• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

漫画の能力バトルものって…

最近の漫画って妙に微細で限定的な「能力」バトルものが多いですよね。 この個々の「能力」を駆使して戦うってのは古くは「サイボーグ009」、さらに細分化し確立そして模倣されたのが「ジョジョの奇妙な冒険」だと思うんですが… その「ジョジョ」における「スタンド」的能力を倣った作品が多い気がしますが、これってどーなのでしょう?多作品で「能力」の食い合いをして、新能力の余地がないものだから、とりあえず、重箱の隅をつつくような能力を出してるような… 以前のような単純格闘漫画はもううけないのでしょうか?そして「単純格闘」「能力バトル」ではなく、斬新な「バトル」漫画ってどんなのを考えますか?皆さんの意見としてお聞きしたいです。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数599
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

高いレベルの者同士の戦いは、それをみる者を魅了します。 古今、マンガは、その魅力を書き出そうとしてきました。 最初の頃は、単純に「技」に目が行き、それが必殺技の表現となったように思います。 最初は強力だったこの表現も、強力ゆえにインフレをおこして、現在では、必殺技の応酬は当たり前の表現となりました。 最近は、戦いの「駆け引き」を取り入れた作品が増えた気がします。 「技」が観客の視点であるのに対し、「駆け引き」は、戦いの当事者の視点と言えると思います。 実際、格闘でもスポーツでもゲームでも、やると判りますが、駆け引きが可能なレベルでの戦いは、実に楽しいものです。 ただ、この体験、当事者以外には非情にわかりにくい。何しろ、同じ経験、あるいは、そのことを凄いと思える知識の前提が必要です。 それゆえに、この手の表現に成功している作家さんはほとんどいません。 説明が必要なので、助長になりがちですし、かといって軽くすると魅力がわかりにくい。なにか凄そうなことをやった表現でお茶を濁すことも出来ますが、これでは必殺技と変わりない。話のネタをひねり出すのも、ただ必殺技で演出するより何倍も大変。なにより、話として面白くないといけない。実に難しい。 真に「駆け引き」表現が出来る作家さんが出た時、斬新なバトル漫画が生まれる予感がします。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

「駆け引き」これなんですよね。 最近の傾向として奇をてらった「能力」を描きたいが為に、作者本位の限定性や制約やシチュエーションを作ってますよね。能力を限定、細分化することによって、逆に後付けで「万能」になってしまってます。「駆け引き」てのは誰にも理解しうるものであってほしいですね。 なんかこんなこと真剣に考えてしまってお恥ずかしいのですが…作家志望として意見を参考にさせていただきます。ありがとうございます。

関連するQ&A

  • 能力バトル系な小説

    一般文芸作品で少年漫画やラノベみたいな能力バトル成分多めの作品を教えて下さい 夢枕獏先生の魔獣狩り、毒島シリーズを読んだんですが面白いんですが不完全燃焼というかもっと熱い戦闘シーン盛りだくさんの人間ドラマ皆無な小説が読みたいのでぜひとも教えて下さい またそういった作品が得意な作家さんも教えてくれると助かります

  • 不思議な能力が出てくるマンガ

    不思議な能力が出てくるマンガを教えて下さい。 条件としては、 超能力や霊能力など何でもOK 完結していても連載中でもOK 主人公の年齢は20歳以下で。 主人公の性別は問いません。 恋愛要素が入っている。 あまりHではない。 バトル系の少年漫画以外で。 わがままな要望なのですが、当てはまる作品を ご存知でしたらお教えて下さい。

  • 現在連載中でおすすめの漫画を教えてください

    青年誌か少年誌かを問わず、現在連載中でおすすめの漫画を教えてください。   おおまかな条件としては ・「ギャグやスポーツもの以外のSF、バトル、ファンタジーなど」 ・「多くても既刊10巻前後で今からでもコミックスを集めやすいもの」 ・「ストーリーが重厚で読んでいていろいろ考えさせるもの」 でお願いします。 他にも、「題材がマニアックで雑学的な知識が身に付くもの(『とめはねっ』、『カバチタレ!』など)」 にも興味があります。   ちなみに最近面白いと思った漫画は、『宇宙兄弟』、『ヴィンランド・サガ』。 特に好きな漫画としては、『ジョジョの奇妙な冒険』、『ベルセルク』、『HUNTER×HUNTER』 『MONSTER(ほか浦沢先生の作品)』、『鋼の連金術師』などです。 できれば既にメディア化がされているなどメジャーな作品ではなく、 「隠れた名作(個人的にそう思っているだけで結構です)」と呼ばれる ような作品を紹介していただけたら幸いです。

