• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

敬語について教えてください

仕事の関係でコールセンターの研修を幾つか受けてきて、常識的な敬語や謙譲語などの使い方は認識しているつもりでおりましたが、未だに疑問に思っていることがあります ○お待ちしておりました ○お聞きしても(お尋ねしても)宜しいでしょうか? ○お教え致しましょうか? このような言い方って結構耳にしませんか? 一見謙譲語のようですが、自分がする行為に「お」をつけるのはおかしいですよね? 敬語の間違った使い方が氾濫している昨今なので 「~の方」「お電話番号を頂戴できますか?」等はもう論外としても、これだけは明確な答えを得られぬまま、度々使用している自分がいます。 過去一度だけ、某大手外資系保険会社において、最高責任者の方が研修時にひょっこり現れて、誰かが言った言葉に 「自分がすることに(お)をつけるな!」って指摘した事がありましたがスルーされていました(笑 言われてみるともっともですよね。 私の場合・・・。 「住所をお教えしましょうか?」は 「○○の住所をお伝え(お知らせ)致しましょうか?」 「聞きたいのですが」は 「お尋ねしても宜しいでしょうか?」 と、普通に「お」をつけてます。。。 ところが 「行ってもいいですか?」は 「伺っても宜しいでしょうか?」 ・・・と、なるのですがこれが本来の正しい謙譲語だと思うのですが如何でしょうか? では「お待ちしておりました!」はどうなるのでしょうか? 「待たせて頂きました!」ではおかしいですし(笑 待っていたのは自分で、自分がすることに「お」をつけるのは変だというのなら・・・。 嗚呼、日本語って難しい>< どなたか正解をどうぞご教授下さい。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数1208
  • ありがとう数7

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.5
noname#191105

「お」の使い方ではなく、動詞の使い方が問題なんじゃないでしょうか。 >「お待ちしておりました」 これは、間違ってはいないような気がします。「待つ」という動詞には、適当な謙譲語や尊敬語がないはずですから。 >お聞きしても(お尋ねしても)宜しいでしょうか? これも、間違ってはいないと思います。 ただ。「尋ねる」は「聞く」の謙譲語ではありません。「うかがう」を使った方がベターでしょう。「お伺いしても――」となると、響きが美しく、正しいのは明らかですから。 >お教え致しましょうか? 明らかに動詞の選択が不適切です。 「教える」という動詞そのものが、上から下に向かってものを言うニュアンスがあります。「知らせる(知る+させる?)」や「伝える」も不適切でしょう。この場合、「ご案内致しましょうか」や「ご説明致しましょうか」などが適切では。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

rastyさんにご回答頂いてから自分なりにサイトを色々見て周ったところ(最初から自分で探せよ!って話ですが) 自分の行動でも相手に関連することには「お」をつける・・・とのことでした。 別に深く考えることはなかったのですね。。 前出の某社のお偉い方の発言に少々惑わされていたようです^^; お教えする→ご案内する お尋ねする→お伺いする 確かにこちらのほうが適切ですね^^ 有難うございました。

関連するQ&A

  • 敬語が分かりません

    もうそろそろ期末テストなのですが、敬語で悩んでいます。特に謙譲語なのですが、どういう場合に謙譲語を使うのかが分かりません。また、自己卑下の謙譲語も、よく使い方と見極め方が分かりません。アドバイスのほうをよろしくお願いします。

  • 敬語の使い方についてお尋ねします。

    敬語の使い方についてお尋ねします。 「~に見られる意識の高さ」 などといった文において、「見られる」の部分の謙譲語はどのようになるのでしょうか?

