• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

生物進化の過程で化け物の化石が残らないのは何故でしょう?

生物進化が、「突然変異-->自然選択-->突然変異-->自然選択」の繰り返しだとすると、突然変異の段階で、圧倒的多数の化け物生物が生じ、その化石が残っているはずですが、実施には、それなりにまともな生物の化石しか残っていないのは何故ですか? (注)化け物生物とは、頭が4つ、目玉が3つ、左右の骨格が大幅にアンバランス、お尻に首が付いている、首に肛門が付いているなどの通常の生物の構成から極端にはずれていて、如何にも生存できそうもない動物など。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数7
  • 閲覧数1047
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.5
  • solla
  • ベストアンサー率59% (45/76)

やはり突然変異、また進化というものに誤解があるように思います。 突然変異というと質問にあるような「化け物生物」を連想するのかもしれませんが、自然状態でそのような「化け物生物」が突然生じる可能性は極めて低いのです。 例えば、目を3つ持つ生物が生じるためには、眼球をもう一つ形成するような遺伝子の変異と共に、その眼球を収めるように頭蓋なり体躯なりも変化しなければなりませんし、神経系統や脳の構造もそれに合わせて変化しなければなりません。しかもこられが“全て同時に”です。自然状態での遺伝子や染色体の変異はランダムに起こりますから、これらが全て同時に整合性をもつように変異するというのは、あり得ないくらいに低い確率でしか起こりません。複数の遺伝子が同時に変異したとしても通常はそれらは致死的に働き、個体としては発生しません。ですから質問者さんのおっしゃる、 > 突然変異の段階で、圧倒的多数の化け物生物が生じ > 生まれてくる可能性は圧倒的に高いのではないかと思います というのが誤っているのです。もちろん確率的には 0 ではありませんので生命の歴史の中ではそのような極端な突然変異体が生じたかもしれませんが、それは化石として残っていなくてもまったく不思議ではないくらいの頻度だったでしょう。そしてこれは質問者さんも認めていますが、そのような個体が発生したとしても子孫を残す確率はやはり極めて低い、というかそのような個体であれば元の種の個体と交配不可能になっているでしょうから、そこから数が増えることはありません。 > もし、自然淘汰の網をくぐる生物の方が、化け物より多く生まれてくるとすれば、 > それは、突然変異に方向性がある(適者だけが生まれてくるという)ことを > 意味すると思います。 これも違います。「化け物生物」が生まれることが少ないのは上述のように突然変異の結果としての表現型の変化が受ける制約からであって、適者でないからではありません。適者かどうかというのはあくまでも発生した個体と環境との相互作用で決定するものです。 漸進的進化の結果としてなら質問者さんのおっしゃるような「化け物生物」が地球上に生じた可能性はあったと思います(結果的には生じなかった訳ですが)。実際、カンブリア紀には“生命の実験場”と言われるほど多様な、現存の生物と比べればそれこそ化け物とも言えるような生物が存在していたことが判っています。しかしそれらの生物はオルドビス紀にはほぼ姿を消しました。もしもそれらの生物が絶滅することなく残っていたなら、その後の生物の姿は全く異なっていたかもしれず、それらが化石記録として残ったことでしょう。ただ、その系統として生じた生物から見ればそれらは「化け物生物」には見えないと思いますが…。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

ご回答ありがとうございました。 >しかもこられが“全て同時に”です。 この件なんですが、うーん.....困ったな。説明の論理は同じなのに、何故か結論が正反対なんですね....何故なんでしょう? 全く同じ理由で、「何故生き残った動物は、生き残りに適するように、有機的に関連する臓器が全て同時に突然変異できるのでしょうか?」 一方、「化け物は、生き残りに適するように、有機的に関連する臓器が”全て同時に突然変異できなかった”ので滅びるしかないのだと思います。」 例えば、2眼から3眼になったとき、視神経がそれに合わせて適切に変更できずに視力を構成することができないなど。

