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4
  • brogie
  • ベストアンサー率33% (131/392)

おはよう御座います。いろいろ回答されているようですが、 gedo-syosaさんの先生が仰っているのは、 次のようなことではないでしょうか? 運動方程式(v,r,Fなどはベクトルです) 外力が働いていない時は(F=0) mdv/dt=0 両辺をt1からt2まで積分して ∫m(dv/dt)dt=0 ∫mdv=0 mv2ーmv1=0 mv2=mv1 これは運動量保存則です。 同様にして 運動方程式(v,r,Fなどはベクトルです) mdv/dt=F・・・・・・・・・(1) この両辺にvをかけて mvdv/dt=Fv・・・・・・・・(2) 変形して (m/2)(dv^2/dt)=Fdr/dt・・・(3) 両辺をtで積分して ∫(m/2)(dv^2/dt)dt=∫(Fdr/dt)dt・・・(4) ∫(m/2)dv^2=∫Fdr・・・・・・・・・・・(5) (1/2)mv^2[v1からv2]=外力Fがした仕事・・・(6) (1/2)m(v2)^2ー(1/2)m(v2)^2=外力Fがした仕事・・・(7) この(7)式はエネルギー保存則です。 後はご自分で考えてください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

>∫mdv=0 >mv2ーmv1=0 これってよく置換積分でやる、   t | t1→ t2   ----------   v| v1→ v2 みたい事をしてるんですよね? 物理って言うより数学の質問ですが(笑 数学も苦手なもので・・・。すいません。 >後はご自分で考えてください。 じっくり、ゆ~~っくりと考えてみます。

その他の回答 (5)

  • 回答No.6

皆様よりの回答で大事なところは尽きていますが、昔は物理(の出来の悪さ)に悩む生徒、今は学生から質問を受ける立場の者として、少し補足コメントさせて頂きます。 運動方程式は、位置の2階微分量である加速度に関する方程式ですから、微分方程式の一種です。微分方程式は、一般に積分型に直して考えることもできます。質点の運動方程式の積分型が、あなたの導かれた「運動量の変化=力積」という式なのです。ただ、皆さんがおっしゃっているように、これは保存則ではありません。保存則というのは、時間と共に変化する現象の中でも、ある量を工夫して計算するとそれは変わらずに保たれている、こういうときに使われる表現です。質点系の力学というのを勉強されると、系の運動量保存に関する皆さんの説明がよく分かるようになるでしょう。 力学的エネルギー保存則は、運動方程式の右辺を決める力の関数形がある条件を満たすときにだけ導かれます。その条件は、力(ベクトル)が、位置の関数としてのあるスカラー関数(ポテンシャルエネルギーと呼ぶ)の(-)勾配になっているということです。こういう場合には、運動の能力を、位置エネルギーという運動以外の形に変換し、そしてそれをまた運動の形に戻すということが可能になります。これを保証するために、同じ条件下では同じことが繰り返し起こり得るという仮定が必要で、これが、時間の一様性という性質に深く結びついています。 このようなことは大学の授業で詳しく扱われるはずですが、物理学科以外では、大学により、また教官により、扱い方は随分違うと思います。最近は、基礎的なことを時間をかけて深く考えるような教え方は好まれないというような風潮もあり、個人的に、日本の科学・文化の将来に危惧を抱いております。あなたのような、自分で考えることの好きな方に是非期待したいものです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

>微分方程式 これはよく耳にする言葉なのですが、数年前から高校では扱わなくなってしまったらしくて・・・。まぁとにかく微分するんですよね?(^^; ・・・あぁ~、難しいですねぇ。 大学に行ったらもっとよく勉強します。 >最近は、基礎的なことを時間をかけて深く考えるような教え方は好まれないというような風潮もあり、個人的に、日本の科学・文化の将来に危惧を抱いております。あなたのような、自分で考えることの好きな方に是非期待したいものです。 しっかりと勉強してノーベル賞とか、ぜひ狙いたいです。(爆 将来、受賞できるように一生懸命頑張ります!(笑

