• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

取締役を辞任したい

緊急取締役会で私の解任動議が決定しましたが、私は解任理由に納得ができません。しかしじき株主総会で退任かそれ以前に辞任を決意していましたので代表者に辞任届けを提出しましたが、本人は受け取らず総務部長での預かりとなりました。 しかも、昨日書留で辞任届けを返却してきましたので私は総務部長へ電話をして何故返却したのか。問うたところ、顧問弁護士と相談の上、取締役会での解任動議が決定し株主総会への審議途中であるので、私の辞任表は預かりか返却で良いとの返事でした。 私の辞任届け日が取締役会での動議決定以前であれば受理をしたというのですが、今から内容証明郵便で再度送付しても、辞任の効力はあるのでしょうか。

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
noname#21592
noname#21592
回答No.2

私は解任理由に納得ができません. 代表者に辞任届けを提出しましたが、本人は受け取らず総務部長での預かりとなりました。 定款上は取締役会での解任動議の決議はあっても株主総会での決議決定となっております。>>>>>> この場合総務部長は、取締役会にも株主総会にも、無関係の人ゆえ、総務部長預かりというのは、株主総会の議決後の事務取り扱い実務のみですので、総会で、解任動議の可否が決まるのであれば、株主総会の議長=多分、代表取締役社長あて、内容証明で、辞任届を送るべきでしょう。 辞任とするか解任とするか、株主総会が、決定権があるようですので。。。 緊急取締役会で私の解任動議が決定しましたが>>>解任動議を株主総会の議題にすることが決定されましたが。。。。と読み替え、新たに辞任の意思表示をした日と、辞任届が、解任動議上程のため、総務部長一任で返却されたため、辞任の承認決議が、株主総会での解任動議決定とだぶるため、再度、辞任届を出したと言う証拠としての内容証明を出して、株主総会が、取締役会差し戻し辞任とするか、株主総会で解任を承認するかの議題を審議するのでしょう。よって、辞任の意思を公にする内容証明は、必要と考えられます。この場合、現に、辞任の意思を固めた事由と意志の決定時期および、代表者への意志表示の時期が、はっきり書かれたものと定款に従い、解任動議を承認するか辞任差し戻しにするか、株主総会で、議題にするよう求める内容証明になると、思います。 単純に、退職金や名誉など、辞任と解任との、差につき、代表者は、解任を指示し、議決機関の株主総会の議題にかけるつもりは無いという意思なんでしょうね。 総務部長が、関与できるのは、株主総会で決まった後の事務処理のみですから、弁護士は、単に、依頼者の思うような結果を求めるには、株主総会以前に辞任の意思表示が無かったので、解任とするという結論を得るには、辞任届が預かりぱなしでは、うそになるので、とにかく、送り返しなさいということでしょう。内容証明の謄本をとって、株主総会の議題に上がらなければ、定款OO条により、辞任届預かりの処理についての株主総会の意思決議の緊急動議を出すべきなんでしょうか? 定款を見ていないので、想像で、書いております。 なお、弁護士とは、正義、真実を守るものでなく、依頼人(代表者=弁護士料を払う人)の希望次第に動くというのがOO士と付いた職業なので、そのところは、勘違いされないように。。。

sumi31128
質問者

お礼

ご回答ありがとうございます。 大変参考になりました。

その他の回答 (1)

  • thor
  • ベストアンサー率35% (600/1682)
回答No.1

法律カテゴリとお間違えでしょうか? 定款上、取締役会で解任できるのであれば、決議によってすでに取締役の地位にないのですから、辞表に意味がないのは自明と思いますが? 後は、その決議の有効無効を裁判所で争うしかないと思います。

sumi31128
質問者

お礼

すみません、カテゴリの入力ミスでした。 また、回答ありがとうございました。 ちなみに、定款上は取締役会での解任動議の決議はあっても株主総会での決議決定となっております。

関連するQ&A

  • 取締役の辞任について

    私はA株式会社で取締役ですが、辞任をしたいのですが 先に取締役会で解任の動議決定がありました。 株主総会で議決する前に辞任したいのですが、辞任届けですむのでしょうか。

  • 取締役の辞任方法について

    現在、株式会社の取締役をしていますが、辞任しようと考えています。 辞任する場合の手続きを教えて頂けますか? ・株主総会決議が必要か? ・取締役会決議は必要か? ・取締役辞任届を代表取締役に提出するだけでよいか? 会社は、1人が100%株主であり、かつ代表取締役です。 取締役会は設置しており、私を含め計4人います。 以上