関連するQ&A

  • 生物進化をネオ・ダーウィニズムの5つのステップで

    生物の授業で 生物進化をネオ・ダーウィニズムの5つのステップで説明しなさい という問題があるのですが 何度考えてもわかりません(>_<) ステップ1 ある個体の生殖細胞の遺伝子が変化(突然変異) ステップ2 子供の形態、機能の変化として発現 ステップ3 子供の生存に有利な変異が選択される ステップ4 1-3 繰り返し ステップ5 元集団との間に生殖的隔離が成立 ということはわかっています! わかる方いましたら 回答おねがいします!! よろしくおねがいします。

  • 動物の進化はどうやって起きているのか

    生物の進化は突然変異の積み重ねで、より生存に適した変化をした個体がより子孫を残しやすく、徐々に広がっていった、と理解しています。その場合、少し首の長いキリンがたまたま生まれ、より高い部分の葉を食べやすいため、子供が増えやすいというのは、まだ理解できます。 ただ、深海魚などで、頭の上に角のようなものが長く生えて、その先に小魚をおびきよせるための発光体がついていることがありますが、これは到底理解できません。1000回あるいは1万回くらいの変化・進化を遂げて初めて、角が徐々に伸び、さらに数百回の突然変異で発光するようになるのではないでしょうか。 そうすると、その間は特に生存率を高める機能が発揮できません。それなのに、なぜある方向の突然変異が起き続けるのでしょうか。

  • 進化論では、命はどうやって始まるんですか?

     進化論では生命はどのように始まったことになっているんですか?  進化論についてちょびっと高校で習っただけでそんなに詳しい知識はないのですが、単細胞生物みたいなのから魚とか虫とか、哺乳類とか鳥類に突然変異のようにして進化していった、というものだと思っています。  これについても間違っていたら教えていただけると嬉しいです。  進化自体はまあ納得はできないけど、わかるんですが、一番最初はどんなやつでどうやって生まれたんでしょうか。特定の何かを指さなくても個人的な想像でもいいです、どうなんでしょうか。  あと、突然変異で好ましい変化が起きた事例はあるのか、も教えていただけるとありがたいです。  カテゴリ選択間違ってたらごめんなさい。

その他の回答 (6)

  • 回答No.7
  • solla
  • ベストアンサー率59% (45/76)

#5 です。 > 「何故生き残った動物は、生き残りに適するように、有機的に関連する臓器が全て同時に突然変異できるのでしょうか?」 できません。自然状態では 1 世代でそのような大規模な変異は起こり得ないと、先の回答で申し上げたはずですが?生まれてきた個体は親の形質をほぼそのまま受け継ぎます。トカゲの卵からいきなりサルが生まれたわけではありませんし、サルからいきなりヒトが生まれたわけではありません。 また「生き残りに適するように」突然変異が起こるわけでもありません。現在でも進化に関しては様々な学説、意見、立場がありますが、少なくともそのような目的論的な考えは学術的にはほぼ 100% 否定されています(宗教は別ですが、ここは宗教のカテゴリではありませんので)。 > 「化け物は、生き残りに適するように、有機的に関連する臓器が”全て同時に突然変異できなかった”ので滅びるしかないのだと思います。」 「生き残る」とか「適する」とか「滅びる」とかいう以前に、そのような個体はまず発生し得ないと、先の回答で申し上げたはずですが? 突然変異や進化について相当誤解されているようですので、本当に理解されたいのであれば、進化について体系的に書かれている書籍等をきちんと読まれることをお勧めします。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

しゅーん.....。わかりました。 ご回答ありがとうございました。

  • 回答No.6
  • TCA
  • ベストアンサー率49% (115/231)

化け物と呼べるか分かりませんが、不思議な形をした動物の化石が発見された事はあります。 カンブリア紀に突然生物種が増加し、現生する動物の祖先が全て現れた時期があります。このとき生まれた動物の中には、現生動物と類縁関係のない不思議な形をした生物も多数あったそうです。これらの生物はバージェス頁岩と呼ばれる地層から発見された化石から復元されています。 http://ja.wikipedia.org/wiki/カンブリア爆発 http://chigaku.ed.gifu-u.ac.jp/chigakuhp/rika-b/htmls/cambrian_animals/burgess.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