  • 回答No.5

>> ポテンシャルエネルギー > なんですかそのカッコいい名前のエネルギーは・・・。 ポテンシャルエネルギーは位置エネルギーと同じことです. ポテンシャルとは潜在的能力と言うような意味です. 物体を高いところに持ってゆくと位置のエネルギーを持ちますが, 物体自体は変化していません. そういうわけでポテンシャルエネルギーというのです. > 僕は化学科を目指してるんですけど、そういう事は詳しくやりますかね? > 物理化学とかいう分野もあるそうですけど・・・・。 物理化学はちょっと話が違います. やるなら,「力学」「解析力学」というような授業でしょう. 化学科で「力学」「解析力学」がカリキュラムに入っているかどうかは, 大学によると思います.

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

>ポテンシャルエネルギー なるほど、位置エネルギーのことでしたか~。 教えていただいてどうもありがとうございます。m(_ _)m >やるなら,「力学」「解析力学」というような授業でしょう. 化学なのに力学ってのがあるんですか! やっぱりなんか高校とはレベルはちがいますね~。 物理も化学も生物も混ざってる所が、結構あるようで。

  • 回答No.3

鵜呑みにせず自分で考えようという姿勢がなによりすばらしいですよ. さて,gedo-syosa さんの導かれた (1)  mΔv=FΔt はそのとおりで,「運動量変化は力積に等しい」という法則ですね. そうです,この法則は運動方程式だけから導けるんです. では,運動量保存則は? 詳しい話は motsuan さんが書かれていまので, 地上付近の自由落下という簡単な例を考えてみましょう. 運動方程式は (2)  ma = mg で,初期条件を t=0 で v = 0 とすると (3)  v = gt ですから,落下速度がどんどん速くなりますね. つまり,運動量は保存されない. 簡単な例ですが,運動方程式だけから運動量保存則を導くことはできないことを 示しています. もちろん,地上付近の重力の起源は物体と地球との万有引力にあるわけで, 物体と地球を両方ともきちんと考えてやると, 両者の運動量を合計したものは保存されることを示すことができます. 運動量の場合と同様に, エネルギー保存則も運動方程式だけから導くことはできません. では,こういう保存則は運動方程式の詳細によるかというと, そうではなくて,空間や時間の対称性と関係していることが知られています. 対称性と保存量の間の関係は大学の物理学科の2年くらいの内容です. 理工系の基礎教育の物理のレベルですと,やらない場合が多いようです.

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

>地上付近の自由落下という簡単な例を考えてみましょう. わざわざ例を出していただいてありがとうございます。 ・・・が、例は簡単でも話は難しいですねぇ。(笑 あとでもう一度じっくりと読んでみます。 >対称性と保存量の間の関係は大学の物理学科の2年くらいの内容です. >理工系の基礎教育の物理のレベルですと,やらない場合が多いようです. 僕は化学科を目指してるんですけど、そういう事は詳しくやりますかね? 物理化学とかいう分野もあるそうですけど・・・・。

  • 回答No.2
  • motsuan
  • ベストアンサー率40% (54/135)

