• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

球根ベゴニアが枯れそう

ベゴニア展で大輪の枝垂れベゴニアに心を奪われ、球根を買ってきました。 4月頃に素焼きの鉢に植え、日当たりの良い場所に置いておきました。 5月の終わり頃にやっと芽を出して葉も出てきたので6月下旬頃、 ハンギング(椰子繊維)に植え替え、暑さしのぎの為に藤台の下に移動させました。 (現在のベゴニアの大きさは高さ10cm程です) その後、雨の肌寒い日が続いたせいか、葉が枯れはじめてしまいました。 このまま藤台の下に置いておいて大丈夫でしょうか。 それとも以前置いておいた日向に移動させた方が良いでしょうか。 大事に育ててきたので枯らしたくありません。 アドバイスをよろしくお願いします。

noname#21883

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数1145
  • ありがとう数5

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3

初めまして。 まず、球根ベコニアの特性を、 光線や湿度、温度の急激な変化を嫌うので極力栽培場所を移動しないこと。鑑賞は栽培してる場所で。肥料過多、水遣り過多は注意。 夏の置き場所は、直射日光、西日の当たらない、できるだけ涼しい場所を選び、最高温度30度、最低温度10度に間が理想的です。 戸外の場合は長雨に当てないようにとあります。 光は50%遮光(7月中旬)くらいから。 この中で思い当たる点があれば、それを改善して下さい。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

こんにちは。 ベゴニアは真夏にも真冬にも弱いようですね。 植え替え直後の不安定な時に長雨になってしまったのが 悪かったのかもしれません。 梅雨で雨が続くのでとりあえず雨の当たらない場所に移動して 様子を見ることにします。 ご回答ありがとうございました(^^)

関連するQ&A

  • 南~西向きのベランダにオススメのもの

    春めいてきました! 南~西を向いた3階のベランダです。奥行きは1.8mくらいあります。ガラステーブルとチェア2つのセットが置いてあり、季節が良いときは、ここで過ごすことも可能です。強い日差しをさえぎるオーニングを取り付けています(風雨の強いときは使えません)。 夏は日差しが強く、冬は3階のためか風が吹くと強く感じます。 そのような条件の付いてしまうベランダなので、お花は失敗が多いです(今はビオラが元気に咲き、チューリップなどの球根の芽が伸びています)。手入れがラクで強いアイビーが多くあります。ベンジャミンが1本あります。 このほかに、どのような花やグリーンがオススメでしょうか? 手入れをすることは苦手ではありませんが、蜂が苦手です^^; 背丈の伸びにくい枝物や、葉に勢いがあるものや、暑さに強いものなど教えていただけますか? また、それをどのように置くのか(ハンギングやなど)のオススメもありましたら、あわせてお願いいたします。

  • マルバストラムの根付き苗の育て方!

    マルバストラムの根付き苗を譲ってもらったのですが、 暑さの為か、しおれてしまってます。 一度は、しばらく水に浸して、まだそんなに元気がないウチに、そのまま素焼き鉢の土に埋めてみたんですが、余計にぐったりしてしまったので、すぐに出しました。 しょんぼり元気がないので、とりあえず今は水に根をひたしています。 3本ほどもらったのですが、全てぐったりしてます。枯れてるわけではありません。(今のとこ^^;) (1)ぐったりしてしまった根付苗の処置法がわからないので教えてほしいです。 あと、埋める場所が分かりません。 というのは、、 3本のうち1本は一番下に根があって、太く、分かりやすく、普通の根です。 でも、あとの2本は、、 葉のでている付け根ごとに1cmほどの根がチョロっと一本づつ出ています。一本の枝に葉が5枚ついてたら、五箇所から根がでている、って感じ。。もっと言えば、土の上を這うように伸びてた部分みたいで、横向け状態で、土に触れてた節ごとに根がでてます。 長さもあるし、、このまま這うような寝かした状態で埋めるわけにもいかないし、、、 (2)適当なところで切って、横向けにして、根を埋めたとして育ってくれるものでしょうか? (3)あまり深く考えずに、根が下に埋まるように切って、立てて挿しても問題ないでしょうか? ちょっと説明しづらいのですが、、わかれば教えてほしいです。 よろしくお願いします!

  • ジギタリス タプシー  葉っぱの色

    畑の一角をハーブ&花畑に、と いろいろな苗を植え始めました。 ハーブの中では ミントの苗が植えた頃(ほぼひと月経過)の2倍になりました。 またローズマリーもしっかり元気です。 ハーブでないのですが 初夏の彩りに、と憧れて植えたジキタリス タプシーですが ポットで買った当初はしっかりと根を張りとても元気でしたが ここのところ 下のほうの葉が黄色く変化しています。 全体には緑色の葉が凛と伸びて元気に見えます。 よく調べましたら 暑さにはそれほど強くないらしく 畑の一角は日当たり水はけが良過ぎかもしれません。 水遣りは欠かしていません。(が、朝1度にしています。) 薄めて使うタイプの肥料を2度ほど少し与えました。 肥料が足りないのでしょうか それとも環境的に無理なのでしょうか。 もともと広い畑の管理上 西洋の雑草 ハーブで草引きの労力を減らすこと、同時に鑑賞も楽しめ 時にはティーにもできること などの目的で始めました。 中庭では種々の季節の花を楽しんでいますが こっちらで栽培したほうが良かったでしょうか。 (ハーブとの組み合わせを楽しみたかったのですが) 参考までに* ■ 学名 : Digitalis thapsi ■ ゴマノハグサ科 宿根草(耐寒性多年草) ■ お届けの規格 9~10.5cmポット苗 ■ 主な花期 : 初夏咲き  ■ 草 丈  : 45cm前後(生育後の高さで花丈も含む) ■ 耐寒性 : 強  ■ 耐暑性 : 中  ■ 日 照  : 日向~やや半日陰 ■ 代表的な原産地 : ポルトガル 写真は購入先のショップからお借りしたものです。

その他の回答 (2)

  • 回答No.2
  • 8942
  • ベストアンサー率13% (188/1414)

 不調の原因は良く判りませんが、 球根ベゴニアはアンデス山脈原産で 暑さに弱く、寒さに弱い(肌寒い位は大丈夫だと思いますが)デリケートなものです。 なかなか屋外で大輪の球根ベゴニアなんて見ないでしょ。 おそらく質問者様も大輪の球根ベゴニアを見たのは室内か温室内だったと 思います。  これからはどんどん暑くなりますので涼しい所で直射日光を避けて 育ててあげてください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

こんにちは。 おっしゃる通り、私が見たベゴニアは室内でした。 最近は関東でも37度なんて気温になりますから屋外では かなり難しいのかもしれませんね…。 何とか良い場所を探すか作るかしてみます。 ご回答ありがとうございました(^^)

  • 回答No.1
noname#47429

 とても落ち着かない管理ですねぇ。なぜ球根を定植させないのですか?。 ベゴニアも環境に慣れなくてとまどっていると思います。   特に球根から芽が出たころに移植するのはなぜでしょうか?。  根腐れの感がしますので雨避けをされてはいかがでしょうか。  

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

こんにちは。 ベゴニアは初めてなので、とりあえず球根についていた 説明書通りにしたのですが…。間違っていたのでしょうか。