• ベストアンサー
  • 困ってます

溶解性の高い有機溶媒について

有機溶媒で溶解させたい物質があるのですが、適当な溶媒が無くて困っています。 この物質はジメチルホルムアミド(DMSO)、ジメチルスルホキシド(DMF)にはかなり溶けます。しかしこれらは使用できません。 シクロヘキサノン、テトラヒドロフランにはある程度溶解しますが求められている溶解性には足りていません。 一方、キシレンやトルエン、ヘキサン、エーテル類、アルコール類には殆ど溶けません。水にももちろん溶けません。 現状、候補としてN-メチルピロリドン(NMP)、ジメチルアセトアミド(DMAC)があるのですが、これ以外に溶解性の高いと思われる溶媒をご存知の方、ご教示ください。よろしくお願いします。

  • 化学
  • 回答数2
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
noname#160321
noname#160321
回答No.1

ジメチルホルムアミドでなく、モノメチルホルムアミドや無置換ホルムアミド、アセトアミドも試しましたか? アミド類では環状のN-メチルピロリドン(正しくは1-メチルピロリジン-2-オン)もあります、便利です。 あと毒性はありますがHMPT(HMPA)ヘキサメチルリン酸トリアミドも一時流行りました。 有機溶媒ではないが「濃硫酸」も良い溶媒で、重濃硫酸はnmr溶媒です。有機物は良く溶け、容易に回収できます。

ushishi4
質問者

お礼

お礼が大変遅くなり申し訳ありませんでした。 ご教示頂いた溶媒、確認します。ありがとうございました。

その他の回答 (1)

noname#62864
noname#62864
回答No.2

溶媒に対する制約や、溶質の性質に関する情報がない状況では、なかなか難しい質問だと思います。もう少し情報が欲しいところです。 とりあえず、沸点があまり高くない溶媒を使いたいのであろうという推理のもとに溶媒を選択してみます。 また、状況からすると、極性の大きい溶媒が良さそうですね。アルコール類に溶けないということは、ある程度のLewis酸性をもつ物でしょうか。 まあ、推理はさておき、アセトン、2-ブタノン、1,4-ジオキサン、1,2-ジメトキシエタン、アセトニトリル、ジクロロメタン、ニトロメタン、クロロホルムといったあたりはいかがでしょうか。

ushishi4
質問者

お礼

お礼が大変遅くなり申し訳ありませんでした。 情報があまり出せなくて申し訳ありません。無理な質問にご解答いただき感謝しております。 極性溶媒に対する溶解性が見込めるのはご指摘のとおりです。ジオキサン、ジメトキシエタン等を確認してみたいと思います。ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 極性溶媒、無極性溶媒について

    現在極性溶媒、無極性溶媒の種類について調べています。 多数試してみるつもりなので思いつく限り羅列していただけるとたすかります。 (値段的に高すぎるものは検討できないかもしれません。25ml2万円くらいまでなら大丈夫だと思います) 極性の有無(プロトン、非プロトン含む)、沸点の高低の6パターンで調べています。 キシレン溶液に混ぜるのでできればキシレンに混ざるものだと助かりますが、分離してもとりあえず試してはみるので特別考慮していただかなくても大丈夫です。 検討したもの 2-フェノキシエタノール 2-(2-エトキシエトキシ)エタノール 1,3-ブタンジオール DMSO、DMF N-メチル-ピロリドン メタノール、エタノール、IPA THF、アセトン、トルエン ヘキサンからドデカンまで ジクロロメタン、クロロホルム ジエチルエーテル、シクロヘキサノン ジエチルケトン、メチルエチルケトン ジアセトンアルコール、グリセリンカーボネート アセトニトリル、リモネン 他にもあった気がしますが近くにあったものを適当に入れただけなので そもそも分離してるものとかもあります。 重複しても問題ないので思いつくままに上げていただけると助かります。 宜しくお願い致します。

  • 高分子を溶かす非プロトン性溶媒

    アロマティックな高分子を溶かすことができる 非プロトン性溶媒をご存じの方がいましたら教えていただけないでしょうか? DMSO,DMF,HMPA NMP以外の溶媒でお願いします。 なお、目的の分子は、クロロホルム、ベンゼン系溶媒、THFに溶解する高分子です。

  • アセトンって極性非プロトン性溶媒?