運動量保存の法則は 作用反作用の法則と運動方程式を組み合わせたものです。 なんでそんな組み合わせをもってくるかというと、 というか前提なのですが、この法則は系のなかで力を及ぼしあって、 他からは力が加わらない場合に、その系では運動量と呼ばれる量が保存されると言う法則です。 したがって、さんが1個の質点についていくら考えてもこの法則は導かれません。 (ただし、導出の途中まではそのとおりです。) 運動量保存の法則は  系の全運動量    p=Σm(i) v(i)  (m(i)、v(i)はそれぞれi番目の質点の質量、速度(ベクトル))の時間変化    dp/dt=Σm(i) dv(i)/dt=Σm(i) a(i) = ΣF(i)  (a(i),F(i)はi番目の質点の加速度とかかる力)を考えると、  お互いに力を及ぼしあっているから、作用反作用の法則より    dp/dt = ΣF(i) = 0  となって、ベクトル量 p の時間変化はありません。つまり、系全体の運動量が保存 されます。   という法則です(0の積分ですね)。つまり、運動方程式だけから導かれるわけではありません(運動方程式は力の起源や性質について説明していない)。系全体の運動量という概念がわからないと、はたして、これは運動量保存の法則を使うのか、エネルギー保存の法則を使うのか分からなくなるのではないでしょうか? エネルギー保存の法則も、エネルギーの式を書き下して、その式の座標の意味を考えながら時間変化をみると0となって、エネルギーが保存されていることが分かります。この場合、たとえばポテンシャルエネルギーを考えたとき、反作用とか考えなくてもいいですよね。つまり、1個の質点について考えることができます(本当は反作用がポテンシャルの元になるものにも働いているはずですが普通はその質量を無限大としているため、はじき返されると考えます)。(運動する方向への積分になっています。)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ぬぅ・・・。難しそうですねぇ~。 こんなの自分で考えて導けるはずもありませんでしたね。(爆 なんかシグマとか出ちゃってるじゃないですか。(^^; 今、ちょっと時間がないので後ほどじっくり見させていただきますね。 >ポテンシャルエネルギー なんですかそのカッコいい名前のエネルギーは・・・。 運動エネルギーと位置エネルギーと弾性エネルギーしか知りませんよ(笑

  • 回答No.1
  • kexe
  • ベストアンサー率30% (58/189)

なつかしいですね~ 僕も大学は物理で受験したので このへんはよよくなやまされたところなんです gedo-syosaさんの変形、間違ってないですよ エネルギー保存則は普通に微分するといいんです つまり運動エネルギーを時間について微分するとどうなるでしょうか? あとなかなかいいページ見つけたので 参考URLにいれておきます。暇があったら読んでみてください じゃあと数ヶ月ですかね、がんばって!

参考URL:
http://doraneco.pos.to/physics/column/bisekig.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

>僕も大学は物理で受験したので 僕は化学と物理、両方で受験するんですよ。 両方ともどちらかというと苦手ですけど(^^: >参考URL ありがとうございます。 あとで見させていただきますね。 >じゃあと数ヶ月ですかね、がんばって! はい、頑張ります!!

関連するQ&A

  • 運動量方程式とは

    質点(その集合としての剛体でも)の運動を記述するのに、 1.ニュートンの運動方程式 2.それから誘導されるエネルギー保存式 があります。 さらに運動量保存方程式というものがあります。 運動量方程式を使うのは、バットにボールが衝突して飛んでいくというような問題に使われると思います。この場合、エネルギー保存は成立しないということになっています。 運動量保存式は、力積=運動量の変化であり、 力積=力×作用時間です。両辺を作用時間で割り、極限操作をすると、 力=質量×加速度となり、運動方程式そのものになります。ということは、運動方程式=運動量方程式=エネルギー保存というように見えてしまいます。 エネルギー保存が成立しなくても運動量保存は成立するというところで運動量方程式=エネルギー保存という考え方が成立していないということで矛盾となります。エネルギーが保存されなくても運動量はどうして保存されるのでしょうか。どのように考えるのでしょうか。 よろしくお願いします。

  • 力積と運動量でつまづきました。

    力積と運動量でつまづきました。 力積:F=MV 運動量:F=Ma a=Vとなり加速度と速度が等しくなってしまいます。 力積と運動量は本当に等しいんでしょうか? もし、等しいのならどのような視点から眺めれば等しくなるんでしょうか?

