• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

分子量と混合気体

27度,1.0x10^5Paの一酸化炭素10lと酸素10lとを容積25lの容器にとり、一酸化炭素を完全燃焼させた。燃焼後の混合気体の温度を0度として、容器内の混合気体の全圧を求めよ。また、燃焼後の混合気体中には何モルの酸素が残っているか。 私は気体がとても苦手です。この問題もとても悩んで解いたのですがやはりわかりませんでした。 2CO+O2=2CO2と化学反応式ではなるのでCOは全て反応してO2は半分反応し、最終的に残るのはO2が5l、COが10lまではわかったんです。 答えを見ると1.0x10^5x15=Px25となっていますが、これはCO,O2それぞれの分圧にO2,CO2の体積をかけているんですよね?それが容積25lの容器の圧力と混合気体の全圧とをかけたものと等しくなる。もう意味がわかりません。一酸化炭素10lと酸素10lと容積25lのどの体積を使うのかもわかりません。気体はどのように考えて問題を解けばできるようになりますか?公式を暗記しただけでは解けないので・・質問が多くてすいません。わかる方教えてください!

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 化学
  • 回答数7
  • 閲覧数955
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.7
  • shkwta
  • ベストアンサー率52% (966/1825)

No.4です。 もし、問題の写しまちがいで、反応前も反応後も27℃の場合は、273 K をすべて 300 K に変えてください。また、反応前も反応後も0 ℃の場合は、300 K をすべて 273 K に変えてください。 -------------------- さて、 >25Lは容器の体積ですよね? >比べるものが気体同士じゃなくても良いのでしょうか? No.2のように解けば、気体の量を物質量であらわしているので問題は起こらないのですが、No.4のように解くとこうした点が見づらくなってしまいます。 ポイントは、「気体を容器に入れると、容器一杯に広がる」=「容器に入れた気体の体積は、容器の容積と等しい」ということです。 1.0×10^5 Pa, 15 L の気体を、25 L の容器に入れると、気体の体積は25 L に変化し、圧力はそれにともなって下がります。 >また1.0x10^Paというのは最初の一酸化炭素と酸素の圧力ですよね? >これは一酸化炭素を完全燃焼しても変わらないのですか? No.4の回答中にも説明しましたが、 反応の前後で「温度・圧力は変わらない」と勝手に仮定しました。なぜそうなるのかは、そうなるように自動装置でも付いていると思っておいてください。こう仮定することで計算は楽になるし、実際このように仮定しても最終的に正しい答がでるのですが、「なぜそうするのか」という点は疑問のままだと思います。 No.2のやりかたなら、このような疑問は起こりません。 No.4の方法で正しい答が出る理由は、「物質量」「温度」「体積」「圧力」のうち3つを決めると残りの1つが決まる、という気体の性質があるためです。途中で何をやっても、この関係は変わりません。たとえば、 「0℃,1.0×10^5 Pa, 45 L の気体がある。この気体を20 L の容器に入れ、200℃に加熱したあと、圧縮して圧力を 6.0×10^5 Paとした。そして、16 L の容器に入れ、-15℃に冷却したあと、45 Lの容器に移し、温度を0℃とした。このときの圧力を求めよ。物質量は変化しないものとする」 答は、わかりますか。答は1.0×10^5 Pa です。物質量が変化しない限り、元の状態にもどすことができるので、途中で何をやっても関係ありません。最終状態さえ問題の指示通りなら、正しい答が出ます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

「物質量」「温度」「体積」「圧力」のうち3つを決めると残りの1つが決まる、という気体の性質がある!訳のわからぬまま暗記していたようなものなので知りませんでした。今までは「標準状態に換算すると最終的に同じ物質量になる」という文の意味がよくわからなかったんですが、納得がいきました!25℃,3.0×10^5 Pa, 45 L の気体での物質量をXとして200℃、6.0×10^5 Pa、16 Lの物質量をYとしても、最終的に物質量は0℃,1.0x10^5,22.4Lにすれば同じになるという事だったんだと思います。例題までつけてくださってとてもわかりやすかったです!回答ありがとうございました!

