• ベストアンサー
  • 困ってます

景気回復策について

この前、テレビで(誰かは忘れたのですが・・・)「今の日本ではマネーサプライを増やしてもインフレは発生しない!!残された景気回復策は貨幣発行しかない!」と言っているのを聞いたのですが、これは本当なのでしょうか?また外国や過去に景気回復のためにこの方法をとった例があるのでしょうか?私も少々マクロ経済を勉強したのですが全くわかりません。誰か教えてください。また参考文献なども教えてもらえると助かります。お願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数251
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3

 No.2です。貨幣の問題は「金本位制」か「管理通貨制度」かで全く違ってきます。金本位制では、意図的にやって成功した例や、意図しなかったけれど景気が良くなった例はあります。しかし、管理通貨制度では、先に書いた通りです。  金本位制では、江戸時代に荻原重秀が行った貨幣改鋳が景気を刺激した例や、第2次大戦前に高橋是清が行った例があります。詳しくは「大江戸経済学 改革に燃えた幕臣経済官僚の夢」で検索し、そこの「(1)荻原重秀の貨幣改鋳と管理通貨制度」、及び「景気対策、日銀にできること、できないこと」で検索し、そこの「先覚者たちの先進的通貨拡大政策」が参考になるでしょう。また、ミルトン・フリードマンの文章は「民主制度の限界」で検索し、そこの「(20)「素人さん、大歓迎」の論法 」に書いてあります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 景気回復・・・?

    景気回復のために考えられるいい方法ってありませんか? 経済学的にせつめいできるものが知りたいのですが。

  • 景気回復もつまらないもんですね、不景気でもいいわ

    好景気というと よくきいていたのが タクシーのって2500円ぐらいなら 3000円はらってつりはいらねぇ 4000円ぐらいなら5000円はらってつりはいらねぇ 相当気前のよい人間は1万円札だして つりはいらねぇとか 普通に定時退社して その後に居酒屋いってくいまくったり そういったイメージあったけど 結局、景気回復といっても企業の便乗値上げで 給与あがってもその分は値上げ分でパー。 タクシーのっても運転手にこづかいやる気はしない。 ウザい人間関係にたえながら仕事して、定時退社も少ない むしろ仕事量が景気回復のせい?で増えた。 仕事が増えた事をよいとする人もいるのだろうけど 個人的には去年までの仕事量と賃金なら 去年までの方がよかった。 増えた仕事量に対する賃金はあがってない ただ、便乗して賃金が上がっただけに感じる。 景気回復ってもっと楽しいのかと思ったけど 客もうるさいのが多いし。 デフレでも便乗値上げしてインフレになっても 一個人ではどっちもかわらない人が多いような気がする。 あのバブルの話はなんだったんだ。

  • 給付金で景気回復?

    給付金で景気回復の一助にという話がありますが、そもそも公共投資をするにしてもですが、景気回復効果があるというのは、まちがいなのではないでしょうか? 「花見酒の経済」という話があります。酒を売りに行った二人が、互いに金をやり取りして商品の酒をすべて飲んでしまい、売り上げ金はゼロで商品も無くしてしまった、というような話。 さて、小野善康氏の「不況のメカニズム」という本には、ケインズ流の「穴を掘って埋めるだけでも景気回復効果がある」というのは間違いだと書いてありました。 一方、給付金の話では、盛んに使って欲しいなどと総理大臣が言っていますし、新聞などでも、普通に「財政出動で景気回復」と書いていますが、 それは私には、1億人で「花見酒」をすることのように、思われます。 本当のところ、どうなのでしょうか、最近の経済論などを教えて下さい。

その他の回答 (4)

  • 回答No.5

私もうそだと思います。景気が良くなるために必要なことは、「国民が持っているカネが多くあること」ではなく、「カネが多く使われる(カネが流れる)こと」です。 従って、カネを増やしただけでは景気は良くなりません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4

>今の日本ではマネーサプライを増やしてもインフレは発生しない  ようするに、金融緩和をしても銀行が利益を上げそうな優良な貸出先を見つけ出すことが出来なくて、設備投資にまわらないといいたいわけですよね。マネーサプライ対策ではなく消費そのものが増えるような対策が必要だという結論が出てもよさそうなものですが、、、 >残された景気回復策は貨幣発行しかない  という処方箋が出てくる、ほんとにこの人大丈夫なんやろか?  無理やり貨幣を発行しても利用されなければ供給量は増えません、2000円札がいい例です。それとも、印刷した紙幣を空からばら撒くのでしょうか?もしそういうことなら、確かにインフレになるでしょうけど、一度消費されたっきりすぐに銀行の預金が一瞬積みあがって(下手したら消費もされずにまっすぐ銀行へ!)、それでおしまい。  景気対策としてはまったく役に立たない空論だと思うのですが。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2

