• ベストアンサー
  • 困ってます

動物の進化はどうやって起きているのか

生物の進化は突然変異の積み重ねで、より生存に適した変化をした個体がより子孫を残しやすく、徐々に広がっていった、と理解しています。その場合、少し首の長いキリンがたまたま生まれ、より高い部分の葉を食べやすいため、子供が増えやすいというのは、まだ理解できます。 ただ、深海魚などで、頭の上に角のようなものが長く生えて、その先に小魚をおびきよせるための発光体がついていることがありますが、これは到底理解できません。1000回あるいは1万回くらいの変化・進化を遂げて初めて、角が徐々に伸び、さらに数百回の突然変異で発光するようになるのではないでしょうか。 そうすると、その間は特に生存率を高める機能が発揮できません。それなのに、なぜある方向の突然変異が起き続けるのでしょうか。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 生物学
  • 回答数14
  • 閲覧数522
  • ありがとう数19

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
  • DIGAMMA
  • ベストアンサー率44% (620/1404)

こんにちは、  小生も突然変異/淘汰説には懐疑的です。 ちょうちんアンコウぐらいなら、たまたま「頭の中央が光る突然変異」とそこが「角みたいになる突然変異」が同時に起き、便利なので長くなった。  で何とかなりますが、多くの生物にある「目」の進化などは、その何兆倍もの偶然が必要です。  「地球は宇宙人の実験場であり、たまにプログラム(DNA)を書き換えに来ている」という説もありますが、これに対しては、全く信じておりません。  遺伝子の変化は、100%偶然によって起きるのではなく、まだ、未発見の未知のメカニズムが存在し、それがある程度、「偶然の方向性」を制御している。という説が、個人的には気に入ってます。  ご参考まで。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

どうもありがとうございました。全くおっしゃる通りだと思います。目などは本当に不思議です。

その他の回答 (13)

  • 回答No.14
  • 1fan9
  • ベストアンサー率33% (209/622)

再再度の回答です。 突然変異が連続的に起こり、保存されるのはまれでしょう。ロト6が何回か連続で当たるようなものでしょう。 例えばすごい大きなスケール(例えばロト6が100回連続で当たるような感じ)で同一生物群集がトーナメント形式のの試合をして生存競争を行ったとしても、確率的に天文学的な数字で生存競争に勝つものは数チーム出てくるわけで、このような現象は、非常に確率の低い事象を、表せるものに近いと思います。 たまたま突然変異を起こした個体が、生存競争に勝つのは、短い時間的な流れでは不可能ですが、何百万年という時間的な流れでは確率的に可能となります。 ヒトという生物種だって、急に二足歩行できるようになったわけでなく、長い時間かけてさまざまなヒト中間体を経てヒトになったのでしょう。時間をかけることで、低い確率も可能になります。数100万年もロト6を買い続けたとしたのなら、当然何回も当たりますよね。私たちは今しか生きていないので、その何百万年かの間で1つの生物種が違う生物種になるというのは不思議だと思うのでしょう。不思議ですね。やっぱり一定の気候変化に対応できる生物種が残る場合が多いようです。 祖先種からの突然変異の程度は、時間の段階で、程度が違ってきます。それは、 同種から始まり→地方型(人種のようなもの)→亜種→別種 へという変化があります。 ですから急に別種がある日突然出てくるなんてことはないです。 なぜある方向の突然変異が起き続けるか…、これは別に明確な方向性があるわけではないと思うのです。例えば角がアンコウに出来ていく過程は、その方向性にいろいろな可能性があるのだと思います。本当は何通りも角の形の出来方はあるのでしょうが、たまたま、ある角のつけ方を採用した突然変異体ができたのでしょう。 一度方向性が出来てしまうと、それを中心として偶然性が高い変化が起こるのかもしれません。アンコウのつのはそれの成功例であり、そのような方向性をうまく確立できない生物種もいると思います。 何度も申しますが、私たちは今を生きているので、突然変異ができる過程は見えません。ですから、突然変異の成功例の完成体ばかりしか見ていないということになります。長期にわたる時間の流れの中で、天文学的な数字での、突然変異体や、そうでないものの犠牲があったことを忘れないことが、この質問の答えの中で重要となるでしょう。 トランスポゾンは可動性(遺伝)因子のことだと思います。 動物には、トランスポゾンの仲間のようなものとしてLINEやSINEなどのDNA配列が確認されていて、それらが存在する付近の遺伝子領域では組換えが起こりやすいと考えられています。 毎度、飛び飛びのまとまってない文ですいません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

