• ベストアンサー
  • 困ってます

映画・ポルターガイストの出演者謎の死について。

『ポルターガイスト』の出演者が謎の死をとげている。 というのは有名な話ですが、これって真実なんですか?? それとも売上を伸ばそうとするための作り話とかなんでしょうか?? 分かる方いれば回答お願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 洋画
  • 回答数3
  • 閲覧数3442
  • ありがとう数8

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
  • tatch
  • ベストアンサー率28% (27/95)

本当の話です。 PART1では3人兄弟の長女役の女優さんが、付き合っていたボーイフレンドに殺されたそうです。 PART2ではインディアンの霊能者役の男優が亡くなりました。 PART3では主人公のキャロル・アン役の女の子が病気で亡くなりました。 偶然なのかそれとも・・・って感じですね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

2のも本当だったんですか・・・というかご丁寧に3まで死人が出ているとは・・・ 何だかすごいですね・・・

その他の回答 (2)

  • 回答No.3
  • nikubo
  • ベストアンサー率32% (80/247)

あと一人、Part2の狂信牧師役ジュリアン・ベックも亡くなってます。 撮影中にスタッフ連中の事故多発とか怖いですね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

もしかして4とか出たらまた死人が出たりするんでしょうか・・・? ちなみにこういう映画撮影する前はお祓いをするらしいですが(例えば四谷怪談とか)、このポルターガイストはちゃんとお祓いとかしたんでしょうか・・・ とにかく死人が出たというのが事実というだけに驚きです・・・

  • 回答No.1
  • disease
  • ベストアンサー率18% (1240/6708)

事実です。 主人公の女の子が撮影終了後、死んでいます。 3のサブタイトル「少女の霊に捧ぐ」はその事実から後付けされたものです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

本当だったんですか?!いやー驚きです。正直あまり信じてませんでしたから・・・ しかも3のサブタイトル「少女の霊に捧ぐ」はその事実から後付けされたものだったんですか・・・それはまた驚きです。

質問者からの補足

ちなみに2の出演者も死んだという話を聞いたことありますが、これも事実なんですか??

関連するQ&A

  • 映画エクソシストの撮影関係者の死?

    以前エクソシストという映画を見たのですが、その時親にこの映画の監督とスタッフ数名が謎の死を遂げたと言っていました。 これは本当なのでしょうか? デマでしょうか? 監督は現在でも映画を作っていらっしゃるし・・・・。 映画ポルターガイストシリーズの出演者死亡説は有名ですが、このエクソシストの噂は調べてもなかなか出てきません。 タブーなのでしょうか? メリーランド悪魔憑依事件についても、もう何十年と前の事件で詳細な記事が見当たらないです。

  • 映画『ポルターガイスト』に出ていたヘザー・オルークについて

    古い話で申し訳ありませんが、映画『ポルターガイスト』に出ていた娘役のヘザー・オルークが、三作目に急死したと知りましたが、その原因はなんだったのでしょう? 誰かご存知の方は教えてください。

  • マルコヴィッチ出演映画のタイトルがわかりません。

    深夜にちらっと見た映画で、もう一度DVDで全編を見たいと思っているのですが、映画のタイトルがわからず、困っています。 その映画は、ジョンマルコヴィッチが出演しており、知的障害かつ変わった性癖を持っている?役で、女性の口を押さえて窒息死させてしまうシーンがありました。 この内容だけで、映画のタイトルがおわかりになる方いらっしゃいましたら、ご教授ください。 よろしくお願いいたします。

  • 死の恐怖・・・

    私は別に死にたいって願望がありません。というか死にたくないって願望の方が強くて・・・ よく寝るときとかに、なぜだか考えたくもない死を考えてしまいます。 考えることは、死んだらどうなるんだろう。今の自分が消滅する。そういうことを考えてしまい・・・ 死に対するイメージがすごく怖くなり・・・眠れなくなってしまします。 このまま自分がいなくなるのがイヤって気分になり、 胸がどきどき(心拍数が高くなり)・・・ たぶんそのせいで寝れないのかと思います。 別に今病気にかかってるわけでもなく健康なんですけど・・・たぶん。 みんな生きているんだから死があることは、分かってますけど・・・どうも受け入れられません。。。 死の恐怖から逃れたいです。。。 どういうふうにすれば、死は怖くなくなるでしょう? 精神科に行った方がいいのでしょうか? ちなみに私は怖い系の話はかなりの苦手です。 映画、お化け屋敷も駄目な人なので、そういう怖い系の話になる方は回答しないでください。

  • 「死」は悲しむべきこと?

     2度ほど質問を削除されてしまい、それは自分も覚悟の上だから構わなかったのですが、回答してくれた方に悪いことをしてしまったので質問を控えていたのですが、このカテゴリなら大丈夫そうなので質問します。  「死」って悲しむべきことなんでしょうか?「死」は悲しまなければいけないみたいな、安易なヒューマニズムみたいなのが鬱陶しいです。「生」ある限り「死」は自然のことで受け入れるべきものだと思いますし、納得のいく「死」というのはむしろ喜ばしいことのように思います。

  • 安楽死と尊厳死。

     医学部を目指す高校3年生です。  漫画の話で恐縮ですが、手塚治虫さんのブラック・ジャックを読んでいて、ドクター・キリコvsブラック・ジャックみたいになってたので、安楽死・尊厳死について調べようと思い、PCをつけたものの・・・とても難しい話になってきたのでどなたか考えをお持ちの方に直接、色々な意見を聞きたいと思って質問しました。  調べたところ・・・  「安楽死」・・・第三者が苦しむ患者を死なせること。  「尊厳死」・・・患者自身が自らの死に方を選ぶこと。  僕は医者の仕事は“人を助けること”だと思っていたので大きなショックを受けました。んー、この問題については、“どちらが正しいか”という答えがあるような気がするので、どなたか考えをお持ちの方、よろしくおねがいします。