 確かに「景気回復策は貨幣発行しかない!」と自信をもって主張する人はいますね。でも、多くのエコノミストは反応しない。ということはその主張を認めていないからでしょう。だから当局も実行しない。「やってみたけど、失敗だった」とならないからいつまでのその主張は否定されず、その人は主張し続ける。多くの専門家が認める主張なら当然当局も実行します。  ところで、貨幣を増発するとどうなるか?「一時的に景気がよくなったように思えるがインフレになり、元通りの不景気になる」の主張が多くの人に認められているでしょう。なかには「そうなることが合理的期待として形成されるので、景気は何も変わらない」と主張する人もいます。ということで多くのエコノミストは「景気回復策は貨幣発行しかない!」の主張を無視しています。  こうしたことにミルトン・フリードマンはプレイボーイ誌とのインタビューで、判りやすいたとえ話をしています。  <フリードマン> いや、技術的に言えば、インフレを止めることはそんなに難しくないんですよ。問題なのは、インフレになると好影響が先に出てきて、悪影響があとになることです。酒と同じですよ。インフレになり始めの数ヶ月あるいは数年というのは、ちょうど2,3杯ひっかけたときみたいに、いい気分のものなんです。使えるお金は増えるし、物価の上昇はまだひどくないし。ところが、物価が本格的に上がり始めると、これはもう二日酔いみたいに苦しい。もちろん、一口にインフレに苦しむといっても、人によって程度の差があるのも問題ですね。一般に、政治的な発言力をもたない層、貧しい人や年金などで暮らしている人がいちばんの被害者です。その一方で、インフレの影響をまったく受けない人や、インフレで大儲けする人もいるわけです。  さて、インフレ退治に乗り出すと、今度は困ったことに、すぐに悪い影響が出てくる。失業者はふえる。金利は上がる。資金繰りは苦しくなる。とにかく不快なことばかりで、それを通り過ぎると、価格上昇が止まったことの良い影響は出てこない。治療中のこの苦しい期間を、迎え酒に頼らずにどうやって乗り切るか、それが問題ですね。インフレ退治でいちばん困るのは、しばらくすると治療より病気の方が楽だと皆が思い始めることなんです。治療に成功すれば、経済成長と価格の安定の両立だって夢ではないのに、そこのところが分からない。ニクソンのときに見たとおり、治療などうっちゃって、また病気に戻りたいというすさまじい圧力が市民の側から起こってくるのです。いつまでも酩酊状態でいたいんですね。(『政府からの自由』ミルトン・フリードマン著 西山千明監修 中央公論社 1984. 2.10 から)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
noname#18306

諸外国でも基本的には大型公共開発事業が回復の起爆剤とされている。 アメリカの世界大恐慌対策やナチスがドイツを復興させたのがそうです。 ただ貨幣発行は回復の起爆剤となりますが、社会が過剰反応して、ハイパーインフレ起こしたら、国が破産です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 景気回復の定義について、どういう状況を言うのでしょうか?

     現在、景気はかなり落ち込んでいますが、どうしたら景気が回復するのか、よく解りません。  景気回復の施策について、明確に報道されていません。 不景気については、世界経済が信用の収縮により、もたらされたと言われています。  では、景気回復についての定義は何なのでしょう。 それを実行するのにはどうしたら良いのでしょう。 現在、何故それが実行出来ないのですか。 教えて頂けるとありがたいのですが。

  • 景気回復の手立てとして

    景気回復にあたって、国債を発行することと、お札を発行すること(印刷数を増やすこと)は具体的にどのような違いがあるのでしょうか? それぞれのメリットやデメリットを教えていただけたら幸いです。

  • 景気回復

    いつになったら景気回復になるんですかね? (リーマン問題、サブプライムローン問題、雇用問題、株式の下落等) また近いうちに総選挙がありますが、与党、野党それぞれ勝った場合、日本経済はどうなる?

  • 国債を刷ると景気回復のブレーキになる?

    国債をあまり発行しすぎると景気回復が鈍くなることはないでしょうか? すなわち、銀行の国債保有比率が高くなればなるほど、いざ景気回復局面になって国債金利が上昇に転じた時、 時価会計上で国債の評価損を計上し、 その評価損を相殺できるだけの魅力的な融資先を探すのに苦慮し、あるいは貸し渋りが起きて景気回復のブレーキになってしまうのではなでしょうか?

