• 締切済み
  • 暇なときにでも

フミン酸とは

 フミン酸とはどのような物質なのでしょうか

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数1149
  • ありがとう数16

みんなの回答

  • 回答No.3
noname#211914
noname#211914

直接的な回答ではありませんが、以下の成書(古いですが)どうでしょうか? ----------------------- 石炭科学の進歩  第1集  馬場有政∥編 出版地 :東京 出版者 :白亜書房 出版年月:1956 資料形態:444p  22cm   内容  : 石炭組織学と石炭の生成(木村英雄) 石炭の粉砕・ぬれ・比重(太刀川正一郎) 石炭およびコークス類の磁気化学(本田英昌) 石炭とコークスの弾性・粘性および機械的強度(井上勝也) 石炭溶剤抽出の機構と構造(馬場有政) 石炭の化学的性質(多和田寛) フミン酸の化学(樋口耕三) 石炭中の硫黄と窒素(堀川秀一) ---------------------------------------- 検索すると、いろいろHitします。原子力から木材化学、水処理、土壌改良、レメディエーション等です。 その中で以下の参考URLサイトの参照文献[1]は英文ですが参考になりますでしょうか(内容未確認!)? ご参考まで。

参考URL:
http://www.rcnst.u-tokyo.ac.jp/public/eguchi/news/No69/news69.html#minai

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 河川水に含まれているフミン酸

    フミン酸は酸では解けないもののアルカリでは解けるということで定義されていると思います。 河川水や湖水はpH7.0よりかは高いかもしれませんが、せいぜい8ぐらいだと思います。 河川水や湖水にフミン酸が溶けていることはありうるのでしょうか? フルボ酸なら分かるのですが、定義からしてフミン酸が河川水や湖水に溶けるとは考えられないのですが。

  • pHを2から4にしたらフルボ酸?が沈殿した

    腐食土(一般の花用培養土)からアルカリでフミン質を抽出した後にpHを2に下げることでフミン酸を沈殿除去させました。 その後にNaOHを入れることでpHを4にして保存しようと思ったのですが、pHを4にしたら沈殿物が生成しました。沈殿といっても茶色の藻のような物質です。 pHをあげることで沈殿してしまったこの物質は何なのでしょうか?

  • フミン酸の精製

    フミン酸をアルカリや酸で精製する際、構造変化は起こらないのでしょうか?教えてください。

  • 回答No.2
  • shioke
  • ベストアンサー率30% (3/10)

フミン酸とは動植物の遺体が微生物分解され、その分解物が重合した有機物で、植物体起源のものは腐植酸とも呼ばれています。が、海洋や湖沼の動物性プランクトン起源のものも含まれるので近年では総称してフミン酸と呼ばれています。従って、通常の化学物質のような単一の分子構造を有しているわけではないので、溶解性によって、規定される物質群です。その溶解性とはアルカリ溶液で抽出して酸性にして沈殿する有機物をフミン酸、酸性溶液でも溶解している部分はフルボ酸と分けられています。これらは総称してフミン物質とも呼ばれます。分子構造としてはベンゼン環を中心として生成初期には多くの官能基がついており、重金属などとキレート能が高いのですが、数千年、数万年のあいだに官能基が少なくなり、最後は石炭のような炭素のかたまりに進化していくと考えられています。環境中では重金属の動態などに影響していると考えられていますが、単一物質ではないので化学的な研究対象として非常に困難な物質であり、定性的な機能(農業における肥料効果など)が19世紀から研究されています。近年では高精度の分析機器によりその化学構造と機能について活発な研究が続けられています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
noname#24736
noname#24736

自然界で、植物が数万年間、特殊な条件下で微生物の働きで合成・分解を繰り返した結果。形成された腐植物質「フミン酸」にはアミノ酸やクエン酸などの有機酸、ビタミンや酵素、ミネラルを豊富に含んでおります。 これを土壌改良や肥料などに活用しているようです。 他にも化学的な利用方法があるようです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

有難うございました。 フミン酸とは、単体の物質ではなく、様々な物が 集まった物なんですね!

関連するQ&A

  • UV/可視吸光スペクトル分析

    いま、吸収スペクトルによるフミン酸の海洋,陸起原の識別に関する論文を読んでいるのですが、 その中に出てくる「A2/A4比」,「E4/E6比」が何を意味しているのかがわかりません。 教えてください。

  • 光の反射

    物質1から物質2へ光が向かい、物質1と物質2の界面で反射が起きるとします。これを物質1→物質2とします。 物質1→物質2での光の反射率と、物質2→物質1での光の反射率は異なるでしょうか?