  • 桐山漣さんから質問:おすすめポルターガイスト動画

    こちらはOKWAVEの【特別企画】 『OKWAVE Stars』からの質問です。 https://okstars.okwave.jp/ 映画『海の底からモナムール』(2020年12月4日公開)主演の桐山漣さんから質問です。 「作り物に見えないリアルな心霊動画が好きです。とくにポルターガイスト現象の動画が好きですが、日本の心霊動画にはあまり出てきません。その理由であったり、おすすめのリアルなポルターガイストの動画があればぜひ教えてください。」 皆さんからのたくさんのご回答お待ちしています(^^)/ ※本質問は、OKWAVE Stars編集部(ID:10q-OK)が質問投稿とベストアンサー選定を代行しています。 当質問は、OKWAVEのオフィシャル企画として通常とは異なる主旨で投稿しています。インタビュー出演者からは原則的に回答への個別のお礼はつきません。OKWAVE Stars編集部からのお礼投稿となりますこと、あらかじめご了承ください。 ※その他、参加にあたっては、下記リンク先の注意事項をご一読ください。 https://okstars.okwave.jp/ 桐山漣さんへの映画『海の底からモナムール』についてのインタビューも下記からどうぞ! https://okstars.okwave.jp/vol973/

  • 馬の安楽死について。

    馬の安楽死について。 競馬に興味を持ってまだ浅い、32歳の女です。 武騎手が落馬し、騎乗していた馬も骨折して安楽死が決定しました。 無知なので分からないのですが、何故、骨折=安楽死なのですか? それを批判する訳ではなくて、ただの疑問なのです。 今日までの競馬の歴史で、骨折したら安楽死させざるを得ない事情の真実を知りたいと思い、質問させていただきました。 稼げないから殺しちゃえ、という短絡的なものではなく、治療し闘病させる事の方が馬にとっては残酷な事なのだろうと推測しています。 が、具体的に何が馬にとって残酷なのか。 テンポイントも骨折しましたが、治療され、でもその傷から別の病気を発症し死に至った…と知りました。 でも、治療したら必ず別の病気を発症するとは限らないし… 競馬を知らない、ただのギャンブルだと毛嫌いする人に「走れなくなったからって、すぐ殺す。だからギャンブル好きは…」と言われ、「競馬は奥の深いドラマだ」と思っている私は悔しかったのです。 どなたか、「安楽死せざるを得ない事情」を知っておられる方がいらっしゃいましたから、教えて下さい。 ※私の生活の都合により、お礼が深夜になってしまうかも知れません。 お礼通知メールが深夜に来ても構わない、という方、宜しくお願いいたします。 我が儘を申して、すみません…。

  • 映画逃亡者

    映画の逃亡者(ハリソン・フォードが医師として主演自分の妻を殺害した容疑で逃亡者として逃げまわる)は何度もみて凄い好きな映画だったのですが、『実際にありそうな話やな(製薬会社が。。。。)でも 映画の中の話(フィクション)やな』なってみてました。でも最近似たように事件、ノバルティス○○ (事実は知りません)とか何とかいう製薬会社のニュースがありました。その時に『映画みたいな事 あるやん』『真実は小説より何とかって言葉あるしな』何て思ってました。 最近知ったんですが、実は『逃亡者』は全くの作り話(フィクション)では無く、実際にあった事件を元に 作られたテレビドラマ(完全に真実を再現したわけでな無いとおもいますが、つまり事実に基づいて作られたフィクションの部類に入るとおもいますが)が約50年前に放送されて、それを基にして作った映画 だと知りました(間違ってたらすいません)。 そのドラマのdvdが発売されていますのでいつか見てみたいのですが、 現実の話は結局真実は藪の中だったそうです。 映画の方はハリソン・フォードが自分で無実を証明する為に一人で戦い結果的に無実だった訳ですが、 このテレビドラマを見られた方(どの様に描かれていたのか見てないので分かりませんが)で、 どの様な印象を受けましたか?つまり、実際にあった事件の真実は分からないようですが、 ドラマを見て、この医師(リチャード・キンブル)は無実だと感じましたか?それとも違う印象を受けましたか?

  • 幼児に“死”を教えること

    命あるものはいつか皆、死を迎えますよね。 大人になれば誰もが知っていることですが 我が子ら(4才と1才)はまだそのことを知りません。 ・子どもに「命あるものはいつか死ぬ」と教えてもよいのでしょうか。それとも自然に任せるべきでしょうか。 ・お子さんが「もうすでにそのことを知っている」方、お子さんはどういう経緯でそれを知ったのでしょう。  また、そのことに対するお子さんの反応、考えをお聞かせ下さい。 ・あなた自身は「いつか死ぬ」そのことをいつ、どういう風に知りましたか。 ・そしてそれをどう受け止めましたか? ・最後に、“死”自体をいつ、どういう風にお子さんに教えましたか?(教えたいですか?) 死んだ後のことは付け加えたかどうかもお聞かせ下さい。 ご意見、体験談、お待ちしております。 ************* 経緯についてはここに書くと二つに分けなければいけなくなってしまったので 反則かな…とは思いますが補足欄に書かせていただきます。 面倒臭い方は読まずに答えて下さって構いませんのでよろしくお願いします。 (回答をいただければ…の話ですが;)