  • 敬語について教えてください

    病院で勤めている看護師です。最近患者様に対する接遇が当病院でもクローズアップされており、病棟スタッフへの敬語について勉強会をしてくれといわれて困ってます。敬語には尊敬語、謙譲語、丁寧語、美化後があるというのがわかりましたが、そのうちの尊敬語、謙譲語、丁寧語の使い方が、もしくはどのような相手に使用すればよいかわかりません。それぞれの意味は教科書にのっている範囲でわかりますが、みなそれぞれ相手に対して敬う事ですよね。特に丁寧語と謙譲語の使い方の区別が良く分かりません。それぞれをわかりやすくスタッフに納得いく説明するにはどう説明すればよいでしょうか?

その他の回答 (4)

  • 回答No.4
noname#11824

「敬語」について詳しく書かれた本って、きっとあるのではないでしょうか? あるいは、私の場合ですが、秘書検定とサービス接遇検定の勉強をした際に敬語についても改めて学びました(^o^) 美しい日本語って、素晴らしいですよね。素敵な指導者になってください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

サービス接遇検定というものもあるのですね。 一度初心に戻って勉強してみます。 指導者なんて器ではないのですが長くやっているとイヤでもそのような立場が廻ってくるので、自信を持って教えられるようにはなりたいと思っています^^

  • 回答No.3
noname#11824

謙譲語は、特定の用語への言い換え(「見る」→「拝見する」等)をしない動詞の場合、「お(ご)~する」「お(ご)~いただく」に当てはめて使用して差し支えないのではないでしょうか。 ちなみに、尊敬語は「お~になる」「ご~なさる」「~れる」「~られる」に当てはめます。 名詞に「お」「ご」をつけると尊敬表現になる点が、質問者様を悩ませているのではないでしょうか? また、「教える」に関しましては、言葉の持つ意味からして、「お教えする」は違和感があります。ここは、おっしゃるように「お伝えする」が適当と感じます。 「お伺いします」の「お~します」は謙譲語に丁寧表現をつけて相手に敬意を表しているものとみます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 (正しくはご回答下さいまして~でしょうか?^^;) 質問の趣旨の、謙譲語として自分の行動に「お」をつける というのは間違いではなかったのですね。 >また、「教える」に関しましては、言葉の持つ意味からして、「お教えする」は違和感があります。ここは、おっしゃるように「お伝えする」が適当と感じます。 ニュアンスでその都度判断するということでしょうか? >「お伺いします」の「お~します」は謙譲語に丁寧表現>をつけて相手に敬意を表しているものとみます。 謙譲語+丁寧表現というのもあるのですね。。 とても参考になります。 職場では丁寧語での応対を得意としており、これといった指摘を受けた事がないままに今日に至っております。 しかしながら丁寧に話そうと思うばかりに、無意識のうちに過剰敬語になっていたことに今更ながら気付きました。 今後、人に教える立場になる事も考えられるので、ここでひとつ正確な定義を知りたいと思っています。

  • 回答No.2
noname#16510

再び失礼します。 伺うという言葉はすでに謙譲語なので「お伺いします」は2重敬語になるのではないかと思います。 謙譲語を作るための 「お~する」を使う場合には「お」をつけること「が」正解だと思います。 「お読みします」「お送りします」「お見せします」 などはふつうに使われると思いますので。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

あうっ!それも二重ですよね>< では、普通に使われている気もする(私だけなのか?) 「お待たせ致しました」 「拝見致しました」「拝見させて頂きました」 なども二重敬語(二重謙譲語?)になりますよね~。。 「~しました」ではあまり丁寧な感じがしないですが。 「お待ち致しておりました!」なんてもう三重敬語!? なんだか質問の趣旨よりも、自分の二重敬語に対する認識が狂っていたことを思い知らされました。 イチから勉強しなおさないとダメだなぁ。