  • 運動方程式について

    運動方程式について 運動方程式F=ma(ma=F)について質問があります。 個人的に理解を深めようと、 運動方程式に関する様々なHPを閲覧しているのですが、 ところどころで、F=maについては、 a=F/m や、m=F/a と変形することは誤りだ、 という記述が見られます。 これが意図することは、そもそもその式が成立せず、 正しい値が導けないという意味なのか、 それとも、そのような変形は、 運動方程式の理念のようなもの(?)に反するため、 行うべきではないということなのでしょうか。 そして、もしこのような変形が行われるべきでないとするならば、 「質量5.0kgの物体に糸をつけて鉛直上向きに100Nで引くときの加速度aの向きと大きさを答えよ」 という問題が出たときに、 どういった方法で解けばよいのでしょうか。

  • エネルギーと運動量について

    この2つが違う量というのは何となく分かっているのですが 毎回毎回、問題を解く時に衝突や分裂は運動量保存則でという風にパターン化してます。 そこで疑問を持ったのですが 衝突などの運動では衝突した際に物体の変形だったりでエネルギーが失われますよね(別のエネルギーになる?) それならばその衝突の際に生じるエネルギーなどが全部与えられていて衝突後の速度vを求めるなどの問題があった場合、エネルギー保存則を使えば運動量保存則で求めた答えと同じになるのでしょうか?

  • 単振動のエネルギー保存則の導出について 運動方程式

    単振動の運動方程式から、エネルギー保存則を導出する過程について分からない所があります。  運動方程式:my''+ky=0 の両辺にy'をかけて変形する             ↓  d/dt (my'^2)/2 + d/dt (my'^2)/2 ・・・(1) (ここまでは、理解できます) この後の操作が、参考書によって、(1)式を時刻t1からt2まで積分すると書いている場合と、時刻0からtまで積分すると書いている場合がありました。 A). t1~t2まで積分(t1での変位をy1、t2での変位をy2)  (1/2)my2'^2 - (1/2)my1'^2 + (1/2)ky2^2 - (1/2)ky1^2 = 0 ・・・(2)  ここから、運動エネルギーとバネエネルギーの和が時刻t1とt2で等しい   としているもの。 B). 0~tまで積分(tでの変位をy)  (1/2)my'^2 + (1/2)ky2^2 = const.(一定)・・・(3)    としているもの。  ここで、気になったのが(1)式の右辺の0を積分する場合に、(2)式が0になるのは分かるのですが、(3)式で0を0~tまで積分した際に、0ではなくconst.となる違いがよく分かりません。(2)式で右辺がconst.となってもおかしいですし、(3)式で右辺が0になってもエネルギーがないことになってしまっておかしいので、導出された(2)式、(3)式とも正しいのは分かかるのですが....。 よろしくお願い致します。

  • 運動量の変化量と速度の内積

     現在力学を勉強し直している社会人です。 新感覚物理入門 今井功 著 を使って勉強をしています。 微積分をほとんど使わずに力学や電磁気学の概念が書かれていて非常にわかりやすいのですが、運動量から運動エネルギーを導き出すところで (書籍 38 ページ) 以下のような式の変形をするのですが、どうしても (1) 式から (2) 式の変形が理解できません。  どのような考え方で(1)式から(2)式への変形をすればよいのでしょうか? p:運動量ベクトル f:力 v:速度ベクトル m:質点の質量 r:質点の位置ベクトル t:時間 とすると Δp=fΔt、v=(Δr/Δt) 両式を辺々を掛け合わせると v・Δp=f・Δr 上式の左辺を変形すると v・Δp=v・Δ(mv)=mv・Δv  (1) =mΔ((1/2)v・v)     (2)

  • 非弾性衝突で運動量はどうして保存されるのでしょうか?

    非弾性衝突で運動量はどうして保存されるのでしょうか? 物体A(質量m1,速度v1)と物体B(質量m2,速度v2)が非弾性衝突をする時、(v1とv2は同じ向き、外力無視) 運動量は保存されるのに、運動エネルギーが保存されないのは何故だろうと思って調べてみると、 「運動エネルギーは、衝突による音や熱や変形などで消費されるので、保存則が成立しない」 という説明があり、すごく納得できました。2年前の話です。 そのことを今日思い出し、ふと思ったのですが、逆に、 運動エネルギーが保存されないのに、どうして運動量は保存されるのでしょうか? 音や熱や変形などによって確実に「何か」が消費されたのですから、 運動エネルギーだけでなく運動量も減る気がするのですが………。 別の訊き方もしてみます。 AとBの重心の速度をVとすると、  V=(m1v1+m2v2)/M  (M=m1+m2) AとBの運動量の和Pは  P=p1+p2=m1v1+m2v2=MV となり、 AとBの運動量の和は、速度Vで運動する質量Mの仮想物体Cの運動量に等しいということになりますが、 AとBの運動量が保存されるということは、Cの速度が一定ということですよね。 どうして一定になるのでしょうか?

