• 締切済み
  • 暇なときにでも

統計学の1つ?

10個の変数があるとして 上から5個の平均を算出し、次に2番目~6番目までの平均を算出、 次は3番目~7番目の平均、・・・・・・・・ 最後に6~10番目の平均を算出します。 つづいて、今でてきた6個の平均値を また同じように 1個目~5個目、2~6の平均を算出し、 本当に、最後に 2個の数次の平均をとる! これをなんていう計算方法かわかりませんか? これを求めることに意味があるのか解かりません。 このような計算方法があるのかもわかりませんが。 会社の上司(?)に調べてほしいと言われました。 よろしくお願いします。

noname#1802
noname#1802

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数45
  • ありがとう数31

みんなの回答

  • 回答No.1
  • doggie
  • ベストアンサー率20% (1/5)

単なる一種の加重平均しかないだろう。 真中に近い(五と六番目の)変数が重視されるような平均であるが、 ほかに特別な意味がないと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

値を大きい順や小さい順に並べて、計算をかけると 平均値からはずれる値はあまり反映されないというものだったようです。 何の計算に使うのかは解からないのですが、 (秀でたものや劣るものを無視するような計算はやめてほしいですね。。)

関連するQ&A

  • 統計学の問題

    すみません、意味がわかりません。よろしくご指導お願いいたします。 n 個のデータからなる変数 {x : x1,x2,...,xn} について,定数 a と b を用いて,以下のよ うに新しく{y : y1,y2,...,yn}という変数をつくりました. yi = axi + b (a ̸= 0) (1) y の平均,分散,標準偏差を,x の平均,分散,標準偏差を用いて表しなさい.導出過 程(計算式)も示すこと. (2) 1.で用いたデータを x とし,a,b を適当に決めて新しい変数 y を作り,その平均, 分散,標準偏差を算出して (1) の結果に一致することを確かめなさい.ただし,a = 1 と b = 0 は反則です.この課題には表計算ソフト等を用いても構いません.

  • 統計解析の平均値

    お世話になります。統計学の初心者です。 あるデータの解析を実施しようと思うのですが、 例えば一週間分のカロリーの平均値を人毎に算出して、 12週間の傾向を観察したいのですが、1週間のカロリーの平均を計る際、1日食べなかった人や飲み会などに参加してしまい、平均値の変動(参考にならない数値結果)があるため、その人の平均値が大きく変動してしまいます。除外するには除外するデータが多すぎて困っています。 平均値の算出方法として食事を摂らなかった人や計算値が大きすぎる人をうまく考慮した平均値の計算方法はあるのでしょうか?

  • 統計を知っている方、助けてください

    統計を知っている方、助けてください サンプル数:100 平均値:0.12 標準偏差:0.01 のとき 0.1以下となる確率を算出したいです 算出方法教えていただけませんか? よろしくお願いいたします

  • 以下の統計学の問題の解説をお教えください。

    以下の統計学の問題の解説をお教えください。 (1)100人の学生の現在と10年前の身長を記録したデータによれば、現在の身長の平均は170cm、標準偏差は10cmであり、10年前の身長の平均は150cm、標準偏差は6cmである。このデータから、各学生の現在と過去の身長の和を計算すると、その平均と標準偏差はどのようになると考えられるか。以下の選択肢a-fの中から最も正しいと思われるものを二つ選べ。 a.和の平均は320cmである b.和の平均は320cm以上である c.和の平均は320cm以下となる d.和の標準偏差はほぼ12cmとなる e.和の標準偏差はほぼ16cmとなる f.和の標準偏差はほぼ13cm以上16cm以下となる (2)以下の中から正しいものを全て選べ。 1.分布が単峰の場合、中央値は、平均値と最頻値の間にある。 2.ヒストグラムを描いたときに、左裾が長い分布の歪度は負となる。 3.標準正規分布をする確率変数が1.96を超える確率は約0.025である。 4.ひとつの変数群を、他の変数群で説明しようとする統計的手法の典型的なものは、回帰分析と呼ばれている。 5.Tが自由度5のt分布をする確率変数、Zが標準正規分布をする確率変数である場合、Pr(T>1.96)のほうがPr(Z>1.96)よりも小さい。 6.統計的検定を行う場合、直接にコントロールされるのは、第1種の過誤のみで、第2種の過誤は間接的にコントロールされる場合が多い。 7.通常、第2種の過誤を犯す確率は、サンプル数を増やすと大きくなる。 8.カイ二乗分布は、比率の標本分布として用いられることが多い。 9.二つの確率変数が独立の場合、その和の分散は、それぞれの分散の和となる。 10.順序尺度水準で測定されている変数を使った分析の結果は、その変数に単調増加変換を施した別の変数を用いた分析結果と変わらないはずである。 (3)ある世論調査で、内閣支持率が35%でその95%信頼区間の幅が±5%と出ていた。この解釈として最も適当なものを選べ。 a.内閣支持率は、ほぼ30%から40%の間にある b.内閣支持率が35%であるという仮説は5%水準で有意である c.内閣支持率が35%でないという仮説は5%水準で有意である d.内閣支持率が35%である確率は5%である

  • エクセル 特定文字列 時系列に

    2列にランダムの特定文字列があり、テーブルorピボットテーブルを使って、その特定文字列が含まれる行を現在のシートの順番通りに表示したいと考えています。 (例) B列 C列 5番 6番 6番 2番 4番 7番 9番 1番 3番 6番 ↓フィルターなどをかけて、「6番」を時系列に探したいとき 5番 6番 6番 2番 3番 6番 このように表示させる方法がわかりません。もしくは、できないのでしょうか? 宜しくお願いいたします。