その他の回答 (6)

  • 回答No.6
noname#62864
noname#62864

No.1です。 状況が変化して、前後関係がよくわからないのですが・・ 要するに、問題の写し間違えで、「燃焼後の混合気体の温度を27℃にする」ということですね。 ・・私は、解答を先に見てしまったので、実は0℃にするという記述を見落としていました。shkwtaさんは注意力がありますね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.5
  • shkwta
  • ベストアンサー率52% (966/1825)

No.4です。 No.4を訂正します。(最後から2行目) (誤)V = 0.050 m^3 (正)V = 0.005 m^3

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4
  • shkwta
  • ベストアンサー率52% (966/1825)

No.2です。 次は、計算の手間を省ける、テクニック的な解き方です。 ただし、問題に書いていないことを勝手に仮定します。まじめな人は「本当にそれでいいの?」という気持ちになると思います。 まず、容器が25 L だということは忘れて、「温度・圧力は変化しない」と勝手に仮定します。 温度・圧力は変化しないのだから、体積と物質量は比例します。つまり、物質量を考える代わりに、体積だけで考えることができます。 ここでは、化学反応が終わるまで、27℃、1.0×10^5 Pa のままとします。 すると、最初にあるのは10 L の一酸化炭素と10 L の酸素です。 化学反応後には 10 Lの二酸化炭素と 5 L の酸素が存在していることになります。※ つまり、合計 15 L の気体があるわけです。 ここで、はじめて 25 L の容器を登場させます。問題では、容器の中で反応させたことにしていますが、勝手に問題を変えて、反応後に容器に入れることにします。それでも答は同じだからです。 また、問題に「反応後の温度は0℃」とありますが、ここでは、容器に入れてから0℃に冷やすことにします。それでも答は同じだからです。 すると、ボイル・シャルルの法則 P1 V1 / T1 = P2 V2 / T2 により、 (1.0×10^5 Pa)(15 L) /(300 K) = P2 (25 L) / (273 K) 上の式の P2 が、求めたい全圧です。 ------------------------- 残っている酸素の物質量のほうは、理想気体の状態方程式 P V = n R Tを変形して n = P V / R T ここに、※のところで得られた「容器に入れる前の状態」として P = 1.0×10^5 Pa, V = 0.050 m^3 , T = 300 K, R = 8.314 J/(mol・K) を代入すれば n が求められます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

(1.0×10^5 Pa)(15 L) /(300 K) = P2 (25 L) / (273 K)の式の15Lは酸素と二酸化炭素ですよね?25Lは容器の体積ですよね?比べるものが気体同士じゃなくても良いのでしょうか?また1.0x10^Paというのは最初の一酸化炭素と酸素の圧力ですよね?これは一酸化炭素を完全燃焼しても変わらないのですか?

  • 回答No.3
  • shkwta
  • ベストアンサー率52% (966/1825)

No.2の補足です。 全圧の計算のほうは、Rに数値を入れる必要がなく、Rのままで計算すれば最後に消えます。 ただし、 >燃焼後の混合気体中には何モルの酸素が残っているか を計算するとき、もし R = 8.314 J/(mol・K) を使うなら、リットルを立方メートルに直して計算してください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
  • shkwta
  • ベストアンサー率52% (966/1825)

>1.0x10^5x15=Px25 答が間違っているか、不完全(途中で途切れている)だと思うので確認してください。 ----------------------- できるだけ途中で意味が不明にならない、まじめな解き方で書いてみます。 (1)理想気体の状態方程式 P V = n R T を使います。 変形して、n = P V / R T (2)この式を使うと、27℃ = 300 K ですから 容器に入れる前の一酸化炭素の物質量n1は、n1 = (1.0×10^5 Pa)(10 L)/(R (300 K)) 容器に入れる前の酸素の物質量n2は、n2 = (1.0×10^5 Pa)(10 L)/(R (300 K)) ※たまたま n1 = n2 ですがこのままの記号で計算することにします。 (3)2CO + O2 → 2 CO2 の化学反応式により、 反応後にできる二酸化炭素の物質量は、n1に等しいです。 また、酸素の消費量は n1/2 ですから、酸素は (n2 - n1 / 2)だけ残っています。 (4)したがって、反応後に存在する気体の物質量の合計n3は、(3)の両者を加えて、 n3 = n1 + (n2 - n1 / 2) となります。 (5)理想気体の状態方程式を変形して、P = n R T / V 反応後の物質量はn3, 温度は0℃(=273 K ), 体積は 25 L ですから、反応後の全圧 P は P = n3 R (273 K) / (25 L) 以上、上から順にたどって計算すれば答が出ます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

補足のことなのですがshkwtaさんが正しいです!27度から0度にしているのにボイルの法則で解けるはずがありませんよね。私に落ち度があります。問題の写し間違えです。上の問題とその部分だけ間違えて移してしまったようです。本当にすいません!!ご迷惑おかけしました。丁寧な解答をありがとうございました!