詳しいご説明どうもありがとうございました。私の疑問は、やはり途中段階で機能を発揮しない大きな変化(発光体のついたあんこうの角のように)が何回くらいの突然変化で生まれるのか、その確率はいったいどうなっているのか、ということに尽きるかと思います。例えば、以下のように - 1万匹に一度突然変異が起きる。 - 突然変異の種類は1000種類ある。角が伸びる、発光体がつくことはそういったオプションの一つ。 - アンコウは地球上に2億匹いる。 - 平均寿命は1年(稚魚の段階で捕食されることが多いため) - 2万年の間、アンコウは進化してきた などの仮定をおいて、想定された突然変異(5センチ先の発光体)が起きうるかどうかを検討する必要があるように思いました。 どうもありがとうございました。

  • 回答No.13
  • Quant
  • ベストアンサー率18% (23/122)

>でも、たまたま、普通のアンコウに数センチの角がしかも発光体を伴って、突然生える、なんてこと本当に起きるのかなあ、というのが正直な感想です。 600万分の一ぐらいの確率のLOTO6に当たる人がいるので、特別不思議なことでもないような気がします。 どの生物もその構成成分はそんなに変わりません。形態が変わっているだけですので、アンコウのような生物がそんなに特殊なものではないように思いますが。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

どうもありがとうございました。繰り返しになりますが、宝くじに一度当たることは十分あります。ただ、それが何度か起きて初めて機能が発揮されるためには、本当にわずかな確率になってしまうので、私にはどうしても理解できないのです。水かきが少しずつ生えてくる、といったこととはわけが違うと思っています。 ただし、ある機能を持った突然変異が一度で起きる、と仮定すると確率は極端には小さくないとは思います。 ただ、その場合は、なぜそのような魔法のようなこと、神の手があると思わないと起きないようなことが起きるのか、ということが疑問です。

  • 回答No.12

トランスポゾンは飛ぶ遺伝子と呼ばれています。「自分を複製しなさい」という命令(そういう酵素のコード)を内部に持っているので、染色体の中を飛び回ることができるのです。そして、飛んで出た後にDNAの残渣を残していきます。 レトロウィルスはこれが染色体から外に飛び出したもの、と考えられます。染色体の中にとどまったり、外に飛び出したりを繰り返しながら、遺伝子の断片を運びます。 かなり雑な説明ですが、おおむねそういうものです。ということで、遺伝子は系統樹の枝の間を飛び回ることも可能と言うことです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

そうでしたか。全く知りませんでした。どうもありがとうございました。とっても面白いですね。

  • 回答No.11

新しい環境の発見あるいは発明が要因ではないかと考えています。勿論遺伝子が変化して新しいたんぱく質を作れなくては駄目ですが、大切なのは新しい環境だと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

どうもありがとうございました。

  • 回答No.10
  • Quant
  • ベストアンサー率18% (23/122)

>突然変異が続いて起きなければありえないような、特殊な機能を獲得するに 私は、今の生物が持っている機能が特殊と考えることと、突然変異が続いて起きなければそのような機能が獲得できないという仮定が間違っていると考えています。 一つの機能を実現する突然変異が同時に起こればいいのです。DNAは変異しにくいので、突然変異が同時に起こることは考えにくいですが、RANは自分自身を変異させる機能をもっているので、一つの生物の中でRNAが多くの変異を同時に起こすことが可能です。これらの変異の組み合わせが偶然、生存に適していたものが生き残ってきたと考えています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