  • 回答No.1
noname#16510

動詞に「お~する」をつけて謙譲語として使用するのは一般的に正しいのではないのですか? ○お待ちしておりました→お待ちしていました お~するが謙譲表現なのでそこに謙譲の「おる」は2重敬語? ○お聞きしても(お尋ねしても)宜しいでしょうか? これはあっている気がします。 ○お教え致しましょうか?→お教えしましょうか? 理由お待ちしておりましたの場合と同じ という感じになるのではないかと。 「伺っても宜しいでしょうか?」 は問題ないのではないかと、、、。 自信はないです、、、。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早速のご回答有難うございます。 >動詞に「お~する」をつけて謙譲語として使用するのは一般的に正しい 謙譲語の定義?としては「お」をつけるの「が」正解ということでしょうか? それでは、 ○お伺いしても~ ○伺っても~ の場合は、通常後者を使いますが、前者のほうが正しいということになりますよね? ○お待ちしておりました ○お教え致しましょうか? は、確かに言われてみれば二重敬語のようですね。 気をつけてるつもりなのにまだまだです;;

関連するQ&A

  • 敬語で「聞く」 正解を教えてください。

    謙譲語、尊敬語で、「聞く」は何ですか? 今日、勤務先のテストで、敬語の問題で「聞く」の尊敬語と謙譲語の二つだけを間違えました。 正解は自分で調べないと勉強にならないので教えない、ということでした。 私は、尊敬語「お聞きになる」謙譲語「拝聴する」と書き、どちらもペケでした。 正解を教えてください。悶々としています。

  • 敬語の使い方についておしえてください

    あるテレビ番組内で毎回 「こちらに○○があると聞いたのですが、ございますか?」 と言うレポーターのセリフに違和感を感じているのですが、 この敬語の使い方は正しいのでしょうか? 私の勝手な感覚では、「ございます」というのは自分が持っている場合のみに使う言葉(謙譲語?)だと思っていたのですが・・・。 きれいな日本語が使えるようになりたいな、と思っているのでどなたかおしえてください。 よろしくお願いします。

  • 敬語と謙譲語と丁寧語の使い分け

    敬語と謙譲語、本来どのように使い分けるものなのでしょうか? 僕は普段 敬語と謙譲語と丁寧語を区別せず、その時の雰囲気で言いやすい言葉を使っています。 それもなんとなく言葉を選んでいるだけなので、ハッキリと「ここは謙譲語で」「ここは敬語で」という風に分けているわけではありません。 むしろ謙譲語なのか敬語なのかもわからずに使っている言葉もあります。 今まで注意されたことがないため自分の言葉遣いに疑問を感じることはなかったのですが、ふと気になったので教えて下さい。

  • ”何が食べたいですか”を敬語にする場合の言い方

    ”何が食べたいですか”を敬語にする場合の言い方 敬語、謙譲語の”召し上がる”について、 何が食べたいですか、を敬語にすると、 何を召し上がりたいですか?はおかしいか、と日本語を習っている外国人から質問を受けました。 ”~たい”をつけると直接的になり過ぎ失礼なように聞こえる気がすると言っています。 同じように、”何をお召し上がりになりたいですか?”でもやはり失礼な気がします。 何を召し上がりますか?だと、何を食べますか?の敬語で、 食べたいですか?ではないですが、 相手の希望を聞いていることで、相手が”食べたいもの”の意を含みますので ”何をお召し上がりになりますか?”、 ”何をお召し上がりになられますか?”この二つかと思うのですが、 みなさんはどう思われますか? みなさんのご意見、お聞かせ下さい。 宜しくお願い致します。

  • 敬語について

    書き手からみて主体も客体も身分が上の時の敬語の使い方を教えてください。 *→は動作です。 登場人物、、、 高位1 高位2 書き手 主体(高位1)→ 客体(高位2)の場合は、 書き手が、主体に尊敬語、客体に謙譲語を使うとわかったのですが、 主体(高位2)→ 客体(高位1)の場合は、 書き手から見てどちらも身分が高くて、どちらにも敬語が必要だと思うのですが、 客体に謙譲語、主体に尊敬語とすると身分が逆転してしまいます。 だけど、ここで主体に丁寧語ってのも変な気がするし、普通文にしたら変だし。。。 どう考えればいいのか教えて下さい。

