• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

和訳の意味は正しいですか?

Kinematics or static viscosity is the ratio of dynamic viscosity to density at a specified temperature and pressure. 運動学または静的な粘度は、指定された温度とプレッシャーで密度に動的な粘度の比率である。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数248
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.5

    「和訳の意味は正しいですか?」というのが質問ですから、その点について回答します。   1)全体的に、和訳として正しいといえます。おかしい点が二カ所あります。一つは、最初の「運動学または静的な粘度は」という訳です。これは、原文の英文が綴りミスですから、誤訳ではありませんが、日本語として文章を読んでみて、一体、「運動学または静的な粘度は」とは、何のことか、「おかしい」と感じなければなりません。意味が汲み取れない場合は、自分の英語読解力を疑うのが普通で、あれこれ調べて、前後の文脈から考えてみるのですが、時たま、印刷物の教科書などでも、誤植などがあることがあり、また、英文原文が出鱈目である場合があります。或る程度の英語読解力に自信がつくと、原文が誤植か、ミスがあるのではないかと疑うケースが時たまあります。     2)もう一つ間違っているのは、最後の「密度に動的な粘度の比率である」という訳です。この間違いは、日本語のミスではなく、英語、特に技術・科学英語の基本的な構文知識が欠けているため起こったと思えます。      つまり、A to B という構文は、実に色々な意味があるのですが、科学技術英文、特に、数学などが関係している場合、これは、「A対B」という意味になる構文規則があります。無論、この例でも分かる通り、「A対B」になる場合は、ある特徴のある構造が伴います。この文章では、the ratio of A to B という英語構文です。the ratio of A は、「Aの比・比率・割合」というような意味ですから、こういう場合は、A to B は、「A対Bの比・割合」という風な意味になります。正確には、「Bに対するAの比・割合」という意味です。   A to B は、Aが何かの数・量で、Bも数・量である場合、「A対B」である可能性が高いです。     この the ratio of A to B の誤訳は、英語の知識の欠如・英文構造の慣れの欠如によるものです。多数の英文を読み、慣れるしかないと思います。日本語の間違いではなく、英語構文の知識が足りないということです。     アドヴァイスしますと、機械または機械工学の英文を読まれるのなら、英語索引が付いているか、見出しが英語である、「機械工学事典」の中型のものを購入されて、それを使われるのかよいと思います。機械の技術英文では、revolution といえば、「回転」のことで、bearing といえば、名詞の場合は「ベアリング・軸受け」のことに決まっています。clearance も、機械で使う場合は、「クリアランス・隙間」のことに決まっています。技術分野が違うと、また訳語が違って来ますが、機械工学の場合なら、或る一定数の「技術用語」というものがあり、それに対する訳語も大体決まっています。   マグローヒルは4万円か5万円したと思いますし、技術用語大辞典となると、5万円程度以上必要になり、非常に高価ですが、機械分野に特定している場合は、大きな書店に行き、中型の4千円前後の「機械用語事典」を入手されて、これで英文の分からない名詞の用語などは引きまくることです。すると段々、技術用語の英語での単語と、その日本語訳語が頭に入って来ます。また、「事典」を使用して用語を引くと、簡単な説明がありますから、翻訳の時、または英文を読む時、それが文章理解の助けになります。     英語索引または英語見出しのある「技術用語事典」を使わずに、通常の英和辞典で、技術文書を読もうとする(翻訳しようとする)のは無謀なことで、効率も非常に悪いです。いまは、4千円ではなく、6千円ぐらいするかも知れませんが、「技術用語事典」は必須です。また、JISの分冊になっている規格本の「機械」の分野の本を購入してもよいと思います。少し高いかも知れませんが、英語索引が付いているはずですし、用語説明もありますから、これも必須だとも言えます。こういう道具=用語事典を使って、技術文書・科学技術の教科書などを読むのが賢明です。  