質問者からの補足

とても丁寧に解説してくださってありがとうございます。nを主要に考えれば良いんですね。これならボイルの法則より理解ができます!でも本当に申し訳ないのですが答えが違うんです。問題集の答えが間違っているのかもしれないのですが。。計算しても答えと一致しなかったんです。 shkwtaさんは >1.0x10^5x15=Px25 答が間違っているか、不完全(途中で途切れている)だと思うので確認してください。 と何故思ったのですか?よろしければ教えてください。

  • 回答No.1
noname#62864
noname#62864

気体の場合には、温度や圧力の変化によって、簡単に体積が変化します。したがって、できるだけ同温同圧で比較することが重要です。 燃焼後のO2が5l、COが10lというのは27度,1.0x10^5Paでの話です。このことをしっかり意識して下さい。 解答の1.0x10^5x15=Px25の左辺の意味は、1.0x10^5Paで、15リットルになるという意味です。 右辺は、P Paで25リットルになるという意味です。 ここでの、25リットルというのは言うまでもなく容器の容積です。すなわち、「1.0x10^5Paで15リットルの気体を、25リットルの容器に入れると何気圧になるか」という考え方です。つまり、1.0x10^5Paで考えを進めて、最後に25リットルの容器に移した後の圧力に換算するという考え方です。 本来は、反応前に27度,1.0x10^5Paで20リットルになる混合気体が、25リットルの容器に入っていたわけですから、その圧力は1.0x10^5Paの20/25になっているはずです。 ですから、別の考え方として、はじめに(1.0×10^5)×(20/25)Paのものが、燃焼の結果、15/20になったと考えてもかまいません。その場合には、 (1.0×10^5)×(20/25)×(15/20)Paと言う計算式になります。 要するに、どの時点で、容積が25リットルであると言うことを勘定に入れるかということになります。 解き方は必ずしも一つではありませんので、得意な考え方で解けばよいでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

No2さんに解答の間違いがあると指摘されたので確認したところ問題文に写し間違えがあったことがわかりました。2回目なので・・本当にすいませんでした。もしかしたら気付いたのに指摘されなかったのかと思うと申し訳ないです。わかりやすい解答ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 解き方をおしえてください。

    標準状態の一酸化炭素10Lと酸素10Lとを容積25Lの容器にとり、一酸化炭素を完全燃焼させた。燃焼後の混合気体の温度を0℃として、容器内の混合気体の全圧を求めよ。又、燃焼後の混合気体中には何molの酸素が残ってるか? という問いに     2CO +CO2 →2CO2 反応前 10L 10L  0L 反応後  0L  5L 10L ここまで考えたんですが、これからどう気体の状態方程式を使って求めるのか わかりません。これから、どう解くのですか??

  • 混合気体20Lを25Lの容器に封入しても、圧力が変わらないのはなぜ?

    数研出版の「化学I・II重要問題集」のなかに、わけの分からない問題があったので、質問させていただきます。 「0℃、1.0×10^5Paにの一酸化炭素10リットルと酸素10リットルとを容積25リットルの容器にとり、一酸化炭素を完全燃焼させた。燃焼後の混合気体の温度を0℃として、容器内の混合気体の全圧を求めよ。また、燃焼後の混合気体中には何molの酸素が残っているか」 という問題ですが、容積25リットルの容器に一酸化炭素10リットルと酸素10リットルを取った段階で、もうすでに気体の圧力は1.0×10^5Paではないはずですよね?でも、解答には『反応後の気体の体積は15リットルであり、これが25リットルの容器中に存在するので、ボイルの法則より、1.0×10^5×15=P‘×25 よってP’=6.0×10^4(Pa)とあります。つまり、合計20リットルの混合気体を25リットルの容器に封入したときも混合気体の圧力は1.0×10^5Paであり、反応した直後も、1.0×10^5Paである、というのは、よく分かりません。どうしてなのでしょう。こういうことってありうるのでしょうか?