先カンブリア紀とカンブリア紀の間に動物種の大きなギャップがあるという話は面白いですね。また、カナダのバージェス動物群のアノマロカリスはかなり化け物っぽくて、やっと見つけたという感じです。でも、まだ、左右の目などきちんと同じ大きさで、化け物にしてはハンサムですが.....。 ご回答ありがとうございました。

  • 回答No.4
  • juns777
  • ベストアンサー率49% (152/306)

化石になるのは100万分の一以下の確率と言われています。それだけの「化け物生物」の個体数があるかどうかが問題です。 >化け物生物とは、頭が4つ、目玉が3つ、左右の骨格が大幅にアンバランス、お尻に首が付いている、首に肛門が付いているなどの通常の生物の構成から極端にはずれていて、如何にも生存できそうもない動物など。 現在こういう生物自体まったく目にすることはないですよね。過去に存在したかどうか、あとは存在してもその数が多いかどうかです。 もっとも有名な進化論における突然変異においては、kobareroさんのおっしゃることは突然変異をベースにした進化論ではありえる話です。ヒトのDNAが偶然にできる確率は10のマイナス6千万乗というありえない確率であると言われています。チンパンジーの前にピアノを置いて、ショパンの幻想即興曲(まあ何ででもいいのですが)を引くような確率です。この学説のようだと確かに無数のトライアルが必要で、世界中「化け物生物」だらけになるでしょう。 その矛盾を解決するため中間進化説や他の学説が出てきます。ようは「化け物」ばかりが出来るのではなく、小さな遺伝子変化が種にひろがり、スキップするような大変化が組み合わさったものが進化ではないかと言う説です。 中間進化説 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E7%AB%8B%E9%80%B2%E5%8C%96%E8%AA%AC 利己的遺伝子の学説にあるように、生命そのものが遺伝子の乗り物であると言う考え方もあります。よりDNAが安定する方向で生命はあるはずです。 利己的遺伝子 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%88%A9%E5%B7%B1%E7%9A%84%E9%81%BA%E4%BC%9D%E5%AD%90 生物の第一命題は、自分の遺伝子(DNA)を子孫に伝えることですから、トライアルのための化け物ばかりでは自身の情報も伝えられません。現実の世界は「化け物生物」であふれているわけではありません。遺伝子操作でハエの触覚のところに足をはやしたり、足の先に目を作ることは可能ですが、実際に突然変異で起こることはかなり難しいと思います。 ご参考になりましたら幸いです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

ご回答ありがとうございました。 >中間進化説 HP見ましたが、あらあら.....「中立進化説では、突然変異の大部分が、生物にとって有利でも不利でもない中立的な変化であるという事実に注目する」....これって、私が高校のとき習ったまんまです。「有利者生存」ではなく「適者生存」と習いましたから。適者ということは、生存に積極的に有利というよりは、淘汰されるほど不利でないということだと思いますが、「中間進化説」ってどこがダーウィンの時代と違うのでしょうか? >よりDNAが安定する方向で生命はあるはずです。 DNA自体に進化の方向が内在しているとすれば、あまりとっぴな生存不適者は生まれないことになりますね。

  • 回答No.3

突然変異や自然選択という言葉への誤解があるようです。 大きな進化は主に小さな集団の中で起こると考えられます。あるグループの中に特殊な遺伝子を持つ個体が突然変異によって生まれても、そのグループが巨大であれば、自然選択が起こる前に埋もれてしまう(血が薄められてしまう)でしょう。その遺伝子がいかに有利な遺伝子であってもこれでは進化に繋がりません。小さなグループの中でこのような変化が起きたら、その遺伝子は(それが有利な性質を伝えるものであったら)グループ内に速やかに浸透します。その結果、この有利な遺伝子を持つものはグループ内で主流になっていき、やがてこのグループが他のグループと交雑が不可能なほど違った性質を持つようになったとき、新種が生まれた、ということになります(異説はたくさんありますが)。つまり、進化は化け物のトーナメントによって起こるのではなく、遺伝子の多数派工作によって起こるのです。自然選択や自然淘汰と呼ばれる概念は、このような遺伝子の頻度の変化をさしています。そして、遺伝子は(原則)自分の子孫にしか渡せないので、多数派工作を成功させるには小さなグループを対象にする必要があるのです(このような理屈で説明できない進化の例も見つかってきてはいますが)。 ということで、大きな進化はごくローカルな環境で生じやすい。その環境が化石を残しやすい環境でなかった場合、進化の過程は化石に残りません。こうしてミッシングリンクといわれる、失われた中間過程が生じるのだと考えられています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

