• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

販促費とは具体的になんですか。

販促費は企業の営業経費の一部ですが、 よく、広告宣伝費は営業経費の範囲外であるので 販促費とは区別する、ようですが 販促費とは具体的になんですか。 これは広告宣伝費ではないのですか。

  • 007
  • お礼率81% (528/645)

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数6030
  • ありがとう数34

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3

nozakiさんのご意見に賛同です。 販促費も広告宣伝費も、会計上販売費及び一般管理費(販管費)を構成するものの一つです。  販管費の具体的な例としては、セール、催事等を行ったときののぼり代、福引き券などの作成代、景品代、などなど。あと、それらの催事等の為だけに売り子さんなどを雇ったりしたときの人件費や食事代なども販促費で処理したりすることもあるようで、あまり厳密な決まりは無いようです。  蛇足ですが、大きなショッピングセンター、スーパーなどのテナントにはいると、精算金から販促費の名目で差し引かれるものもあります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 販促費?交際費?

    個人で洋服の販売をしています。 1万円以上購入された方に、コーヒーチケットを差し上げています。場合によっては1万円以下でも差し上げる場合もあります。 『1万円以上購入の方にコーヒーチケットプレゼント』等の広告等はしていません。購入時にどうぞと差し上げるのみです。 お店の近くの喫茶店からそのコーヒーチケットを購入しているのですが、そのコーヒーチケット代は販促費として広告宣伝費に計上すべきでしょうか。それとも、交際費で計上するべきなのでしょうか。 無知ですみません。よろしくお願いします。

  • 宣伝販促費の費用計上時期について

    7月末決算法人の会社です。 9月発売の商品の広告宣伝の目的で7月発売の雑誌に広告を掲載しました。 今期は赤字である為、この広告費用を商品発売月の9月(来期)の経費にできないかと考えております。 7月 前払費用 / 現預金 ○○円 9月 広告宣伝費 / 前払費用 ○○円 販促用のチラシについても7月に3000枚作成し、1000枚を7月中に配布しています。 残り2000枚は8月9月で全て配布する予定です。 このチラシ作成費用についても発売月の経費にしたいと考えています。 7月 前払費用 / 現預金 △△円 9月 販売促進費 / 前払費用 △△円 原則はサービスの提供を受けた7月に経費にするのが正しい(チラシについては残った分を資産計上)と思うのですが、上記のような処理は認められるでしょうか?

  • 社名入りの菓子

    社名&商品名入りの煎餅(単価1000円)を販促に使っています。 ついでに年末にも配っています。 これって広告宣伝費でいいですよね?

その他の回答 (2)

  • 回答No.2
  • isi
  • ベストアンサー率0% (0/1)

これは、はっきり言ってしまえばリベートのことです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
noname#21119
noname#21119

販促費も広告宣伝費も販売費です。なぜ「営業経費の範囲外」なのかわかりませんが、私はどちらも本質的に同じものと思っています。広告宣伝費はテレビや雑誌などの広告媒体が明確なもので、販促費はキャンペーンやイベントなどでサンプルを配ったりするようなものですね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 広告宣伝費と販売促進費の区別について教えてください。

    広告宣伝費と販売促進費の区別について教えてください。

  • DTPにおける「オフセット用原稿」とは具体的に?

    会社経営者ですが、零細企業なので雑誌に出す広告原稿を自分で作成しています。したがいましてDTP初心者です。 広告原稿の要項に、よく「オフセット用原稿」という記述がありますが、これは具体的にはどういう原稿のことを言うのでしょうか? ただ単に「illustratorを使用した原稿やPDF」というだけの理解では不十分だと思います。詳しく具体的な定義をご存じの方、お教え下さい。

  • 採用に関わる費用をまとめて求人費へ

    とある企業で経理を担当して間もない者です。 今まで新卒採用に関する経費(求人票発送・選考旅費・出張費・ 求人広告等)はそれぞれ雑費や出張費・広告宣伝費で計上してお りましたが、今年度より求人・採用に関わる費用が増える事になり、 これを明確に区別をしたいと思っています。 そこで、昨年まで上記科目で計上していた費用をすべて求人費として 独立して計上しようと思いますが、税務上は何か問題になる事はないでしょうか? また、税務上以外で問題となるような事があれば教えてください。 よろしくお願いします。

  • 経費処理における、具体的判例を知りたいのですが?