    こん○○は。 ポリマーの溶解性を調べてて、ふと気になりました。 (1)プロトン性溶媒:解離性のHを持つ溶媒。ブレンステッドの酸的発想?(H2O、アルコール等) 非プロトン性溶媒:Hが解離しない溶媒 (2)非プロトン性溶媒のうち極性を持たない溶媒:炭化水素系等 非プロトン性溶媒のうち極性を持つ溶媒:エーテル系、DMF、DMSO等 極性非プロトン性溶媒ってO、NにHを持たない溶媒で双極子モーメントを持つものですよね? そうするとDMF、DMSO、スルホラン等の他THF、ブチロラクトンはそうですよね。 ●ここからが質問なんですがアセトン、MEK、MIBK、シクロヘキサノン等のケトン類も極性非プロトン性溶媒だと思うんですがどうでしょう? 手持ちの資料では(2)で例示したものしか出てこないので非常に自信がないのですが。 このあたりあまり勉強した記憶がなく非常にアヤフヤなので考え方も間違ってたら教えてください。

  • 無機化合物の有機溶媒への溶解度

    無機化合物の有機溶媒への溶解度を調べています。 難溶などの記述は見られますが具体的に数値データとして知りたいと思っています。 このような情報が見られるような便覧やデータベース等はないでしょうか? 具体的にはNaClのキシレン、トルエンなどの有機溶媒への溶解度を調べています。 化学便覧は調べましたが、有機溶媒がエタノールなどに限定されていました。 もし何か情報ありましたらよろしくお願いします。

  • 化学用の防護マスク探してます!

    私は大学で有機系の揮発性溶媒を使っているのですが、子供の頃ぜんそくだったのとアレルギー体質のため、ときどき体調を崩してしまうことがあります。 特に、DMF(ジメチルホルムアミド)を使うと呼吸がしにくくなり、THF(テトラヒドロフラン)を使うと頭が痛くなります。しかし、この2つは私の研究に欠かせないものなので、簡易的な化学用の防護マスクなどを探しています。おすすめの物がございましたら、販売店と価格等を教えていただけるとうれしいです!

  • N-メチル-2-ピロリドン(NMP)の極性

    N-メチル-2-ピロリドン(NMP)は極性非プロトン溶媒です。アセニト、DMF、DMSOは極性の高い順に並べると、DMSO>DMF>アセトニトリルとなりますが、NMPはどの位置に入るのでしょうか?できればNMPの誘電率も教えていただけると助かります。 よろしくおねがいします。

  • アセチル化の溶媒選択

    無水酢酸によってアセチル化の反応を有機溶媒中、室温で行いたいと考えています。反応の出発原料はDMF、DMSO、DMAc、THF、MeOH、アセトニトリル、クロロホルムに溶解可能なのですが、これら溶媒に無水酢酸を加えると、溶媒の分解反応など不都合がある溶媒はありますでしょうか?

  • 今日、ジメチルスルホキシド(DMSO)は酸性の溶媒だということを耳にし

    今日、ジメチルスルホキシド(DMSO)は酸性の溶媒だということを耳にしたのですが、どうして酸性になるのでしょうか。分解物として、二次的に酸性物質が生じるのでしょうか。ご存じの方いましたら、教えて下さい。宜しくお願いします。

  • 有機溶媒でも使える限外ろ過

    ポリマーを有機溶媒に溶解して、限外ろ過により低分子物質を除去したいのですが、有機溶媒でも使える限外ろ過膜あるいは限外ろ過装置はありますでしょうか? 有機溶媒としては100%アセトニトリル、DMFあたりを考えており、最悪水との50%混合でもかまいません。 調べては見たのですが、膜の材質は大丈夫でも、装置全体としては、装置関連に用いられている材料あるいは接着剤等が有機溶媒に耐えられないようで探しておりま。

  • 物質の溶解度について、こういうデータはどこで知ることが出来るのでしょう

    物質の溶解度について、こういうデータはどこで知ることが出来るのでしょうか。例えば、DMSOに対する水酸化ナトリウムの溶解度など、様々な溶媒に対する詳しい溶解度の情報が欲しいです。文献・資料等紹介して下さい。お願いします。