ご回答ありがとうございました。 >つまり、進化は化け物のトーナメントによって起こるのではなく、遺伝子の多数派工作によって起こるのです。 私の質問は、化け物が如何に進化のプロセスで生き残るかではなく、例え一代で滅びたとしても、その残骸が化石として残ってもいいのではないかという質問です。他の回答者の方は、これに対して、化け物は数的に多くないからたとえ生まれても化石として残る可能性がほとんどないのではないかと考えておられるようです。 それに対して私は、確かに、化け物は生存については不利ですから、子孫を残す可能性は圧倒的に低いと思いますが、生まれてくる可能性は圧倒的に高いのではないかと思います。 もし、自然淘汰の網をくぐる生物の方が、化け物より多く生まれてくるとすれば、それは、突然変異に方向性がある(適者だけが生まれてくるという)ことを意味すると思います。

  • 回答No.2
  • 8942
  • ベストアンサー率13% (188/1414)

 (1)奇形が生まれる事事態レアケース   (2)自然界では奇形が生まれれば直ぐに死亡するのが普通と思いますし、   生まれて直ぐ死亡した個体は、骨も残らず腐ってしまうのではないでしょうか?  (3)仮に生き残ったとしてもそれが化石として残るのは、奇形の有無に  関係なくレアケースだからでは無いでしょうか  (1)、(2)、(3)、が奇形の化石がなかなか発見されない理由と私は考えます。  詳しくは知りませんが、探せばそういったケースも発掘されているかも知れませんね。」

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

> (1)奇形が生まれる事事態レアケース  どうも私の考えが間違っているらしいんですが、どこが間違っているかが、まだ、わからないのです。 典型的に否定されている以下の考え方のどこが間違いか教えてください。 座席シート以外は、全て完成した自動車を想定し、ドアを開けて、座席シートを適当に放り込んだら、ピタっと正しい位置にシートが収まる可能性より、ズレてた状態で入る可能性の方が圧倒的に多いと思うのですが.....。 ズレたシート程度では「奇形」でないということでしょうか?

  • 回答No.1

化石として残るのは実際に生存していた個体のごく一部だけです。 地球に生存していたすべての生物の種が化石として残るわけでもありません。 実際にそのような生物がいたかどうかはわかりませんが、そのような生物は生存には向いていないと考えられるので個体数も多くはなかったでしょうし、化石として残る確率も少ないと思われます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 生物の進化について質問があります。

    地球上の生物は地球誕生以来、数十億年をかけて多種多様の種に 分化し進化してきました。ダーウィンやその他の生物学者らの説明では、 その進化の起こり方(メカニズム)について 「無目的な突然変異と自然選択によって形質が変化する」としているようですが 説明しきれていないように思え、なにか釈然としません。 ・・・ある科学番組を見ていたときにナレーターがこんな解説をしていました。 地球上の生物の大多数が可視光領域(360nm~780nm?)で光を知覚するのは 原始の生物は海の中から発生し、水は電磁波の可視光領域をよく通すからという説明でした。 つまり、まだ光の知覚能力の無い原始の生物は可視光領域の光にさらされていたので その領域を知覚できるようになったとの説明でした。 この事例を聞き、自分なりに考えてみました。 生物が進化する(形質が変化する)メカニズムついて、どんな生物にもDNAがある事は 言うまでも無い事ですが、そのDNAが外界から直接刺激を受け取り、 その刺激に応じたDNAの組み換えを行う機構をDNA自体が持っているのではないか という考えが浮かんできました。 もちろん私は学識者でもなければ専門的な知識も持ち合わせていません。 ですからこれは素人の思いつきでしかありません。・・・ ダーウィンらの進化のメカニズムの説明が十分でないと思われる方がみなさんの中にお見えになるのでしたら、この仮説が成り立つと思われるかどうか、また、別の考え方があるかどうかも是非ともお答えください。 ※「YAHOO知恵袋」さんでもこれと同じ質問をさせて頂き、大変参考になりました。   更に、より多くの方々にご意見をお伺いしたいと思いましたので、ここでも質問させて   頂きます。   何卒ご容赦ください。・・・

