• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

net-snmpが起動できません

net-snmpを起動しておき、mrtgを使ってトラフィックなどの情報を見ようとしたのですが、 net-snmpがうまく起動できません。 [root@*******]# /etc/init.d/snmpd start と入力すると [root@*******]# snmpd ư: /usr/sbin/snmpd: symbol lookup error: /usr/sbin/snmpd: undefined symbol: snmp_log_syslogname とエラーを返されてしまい、このエラーの内容もよくわかりません。 OSはFedora Core 3で、 [root@*******]# yum -y install net-snmp としてインストールし、 snmpd.confを次のように設定しています。 ・コミュニティの設定 com2sec local localhost private com2sec mynetwork 192.168.0.0/24 public ・グループの設定 group MyROGroup v1 mynetwork group MyROGroup v2c mynetwork ・ビューの設定 view all included .1 80 ・アクセス権の設定 access MyROGroup "" any noauth exact all none none access MyRWGroup "" any noauth exact all all none ・ディスク使用率の設定 disk / 10000 デフォルトの設定ファイルから変更したのは以上です。 どうしたらうまく起動できるようになるのか、どなたかご教示お願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数397
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • ymda
  • ベストアンサー率37% (668/1777)

symbol lookup error: /usr/sbin/snmpd: undefined symbol:snmp_log_syslogname どうも、シンボルがあってないと思われます。(バージョンが対応していない) Linux関係の細かいことは私にはわかりませんが、以下の対処方法が考えられます。 ・Fedora Core 3、及び snmpd 自体両方を最新にしてみる。 ・でなければ、SRPM からインストールしてみる。 ・それでもだめなら、snmpd 本家からダウンロードしてインストールしてみる http://heanet.dl.sourceforge.net/sourceforge/net-snmp/net-snmp-5.2.1.tar.gz 等より・・ tar xvfz net-snmp-5.2.1.tar.gz cd net-snmp-5.2.1 sh configure make ためしに、できた、./snmpd を実行してみる (必要ならば make install) なお、この場合でインストールした場合、Fedora Core 3 から管理できません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

バージョンがあっていないとこういう事がおこるんですね。 最近Fedora Core 4が出たようなのでその影響かもしれませんね。 エラーの内容も理解できず、どうしていいかさっぱりだったので、とても参考になりました。 まずはアップデートから試してみます。 ありがとうございました。

関連するQ&A

  • MIBの取得ができません

    CentOS5.2で、SNMPを利用してディスクの情報を調べたいと思います。 snmpwalk -c public -v 2c (対象マシンIP) 1.3.6.1.4.1.2021.13.15.1.1.2 をすると、エラーになります。 OIDが1.3.6.1.4.1 までは、取得できるのですが、それ以降の情報が取得できません。 何か設定があるのでしょうか。 snmpd.conf は com2sec local localhost public com2sec securenet 192.168.200.0/24 public group local_group v1 local group local_group v2c local group local_group usm local group secure_group v1 securenet group secure_group v2c securenet group secure_group usm securenet view view_all included .1 view view_mib2 included .1.3.6.1.2.1 view view_ucdavis included .1.3.6.1.4.1.2021 access local_group "" any noauth exact view_all none none access secure_group "" any noauth exact view_all none none このようにしてみました。 Hinemosを使うための設定をしています。対象マシンはwindows2008です。

  • snmpの設定について

    snmp(snmpd.conf)のコミュニティの設定についてです。 セクション名に「com2sec」というものがよく(?)使われますが この「com2sec」とは何の略でしょうか? またコミュニティ名は「com2sec」じゃなくて まったく違った任意のものでもいいのでしょうか? (例えば「hoge」とか)