どうもありがとうございました。私もそういうふうに考えてみたいとは思うのですが、そうすると、(1)角が伸びてその先が発光する、(2)角が伸びてその先にとげがある、(3)頭にこぶがあり、そこが発光する、(4) 頭にこぶがあり、そこに穴がある、、、、というほぼ無限の突然変異が絶え間なく起きており、そのうちの(1)がたまたま捕食上大変に有利だったということになりますよね。 でも、たまたま、普通のアンコウに数センチの角がしかも発光体を伴って、突然生える、なんてこと本当に起きるのかなあ、というのが正直な感想です。

  • 回答No.9

トランスポゾンやレトロウィルスにより遺伝子が飛び回ることができることも進化の一因となっているでしょう。 また、(話はトランスポゾンのごとく飛びますが)大進化は小さな群の中で比較的速く起こると考えられています。ゆっくりと全体の遺伝子が変化するという過程を想像することは現実的ではないですよね。オペラはイタリアで、ジャズはニューオーリンズで突然生まれたのです。下地があり、理由があったところで急激に生まれる。もちろん実際に一瞬というわけではないですが、その後のゆっくりとした変化と比較して、後から見ると一瞬で生まれたように見えるものです。 キリンの首もゆっくりと伸びたのではないと思いますよ。首と足が長くないと生きられない状況に追い込まれた小集団の中で急速に進化したのでしょう。その理由は高いところの葉を食べるため、ではないと思いますが。そうでないと、子供が死滅し、その集団は絶滅したでしょうから。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

どうもありがとうございました。不勉強で、トランスポゾン、レトロウィルスという言葉を初めて聞くのですが、どういったものなのか、ごく簡単に教えていただければ幸いです。 キリンの子供は草や下のほうの葉を食べると思います。ただし、首の少しだけ長くなったキリンは、他のキリンより多く食べられるので、生存率が高まるということは十分あるのではないでしょうか。

  • 回答No.8
  • 1fan9
  • ベストアンサー率33% (209/622)

再度の回答です。 少し角が伸びた魚は何百万匹分の一だとしても(もっと低い割合かもしれません)、そいつが膨大な数の子孫を残す確率は限りなくゼロに近いがゼロではないということが影響で進化が起こったのでしょう。 軽度の突然変異種はそれこそ今の瞬間にもかなりの量発生していますが、それらが生き残って、うまく子孫を残す確率は限りなくゼロに近いと思います。 すごい確率でたまたま子孫を残せた少し角が伸びた魚は、またすごい確率で同じようにさらに少し角が伸びた魚をうみだし、その連続で現在に至っているのだと思います。 今存在している生物種の出来た確率もとんでもなく低いものでしょう。 進化はかなりゆっくりとした流れで一定のスピードで起きていると思います。それは突然変異原や、染色体複製ミスが原因でしょう。 今いる生物も数百万年後には形を変えて存在しているでしょうし、よりよい生き方を採用したものが(ランダムですが)存在できるのでしょう。 分かりにくい意見ですいません。 結局は低い確率で(偶然)進化が起こるということをいいたかっただけです。今いる生物種は完全なものなので、それが出来るまでの膨大な犠牲は見えにくいものなのかもしれません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

たびたびありがとうございました。 何百万匹分の一のわずかな魚が少しだけ角を伸ばし、そうでない魚と同率で子孫を残し(その段階では特に有利ではないので)、その子孫のうちの何百万匹分の一のわずかな魚がまた少しだけ角を伸ばし、そうでない魚と同率で子孫を残し(その段階でもまだ特に有利ではないので)、という理解になるかと思います。 でも、そうすると、宝くじに同じ人が100回続けて当たるようなもので、確率的にほぼゼロになってしまうので、不思議に思っています。

  • 回答No.7

チョウチンアンコウの場合、 魚を待ち伏せして食べるために、環境にとけ込むために藻の生えた岩に擬態した。   ↓ うまく擬態できたので藻を食べようとよってくる魚が出てきた。隠れることよりもおびき寄せることが目的になっていった。   ↓ 発光体を先につけたらよりうまく魚をおびき寄せられた。 というシナリオはどうでしょう? ある機能に特化した器官はもとからその機能を持っていたと思いがちですが、途中の段階では別の機能を持っていたと考えるのが合理的です。たとえば鳥の羽根なども元々は別の機能を持つために進化したものが飛ぶことに流用されたのでしょう。飛ぶためにゆっくりと羽を伸ばす進化をしたとは考えられませんから。 目に関しては光を感じる器官がどんどん高度に進化していったと考えるべきでしょうが(途中段階でも機能を発揮するので)。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