  • 運動量保存の式について

    教えて!gooで初めて質問します。 下記のモデルについて、運動量の保存則に基づいて 方程式を解きたいと考えていますので 回答よろしくお願いします。 ================================================= トイレ位の小部屋に回転式のドアと 反対側に小さな小窓があるとします。 A;小窓を締め切った状態でドアを強く閉めてもドアは  室内の空気からの反力で閉まりきりません。  (45度あたりの地点で手首のスナップを利かして締める   ような動作で) B;同じく、小窓を半開の状態では、先ほどの半分のスナップ力で  ドアは閉まりきります。 C;同じく、小窓を全開の状態では、更に半分のスナップ力で  ドアは閉まりきります。 これらの状況から、小窓の開放量が小さくても ドアを強く閉めればドアは閉まりきるという関係を 小窓の開放面積と、ドアの閉め速度(力)とで 関係を方程式にしたいのですがどうなるのでしょうか? ドアからの力積F△t(Δt;閉まる瞬間=V1を巻き込む~閉まりきる) 室内の体積V0 閉まる直前に巻き込む空気の体積V1(質量はM1) (瞬間的に)排出される空気の体積V2(質量はM2) ドアの面積A1、小窓の面積A2 V1の室内に入る速度u1、V2の排出される速度u2 閉まりきったt=Δtでは室内の圧力(静圧)がP2(ゲージ圧)となり すぐにP0(外気と同圧)になるものとします。 (A,B,Cの条件から、室内にはV1-V2の空気が残り それが圧力P1となってドアを閉まりにくくしているとの 考えに基づいていますが、この前提は正しいのでしょうか?) 運動量保存則とPVの関係から、下記のように考えましたが どの部分の考え方が間違っているのでしょうか? (1)PV=一定より(疑問 断熱変化と捉えたほうがよい?) P0(V0+V1-V2)=(P0+P1)V0 左辺;ドアが閉まる前  右辺;t=Δt時点  で、P1=P0(V1-V2)/VOが導かれる   (2)力積と運動量の関係から ドアの部分で、F△t-P1A1△t=M1u1((2)の1)  左辺;ドアの力積-P1からの反力の力積 右辺;入る空気の運動量  小窓の部分で、P1A1△t-P1(A1-A2)△t=M2u2  左辺;P1(ドア)からの力-小窓のある壁からの反力の力積      →P1A2△t=M2u2((2)の2) (3)運動量は更に、流量体積から下記式を代入する   M1u1=ρA1u1^2△tとM2u2=ρA2u2^2△t (以下、計算は進めていませんが、まずはここまで) 特に(2)の部分は、ドアと小窓で分けて考えるのか ドア~小窓の系で考えるのか、文献等で調べれば調べるほど よくわからなくなっています。 すみませんがアドバイスをよろしくお願いします。  

  • 運動エネルギーについて

    1=V-(1)とし (1)をVで積分し、両辺にmをかけると mV=1/ 2 mV2乗 ※m:質量 V:速度 ここで、左辺は、P=mV ※P:運動量 また、右辺は、運動エネルギーと考える ここからが、わからないのですが PをVで積分する事により、それは 運動エネルギーをあらわすのでしょうか? どなたか、お教えくださいませ。

  • 運動方程式の意味とオススメの参考書

    運動方程式 ma=F の物理的な意味とは何でしょうか?教科書を読んでもわかりません。教えてください。 また、微分積分を使わずに(高校生なので)、力学的エネルギー保存の法則を運動方程式から導くことはできるのでしょうか? また、高校生がこのような数式や法則の意味を勉強するのによい参考書や書籍などはありますでしょうか?