  • 化学の問題です

    混合気体の燃焼の問題です。 温度一定で3.0×10^5 Paの一酸化炭素3,0Lと2.0×10^5 Paの酸素3.0Lを、体積が5.0Lの容器に入れた。この混合気体点火して燃焼したあともとに温度に戻した。燃焼後の混合気体の全圧、および存在している各気体の分圧を求めよ という問題で混合前の各分圧を求めて、反応式を立て"2co+O2→2cO2"となり比較すると反応後の一酸化炭素の分圧が0となる様ですがこれは問題には完全燃焼と書いて無いですが完全燃焼ということなんでしょうか?

  • 混合気体について

    混合気体について 高校化学の混合気体について わからないことがあるので質問します。 右のようなピストンつきシリンダーがあり、外気圧はつねに 4.0×10の5乗paである。 この中に一酸化炭素と酸素を封入し、温度を27℃にした しばらく放置すると、ピストンは静止し、内容積は3.0lになった。 これに触媒を加えて点火すると完全燃焼が起こり coはなくなり、反応後の体積は27℃で2.5lになった。 触媒の体積は無視できる。はじめの混合気体中の一酸化炭素と酸素の体積比を求めよ。 o2とcoの体積は合計で3.0lなので 片方の体積を求めて、その差分でもう片方の体積がでる。 答えはco:o2=1:2 なんです。 ここからなんですが はじめの体積はo2もcoも3.0lなんじゃないかな と思ちゃうんですよね。 でこの参考書にも、上のように思ってしまう人は 150pの図をよく見ましょう、と書いてあるんですが、わかりません これは、 問題を解くとき限定の考え方ですか? わかりません 教えてください。お願いします。

  • 混合気体の問題…でしょうか

    高専の化学問題集 p.16 問題番号 2.83の問題です。 「プロパン、一酸化炭素および二酸化炭素からなる混合気体がある。これを標準状態で2.24lとり、酸素7.04gとともに2.00lの容器に入れ点火した。反応後温度が27℃に下がったとき、容器内の圧力は2.46atmであった。次にこの燃焼後の気体を水酸化カリウム水溶液中に通し、二酸化炭素を完全に吸収させてから0.500lの容器に入れたところ27℃で1.97atmを示した。この混合気体の体積組成を求めよ。ただし、可燃性ガスは完全に燃焼したものとし、生成した水の体積および蒸気圧は無視して良い。」 という問題があります。 私は高専生ながら化学は非常に苦手で、なかなか解けないのですが、とりあえず2.24lの混合気体ですから0.1mol分だけ取り出し、酸素7.04gですから酸素の分子量32を使って0.22mol分取り出したのではないかと考えました。 では、全体では0.1+0.22=0.32molと考えて状態方程式を作り、V(体積)について解いてみましたがいまいち体積を出したところで何をして良いのかわからずじまいです。 で、ヒントには 「C3H8+5O2->3CO2+4H2O,CO+1/2O2->CO2」(表記がわかりにくくてすみません)と書かれていましたがいまいちこれの使い方がわからず、結局状態方程式止まりの有様です。 このような問題はどのように解けばよいのでしょうか? ちなみに、答えは「C3H8=30%,CO=60%,CO2=10%」でした。 よろしくお願いします。

  • 圧力と物質量

    一酸化炭素0.4molと酸素0.3molを10Lの容器に入れ、27度にした。完全燃焼させたのち、再び27度にした。 1.初め容器内圧力は? 2.完全燃焼の化学反応式を示し容器内の気体の物質量は?(COとO2とCO2) 3.完全燃焼後の容器内圧力は?