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

丁寧にアドバイスをしていただき、本当に有難うございます。また、よろしくお願いします。では,失礼します。

関連するQ&A

  • 英訳:「電流の依存性を調べるためには、温度か密度のどちらかを一定にした、少なくとも2種類の実験を行う必要がある。

    「電流の依存性を調べるためには、(溶液の)温度か密度のどちらかを一定にした2種類の実験をそれぞれ行う必要がある。」という英訳の添削をお願いします。以下はこの文章の背景です。電流とか温度とか密度とかは代名詞代わりに使用していますので、物理的な厳密性は無いです。 電流がある溶液の温度と密度の両方に関係しているため、温度と密度を両方一定にして電流一つだけを変化させるということができない状況だとします。電流の変化特性を見たい場合には、温度を一定にした場合(この場合、密度も変化します)と密度を一定にした場合(この場合温度が変化)の少なくとも2種類の実験を行う必要があるということを言いたい文章を考えています。 In order to investigate the dependence of the electric current, at least more than two types of experiments where either the temperature or density is fixed are necessary. この文章で、背景で書いたニュアンスは伝わりますでしょうか。 もっとうまい言い方がありましたらよろしくお願いします。

  • 英文和訳の件で質問します.

    英文和訳の件で質問します.英語が得意な方,よろしく御願いします. 水の密度が温度で変化する内容を扱った内容です. 第3文の”a fortunate circumstance ”と,第4文の”the bodies of water”が理解できません. Although the variation of density with temperature is very slight an can usually be ignored in engineering calculations, its significance can not be understated. Water has its greater density at approximately 4℃. Consequently, at the freezing point its density is slightly less, a fortunate circumstance since ice therefore floats rather than accumulating on the bed of oceans and lakes. The density variation is also responsible for currents in the bodies of water.

  • ~の~に対する依存性の英訳について教えて下さい。

    ~の~に対する依存性の英訳について教えて下さい。 外気温度の人口密度に対する依存性 Dependency of outside air temperature on the population density この英訳って合っていますでしょうか? それとdepend onの後やdependency onの後って、必ずtheで始まる単語がくるように思うのですが、 例外もあるのでしょうか? よろしくお願い致します。

その他の回答 (4)

  • 回答No.4

  Kinematics or static viscosity is the ratio of dynamic viscosity to density at a specified temperature and pressure.   運動学または静的な粘度は、指定された温度とプレッシャーで密度に動的な粘度の比率である。 -----------------    動粘度または静的粘度とは、特定の温度と圧力における、動的粘度と密度の比である。 ----------------- -----------------    動粘度または静的粘度とは、特定の温度と圧力における、密度に対する動的粘度の比である。 [つまり、(動的粘度/密度)=動粘度] -----------------     なお、原文英文の Kinematics は、Kinematic の綴りミスです。余計な s が最後に付いているので、「運動学」というような意味になりますが、これでは文章の意味が通じません。     因みに、或る機械工学系の小さな事典では、kinematic viscosity には次のような説明が与えられています。   >  kinematic viscosity [動粘度] 流体の粘度を、その流体の >  質量密度で割ったもの。 動粘度=粘度/質量密度     サンプルの英文では、上の引用で「粘度」と呼んでいるものが、「動的粘度」で、「質量密度」は、ただの「密度」ですが、英文の述べている内容は、この式の文章による説明に他ありません。また、英文では、「動粘度」の別名が「静的粘度」ということになります。(温度と圧力を指定・特定しているのは、これらの値が違うと、流体の「質量密度・密度」が変動するからです)。  

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3

こんばんは。 先ほどは会社で使っている実用英語辞典をひきひき推測していたんですが、今もう家に帰ってきてしまったので専門用語がわかりません。わかるところだけ… Kinematicsまたはstatic viscosityとは、ある一定の温度と圧力下においての…(??)割合を言う。 翻訳サイトで訳しているようですが、まず辞書をごらんになってKinematicsとstatic viscosity を引いてください。そこに出ている日本語を今度は国語辞典ないし科学技術用語辞典でひいてください。定義が書かれていると思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2

意味は全然わかんないんですけど・・ 書かれている文章の中では、a specified temperature and pressureの部分とthe ratioの部分が少し違うと思います。 前者は、一定の温度と圧力のもとで、ということでしょう。 後者は、動的な粘度の密度に対する割合、ということですね。 また、orというのは言い換えの場合もあります。 ということで自信のないまま訳してみると、 運動学、つまり静的な粘度というのは、一定の温度と圧力における動的な粘度の密度に対する割合のことである。 という具合になると意味わかりますか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
  • Xxxa
  • ベストアンサー率21% (4/19)