どうもありがとうございました。突然変異で、藻の生えた岩によりよく似たアンコウが魚の待ち伏せがしやすいのはよく理解できます。そうすると、次の突然変異でもっと似た場合は、さらに捕食率が上がっていきますから。 ただ、理解できないのは、「発光体を先につけた角」が一度の突然変異でできるとはとても思えないし、また他の用途を持っていたものが突然変わったとも思いにくい、ということなんです。おっしゃっておられるように、「途中段階で機能を発揮しない」新機能をどう獲得しているのか、が大変な謎です。

  • 回答No.6
  • Quant
  • ベストアンサー率18% (23/122)

私の"妄想"では、進化は突然変異の積み重ねというものではなく、突然変異はカンブリア紀に起こり、徐々に現在の状態に固定してきたのではないかと思っています。 あのカンブリア・ビックバンを引き起こした生物たちの遺伝子はRNAで出来ていたのではないかと思うのです。RNAはDNAと異なりタンパク質の助けなしに自分自身をかえることが出来ます。これは、遺伝情報がDNAで構成されている生物よりも突然変異が起こりやすい生物であるといえます。3000万年に及ぶカンブリア紀の間にすべての遺伝情報の組み合わせが試され、環境適応できないものが淘汰されていったのではないでしょうか。そのうちに、遺伝情報をDNAという形で持つ生物が現れ、徐々に現在の生物を形作っていったのでしょう。DNAは変異しにくく、そのため現在の動物たちの間の進化が目に見えないほど遅々としたものになっているのだと考えています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

どうもありがとうございました。カンブリア紀にかなりの突然変異が起きたとしても、なぜものすごい数の突然変異が続いて起きなければありえないような、特殊な機能を獲得するに至ったかは、やはり謎です。

  • 回答No.5
  • 1fan9
  • ベストアンサー率33% (209/622)

進化は100%突然変異によって起こります。 (科学的にそれを否定する材料はありません。)  光でおびき寄せる段階に進化する前は、普通の見た目特徴のない魚として生きていたというだけでしょう。 たとえその段階で生存率を高める機能が発揮できなかったとしても、生存率を低めるものが発現しているわけではないと考えられるので、問題ないでしょう。 中間体を踏み台にして新たな、いいものが生まれるという現象は生物にかぎったことではありません。ということは、中間体がいろいろな可能性を秘めていて重要なものといえるでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

どうもありがとうございました。「生存率を高める機能が発揮できなかったとしても、生存率を低めるものが発言しているわけではない」という点ですが、少し角が伸びた魚は何百万匹分の一以下だと思います。そういった少数の魚は、次の突然変異をするほどの数ではないので、突然変異が積み重なっていく、という点がずっと気になっています。

