• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

60歳以降の厚生年金加入のメリットは

アドバイスをお願いします。 60歳で定年退職し、引続き同職場でパート(2/3以上勤務)で働いており、厚生年金にも加入しています。 老齢厚生年金は基本額の約65%が支給停止されていますので、フル勤務から2/3以下勤務を検討したくなってきました。 (1)退職後、厚生年金保険料を支払い続けるメリットはどれくらいあるか、 (2)本人について、厚生年金保険料×60歳以降の加入月数=受給年金増加額 を簡単に計算する目安はないでしょうか。 (3)また、妻は、小生がフル勤務から2/3以下勤務にすることにより、3号被保険者から国民年金保険の払込に変わるわけで、妻の60歳以降の受給額に影響があると思いますが、この点はどうでしょうか。 ちなみに、小生昭和20年生まれ、60歳到達時の厚生年金加入月数は503ヶ月でした。 妻昭和22年生まれ(現在3号被保険者)、専業主婦です。 よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

年金についてのある程度の知識はお持ちのようですね。 (1)メリットは、質問文にもあるとおり、将来厚生年金が増えのと、配偶者の国民年金ですね。 それ以外では、万が一障害者となった場合に、障害厚生年金が受けられるか、受けられないかの違いがあります。 障害厚生年金の支給要件のひとつに、「初診日において被保険者であったこと」というのがあります。 (2)大雑把な計算でよければ、 年収の12分の1 × 5.481/1000 × 被保険者月数 の分だけ、厚生年金(年額)が増えます。 増えるタイミングは、お勤めを退職したときと思ってください。 例えば、63歳で隠居した場合は、そのときから増える。 60歳以降に納めた分が毎年増えていくわけではありません。 (3)奥様はあと2年ですね。2年(24ヶ月)間、国民年金を納付しなかったと仮定した場合の受給額への影響でしょうか。 平成17年度価額で、老齢基礎年金の満額は、794,500円ですから、 794,500円 × 24/480 = 39,725円 年額4万ほどの減額となります。 もちろん、3号から1号になっても国民年金を納めていれば、この減額はありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 (2)ですが、 年収の12分の1 × 5.481/1000 × 被保険者月数 の分だけ、厚生年金(年額)が増える。 仮に、交通費込みの月収25万、賞与なしで A 250,000×5.481/1000×24ヶ月(予定)とすると年金増32,886円ですか。 B 収める厚生年金保険料18,000円?ほど×24ヶ月=432,000円 C 妻の国民年金保険料13,300円?×24ヶ月=159,600円 B-C=正味負担272,400円 (272,400/24)/(32,886/12)=4.1 単純計算すると、退職後4.1年以上生存すれば(年金受給すれば)段々メリットが多くなるということですね。 収める保険料と比較すると増えないですね。 2/3勤務のほうがいいような気がしてきます。 あとは、働くことの考え方次第になりますか。

その他の回答 (1)

  • 回答No.2

計算方法は正しいと思うのですが、計算ミスをしていると思われます。 >A 250,000×5.481/1000×24ヶ月(予定)とすると年金増32,886円ですか。 これは正しいです。 >B 収める厚生年金保険料18,000円?ほど×24ヶ月=432,000円 概算額としては正しいです。毎年少しずつ上がっていくということもありますしね。 >C 妻の国民年金保険料13,300円?×24ヶ月=159,600円 これは、電卓はじくと、319,200円になると思います。 厚生年金と違って、全額被保険者負担ですから。 あと、細かいことですが、既に平成17年度価格で、ひと月13,580円になっています。 ちなみに、来年は、13,860円。ご存知とは思いますが。 払い込み総額 432,000円として、 うち、奥様の国民年金の納付を免れる金額が、13,580×12 + 13,860×12 = 329,280円 実質負担増が、432,000 - 329,280 = 102,720円 回収年数は、 102,720 / 32,866 = 3.1年 ということになるかと思います。 ちなみに、 >2/3勤務のほうがいいような気がしてきます。 3分の2ではなく、4分の3だと思います。 >あとは、働くことの考え方次第になりますか。 そうかも知れないですね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 >C 妻の国民年金保険料13,300円?×24ヶ月=159,600円 これは、電卓はじくと、319,200円になると思います。 厚生年金と違って、全額被保険者負担ですから。 あと、細かいことですが、既に平成17年度価格で、ひと月13,580円になっています。 ちなみに、来年は、13,860円。ご存知とは思いますが。 全額被保険者負担ということは承知していましたが、なぜか12で掛けてしまいました。 そそっかしく3/4も2/3と記載してしまいました。 そうですか。来年は、13,860円になるんですか。 仕事も、張り合い良く、精一杯やっていますし、3/4以下では空いた時間をどうするか。 でも、3/4もいずれは、近々、終日空いた時間になると・・・。 職場ではお役に立つよう精一杯努力することは言わずもがなですが、生き方は、まあ成り行きで行きますか。 3.1年ですか。よくわかりました。 ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 65歳以降の厚生年金加入について