正直に申しまして、少し意味のわからない訳になっているようです。 もっとも、どの分野に現れる文かによっても、訳の良し悪しは依存しますが。 個人的な感想としては、主語の訳、specified , to の所を少し改良する事を勧めます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 物理化学の問題ですが、和訳できなくて・・・

    和訳よろしくお願い致します。 The environmental lapse rate dT/dz characterize the local variation of temperature with elevation in the earth's atmosphere. Atmosphere pressure varies with elevation according to the hydrostatic formula, dT/dz=-Mρg where M is molar mass, ρ is molar density, and g is the local acceleration of gravity.Assume that the atmosphere is an ideal gas,with T related to P by the polytropic formula,Eq.(3.35c). Develop an expression for the environmental lapse rate in relation to M,g,R,and δ.

  • 圧力について

    圧力について Pressure is in direct proportion to absolute temperature,since the higher the temperature,the more rapid the motion of the molesules,and consequently the greater the pressure exerted on the walls of the container. 自分は、 温度が高くなればなるほど、分子の運動はもっと早くなる。したがって、容器の壁に及ぼされる圧力が大きくなるので、圧力は絶対温度に比例している。 と訳しました。 もし、この訳があっていれば、なんで、sinceはconsequentlyの前ではないんでしょうか? sinceはなんで、the higherの前にあるんでしょうか? 訳に間違いがあったら教えてください。

  • 和訳おねがいします。

    化学の教科書です。 1.6 Separating a solid which sublimes from a solid which does not sublime E.g. separating ammonium chloride (which sublimes) from sodium chloride (which does not sublime) A substance is said to sublime if, on cooling, its vapour changes directly from gas to solid without going through an intermediate liquid state.Usually a substance which sublimes also changes from solid to vapour without melting to a liquid. If a mixture of ammonium chloride and sodium chloride is heated, the ammonium chloride turns directly to a vapour but the sodium chloride remains unchanged. When the vapour is cooled, solid ammonium chloride collects free from sodium chloride. 1.7 Recognizing a pure substance A pure substance has a definite melting point. The presence of an impurity lowers the melting point but also causes the substance to melt over a range of temperature. Calcium chloride is used to lower the melting point of sodium chloride in the extraction of sodium. The boiling point of a substance depends on pressure. At atmospheric pressure, the boiling point of a pure substance takes place at a particular temperature called the boiling point. The presence of dissolved impurities increases the boiling point slightly. おねがいします。

  • 受動態(過去分詞)直後のing形の解釈

    “The density was measured using the Archimedes method.” (この密度はアルキメデスの方法を使って測定した) この受動態の文章を能動態に戻すと、 “We measured the density using the Archimedes method.”です。 このとき、この文章はS+V+O+Cの文型と考えれば良いのですか? しかし、もしS+V+O+C文型だとすれば、目的語と目的補語の関係は、 be動詞によって結ばれている文と同じ意味関係になるはずですから、例えば、 ・She found the house very nice. ・She noticed him studying at his desk. ・We heard the bells ringing out. のように、目的語(主語)+ is + 目的補語の関係になるはずです。 しかし、上記のアルキメデスの方法を・・・の文章は、 “We measured the density using the Archimedes method.”であれば、 “The density is using the Archimedes method.”となるので、 この場合に主語は人間にならないといけないはずなので明らかにおかしいです。 “The density was measured using the Archimedes method.”のような、 受動態直後のing形は、文法的にどのように解釈すれば良いのですか?

  • 比熱や熱容量に関する問題が解けなくて困っています。

    化学の授業で習っているのですが、もしかしたら範囲で言うと物理にあたるのかもしれません。 A 47.5g sample of a metal at a temperature of 425℃ is placed in 1.00L(1000g) of water which had an initial temperature of 18℃. What is the specific heat capacity of the metal if the final tempeature of the metal and water at equilibrium is 21℃?( the specific heat capacity of water is 4.18J/ ℃.g) 425℃で47.5gの金属片が、1L(1000g)、18℃の水の中に入っている。 両者が熱平衡に達した時、水の最終的な温度は21℃であった。この金属片の比熱容量(J/ ℃.g)を求めよ。水の比熱容量を 4.18J/ ℃.gとする。 といった問題です。 どなたか解説していただけたら助かります。 よろしくお願いします。