    Aはあるサービス業を営んでいて、役員を務めている。自宅建物を抵当にいれて、法人の営業に使用する社屋の改修に必要な資金を金融機関から借り入れている。 自宅は、社屋とはかなり離れた所にあり、事業とは全く関係がなく、固定資産税は個人で払っている。 この場合、Aは、法人の経費で、自宅の改修をすることは、認められるかどうか? 脱税や横領、または、背任などとなる可能性がないならば、個人名義の建物にかかる経費であるが、法人の経費として処理したい。 こうしたことは認められるか? こうしたことにおける、判断の根拠となる具体的判例はあるか? 上記のような質問です。 よろしくお願いいたします。

  • 広告宣伝効果について

    広告宣伝をしようと考えています。 しかし、広告宣伝費にかける費用がわかりません。 ・広告宣伝効果、広告宣伝費にあてられる金額を出す、”計算式”などありますでしょうか? わかる方いらっしゃいましたら、教えていただけますでしょうか? 宜しくお願い致します。

  • 具体的危険説の解釈について

    刑法を勉強している学生です。 未遂犯と不能犯の区別に関して、具体的危険説をとった場合の解釈について質問があります。 具体的危険説は、「一般人が認識しえた事情及び行為者が現に認識していた事情を基礎として、社会通念に照らし、法益侵害の具体的危険性を有すると判断される場合を未遂犯、そうでない場合を不能犯」とするのですよね? さらに、「行為者の認識については、主観を処罰すべきでないから、客観的事実と合致した場合のみ考慮すべきである」と学びました。 そこで質問なのですが、「甲は病院の死体安置所に置かれていた死体がまだ生きていると誤信し、殺意をもってこれに切りかかった」という場合、次のような解釈でいいのでしょうか? 1)一般人の認識では生きている人間のように見え、行為者も生きている人間に切りつけたと考えている場合 =生きている人間に切りつけたと判断するから未遂犯 2)一般人の認識では死体であり、行為者は生きている人間に切りつけたと考えている場合 =行為者の認識は客観的事実に反するから、一般人の認識で判断し、死体に切りつけたから不能犯 3)一般人の認識では死体であり、行為者も死体に切りつけたと考えている場合 =死体に切りつけたから不能犯 4)一般人の認識では生きている人間のように見え、行為者は死体に切りつけたと考えている場合 =客観的事実と合致する行為者の認識で判断し、死体に切りつけたから不能犯 特に、一般人の認識と行為者の認識が食い違う場合(2と4のケース)これでいいのか疑問です。

  • 販促費のズレ

    この度、定額制の広告から従量課金型の広告にシフトしようと考えています。 今までは、年初に毎月の経費がはっきりしていたので、それを元に年内の予算を決定していました。 しかし、従量課金型の広告にした場合、毎月の販促費が変動してしまうのでその分をどう処理すればいいか、そもそもどう予算組みをすればいいのか、経理の知識が無いので分かりません。 社内で、新しい処理のフローを作る必要があると思うのですが、 会計上の処理の方法等で、良い方法をお教えいただければと思います。

  • ホームページ作成費用

    ホームページの作成を業者に依頼して総額100万円のうち、半額を現在支払っている(前渡金で処理)のですが、このような費用はどのように処理するのがいいのでしょうか? 検索してみたら「広告宣伝費で処理する」というのを見かけるのですが、病院のH.Pも広告宣伝費の範囲にはいるのでしょうか? よろしくおねがいします。

  • ノベルティの勘定科目

    ノベルティの勘定科目なのですが、販売促進費が一般的かとは思うのですが、事情により販売促進費は使えません(会計ソフトの関係上) それで広告宣伝費か交際費にするか悩んでおります。 ノベルティですが、主に顧客(営業先の個人・企業など)に配るカレンダーやペン、タオルなどで一品の価格はそれほど高額ではありません。 この場合は広告宣伝費で良いかと思っておるのですが、ネットで調べてもやはり販売促進費が一般のようでしたので、質問させていただきました。 よろしくお願い致します。

  • 棚卸した在庫を販促品にしたい

    前期で仕入れた商品を今期に販促品として使いたいと思います。 具体的に言いますと、Aと言う商品を販売用に仕入れたのですが 全て売りきれずに在庫になりました。 これを、今度から「Bを購入した方先着10名様にAをプレゼント」という形で処分しようと思います。 ちなみに、BとAの商品は関連性があり、Aを付けることでBの付加価値が付くようなものです。 この場合の仕訳を教えてください。 借方は広告宣伝費と販売促進費のどちらが良いでしょう? 貸方には何が入るのでしょう? よろしくお願いします。

専門家に質問してみよう