• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

利子の源泉所得税

カテゴリーがあっていないかもしれませんが、素朴な質問です。 預金の利息は源泉所得税が自動的に引かれています。これはどのような法律があるのでしょうか? また、他に所得がない場合源泉所得の還付の対象にはならないのでしょうか? 私の場合微々たる金額なのですが、みんな理解して納税しているのか気になってしまいました。 宜しくお願い致します。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数800
  • ありがとう数6

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
  • 196352
  • ベストアンサー率54% (170/313)

所得税法181条182条で利子・配当の支払をする者に 利子・配当に関わる源泉所得税を源泉徴収し納付する義務を課しています。 税率は利子等15%  とされています。 これに、地方税法で利子について 第71条の6  利子割の税率5% 第71条の9  利子割の徴収について特別徴収(源泉徴収と同義)が定められており 利子所得が分離課税と規定しているのは 租税特別措置法第3条 となっています。 これは利子に関わる所得税は他の所得税とは別の扱いとし、源泉徴収納付で終了すると言う物です。 

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

納得しました。ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 源泉所得税

    士業をしております。 法人に源泉所得税を差し引いて請求書を出しています。 確定申告で、源泉所得税の還付請求をしているので、支払調書が欲しいのですが、法人からは協力が得られず、その法人から源泉所得税の支払調書を頂けません。そこで、こちらの方で支払調書を作成し、法人の印をもらい、法人に代わって税務署に納税するには具体的にどうすればよいのでしょうか?教えてくださいませんでしょうか。よろしくお願いいたします。

  • 国税(源泉所得税)の還付について

    国税(源泉所得税)の還付について 法人税、県民税での源泉所得税の還付分ですが、税金を納付の際に充当されている事を今まで気付かずにいました。 以前の会社では大した金額ではないですが、口座の預金利息等でいくらかの源泉の還付金という事で入金になり、その際に雑収入として処理してきておりました。 何気なく今回申告書を見ていると、会計ソフトの設定かと思いますが、還付金は税金の納付に充当するようになっており、そのような申告書の作成になっておりました。 前任者の時からで、以前より還付金に関しての仕訳はしておらない状況です。 (今まで毎期納付額がありましたのでその都度、充当になっていたようです) この場合、何か問題はあるのでしょうか? やはり、納付の際に充当になる分を雑収入としての仕訳も立てるべきなのか教えて下さい。 よろしくお願い致します。

  • 源泉所得税について

    顧問契約の源泉所得税について教えて下さい。 私の会社が、個人の方と顧問契約を結び、月20万円+交通費をお支払しております。 その場合、交通費を除いた金額20万円に対して10%の源泉所得税を徴収しなければならないのですよね? ですが、源泉所得税を徴収せず、20万円+交通費分を毎月その方にお支払しております。 なので、源泉所得税を納めていないのですが、どうしたらよろしいのでしょうか?

その他の回答 (2)

  • 回答No.2
  • kamehen
  • ベストアンサー率73% (3065/4155)

既に#1の方が書かれている通りですが、利子所得については、国税15%、地方税5%(合計で20%)が源泉徴収され、源泉分離課税としてそれだけで課税関係が完結しますので、還付等の対象とはなりません。 http://www.taxanswer.nta.go.jp/1310.htm 源泉徴収そのものの根拠となる法律は、所得税法となります。 関係する条文を以下に掲げます。 (源泉徴収義務) 第百八十一条  居住者に対し国内において第二十三条第一項(利子所得)に規定する利子等(以下この章において「利子等」という。)又は第二十四条第一項(配当所得)に規定する配当等(以下この章において「配当等」という。)の支払をする者は、その支払の際、その利子等又は配当等について所得税を徴収し、その徴収の日の属する月の翌月十日までに、これを国に納付しなければならない。 2  配当等(投資信託(公社債投資信託及び公募公社債等運用投資信託を除く。)又は特定目的信託の収益の分配を除く。)については、支払の確定した日から一年を経過した日までにその支払がされない場合には、その一年を経過した日においてその支払があつたものとみなして、前項の規定を適用する。 (徴収税額) 第百八十二条  前条の規定により徴収すべき所得税の額は、次の各号の区分に応じ当該各号に掲げる金額とする。 一  利子等 その金額に百分の十五の税率を乗じて計算した金額 二  配当等 その金額に百分の二十の税率を乗じて計算した金額 なお、本題とは外れますが、配当についての源泉徴収税額のうち、上場株式等に係る部分については、別途、租税特別措置法上で定めがあります。 それと、地方税5%の方は、地方税法に根拠条文があります。 これも関係する条文を掲げておきます。 (利子割の課税標準) 第七十一条の五  利子割の課税標準は、支払を受けるべき利子等の額とする。 2  前項の利子等の額は、所得税法 その他の所得税に関する法令の規定の例によつて算定する。 (利子割の税率) 第七十一条の六  利子割の税率は、百分の五とする。 2  租税特別措置法第四条の二第九項 又は第四条の三第十項 の規定の適用を受ける利子、収益の分配又は差益に対する利子割の税率は、百分の五とする。 3  前項に定めるもののほか、同項の規定の適用に関し必要な事項は、政令で定める。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