関連するQ&A

  • 進化論の疑問

     自然淘汰を説明するために、キリンの首の例がよく引き合いに出されます。確かにキリンの場合、ほかの個体よりも少しでも首が長ければ、より高い位置にある木の実などが食べやすくなりますので、生存競争には有利になるかも知れません。ですから、「突然変異によって首の長いタイプが生まれるたびに、従来型の首の短いタイプが淘汰されていき、現在のキリンになった。」というのは、なんとなく頷くことができます。  しかし、生物の形質には、何段階もの進化のステップを踏まない限り、有用な形質にまで至らないものがたくさんあると思います。  例えば、哺乳類がこの世に誕生したときのことを考えてみます。そもそも哺乳類は爬虫類から進化したものなのか、それとも鳥類から進化したものなのか、わたしには全くわからないのですが、哺乳類となる前は、やはり卵を産んでいたのではないでしょうか。「卵を産んで子孫を残していた動物が、たった一回の突然変異によって、卵を産むのをやめて、いきなり赤ん坊の状態で産むようになった。」というような劇的な変化は、さすがに考えられません。一般的に進化といわれているものは、徐々に連続的に変化していくものなのだと思います。ですから、この場合も事前に緩やかな突然変異を何度も繰り返しておいて、全ての準備が整った時点、つまりは哺乳類として妊娠・出産するための構造が完成した時点で、その新しいシステムを採用したのでしょう。ここで疑問が生じます。進化途上の造り掛けの構造は、全く機能しませんので、生存競争には一切関与しなかったということになります。そのような役に立たないものを退化させずに何世代にも亘ってもちつづけることができたのは、なぜでしょうか? しかも、ただもちつづけただけではありません。まるで完成形というゴールを目指すかのように着実にステップ・アップをしていくことができたのは、いったいなぜでしょうか?  ほかにも、ヒトの発汗を司る構造や植物の光合成を司る構造など、進化の途中段階ではなんの役にも立たなかったと思われるものは、生物界にはいくらでも例があると思います。これらは、なぜ、適者生存の法則とは無縁のまま、より高度なしくみへとステップ・アップを繰り返していけたのでしょうか?  ご教示のほどよろしくお願いいたします。できれば、高校生でも理解できる程度の易しい解説をお願いいたします。

  • 生命の誕生は、進化論で説明できますか?

    今から、約35億年も前に、RNAで自己増殖できる 原核生物が誕生したそうなんですが、 それまでは、まだ、DNAはなかったらしいんですね。 だとすると、突然変異と自然淘汰で、原核生物が 誕生したのではないと思うので、「生命の起源」は、 突然変異と自然淘汰では説明できないと思うのですが、 どうなんでしょうか? あと、たまたま突然変異で有利に変異した個体が 生存競争で「ふるい」に掛けられて、 より環境に適応した個体が生き残って子孫を 増やしていく・・・この蓄積が自然淘汰だと 思うんですが、 要は、自然環境が、突然変異した個体を「ふるい」 にかけるだけで、何ら、その個体に主体的に「環境」 が働きかけているわけではないと思うのですが、 そのような消極的な自然淘汰が、その個体を維持する ことは出来ても、果たして、より高度な秩序ある 更なる個体へと進化させていくほどの機能があるとは 到底信じられません。 ましてや、偶然の産物でしかない突然変異で、 高度な機能を有する秩序ある個体へと進化していくとは さらに、信じられません。 開放系であるこの地球で、太陽エネルギー以外の 何らかの別の力(目的・方向性をもつエネルギー)が 生命に働きかけて、エントロピー減少へと 向かわせているようにしか思えませんが、 いかがなものでしょうか? 私はそれがまさしく神の愛だと思うんですが・・・

  • かゆみ の進化的意義とは?(長文です)

    当方、大学で自然淘汰・性淘汰を勉強しているものです。 自然淘汰による進化は以下のプロセスで起こると解釈しています。 (1)ある個体群内の個体間には形質変異が存在する (2)形質ごとに生存率や繁殖成功度が異なり、その結果として個体間の適応度に差が生まれる (3)形質は多少とも遺伝する (4)(1)~(3)より、世代間で個体群内の形質頻度が変化する(=進化) これを かゆみ の進化に当てはめると、以下のようになると考えられます。 (1)ある個体群内の個体間に“かゆみを感じる”“かゆみを感じない”という変異が存在する (2)“かゆみを感じる”個体は“感じない”個体に比べて、適応度が高い (3)“かゆみを感じる”形質は遺伝するため、集団内で頻度を増やした この(2)の かゆみを感じる個体のほうが適応度が高い というのは、 どのような理由によると思いますか? (例:痛みを感じる・・・痛みを伴う事象は(生命の危機から小さな怪我まで幅はあれど)    基本的にネガティブな事柄であると期待できるので、    それをうまく避けるような形質が進化してきたのは理解できます) お風呂上りにかゆかったりするのは、適応度上の利益を伴う形質でしょうか? それとも、単に中立進化の結果でしょうか? かゆみは何かネガティブな事象のシグナルとして機能しているのでしょうか? (虫さされを放置すると生存率や繁殖成功度が下がるとか・・・???) かゆみ の進化的意義について、一案がある方はどうぞお知恵をお貸しください。 ※ 単に個人的な疑問です。 ※ この話題は自然淘汰を前提としていますので、   ”そもそも自然淘汰自体がナンセンス”といった回答はどうぞご遠慮くださいませ。   自然淘汰に基づき、かゆみの適応的意義を考えたいと思っています。

  • 進化論で、突然変異で新しい個体が生まれた場合、その個体は何と交尾するのか?前の個体とはDNAが異なるため無駄なはずですが?