  • 敬語を教えてください。

    未だに、話し言葉が抜け切れず、自己嫌悪ばかりですが、 例えば、『もしかして~かも知れません。』 を敬語で言うとどのようになるのでしょうか。 私は、どうも『もしかして』『かも』という言葉が話し言葉のような気がします。 また、自分のことを『自身』『私自身』というのは敬語でしょうか。 また、敬語辞典(尊敬語、謙譲語)が同時についていて すぐに調べられるような書籍もしくはサイトはあるでしょうか。

  • ややこしい敬語

    いずれの方も同じ社内の人間で、仮に上下関係を「(上)Aさん>Bさん>Cさん>自分(下)」 だとします。 (1)(Aさんに対して)Cさんは2時に出かけると言っていました。 (2)(Bさんに対して)Aさんが来るように言っていました。 (3)(Bさんに対して)Cさんはあちらにいます。 これを正確な敬語で表現した場合どうなるでしょうか? いずれの場合も尊敬語を使うべきか、謙譲語を使うべきかで迷ってしまいます。 宜しくおねがいします。

  • 敬語を上手く使いこなせるようになるにはどうしたらいいですか?

    敬語を上手く使いこなせるようになるにはどうしたらいいですか? コールセンターで働いてると、細かい方だと、~でよろしかったでしょうか?というと 何で過去形なの???と指摘される方がいます。 上手く言えませんが、もう本人の中ではただしい日本語辞典ができあがってるんでしょうね。 日本語って敬語は難しいし、真実と違ってても「間違ってる」と指摘してくる人がいます。 正しい日本語を本なんかで勉強するしか、手段はないのでしょうか? 私はこうやって敬語・謙譲語を身につけたということがあれば 教えていただければと思います。 本で勉強だと何かと身につかない感じがします。 敬語でどういった点を気につけて会話すれば良いかコツがあれば楽なんですが・・ 敬語の見に付け方を教えてください。本や付箋を貼っただけでは、 身につけられる自信と効率性の良さを感じられません。

  • 自分自身に敬語

    皆さんはよく耳にする言葉で違和感のある言い回しありませんか? 私は店員に取り扱いがあるかどうか尋ねた時、ない場合に返ってくる 「お取り扱いございません」 が気になって仕方ないです。 は?と思うかた、気にならない方がほとんどだと思います。 私が気になる点は、 「取り扱い」の前に「お」を付けて敬語になりますよね?その敬語は、その商品を取り扱っていない自分達に向けてになってしまっていないか、だとしたら普通に「取り扱いございません」が適切ではないかと思いますが、必ず皆「お取り扱い」です… 謙譲語と混合していないでしょうか… なんかしっくりこないのですが、「お取り扱い」が使い方として間違っていないのであれば説明していただけないでしょうか? よろしくお願いしますm(_ _)m

  • 中三国語 敬語「召し上がりました」について

    中三国語 敬語「召し上がりました」について こんばんは。「下線部の敬語の使い方が誤っていれば正しなさい」という問題で、 ・今日の夕食はおいしく召し上がりました。 の「召し上がりました」の部分に下線が引いてあり、答えは「いただきました」に直す ということだったのですが、これがなぜその答えになるのかよくわかりません。 (1)もし相手の方がご飯を食べた場合、尊敬語で「召し上がる」を使うと思うのですが、 この文は相手か自分、どっちがご飯を食べたのかわからないし、正しいんじゃないんでしょうか…? (2)それとも、もし相手がご飯を食べていたなら、へりくだっている自分がそのご飯の味を知っていて 「おいしく」召し上がりました、と言うことはできないから正しくないのでしょうか? (3)この文は自分が、夕食を作ってくれた人に対してへりくだって話しているということで、 謙譲語を使うのでしょうか? この3つのうちのどれかなのかわかりません。よろしくお願いします。