    現在64歳7月になりますが中小企業にフルタイム勤務していて厚生年金に加入しています。 65歳以降も勤務を続けるつもりですがその後の厚生年金について教えてください。 65歳時点で厚生年金加入期間が550月になります。妻は無職で59歳1月で3号被保険者ですがその時の加入期間は380月になります。 そこでお聞きしたいのは 1.私は65歳以降も厚生年金に加入できますか(強制ですか。任意ですか) 2.65歳以降も厚生年金に加入したとして、妻は3号被保険者として続けられますか (妻の3号資格はなくなるということをどこかでお聞きした記憶がありますが) 3.仮に妻が1号で国民年金に加入するとして60歳時点で加入期間が391月にしかならず老齢年金満額資格を満たさないために、更に任意加入するとして480月になるために引き続き67歳まで任意加入は可能でしょうか。

  • 61歳老齢年金受給者で厚生年金加入者です。

    60歳で定年退職し、再就職して別会社でパート従業員として働いています。  老齢厚生年金を受給(加入月数17月、受給額年額14300円)しておりますが、合わせて厚生年金に加入し保険料を納付しています。 私の様な場合では、65歳になった時点で、厚生年金支給額を再計算して、支給されると聞いています。 その場合、再計算した年金支給額は、概算でどのくらいの額になるか計算できるのでしょうか? ちなみに、私は、厚生年金に17月加入後、共済年金に467月加入していました。  17月の標準報酬額は、20000円13月、28000円4月です。 平成21年8月から厚生年金に再加入し、現在標準報酬額は150000円で平成26年3月まで納付する予定です。 よろしくご教示ください。  

  • 厚生年金加入期間

    厚生年金受給資格は何年加入していれば良いのでしょうか? 第2号被保険者期間が19年6ヶ月、引き続き第3号に変更し現在に至っています。(通算約24年間、今後も第3号で継続予定) 会社を退職する時に「たとえ1ヶ月でも厚生年金を支払っていれば受給資格はある」と聞き安心して退職しましたが、最近になって20年間の加入期間がないと受給資格がないと聞きました。??? たった6ヶ月足りなくて、19年6ヶ月も支払った分が無効になってしまうのでしょうか? どなたか教えてください。

  • 厚生年金加入上限等

    現在72歳、65歳で退職現在年金受給者です。年金得別便が来て見ましたら合計加入期間(月数)が 479月になっていますが、加入最初の10ヶ月(昭和29年)が抜けていました。 調べましたら、加入上限が(昭和10年生まれですから)444月(37年)とありますが、抜けていた期間を加算しても意味がない(受け取る金額は変わらない)ということでしょうか?  また、479-444=35ヶ月間は年金保険料を払う必要がなかったのでしょうか? その分は払い戻し請求できるのでしょうか。 よろしくお願いいたします。

  • 厚生年金あと何年加入すればいいのですか。

    昭和53年から63年まで厚生年金に加入していました。(10年) 結婚の為、退職したのでその後、現在まで国民年金の第1号被保険者になっています。(14年) 現在、パート勤めで扶養家族になっています。 子供が大きくなったので、もう少し長い時間で働こうか、今のままで働こうか悩んでますが、もし、厚生年金をもらうにはあと何年、厚生年金に加入すればよいのですか。(今後自分がもらうころは、厚生年金はどうなっているかわかりませんが) 今は、就労時間が少ないため、厚生年金の加入条件に該当しません。 昭和36年1月生まれです。 また、収入が少なければ、当然、厚生年金の金額も少ないですが、 例えば、収入月10万円ぐらいだった場合、年金額はだいだいいくらになるのでしょうか。国民年金とあまり差がなかったら、無理に厚生年金に加入する必要はないのかなと思うんですが、おおよその目安でいいです。 どなたか教えて下さい。お願いします。