    こんにちは。 進化論で、DNAの突然変異により、新しい個体が生まれる、わけですが、では、その突然変異によって生まれた固体は、一体何と交尾して子孫をのこすのでしょうか?新しく出来た個体は前の個体とDNA構造が違うため、交尾しても子孫を残すのは不可能ですよね・・・? たとえば、犬と猫が交尾しても、DNA構造が異なるため、子孫は残せませんし、サルと人間についても同様だと思います。 だとするなら、たとえばですが、サルがDNAの突然変異で人間という新しい子孫を残したと「仮定」します。めでたく人間が生まれたわけですが、その人間は誰と交わり子孫を残すのでしょうか?サルと交わっても無駄なはずです。 しかし、子孫を何らかの形で残さないと、人間は現在存在しないはずなわけで。(進化論を仮定した場合の話ですが。) ここのところはどのように考えればよいのでしょうか。

  • 生物進化をネオ・ダーウィニズムの5つのステップで

    生物の授業で 生物進化をネオ・ダーウィニズムの5つのステップで説明しなさい という問題があるのですが 何度考えてもわかりません(>_<) ステップ1 ある個体の生殖細胞の遺伝子が変化(突然変異) ステップ2 子供の形態、機能の変化として発現 ステップ3 子供の生存に有利な変異が選択される ステップ4 1-3 繰り返し ステップ5 元集団との間に生殖的隔離が成立 ということはわかっています! わかる方いましたら 回答おねがいします!! よろしくおねがいします。

  • ダーウィンの進化論はラマルクの進化論とは違います

    ダーウィンの進化論は、進化の主役は自然にあり、それを「自然選択」といって、これはデカルトに始まる機械論的世界観によるものですので、目的がありません、偶然により進化します。 それに対してラマルクの進化論は彼の「動物哲学」で述べられているもので、キリンの首が長いのは、高いところのエサを食べようとして意志し、首を伸ばそうとして首が長くなったと言いました。 それを「獲得形質の遺伝」と言っています。 ところが、どなたか、首を伸ばして高いところのエサを食べるのをダーウィンの進化論と同一視して論じる人がいます。 でも、ダーウィンはそんなことは言っていません。 自然が選択して、たまたま首の長いキリンが生まれて、それが環境に適応した結果、首の長いキリンが種を増やした、と言っているだけです。 19世紀の末、英国のハーバート・スペンサーは「社会進化論」で、自然界には生存競争があり、その生存競争によって種は「淘汰」される、そして「淘汰」を生きぬいたものだけが生き残る、と言いましたが、それもダーウィンの進化論とは違うものでした。 19世紀の英国による世界制覇を合理化・正当化するためと、当時の英国の「進歩思想」、歴史は進歩発展するという思想に基づくもので、ダーウィンの進化論とは似てもつかないものでした。 ダーウィンは自然界に「生存競争」があるなんて言っていませんでした。 だから「自然淘汰」と訳していますが、正式には「自然選択」です。 それに「進化」と言っていますが、どちらかといえば「変化」です。 「進化」というと、進歩発展を連想しますが、ダーウィンは環境の変化に応じて、種も変化すると言っているだけです。 自然が進化のイニシアチヴを握っている、という意味で。 確認質問です。 間違っていますか?