やはり、いろんな法律があるんですね。 ありがとうございました。

  • 回答No.1
  • ppg-2
  • ベストアンサー率39% (77/193)

いわゆる利子所得は源泉分離課税といって、利子を受け取る際に、税金が20%徴収され課税関係が終了します。(租税法かな?) 還付については課税関係が終了しているため、不可能です。マル優制度や財形など特別の理由がないかぎり徴収されてしまいます。 サラリーマンの源泉徴収と同様に税金のがれはゆるさんぞということでしょう。 ゴルフ会員権は損益通算できる(今もめてます)のに、こういった物については一律課税するといったあたりにも金持ち優遇路線の税制のあり方がみえかくれしていますね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。預金の利子は贅沢税の対象と考えればよくわかりました。 ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 源泉所得税額が限度となるのはどうして?

    住宅借入金等特別控除後の所得税の還付金額は、年末調整後の源泉所得税額が限度となるのはどうしてでしょうか? おしえてください。

  • なぜ源泉所得税は損金算入なんですか?

    銀行の預金利息をもらう場合には、源泉所得税と住民税が控除されてから入金されます。 この預金利息から控除された源泉所得税は、法人の場合には法人税の申告の際に、 (1)損金に算入する場合と、(2)別表四で加算して税額控除を行うことができます。 法人税の勉強をしているときに、「源泉所得税はもともと損金算入の税金」なのです、と本に書いてありました。 なぜ、源泉所得税はもともと損金算入の税金なのでしょうか? 私は法人は利益に係る国税は法人税を支払うものであって、所得税を払う必要がないと思います。その為、損金不算入にして税額控除を受けるのが本来の方法だと思っていました。 しかしこの本を読むと、本来的には源泉所得税は損金算入にするもののようです。 こういう事にお詳しい方がおられましたら教えて頂けませんでしょうか。 よろしくお願い致します。

  • 源泉所得税を誤って1ヶ月遅れまたは早く納税した場合

    例えば、1月に納税すべき源泉所得税を誤って2月に納税したり、記帳漏れに気がついて数ヶ月後に納税した場合、税務署は延滞税を加算しますか? また逆に、誤って1ヶ月早く納税したものがある場合は、どうなりますか? 遅れて納税したものと1ヶ月早く納税したものがある場合は、全てにおいて還付および修正申告した方がよろしいでしょうか?

  • 源泉所得税について

    年収1000万を超えると源泉所得税が高額になるのですか? 同じであればどこかの金額でドーンとあがっちゃうのですか? 教えてください。

  • 源泉所得税の還付における翌期の処理について

    担当している会社の法人税申告書の作り方がわからないので教えてください。 会社は繰越欠損金額があるため前期も当期も法人税は0です。 でも、預金利息や配当金にかかる所得税や道府県民税利子割が還付されています。 前期も10000円源泉所得税が還付され、雑収入で受入処理をしました。 この場合、当期の申告書で別表四の減算項目に記載が必要でしょうか。 よろしくおねがいします。

  • 源泉所得税は必要ですか?

    設備の点検業務を仕事にしています。決まった頻度でお客様の設備を点検して結果を報告する仕事です。 個人事業主として青色申告をしています。 新しいお客様で報酬から源泉所得税を差し引いて払ってくるところがあります。 そのほかのお客様からは契約額全額をいただいて収入として計算し、利益が出たら所得税として納税しています。 たっくすアンサーを見てもよくわかりません。源泉所得税として差し引いた額をもらうのは正しいやり方なのでしょうか?お教えください。

  • 源泉所得税の還付

    社員に源泉所得税が7万ほど還付しないといけない社員がいますが、 2回にわたっても還付しきれません。 この場合、税務署に残りの還付金を請求できるのでしょうか?

  • 源泉所得税

    情報提供の源泉所得税についての質問ですが、 情報の提供をくれた方に現金30万を支払いしました。 そのときの源泉所得税はいくらですか?教えてください。

  • 源泉所得税を引かれてない場合

    タレントの手配を行う個人事業主は、源泉所得税を引かれた額を取引先から振り込まれると思いますが、引かれずに振り込まれる場合は、自分で申告するのでしょうか? 発注元(振り込む側)は、本来源泉所得税を預からなければならないのに、それをしてないとどうなりますか?

  • 源泉所得税の納付について。

    こんにちは、タイトルの件でご質問があります。 納期の特例で源泉所得税を納めている法人です。 先日源泉所得税を支払ったのですが、外交員報酬の源泉所得税を天引きしていたのに、その分だけ納付していませんでした。 この場合は、支払っていない源泉所得税分だけの納付書を再度記入して、納付すればよいのでしょうか?教えてください。