  • 65才を過ぎて厚生年金をかけるメリット

    現在64才、厚生年金をかけて働いています 65才から年金を受給するつもりでいますし、働くこともしたいと思っていますが、65才を過ぎても厚生年金をかけるメリットってあるのでしょうか。 基礎年金満額受給の480月は、すでに保険料を納めています。65才以降、厚生年金をかけても、その分が年金に反映される額を考えた時、それよりも保険料分貯蓄した方が良いのではないかと思っていますがどうでしょうか ご回答宜しくお願い致します

  • 厚生年金の加入期間について(特別便に関して)

    私は既に厚生年金を受給している者です。 先般「ねんきん特別便」を受け取り、チェックの結果加入期間には誤りがないので「間違いナシ」の回答を出しました。その後、過去の資料等と照合をしておりましたら、特別便では加入月数が460と正しく記載されているのに対し、受給開始時に社会保険庁より受け取った「国民年金・厚生年金保険証書」には「実期間(月) 437」となっていることに気づきました。小生は同一企業で入社から定年まで一貫して勤務し、その間保険料は間違いなく払っております。 事実は以上の通りですが、この違いには問題があるのか、或いは証書の「実期間(月)」というのは別の性格のものであるのか、残念ながらそれを判断する知識を持ち合わせておりません。 どなたか御教示頂ければ幸いです。よろしくお願い致します。

  • 65歳以降の年金加入

    過去に生活保護を受けていた期間があり、その間年金保険料を納めていなかったらしく、てっきり年金の受給資格がないものと思いこんでいたところ、この度のねんきん特別便で約270ヶ月納めていた事が判明しました(納めたというよりおそらく免除になってたと思います)。 年齢は66歳なので、今からでも国民年金任意加入で保険料を支払って受給資格を得ればよいのですが、疑問が湧いてきたので教えて下さい。 その人は、私が勤務している会社に2ヶ月前に入社してきましたが、会社の慣例で社会保険に加入させるのは入社3ヶ月後からになってます(いけない事だとわかっているのですが・・・)。 もし、その人が会社の社会保険に加入したら厚生年金の被保険者にはなるけど、国民年金の被保険者にはならないので(2号は65歳未満の者なので)、年金の受給資格は得れないのでしょうか? 悪い事だとは思いますが、この場合会社の社会保険に加入させずに自分で国民年金保険料を支払った方が年金の受給資格を得る事ができるのでそうした方がいいのでしょうか?

  • 国民年金は60才以降もかけなくてはいけない?

    国民年金について・・私は今も勤務し厚生年金をかけています。処が今年65才になったので、60才の妻は3号被保険者から1号になるそうですね。そして1号被保険者ということは、65才まで自分で保険を掛けなくてはならないのでしょうか?それとも60才以降は任意で掛けたい人がかけ、掛けたくない人は掛けないでいいのでしょうか?因みに家内の国民年金加入は525ヶ月です。よろしくお願いします。

  • 66歳年金受給者の厚生年金の加入は?

    66歳の男子です。厚生年金と、企業年金を受給しています。 昨日、パートタイマー応募の面接時に、 「週、35時間超の勤務になるので、厚生年金と健康保険に加入して貰います。年金の受給額が減ります。年金の減額は、個人差もあるので、自分で調べて、納得の上、連絡ください」 と言われました。 私のみの、厚生年金の受給額は、月額112,000です。 パートの月収は100,000円位です。 両者を足した最終的な月収額がどうなるのか、アドバイスをお願いいたします。 あと3年位(70歳位まで)働くつもりでいますが、 働かなくなった場合も考えたアドバイスをお願いいたします。 詳しいサイトもありましたらお願いいたします。