  • Net-SNMPでのmake時のエラーについて

    はじめまして。kyosyouと申します。 Solaris(SunOS5.9)でNet-SNMPを使おうとしておりますが、 make時に下記エラーがでて頓挫しております。 google等で調べてみたのですが、類似事象が見つからず、ご質問させていただきます。 making all in /opt/net-snmp/net-snmp-5.4/snmplib make[1]: Entering directory `/opt/net-snmp/net-snmp-5.4/snmplib' /bin/sh ../libtool --mode=compile gcc -I../include -I. -I../snmplib -g -O2 -Dsolaris2=solaris2 -c -o snmp_client.lo snmp_client.c gcc -I../include -I. -I../snmplib -g -O2 -Dsolaris2=solaris2 -c snmp_client.c -fPIC -DPIC -o .libs/snmp_client.o In file included from snmp_client.c:73: /usr/local/lib/gcc-lib/sparc-sun-solaris2.5/2.7.2/include/sys/param.h:181: warning: `NBBY' redefined /usr/include/sys/select.h:59: warning: this is the location of the previous definition In file included from /usr/local/lib/gcc-lib/sparc-sun-solaris2.5/2.7.2/include/time.h:91, from /usr/include/sys/time.h:419, from /usr/include/sys/select.h:20, from /usr/local/lib/gcc-lib/sparc-sun-solaris2.5/2.7.2/include/sys/types.h:284, from /usr/include/sys/wait.h:20, from /usr/local/lib/gcc-lib/sparc-sun-solaris2.5/2.7.2/include/stdlib.h:17, from snmp_client.c:47: /usr/include/sys/siginfo.h:74: parse error before `pthread_attr_t' /usr/include/sys/siginfo.h:74: warning: no semicolon at end of struct or union /usr/include/sys/siginfo.h:76: parse error before `}' In file included from /usr/local/lib/gcc-lib/sparc-sun-solaris2.5/2.7.2/include/time.h:91, from /usr/include/sys/time.h:419, from /usr/include/sys/select.h:20, from /usr/local/lib/gcc-lib/sparc-sun-solaris2.5/2.7.2/include/sys/types.h:284, from /usr/include/sys/wait.h:20, from /usr/local/lib/gcc-lib/sparc-sun-solaris2.5/2.7.2/include/stdlib.h:17, from snmp_client.c:47: /usr/include/sys/siginfo.h:284: parse error before `int32_t' /usr/include/sys/siginfo.h:284: warning: no semicolon at end of struct or union /usr/include/sys/siginfo.h:284: warning: no semicolon at end of struct or union /usr/include/sys/siginfo.h:286: parse error before `}' /usr/include/sys/siginfo.h:286: warning: data definition has no type or storage class /usr/include/sys/siginfo.h:288: parse error before `}' /usr/include/sys/siginfo.h:288: warning: data definition has no type or storage class /usr/include/sys/siginfo.h:415: parse error before `int32_t' /usr/include/sys/siginfo.h:415: warning: no semicolon at end of struct or union /usr/include/sys/siginfo.h:415: warning: no semicolon at end of struct or union /usr/include/sys/siginfo.h:416: conflicting types for `__rctl' /usr/include/sys/siginfo.h:285: previous declaration of `__rctl' /usr/include/sys/siginfo.h:418: parse error before `}' /usr/include/sys/siginfo.h:418: warning: data definition has no type or storage class /usr/include/sys/siginfo.h:420: parse error before `}' /usr/include/sys/siginfo.h:420: warning: data definition has no type or storage class /usr/include/sys/siginfo.h:424: parse error before `k_siginfo_t' /usr/include/sys/siginfo.h:424: warning: no semicolon at end of struct or union /usr/include/sys/siginfo.h:428: parse error before `}' /usr/include/sys/siginfo.h:428: warning: data definition has no type or storage class In file included from /usr/local/lib/gcc-lib/sparc-sun-solaris2.5/2.7.2/include/stdlib.h:17, from snmp_client.c:47: /usr/include/sys/wait.h:90: parse error before `siginfo_t' make[1]: *** [snmp_client.lo] Error 1 make[1]: Leaving directory `/opt/net-snmp/net-snmp-5.4/snmplib' make: *** [subdirs] Error 1 お分かりの方がいらっしゃいましたらよろしくお願い致します。

  • SNMPの標準MIBについて

    お世話になります。 現在SNMPの勉強をしているところですが、標準MIBについていまいちピントきません。。 基本的な質問で申し訳ないのですがご教授ください。 標準MIBとはMIB2(RFC1213)で定義されているMIBとのことですが、 先程CentOSにnet-snmpをインストールしたところ、/usr/share/snmp/mibs配下に RFC1213-MIB.txtを見つけたのですが、これ以外にも多くのテキストファイル(MIB)がありました。 [root@CentOS_Server mibs]# ls -tlr /usr/share/snmp/mibs/ | grep MIB -rw-r--r-- 1 root root 79667 May 26 2010 RFC1213-MIB.txt -rw-r--r-- 1 root root 29305 May 26 2010 SNMPv2-MIB.txt -rw-r--r-- 1 root root 9106 May 26 2010 SNMP-PROXY-MIB.txt -rw-r--r-- 1 root root 16414 May 26 2010 TRANSPORT-ADDRESS-MIB.txt -rw-r--r-- 1 root root 16782 May 26 2010 INET-ADDRESS-MIB.txt -rw-r--r-- 1 root root 5066 May 26 2010 IF-INVERTED-STACK-MIB.txt -rw-r--r-- 1 root root 3518 May 26 2010 IANA-RTPROTO-MIB.txt -rw-r--r-- 1 root root 24723 May 26 2010 NOTIFICATION-LOG-MIB.txt -rw-r--r-- 1 root root 4400 May 26 2010 IPV6-UDP-MIB.txt -rw-r--r-- 1 root root 7257 May 26 2010 IPV6-TCP-MIB.txt ・・・以下省略 標準MIBファイルとはRFC1213-MIB.txtのことを指すのでしょうか。 それとも、RFC1213-MIBだけでなく、このディレクトリにあるMIBファイル全てを指すのでしょうか。 宜しくお願いいたします。