  • 結晶学に関する英語の訳

    The final form of the solid is determined by the conditions under which the fluid is being , such as the chemistry of the fluid , the ambient pressure, the temperature, and the speed with which all these parameters are changing. 直訳は 「固体の最終的な形は、液体が凝固されている状態によって決まり、たとえば、液体の化学的性質、大気圧、温度、速度などこれらのすべてのパラメータが変化している。」 となりますが、 これだとあまり意味がわかりません。 1.速度(speed)とは何の速度でしょうか。 2.大気圧、温度、速度が変化しているの分かりますが、液体の化学的性質とは具体的に何のことなんでしょうか。

  • 英作文の添削をお願いします。

    こんにちは、 今回は、英語の添削をお願いいたします。 ある実験結果を英語で表現したいのですがどう表現すればよいでしょうか? とりあえず、私なりに作ってみたのですが、なんとなく日本人英語的なのでもう少し米国(英国)英語で表現したいです。 英語にしたい表現は ”AとBにはA=B/2の関係があり、この関係はほとんど温度に依存しない。” です。 私が作った英語の文は "A locate at B/2, and it is almost temperature independent." です。 添削よろしくお願いいたします。

  • 和訳をお願いします。

    tances much larger than the interatomic separation. (Remember, interatomic separations are about 0.2nm.) In a single crystal this order extends throughout the entire volume of the material. A polycrystalline material consists of many small single-crystal regions (called grains) separated by grain boundaries. The grains on either side of the grain boundary are misoriented with respect to each other. The grains in a polycrystalline material can have different shapes and sizes. In amorphous materials, such as glasses and many polymers, the atoms are not arranged in a regular periodic manner. Amorphous is a Greek word meaning “without definite form.” Amorphous materials possess only short-range order. The order only extends to a few of the nearest neighbors-distances of less than a nanometer. (A glass is nor really a solid; it is actually a supercooled liquid with a very high viscosity-about 15 orders of magnitude greater than water at room temperature-so that in many respects it behaves like a solid.)

  • 下記の英文の訳が正しいかどうかお教えください。

    To test the hypothesis, the temperature is different (hot vs. cold) but all other factors in the experiment need to remain constant so that any differences in the results of the hot water and cold water is attributed only to the difference in temperature and nothing else. Describe at least two factors that you will try to keep constant in your experiment (these are called controlled variables, or “controls”). この仮説を説明するためには、実験を行う上で、水の温度の差異以外は一定の状態である必要があり、すなわち熱湯と冷水の結果の違いは温度の違いだけに基づくものであり、その他の要素には基づかない(つまり実験を行う上で使う水は温度の違い以外の、違う要素があってはならないということでしょうか?)。水の(温度以外)一定状態を保つためにあなたができる、すくなくとも二つの方法を述べなさい。 どうでしょうか?

  • 自動車トライボ表面工学の和訳ですが

    また、質問です。訳した和文は正しいですか?よろしくお願いします。 Boundary Lubrication A condition of lubrication in which the friction and wear between two surfaces in relative motion are determined by the properties of the surfaces and by the properties of the lubricant other than bulk viscosity. 境界潤滑 潤滑の条件は、表面の特性および大きさ粘度を除いた潤滑油の特性のため相対的な動作の2つの表面の間の摩擦と磨耗が決定される。 Quasi-hydrodynamic Lubrication;(これはどいう風に訳したらいいでしょうか) A loosely defined regime of lubrication, especially in metalworking where thin-film lubrication predominates. ??動圧流体潤滑; 特に薄いフィルム潤滑が支配する金属加工の潤滑の、ルーズに定義された政権。 Elasto-hydrodynamic Lubrication; A condition of lubrication in which the friction and film thickness between two bodies in relative motion are determined by the elastic properties of the bodies, in combination with the viscous properties of the lubricant at the prevailing pressure, temperature and rate of shear. Elasto-水力学の潤滑; 潤滑の条件は優勢圧力の潤滑油の粘性の特性、温度およびせん断の比を持つ結合においてボディの弾性特性のため相対的な動作の2つのボディの間の摩擦と膜の厚さが決定される。