  • 取締役の辞任と解任の登記について

    当社は、取締役会非設置会社です。 定款にて、役員の員数が5名と定められています。 ■経緯↓ 1)A辞任 平成19年9月、取締役Aより、辞任の申し出があり、臨時株主総会にて承認されました。 定款に定められた員数を欠くことになりますが、後任者が定まらず、登記しておりませんでした。 2)B解任 平成20年4月の臨時株主総会において、取締役Bの解任が決議されました。 解任はすぐに登記できますので、(期日過ぎておりますが)これから登記する予定です。 3)C解任及び役員数変更 平成20年5月の定時株主総会において、取締役Cの解任が決議されました。 また、A,B,Cの後任者を選定せず、役員の員数を減らす(5名→2名に変更)旨決議されました。 4)代表取締役変更 平成20年6月より、代表取締役が変更になりました。(取締役の互選) ●質問1 B解任の登記に必要な4月の臨時株主総会議事録に、元取締役Aの記名、押印は必要でしょうか? A辞任承認可決の後、後任者が定まっていなかったので、この時点でAは取締役としての権利義務を有していますが、Bの解任が決議された臨時株主総会には出席しておりません。 ●質問2 結局欠員補充せず、役員員数を変更することになったので、やっとAの辞任登記ができると思うのですが、A辞任の日は、 1)辞任届の日(平成19年9月)でしょうか? それとも、 3)役員の員数変更が決議された日(平成20年5月)でしょうか? ●質問3 Aの辞任と、Cの解任を下記のようにいっしょに登記申請できますか? 「登記すべき事由」 平成19年9月○日 取締役 A 辞任 平成20年5月○日 取締役 C 解任 「添付書類」 臨時株主総会議事録(H19,9)・・・1通 定時株主総会議事録(H20,5)・・・1通 辞任届・・・1通 (Aの分) ●質問4 上記質問3に加えて、B解任と代表取締役変更もいっしょに登記申請できますか? 「登記すべき事由」 平成19年9月○日 取締役 A 辞任 平成20年4月○日 取締役 B 解任 平成20年5月○日 取締役 C 解任 平成20年6月○日 代表取締役 ○○辞任 平成20年6月○日 代表取締役 △△就任 「添付書類」 臨時株主総会議事録(H19,9)・・・1通 臨時株主総会議事録(H20,4)・・・1通 定時株主総会議事録(H20,5)・・・1通 辞任届・・・1通 (Aの分) 互選書・・・1通 定款・・・1通 経費削減のため、司法書士さんに依頼せずに書類作成、登記申請まで行いたいのですが、 不慣れな上に複雑なので四苦八苦しております。 申し訳ありませんが、どなたかご回答くださいませ。 お手数ですが、何卒よろしくお願いいたします。

  • 取締役の辞任に伴う手続きについて

    取締役8名の小会社ですが、このたび取締役が他のグループ会社に異動になることになり、当社の取締役を外れることになったのですが、必要な手続きを教えていただければと思います。(株主総会、取締役会開催の必要性、登記など)こういう場合、辞任になるのか、あるいは退任になるのでしょうか??

  • 解任された取締役の辞任届?

    代表取締役の登記簿書き換えについて、 私自身は「解任された」と解釈しているのですが、 会社(株主)から用意された議事録では、 私から辞任を申し出た形式となっております。 また、辞任届も用意されておりました。 解任されたら、辞任届を出すのでしょうか。 そんなはずはないと思いますので、 応じないでおこうかと考えているのですが、 そうしたとき、いつまでも登記の書換えがされない という可能性が残ってきます。 やはり、辞任届を出すしかないとなるのでしょうか。

  • 取締役の辞任について

    私は小さな株式会社の常務取締役をしておりますが、取締役の辞任届を会社の社長に提出しました。辞任届はコピーしてありますが、辞任を受理せず解任するということもあり得るのでしょうか?こちらには全く非が無く、その場合、裁判に持ち込むことも可能でしょうか?よろしくお願いします。

  • 取締役辞任

    現在、とある株式会社の代表取締役についております。 ただ、近々、代表取締役及び取締役を辞任する事となりました。 その上で、臨時株主総会を開催し、株主より取締役辞任の承諾が必要と思うのですが、株主が数十名、居る場合は、全員の承諾を必要とするのでしょうか? それとも、出資比率に応じて何%か獲得すれば辞任できるのでしょうか? 詳しくご教示頂ければ幸いです。

  • 代表取締役の辞任届の宛名

    非常に稀なケースかもしれませんが、是非教えてください。 現在、当社は取締役が8名(代表取締役を含)在任しておりますが、臨時株主総会終了後、代表取締役を含む7名が辞任することになりました。現行の定款では「取締役の選任は株主から」となっており、また株式は総会終了時までに残った1名の取締役にすべて譲渡されるため、後任予定者はありません。 また、現行定款では「取締役が4名以上」で取締役会設置会社となっておりますが、この辞任の意向を受けて臨時株主総会で定款の変更を議題とし、取締役1名以上、取締役会非設置会社となります。 この場合、残った1名の取締役が次期社長になりますが、この臨時株主総会までの現代表取締役および取締役は誰宛に辞任届けを提出すればよいのでしょうか? 会社規模の縮小のため、たまたまこのような事象になるのですが、お解かりの方がいらっしゃれば是非お願いいたします。

  • ゴーん逮捕 取締役の解任

    カルロスゴーん社長が逮捕されましたが、代表取締役の代表権の剥奪は取締役会でできるのでしょうか? 取締役の解任も取締役会でできるのでしょうか? 株主総会の決定事項を取締役会がひっくり返すのは越権行為にも思えますがどうなんでしょうか? 基本的には取締役会は取締役の解任はできないものの、事前に社内規則を作りそれを株主総会に通しておくことで、その規則に従い逮捕時は解任といった感じでしょうか?

  • 代表取締役解任

    当方は、ある親族会社の株主です(持ち株比率80%)。 現在の代表取締役を出来る限り早く解任したいと考えております。 本来であれば取締役会で『代表取締役の解任』『後任代表取締役の選任』決議を行い、その後、株主総会で『取締役の解任』決議を行うのでしょうが、この場合、後任を選任せずして代表取締役を株主総会で解任することは可能(合法)でしょうか? 時系列にして並べてみました。 本来の順序 1.取締役会召集通知(現在、代表取締役が出社していない為)    ↓3日 ※定款に定めあり 2.取締役会(代表取締役解任、後任選任)   決議後、株主総会召集通知    ↓14日 3.株主総会(取締役解任) 本件の順序(予定) 1.株主総会召集通知    ↓14日 2.株主総会(代表取締役解任)   同日で取締役会(後任選任) 後者の順序が合法であるかどうか、教えて頂きたく思います。 宜しくお願い致します。