  • 米国経済の景気回復について

    1990年代前半の米国経済の景気回復とその要因について教えてください。

  • 景気回復は本物かどうか

    サブプライムローンから始まり、リーマンショックを経た、金融及び経済危機ですが、今現在はどういう状況なのでしょうか。 株価反発や経済指標など、数字の上では良い結果が出ていて、それだけを見れば景気回復かと思われます。 しかし回復でないとするならば、今回のリセッションで受けたダメージを回復する上での課題、解消しなければいけない問題は何でしょうか。 今何が懸念されてるのでしょうか?

  • 景気回復

    景気回復はいつになる? (リーマン問題、サブプライムローン問題、雇用情勢、株の下落等) あるテレビで儲かっている企業から税をたっぷりとるとか(儲かっている企業はどこ?)、ぜいたく品に税をたっぷりかけるとか・・・ (余談ではあるけれどメジャーでは確かぜいたく税みたいなものをかけているとか) また総選挙で与党、野党それぞれ勝った場合日本経済はどうなる?

  • これで景気回復できますよね?

    民主党の菅内閣総理大臣。 誰が総理やろうが自民党、民主党どちらが政権を握っても無意味だとわかりましたが 不景気の脱出は簡単で国民が金を使えば回復すると 池上さんも言ってました。 大企業が率先してデフレに目を向けインフレ傾向にし(吉野家などの牛丼屋の価格競争をやめる) 総理大臣が重大発表とゴールデンタイムに全テレビ局を占拠し『子供手当支給!年金は20年後に最低15万円支給!』 と国民に洗脳的に嘘でも説明すれば景気回復しますか? ハッタリでも景気さえ回復すれば実現するかもしれませんし ここまできら嘘も方便ではないでしょうか?

  • 景気の回復について

    今日本経済はいざなぎ越えで戦後最長の景気回復期といわれていますが 一方で従業員の賃金は上がってなく実感のない景気回復と言われています。 ちなみに私は景気回復の実感がありません。 みなさんは景気回復の実感がおありで賃金はどのように変化したのでしょうか。 また今何か言いたいことはあるでしょうか。 皆さんの率直な意見をお願いします。

  • 経済成長とは?景気回復とは?いつしますか?

    アベノミクス・アベノミクス・経済成長・景気回復と念仏のように繰り返してはいますが、具体的に何を目指しているのか、どうなったら経済成長・景気回復をしたといえるのか全く述べられていないように思います。 例えば消費税関連法案の附則には以下のいわゆる景気条項がありました。 # ○消費税率の引上げに当たっての措置(附則第 18 条) # ・消費税率の引上げに当たっては、経済状況を好転させることを # 条件として実施するため、物価が持続的に下落する状況からの脱却及び # 経済の活性化に向けて、平成 23 年度から平成 32 年度までの平均において # 名目の経済成長率で3%程度かつ実質の経済成長率で2%程度を目指した # 望ましい経済成長の在り方に早期に近づけるための総合的な施策の # 実施その他の必要な措置を講ずる。 これはよく分かります。期限も分かるし何をいくつにするという数字がすべて具体的に述べられているので、何を目指しているのか、どうなったら景気回復といえると考えているのかよくわかります。 が、10%アップの時期を延期するとともに、この景気条項を削除する予定のようで、経済成長などしなくてもかまわずアップしていい事にしようとしているように見えます。ここれはもう達成できなさそうだから削除をするというのならまぁそれでもいいとは思うのですが、単に削除するのではなく、普通なら新たな目標設定が必要だと思うのですが、どうも見当たりません。マニュフェスト・発言何でもいいのですが。 質問は (0)「平成 23 年度から平成 32 年度までの平均において、名目の経済成長率で3%程度かつ実質の経済成長率で2%程度」はなぜ削除するのでしょうか?もう達成不可能であきらめていて、「達成できなかった」といわれるのを防ぐために削除するのでしょうか? (1)ここ半年くらいの政府・与党の公式な発言・発表で、経済成長・景気回復の具体的な目標値がありましたか? (1-1)ある場合:その内容を教えてください。 (1-2)ない場合:なぜないのでしょうか? (2)あなたは個人的に、いつまでに何がどうなったら経済成長・景気回復といえると思いますか? 例 ・平成 23 年度から平成 32 年度までの平均において、名目の経済成長率で3%程度かつ実質の経済成長率で2%程度 ・就業者全体平均の賃金上昇率が、物価上昇率を上回ったとき。たぶん3-5年後。 よろしくお願いします。