締切済み

インターネットを活用した新商品開発

  • すぐに回答を!
  • 質問No.15742
  • 閲覧数95
  • ありがとう数15
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 0% (0/1)

インターネットにより顧客の要望をとりいれて、商品開発に活用するといったことが最近増えているようです。日本では、「空想生活」や「たのみこむ(tanomi.com)」といったような仲介サイトが登場していますが、アメリカではどうなのでしょうか?この分野は日本が先駆けと言えるのでしょうか?また、この類の海外サイトがあれば教えて下さい。仲介サイトではなくても、新商品開発に積極的にネットを取り入れている海外サイトがあれば、教えて下さい。お願い致します。顧客との協同開発が今後重要になるのではと考えています。
通報する
  • 回答数1
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全1件)

  • 回答No.1
レベル7

ベストアンサー率 30% (4/13)

多くの企業がコンシューマーの意見を採り入れた商品開発をしようと考えています。今までは送り手(メーカーなど)が一方的に商品開発をし、こんないいモノが出来ましたので買ってください、、というようなパターンが主流でした。今までコンシューマーの意見をマーケッティングという形でやっておりましたが、大変費用がかかる。がインターネットの普及で非常に安く行うことが出来るようになりました。そんなことからいわゆるコミュニティーサイトを立ち上げそのなかから新商品のヒントを見つけだしたり、コミュニティーに集まる人たちに販売をしたり、というのが新しいビジネスモデルとして考え出されました。
ただし、コミュニティーサイトそのものでは収益性がありませんので、大企業(お金を持っている企業)が実行出来るという制約があります。これから日本でもこの手のサイトが増えてくると思います。期待したいところですね。
 このようなコミュニティーサイトの企画は私自身も行っております。費用がかかるという難点や一気に人を多く集めるためのプロモーション等難題を抱えております。
 参考までにサイトのURL。

http://www.expertcentral.com
http://dmoz.org/
http://about.com/

ちょっと趣が違うかもしれませんが、参考までに。
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
職探しで苦労したこと、重視したポイント。あなたの経験を教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-

特集


開業・独立という夢を持つ人へ向けた情報満載!

ピックアップ

ページ先頭へ