その他の回答 (1)

  • 回答No.2

ジョジョは超能力をキャラクターでビジュアル化した点で斬新でした。ただ後半になるにつれて、能力がややこしくなりワケが分からなくなりましたが・・・。 超能力の斬新バトルっていうと、もう30年以上も前の漫画ですが横山光輝先生の「バビル2世」につきる気がします。 念力を現すのに岩石を飛ばしたり、エネルギーをぶつける衝撃波とか。闘っているうちに疲労するとか、三つの僕と呼ばれるロボットが、超能力の強い方(念じる力?)に操られるなど、オールマイティでないところも面白かったですね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

「バビル2世」の超能力描写は確かに格好良かったですね。当時は斬新だったのでしょうね。お礼を入力しながら「斬新な」バトルを考えてみましたが、やっぱり思い浮かびません。どーしても「スタンド」的な能力しかないのですかね。ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 主人公が能力or秘密を隠して生活する作品

    アニメ、漫画、ラノベ、ネット小説何でも構いません ・主人公はすごい能力や、明かしたくない過去がある ・上記のモノを隠して日常生活を営んでいる ・秘密がバレそうな展開になる 私はこういった主人公の秘密が周囲に露呈した時の回りの反応やバレそうになる時のドキドキ感がすごく好きなようです。日常系でもバトル系でもなんでも構いませんので知っている作品が御座いましたらお教えください。

  • オススメ漫画といえば?(完結済)

    こんばんは。 みなさま、友人や家族から「なんか面白い漫画ない?」と聞かれたらどの漫画をオススメしますか?ベスト5を教えて下さい!めんどくさい方はベスト3でもNo.1でも結構です!! ちなみに私のベスト5は 1位 鋼の錬金術師 (最初から最後までまるでダレることなく、登場人物も悪役までもみんな魅力的!) 2位 編集王 (故、土田世紀さんの傑作!この影響で編集の仕事をしてましたw) 3位 みどりのマキバオー (競馬のことは全く知りませんが何度泣いたことか…。連載当時、絵柄で敬遠していた自分を殴ってやりたい) 4位 シグルイ (むーざん、むーざん。で、おなじみの残酷かつ悲しいストーリーが秀逸!主人公が報われなさすぎる…) 5位 喧嘩商売 (完結してないじゃん!とツッコまれそうですが続編はタイトル変わってるので完結扱いで。格闘漫画のなかで一番アツい作品だと思います) そのほか、王道の「スラダン」とか「火の鳥」とか「うしおととら」とか「め組の大吾」とか「はいからさんが通る」とか色々あるのですが…この辺で。 長くなってしまいましたが、みなさまのオススメ漫画教えて下さい。

  • 女性作家の格闘系漫画

     こんにちは。こちらのカテは初めてですが宜しくお願いします。  私は男なんですが少女漫画も多少読みます。でもそのなかでは(少年漫画も含めて)女性が作者で、格闘(もしくは戦闘)を描いた本格的なものは見たことが有りません。  どなたか詳しい方がいらっしゃいましたら、教えて頂きたいのです。  因みに、私の言う本格的とは、 (1)迫力はあるかも知れないが、戦闘の駆引きがない、「単純なパワー勝負」等ではない。(サイコパワーとか、問答無用の必殺技もそう。) (2)勝負の結果の理由が、偶然や根性と言った、不明瞭なものではない。 (3)なんの複線もなく、未知の力が目覚めたり、封印していた力を開放しない。 と言ったものです。  なぜこんなことが知りたいかと言うと、やはり女性は、純粋にバトルを楽しむと言った事に、大して魅力を感じる事が無いのではないかと思ったのです。もしそうなら、某人気ロボットアニメの戦闘シーンがあれだったのが納得出来るのです。「戦闘シーンは適当に流しても良い、物語の付属物」程度に思っていたとするならば。(もっとも、反戦がテーマっぽい作品でかっこいいバトルもどうかとおもいますがね。)私は差別主義者ではないつもりですが、女性の方でご不快に感じた方がおりましたら謝罪いたします。どうか、女性を理解するための純粋な質問であると、ご理解頂きたく思います。 どうぞ宜しくお願いします。