  • 生命の誕生は、進化論で説明できますか?

    今から、約35億年も前に、RNAで自己増殖できる 原核生物が誕生したそうなんですが、 それまでは、まだ、DNAはなかったらしいんですね。 だとすると、突然変異と自然淘汰で、原核生物が 誕生したのではないと思うので、「生命の起源」は、 突然変異と自然淘汰では説明できないと思うのですが、 どうなんでしょうか? あと、たまたま突然変異で有利に変異した個体が 生存競争で「ふるい」に掛けられて、 より環境に適応した個体が生き残って子孫を 増やしていく・・・この蓄積が自然淘汰だと 思うんですが、 要は、自然環境が、突然変異した個体を「ふるい」 にかけるだけで、何ら、その個体に主体的に「環境」 が働きかけているわけではないと思うのですが、 そのような消極的な自然淘汰が、その個体を維持する ことは出来ても、果たして、より高度な秩序ある 更なる個体へと進化させていくほどの機能があるとは 到底信じられません。 ましてや、偶然の産物でしかない突然変異で、 高度な機能を有する秩序ある個体へと進化していくとは さらに、信じられません。 開放系であるこの地球で、太陽エネルギー以外の 何らかの別の力(目的・方向性をもつエネルギー)が 生命に働きかけて、エントロピー減少へと 向かわせているようにしか思えませんが、 いかがなものでしょうか? 私はそれがまさしく神の愛だと思うんですが・・・

  • 遺伝的浮動について

    高校生物からの質問です。 「遺伝的浮動…集団が小さいと有利でも不利でもない形質が偶然に選択され、遺伝子頻度が増加することがある」と参考書ありました。 なぜ集団が小さいという条件がついているのでしょうか?また、この用語の解説がいまいちピンときません。これは自然選択や突然変異と共に、どう理解しておけばよいのでしょうか? 宜しくお願いします。

  • 遺伝的浮動は・・・

    自然選択以外の選択、という話で、遺伝的浮動の話を聞きました。 あまり理解できなかったのですが、遺伝的浮動というのは突然変異で起こるものなのでしょうか?

  • 進化論の疑問

     自然淘汰を説明するために、キリンの首の例がよく引き合いに出されます。確かにキリンの場合、ほかの個体よりも少しでも首が長ければ、より高い位置にある木の実などが食べやすくなりますので、生存競争には有利になるかも知れません。ですから、「突然変異によって首の長いタイプが生まれるたびに、従来型の首の短いタイプが淘汰されていき、現在のキリンになった。」というのは、なんとなく頷くことができます。  しかし、生物の形質には、何段階もの進化のステップを踏まない限り、有用な形質にまで至らないものがたくさんあると思います。  例えば、哺乳類がこの世に誕生したときのことを考えてみます。そもそも哺乳類は爬虫類から進化したものなのか、それとも鳥類から進化したものなのか、わたしには全くわからないのですが、哺乳類となる前は、やはり卵を産んでいたのではないでしょうか。「卵を産んで子孫を残していた動物が、たった一回の突然変異によって、卵を産むのをやめて、いきなり赤ん坊の状態で産むようになった。」というような劇的な変化は、さすがに考えられません。一般的に進化といわれているものは、徐々に連続的に変化していくものなのだと思います。ですから、この場合も事前に緩やかな突然変異を何度も繰り返しておいて、全ての準備が整った時点、つまりは哺乳類として妊娠・出産するための構造が完成した時点で、その新しいシステムを採用したのでしょう。ここで疑問が生じます。進化途上の造り掛けの構造は、全く機能しませんので、生存競争には一切関与しなかったということになります。そのような役に立たないものを退化させずに何世代にも亘ってもちつづけることができたのは、なぜでしょうか? しかも、ただもちつづけただけではありません。まるで完成形というゴールを目指すかのように着実にステップ・アップをしていくことができたのは、いったいなぜでしょうか?  ほかにも、ヒトの発汗を司る構造や植物の光合成を司る構造など、進化の途中段階ではなんの役にも立たなかったと思われるものは、生物界にはいくらでも例があると思います。これらは、なぜ、適者生存の法則とは無縁のまま、より高度なしくみへとステップ・アップを繰り返していけたのでしょうか?  ご教示のほどよろしくお願いいたします。できれば、高校生でも理解できる程度の易しい解説をお願いいたします。