  • Net-Snmpのtraphandleよりshell起動

    【環境】RedHat Linux as 3 【現在】  Net-SnmpのTrapHandleを取得し  標準入力から受けた情報をファイルに出力する処理を作成中です。 出力するファイル名を現在時刻にしたいのですが  シェルを実行してもファイルが出力されません。  Perl初心者で手探りで調査していますが煮詰まってしまいました。  すみませんがご教示願います。 【処理内容】  ・snmptrapd.conf  traphandle default /root/bin/trap.sh ・trap.sh  #!/usr/bin/perl  @tim = localtime(time);  $tim[5] += 1900;  $tim[4] += 1;  for($idx=0;$idx<5;$idx++){    $tim[$idx] = sprintf("%02d",$tim[$idx]);  }  while (<STDING>) {    $buf. = $_;  }  open (FILE,">>/tmp/$T[5]$T[4]$T[3].txt");  print FILE $buf;  print FILE "--------\n";  close(FILE);

    • ベストアンサー
    • Perl
  • MRTGの設定

    よろしくお願いします。 OS:RedHat ES3 MRTGの設定がどうもうまくいきません。 snmpd.confの設定 com2sec local localhost privat com2sec mynetwork 192.168.0.34 public ------------------------ group MyROGroup v1 mynetwork group MyROGroup v2c mynetwork ------------------------ view all included .1 80 ------------------------ mrtg.cfgの設定は割合します。 そして/uer/bin/mrtg /etc/mrtg/mrtg.cfgを実行すると SNMP Error: no response received SNMPv1_Session (remote host: "192.168.0.34" [192.168.0.34].161) community: "public" request ID: -1568105697 PDU bufsize: 8000 bytes timeout: 2s retries: 5 backoff: 1) at /usr/bin/../lib/mrtg2/SNMP_util.pm line 458 SNMPGET Problem for ifInOctets.2 ifOutOctets.2 sysUptime sysName on public@192.168.0.34 at /usr/bin/mrtg line 1678 WARNING: skipping because at least the query for ifInOctets.2 on 192.168.0.34 did not succeed WARNING: no data for ifInOctets&ifOutOctets:public@192.168.0.34. Skipping further queries for Host 192.168.0.34 in this round. ERROR: Target[r1][_IN_] ' $$target[0]{$mode} ' did not eval into defined data ERROR: Target[r1][_OUT_] ' $$target[0]{$mode} ' did not eval into defined data WARNING: Skipping Update of r1, inlast is not defined WARNING: Skipping Update of r1, outlast is not defined とでます。snmpエラーとでてるのでsnmpd.confの設定がいけないのだと思うのですが、調べてみてもわかりませんでした。 よろしくお願いします。

  • solaris10にて、SMFからのapache+ssl起動

    solaris10にて、apache2+sslの環境を構築しているのですが、SMF経由でapacheを起動させると、sslが有効になりません。 SMFにて使用する、起動用のスクリプト「/lib/svc/method/http-apache2」内のsvcpropというコマンドで、チェックしているところまでは分かったのですが、ここからが分かりません。 どなたか、ご教授願います。 ★SMFからの起動(apache2のみ起動される) # /usr/sbin/svcadm disable svc:/network/http:apache2 # /usr/sbin/svcadm enable svc:/network/http:apache2 # svcs -a |grep apache2 online 11:30:43 svc:/network/http:apache2 # ps -ef|grep http |grep -v grep root 692 1 19 11:30:43 ? 0:06 /usr/local/apache2/bin/httpd -k start webservd 698 692 0 11:30:51 ? 0:00 /usr/local/apache2/bin/httpd -k start ★apache2+SSL手動起動 ・apache無効化 # /usr/sbin/svcadm disable svc:/network/http:apache2 # /usr/local/apache2/bin/apachectl startssl # ps -ef|grep http webservd 675 670 0 11:25:45 ? 0:00 /usr/local/apache2/bin/httpd -k start -DSSL root 670 1 9 11:25:42 ? 0:03 /usr/local/apache2/bin/httpd -k start -DSSL