  • 混合気体の燃焼に付いて

    混合気体の燃焼について 次の問題で自分の解き方でどこが違っているのか分からない点があるので御指摘下さい。 問題 「一酸化炭素、水素、および窒素からなる混合気体25.0mlがある。これに15.0mlの酸素を添加し、完全燃焼させたのちに気体の全体積を測定したら20.5mlであった。次にこの気体を水酸化ナトリウム水溶液に通したところ、気体の体積は14.5mlとなった。ただし燃焼によって生じた水蒸気は完全に液化するものとし、その蒸気圧は無視する。また全ての気体は水に溶けないものとする。 このとき、もとの混合気体中25.0ml中の一酸化炭素と水素の体積をそれぞれXml、Ymlとして表わすと、この混合気体中の燃焼による気体の全体積の減少量Cmlは、AX+BX=Cの形に表わすことができる。この係数A、B,および定数Cの値を求めよ」 という問題です。 私はまず反応式を書き、そこでの変化量を表にしました。 ※表に関しては、反応物の真下にそれぞれの体積を書いているのですが、パソコンで書くと文字間が詰められてしまうので、それぞれ()でくくってあります。 ↓で言うならば、COの始めの体積は(X)と書いて、Xmlというように書きました。 一酸化炭素の燃焼について 2CO + O2 → 2CO2 はじめ (X) (15)( 0) 変化量 (-X) (-1/2X)( X) あと(0) (15-1/2X)( X) 水素の燃焼について 2H2 + O2 → 2H2O はじめ (Y)( 15-1/2X)( 0) 変化量 (ーY)( -1/2Y)( Y) あと( 0)( 15-1/2X-1/2Y)( Y) ここで反応で生じた水蒸気はすべて液化することに注意して、 燃焼反応で減少した体積に関して式を立てると 20.5mlは反応しなかった窒素、反応で余った酸素、反応で生じた二酸化炭素の体積の総和なので {25-(X+Y)}+{15-1/2X+15-1/2X-1/2Y}+X=20.5 となり、整理すると X+3/2 Y=34.5となるので、A=1、B=3/2 C=34.5 となります。 でも、答えはAとBはあっているのですが、Cが19.5になるんですよ・・・。 果たしてどこが間違っているのでしょうか・・・。 Cの答えの差が15なので、もしかしたら、水素の燃焼反応のところで用いる酸素の量が異なるのかなとも思うのですが、でも一酸化炭素と水素の燃焼反応を同じ条件、つまり酸素は始めに15mlあって、そこで一酸化炭素の燃焼でx/2ml消費される、そして残った15-1/2xmlの酸素が水素と反応したと考えなければいけないと思うので、このように解いたのですが・・・。

  • 気体の反応式

    消防試験研究センターの公開問題に次のようなものがありました。 [問題] 0℃、1気圧(1.013×10^5Pa)3.0Lの一酸化炭素と6.0Lの酸素を混合して完全燃焼させた。このとき反応した酸素の体積と反応後の気体の体積として、次の組合せのうち正しいものはどれか。ただし、気体の体積は、0℃、1気圧(1.013×10^5Pa)として計算すること。     反応した酸素の体積    反応後の気体の体積  1  1.5L               4.5L  2  1.5L               7.5L  3  1.5L               9.0L  4  3.0L               4.5L  5  3.0L               7.5L  私は、2CO+O2 → 2CO2 より、2molのCOと1molのO2が反応するので、O2は1.5L、また、2molのCOから2molのCO2が生成するので、CO2は3Lだと思ったのですが、選択肢には上記のように、3Lはありませんでした。私の考え方はどこか間違っているでしょうか?

  • 化学IIの問題です

    分からない問題です。 途中式も詳しくお願いします。 問、温度一定で3.0×10^5Paの一酸化炭素3,0lと2,0×10^5Paの酸素3,0lを、体積が5,0lの容器に入れた。 (1),混合した気体中の一酸化炭素と酸素の分圧および混合気体の全圧を求めよ。 (2),この混合気体中に点火して燃焼させた後、もとの温度に戻した。燃焼後の混合気体の全圧、および存在している各気体の分圧を求めよ。

  • 混合気体の燃焼と体積

    水素、アセチレン、一酸化炭素の混合気体Aがある。A50mlに酸素60mlを加えmこれらを完全燃焼させたところ体積は37.5mlになった。燃焼後の気体を水酸化ナトリウム水溶液に通すと堆積は12.5mlになった。Ani含まれていた。アセチレンの体積は何mlか。 燃焼の反応式は、それぞれ次のようになる。 H2+(1/2)O2→H2O C2H2+(5/2)O2→2CO2+H2O CO+(1/2)O2→CO2 ・・・以下省 教えてほしいところ この反応式を使って、連立して答えを求めていました。 しかし、熱化学反応の式でないので係数が分数って駄目じゃないんですか?? なぜ、間違った係数で計算しているのに答えが求まるんでしょうか???