  • 進化論の流れ

    【ラマルキズム】 ・生物は、下等なものから高等なものに進化した。 ・環境に適した器官を発達させ、そうでない物を退化させた。 【ダーウィ二ズム】 ・ランダムに変化が起き、環境に適したものはセレクトされ、そうでないものはバッシングされて駄目になった。 【ネオ・ダーウィニズム】 ・ダーウィンの言う「ランダムな変化」とは、「遺伝子の突然変異」のことである。突然変異は、偶然に起こり、方向性がない。 【最近の学説】 ・遺伝子の突然変異はランダムには起きない。 ・生命は、異質なものを取り込み、共生する事で進化した。 以上のように、おおざっぱに理解しているのですが、正しいでしょうか。誤解があればご指摘下さい。よろしくお願いします。

  • 人類進化から見た障害者の役割

    人類進化から見た障害者の役割 初めにお断りして置かなければならないのは 障害を持つ方々を差別的に扱うことを目的とした疑問ではありません。 ここでお聞きしたいのは、生物進化のメカニズムに関して人類を捉えたお話です。 ど素人で危ない理解しかしていませんが、 大人として基本的素養だと思って学んでいる所です。 小生出来の良い生徒ではありませんが、 どなたか先輩方の力をお貸し頂ければ幸いです。 やわらかな生命の時間 http://www.shuwasystem.co.jp/products/7980html/1483.html という本の中で「ランダム進化」というシステムを読んだのですが、 1.突然変異 2.ランダム進化(役に立ってない遺伝子の変化) がある事。 また、 1.子孫、即ち自らの複製を作成する際、1体では遺伝子の損傷リスクから、 複製失敗が起こりやすいため生物に雌雄と個体の死が生まれた。 2.雌雄に遺伝子を分け、複製しても、複製の失敗から障害個体が生まれる。 3.更に周囲の環境に適応しようとする、意図的な遺伝子の入れ替えが起こる ということでした。 長くなりましたが疑問を纏めると下記の3つになります。 --------------------------------------------------------------- 疑問1 障害者が生まれる背景には進化を続ける為の意図的な遺伝子の変化があり 仮に障害者が全く生まれない生物種は進化、異環境への適応能力が退化しているという 理解でよいのか? --------------------------------------------------------------- 疑問2 下記の図のどちらが正解に近い理解なのでしょうか 割合は分かりやすくしているだけで数値に意味はありません。 仮の全体人口比 パターン1  障害者  健常者  より進化した人類   1  対  8 対  1 パターン2  障害者(より進化した人類の可能性を非常に微量含む)   健常者     1                        対   9 --------------------------------------------------------------- 疑問3 疑問1と被ってしまいますが、生物として人類を見た場合、 障害者が生まれる方が健常な姿であるという事でしょうか?

  • 人間が進化していくと、本当に宇宙人みたいな姿になるのか

    よくテレビや雑誌なんかで、人間がこのまま進化していくとどうなるか?というのを紹介することがあります。 たいてい、「脳が発達するのであたまでっかちになる」「あごを使わないので退化して小さくなる」「腕や脚も使わないので細くなる」 …結果、いわゆる映画の宇宙人みたいな姿になる、というふうに紹介されます。 しかし、ダーウィンの進化論によると、○○を使うから進化する、××を使わないから退化する、というのではなくて、突然変異+生存競争による生き残りにより進化が進む。 というように私は理解しております。 そうすると、人間社会で人間が進化し、宇宙人みたいな姿になるのはありえない気がするのですが、実際のところはどうなんでしょう?

  • 中立説と自然選択説の論争

    こんにちは。 私は大学で生物学を専門に勉強しているものですが、木村資生著の「生物進化を考える」をよんでいくつか理解できなかったことがあるので質問しました。まず、ダーウィンの自然選択説での自然淘汰と木村資生の中立説がなぜ論争がおこったのかわかりません。まず、私の認識では中立説は突然変異が、塩基配列やアミノ酸を変化させても、表現型やタンパク質を変異させないという中立的なもので生命体にはよく頻繁におこっているという仮説で、自然淘汰はほかの同一種の個体はもってない、生活に有利な遺伝子をもった個体が生存競争を勝ち抜き、そしてその遺伝子が生物集団に固定され、進化が蓄積されるという説というふうに認識しています。しかし、これらの説は違う次元の話をしているようで、どちらが正しいときめつけることは無意味だとおもうのですが、どうして論争がおこったのかおしえてください。