  • bindの再起動

    初歩的な質問ですがよろしくお願いします。 DNSの設定変更(レコードの追加など)する際、 変更後にDNSの再起動をする必要があると思いますが、 どのように行うのがよいのでしょうか? OS及びバージョンは以下の通りです。 OS:solaris8、bind:9.2.1 # uname -a SunOS unicorn 5.8 # /usr/local/sbin/named -v BIND 9.2.1 # ps -ef | grep named root 180 1 1 Mar 10 ? 118:22 /usr/local/sbin/named ・kill -HUP 180 ・S72inetsvc stop / start ・/usr/local/sbin/named stop / start どれも同じことなのでしょうか? 一番安全かつ影響が少ない方法があれば、 ご教示願います。 よろしくお願いします

  • crontabの自動実行について (Debian3.0)

    OSはDebian GNU/Linux 3.0です。 /etc/cron.daily の中にviで記述した下記のものを 保存しました。ファイル名back.sh #!/bin/sh rsync -acouv --stats /home/www /backup/back-all ;; しかし、自動実行できていませんでした。 www、back-all共に実在するディレクトリです。 crontabは下記のとおり、初期のままです。 SHELL=/bin/sh PATH=/usr/local/sbin:/usr/local/bin:/sbin:/bin:/usr/sbin:/usr/bin # m h dom mon dow user command 25 6 * * * root test -e /usr/sbin/anacron || run-parts --report /etc/cron.daily 47 6 * * 7 root test -e /usr/sbin/anacron || run-parts --report /etc/cron.weekly 52 6 1 * * root test -e /usr/sbin/anacron || run-parts --report /etc/cron.monthly # 何か間違いがあるのでしょうか?

  • クローンでファイル名に日付を付けるコマンドが実行できない。

    サーバ初心者です。安価なレンタル専用サーバでいろいろ練習中です。 WADAX専用サーバ エントリープラン GUIソフト:PLESK8.3使用 Red Hat Enterprise Linux 5 PHP 5.1 MySQL 5.0 クローンでファイル名に日付(`date +%y%m%d`)を付ける以下のようなコマンドが実行できません。なぜだか分かりますか? mv /root/my_backup/my_backup_plesk/scheduled_backup_plesk_all /root/my_backup/my_backup_plesk/scheduled_backup_plesk_all_`date +%y%m%d` 上記のコマンドは、SSHのコマンドラインに直接打ち込めば実効できます。 [root@ns my_backup_plesk]# mv /root/my_backup/my_backup_plesk/scheduled_backup_plesk_all /root/my_backup/my_backup_plesk/scheduled_backup_plesk_all_`date +%y%m%d` また、日付の部分(`date +%y%m%d`)を通常の文字(例:test)に変更すれば、クローンで実行できます。 mv /root/my_backup/my_backup_plesk/scheduled_backup_plesk_all /root/my_backup/my_backup_plesk/scheduled_backup_plesk_all_test どのようにすると、クローンでファイル名に日付が付けられるのでしょうか? <その他の例> 以下のようなスクリプトファイルを作成してクローンで実行しても、ファイル名に日付を付けることはできませんでした。スクリプトファイルをクローンで実行できません。 #!/bin/sh mv /root/my_backup/my_backup_plesk/scheduled_backup_plesk_all /root/my_backup/my_backup_plesk/scheduled_backup_plesk_all_`date +%y%m%d` 以下のようなコマンドをクローンで実行しても、実行されませんでした。 /usr/local/psa/bin/pleskbackup all /root/my_backup/my_backup_plesk/scheduled_backup_plesk_all_`date +%y%m%d` (ただし、上記のコマンドは、SSHのコマンドラインに直接打ち込めば実効できます。) しかし、日付の部分(`date +%y%m%d`)を削除(又は通常の文字列に変更)すれば、クローンで実行できます。 /usr/local/psa/bin/pleskbackup all /root/my_backup/my_backup_plesk/scheduled_backup_plesk_all よろしくお願いします。