  • なぜ、植物には世代交代(有性世代、無性世代)があるのか?

    多細胞になった時を大人と考えると、 植物の大人は有性世代の胞子体の時と、無性世代の配偶体の時が ありますが、何故このような生き方なのでしょうか? 無性世代の時に体細胞分裂をして精細胞と卵細胞をつくるなど 動物の感覚でいくととても面白く、生物って不思議だなと思いました。 なぜ、2nの時の人生と、nの時の人生があるのでしょうか? 仮説を立ててみたのですが、毎回の多細胞体になるより接合するのが 二回に一回のため、突然変異が起こりにくい。 ただ、突然変異が起こりにくいことがメリットか?とも 思います。 長い自然選択を受けてきた植物がどういうメリットからこのような 形質を残したのでしょうか? ご教授ください

  • 中立説と自然選択説の論争

    こんにちは。 私は大学で生物学を専門に勉強しているものですが、木村資生著の「生物進化を考える」をよんでいくつか理解できなかったことがあるので質問しました。まず、ダーウィンの自然選択説での自然淘汰と木村資生の中立説がなぜ論争がおこったのかわかりません。まず、私の認識では中立説は突然変異が、塩基配列やアミノ酸を変化させても、表現型やタンパク質を変異させないという中立的なもので生命体にはよく頻繁におこっているという仮説で、自然淘汰はほかの同一種の個体はもってない、生活に有利な遺伝子をもった個体が生存競争を勝ち抜き、そしてその遺伝子が生物集団に固定され、進化が蓄積されるという説というふうに認識しています。しかし、これらの説は違う次元の話をしているようで、どちらが正しいときめつけることは無意味だとおもうのですが、どうして論争がおこったのかおしえてください。

  • 生物進化

    酸素(分子状)の生物進化への影響について、詳しく知っている方、 教えてください!宜しくお願いします!!

  •  生物進化

     「世界万物は自己に生命となるべき性能を有するは内面に平等全一の理性を有すればなり。世界に於いて生物の生命は物質的科学的外面上よりの研究によれば曰く、生物生命は炭酸水窒の化合物の原形質に酸化と弾発力あり。酸化は生活力の元気、弾発は発動の元、また消化と分殖作用起こる。消化は栄養をもて自己を保存し、分殖は種族を保存す。」  「此の二作用は生物を向上せしむる機能なり」  「進化に五則あり。1、生存競争の努力。2、変易、身体組織の物質が自然に変易し之に因って種類を生ず。3、応化、身体が外界の縁に感応す。4、遺伝其の形質を遺す」  これはあるお坊さんの文章ですが、“弾発力”そして“弾発は発動の元”がよく分かりません。  また進化の五則、についてはどう思いますか。  ご意見、ご回答お願いしたいのですが。  よろしくお願いいたします。  ※平等全一とは世界(宇宙)の理性と一緒、という意味らしいです。

  • 生物進化

    私は「生物進化シミュレ-ション」というタイトルで 卒論を研究しているのですが。 なにか参考になる文献や論文などありませんでしょうか? OsはWinXPです。 Mathematicalでシミュレ-トする予定です。