  • 構成要素の1つを0にして100分率に再分配する方

    生産ラインで処理する前のある試料を調査したところ、 物質Aが70%、物質Bが20%、物質Cが8%、その他2%でした。 このうち、物質Bについては処理後に0%になるとして、 処理した後の概算値(推論値)を求めるにはどうしたら良いでしょうか? 自分なりに考えたのは、 物質Bの割合に物質A、物質C、その他の割合をそれぞれ掛けて、 それを各物質に足してみました。 例:物質B20% X 物質A70% = 14%   物質A70% + 14% =84%=物質Bを処理して取り除いた後の試料に占める物質Aの割合の推論値 というものなのですが、 この場合、物質Aと物質Cとその他の値を求めて、 それを全て足しても100%になりません。 (物質Bの分が抜けますので、当然と言えば当然ですが) ざっくりした推論値を求めたいだけなのですが、 この方法でもそれなりに正しいのか、 それとも根本的に考え方が間違っていて何か他の方法があるのか お教え下さい。

  • 放射線って物質なの?

    放射線って、放射性物質から何らかの物質が飛んできてるんですか? それとも物質が飛んできてるわけじゃなくて、たとえば空気の振動みたいな感じで、放射性物質から何かが伝わってくるんですか? 物質が飛んできてるなら、その物質がなくなれば放射線は出なくなるんですか?

  • 極性は親水性、非極性は疎水性

    レポートを書く為に若干あやふやな部分があるので質問をします。 教科書には『分子は似たものを溶かす』とありました。 即ち極性物質は極性物質を溶かし、非極性物質は非極性物質を溶かす。 したがって、極性物質である水は極性物質を溶かす。 極性物質が極性物質を溶かすのかは何となく分かります。 しかし非極性物質が非極性物質を溶かす理由がイマイチ分かりません。 あやふやなままレポートを書くのはいやなので、どうしてそうなるのか教えてください。

  • 物質と反物質

    物質と反物質が反応しビッグバーンが起きたとされ物質が反物質より少し多く現在の宇宙が形成されたのではといわれてますが、物質、反物質は同数で、物質は引き付けあい、銀河団を形成し反物質は物質と正反対の性質により、反発しあい宇宙の果てに飛散した。 そして物質は近づくほど空間を縮める性質があり、これがダークマターの一部であり反物質は物質と正反対で反物質の近くの空間を広げる性質があり、宇宙の果てで宇宙空間を広げており、ダークエネルギーの一部とは考えられないでしょうか ?

  • 危険な放射性物質の残留性が強い物質は?

    危険な放射性物質を吸着する専用の物質があるみたいですが、 原発事故などが起こった際に、近辺の地域に存在する物質の中で、危険な放射性物質をたくさん吸着している物質と、そうでない物質があるのでしょうか? この場合、吸着=残留という事だと思いますが、原発事故など起こった時に、近辺の地域に存在する物質の中で、危険な放射性物質の残留量が多いのは、特にどんな物質でしょうか? 傾向などを教えてください。分かる範囲で良いのでお願いします。

  • 鏡像体等【大学】

    写真のような問題なんですが、どのようにして同一物質、鏡像体、別物質を見分けるのかが分かりません。 どこをポイント、視点に判断していくのでしょうか。 (1)別物質、(2)鏡像体、(3)同一物質、(4)別物質、(5)鏡像体 特に2,4,5が分かりません。 分かる方がいらっしゃれば、回答頂けると幸いです。

  • 組成比と濃度について

    半導体で、二つの物質が混成している場合に関しての質問です。 物質A中に、物質Bが○%とけている場合、その混ざった物質の組成比は、 A_(1-x)B_x になると考えていいのでしょうか?

  • 化学平衡について

    化学平衡について物質に圧力をかけている場合 圧力が上がると、圧力を下げる方向に物質は変化しようとします。 物質が小さくなれば、空間が増え圧力が下がる つまり圧力が上がると、物質は小さくなろうとする と書いてあったんですが {物質が小さくなれば、空間が増え圧力が下がる}のはどうしてでしょう? 物質が小さくなればP=F/Sだから圧力は増えると思ったんですが

専門家に質問してみよう