  • 大学の統計学です 確率母関数、ベルヌーイ分布、モーメント母関数

    明日試験なのですが、勉強不足で全然わかりません・・・・ ・2項分布B(n,p)の確率母関数を計算せよ ・幾何分布Ge(p)の確率母関数を計算せよ ・X1,X2....Xnを互いに独立でベルヌーイ分布に従うn個の確率変数とするとき、Sn=X1+X2+...+Xnの分布が2項分布となることを示せ またSn/nの平均値と分散を求めよ ・指数分布Exp(θ)のモーメント母関数、平均値(期待値)、分散を計算せよ ・2回のサイコロ投げにおいて、Xを最初の目、Yを2回目の目とするとき、Z=X+Y,W=X-Yとおく (1)ZとWの平均値を求めよ(2)ZとWの分散をもとめよ(c)ZとWの共分散を 求めよ ・X1,X2....Xnを互いに独立で同一の分布に従う確率変数とする。 E(Xi)=μ、V(Xi)=σ^2、i=1,....,nとしX1,X2....Xnの標本平均をZ=1/n(X1,X2....Xn)とおく。 E(Z)とV(Z)を計算せよ わかる方教えていただけたら嬉しいです!!!! よろしくお願いします。

  • 実験値の統計処理-T分布-について

    今、実験値の統計処理を行っています。 同じ試料について一定量をサンプリングし、測定値を理論式に当てはめ、誤差伝播を考えた形x±Δxで実験値を算出しています。何度も測定を行ったので、平均値や分散などを計算したいんですが、処理の方法に困っています。 標本の平均値や分散などの不確かさは、それぞれに誤差伝播式 f:=f(x_i) ⇒ Δf = ( Σ(∂f/∂x_i)^2 Δx_i^2 )^(1/2) を当てはめて計算して良いですか? あと、t分布で母平均を推定したいんですが、標本の平均や分散に不確かさが含まれている場合、どのように計算すれば良いのでしょうか・・・?? 何卒ご教授宜しくお願いします。

  • 統計の使用について

    統計学についての質問ですが、 あるサンプルに対して、A値、B値、C値・・・ のように複数値が出るとします。 このような測定を複数回行い、 平均値と標準誤差を算出します。 この平均値と誤差を使って、 新たなサンプルが、平均値を出した 集団と同じ集団のものであると 証明する方法はないでしょうか。 また、このような作業を行うのに、 お勧めの参考書などないでしょうか。 教えてください。 よろしくお願いします。

  • 統計学を学んでいます

    初めましてこんにちは 最近授業で統計学を学び始め本なども買いましたが このような問題の解き方、説明の仕方がわかりません ある程度の知識もなく、人にも聞けないのでどなたかお時間のある方、 お答えいただけたらと思います 以下にとりあえず何問か載せてみましたが どれかわかるものだけでも教えていただけると嬉しいです 1.ある標本で(a1.....,an)から母集団の標準偏差を求める(点推定する)ときにはどのような計算を行うか、具体的な方法を説明せよ 2.あるデータ(x)は母集団が平均値μ、標準偏差のσの正規分布である、この母集団から10この標本を抽出してその平均(x under)を求めたときこの(x under)の分布はどのような分布になるか 3.ある正規分布する母集団がある、この母集団から抽出した標本がx1,x2・・・x5だったとき母分散の95%信頼区間を求める方法を具体的に説明せよ 4.両側検定と片側検定の違いを説明 5.検定における第一種の過誤(α)、第二種の(β)について説明 6.ある地区の光化学スモッグの発生件数を曜日別に調べたところ月曜日から日曜日までa1,.....,a7であった、発生件数が曜日によって異なるかどうかを判断する方法を具体的に述べる 7.あるお店の1日の売上高が改装前より改装後のほうが大きくなったかどうか判定したい、 改装前の売上高が(a1,.....,an)改装後の売上高が(b1,.....,bn)であったときどのような方法で判定するかを具体的に説明する 8.ある小型モーターの軸の直径が5mmである、もしもその直径が小さすぎたり大きすぎたりすると、モーターはうまく作動しない モーター製造業者は納入された軸から標本(a1,.....,an)を抽出し直径が5mmになっているかどうかの判断をしたいがどのようにすればいいのか なのです>< よろしくお願いいたします

  • 確率統計

    ◆ 確率分布とパラメータ:指数分布 λ>0 確率・確率密度関数P(X=x)またはPx(x):{Px(x)=λe^(-λx) (x>0) , Px(x)=0 (その他)} 特性関数 φx(jt):(1-jt/λ)^(-1) 平均値 E[X]:1/λ 分散 Var[X]:1/(λ^2) ◆ 確率分布とパラメータ:幾何分布 0<p<1 確率・確率密度関数P(X=x)またはPx(x):Px(X=x)=pq^x, x=1,2,・・・ q=1-p 特性関数 φx(jt):p/(1-qe^(jt)) 平均値 E[X]:q/p 分散 Var[X]:q/(p^2) ◆ 確率分布とパラメータ:負の2項分布 r=1,2,・・・, 0<p<1 確率・確率密度関数P(X=x)またはPx(x):Px(X=x)=【r+x-1,x】(p^r)(q^x) , x=0,1,2,・・・ q=1-p 特性関数 φx(jt):{p/1-qe^(jt)}^r 平均値 E[X]:rq/p 分散 Var[X]:rq/p^2 これらの確率分布について、(1)連続確率変数と離散確率変数のどちらか、(2)全体の確率P(-∞<X<∞)=1となることを計算せよ、(3)これらの確率変数について、平均E(X)と分散 V(x)が求められることを計算せよ。 ってところがわかりません。よろしくお願いします。

専門家に質問してみよう