  • 軍人か普通ではない人物が登場する漫画アニメ

    幽遊白書・GANTZ・ヘルシング・ブラックラグーン・軍靴のバルツァーのように、 ●主人公サイドか敵サイドに軍人や特殊部隊隊員、または化け物や超能力者など普通の人間ではない人物がいる。 ●軍人が出てくる作品の場合、アッと驚くような戦略をみせる人物or軍のトップとしてカリスマ性がある人物or狙撃手のいずれかが登場する。 ●物語中でどんなに酷い出来事が起きようとも、最後はハッピーエンド。 ●バトル重視。 な漫画orアニメを探しています。 (冒頭の作品とガンダムを抜かして)どなたか私にオススメの作品を教えてください! ちなみにエロ・グロに全く抵抗はありません!

  • 子供が出てくる系の漫画

    子持ちだったり、子供と関わる系の漫画を探してます。 よつばと!や、ばらかもんのような作品 苦手なのはうさぎドロップのような恋愛が絡む(人間関係が複雑になる)話。うさぎどろっぷも途中までよかったんですが、成長したあたりから苦手になってきました 少女マンガも恋愛を主軸に置いてないような話(学園アリス(能力バトル)や、動物のお医者さん、ホスト部(ギャグ)など) BLのような話も可です。子連れオオカミシリーズや、かきかけとけしいん、もいいと思いました。 BLに限りリアルっぽい絵柄が好きで、攻めの目がものすごく細く、体が大きく、受けがかわいいといったような絵柄は苦手です。

  • どこまで似るのが許される?パクリ疑惑

    非常に長いのですがお付き合いください 現在漫画かきをやっております、デビューはまだですが 僕は昔から顔をnarutoの模写で3年間修行していました その結果普通にオリキャラを書いても「narutoかいてんの?」といわれてしまいます・・・ 岸本先生に失礼かもしれませんが、自分でもかなり似てると思います・・・ 鼻や口の位置を若干変えるとえらいことになりますのでこのままです こんな状態で作品を送っても大丈夫なのでしょうか・・・・・ また、バトルものなので、いろいろな能力を持ったキャラが出てきます そこで疑問なのですが 透明人間になれるキャラを書くとこれはもう使い古されているのでお咎めはないと思いますが じゃゴム人間を描くとワンピのぱくりと言われてしまいます・・・ パクリ云々ではなく、いろいろな能力を考えると他の有名漫画の能力者とかぶってしまいます 実際、時間をとめる能力を持つキャラをつくろうにも、絶対ジョジョのあの人のぱくった!と言われそうで描けませんでした 自分としては純粋にいろいろな特殊能力を考えているのですが、やっぱり複数かぶってしまいます・・ どこまでが「まずいパクリ」なのでしょうか・・・ ちなみにゴム人間は普通に採用しました

  • あなたが好きな漫画は?ちなみに私は以下の作品が好きです。

    駆けろ!大空:不良高校が小学生にやられながらも甲子園に進む話。 幽々白書:中学生が妖怪を倒して魔王になる話。 クレヨンしんちゃん:5才が世界を救う話。 はじめの一歩:気の弱い少年がボクシングで世界チャンピオンになる話。 グラップラー刃希:格闘少年がどんどん強くなっていく話。 タッチ:死んだ弟の意思を継いで甲子園を目指す話。 みゆき:妹との同棲生活 魔少年ビーティー:意地の悪い少年が犯罪まがいのことをする話。 バオー来訪者:ドレスという組織を少年が壊滅させる話。 ジョジョの奇妙な冒険:メメタァ!ドッギャーン!とか擬音が凄い作品。 るろうに剣心:バーチャル明治な世界で剣客同士の死闘を描いた作品。 金田一少年の事件簿:同じ高校で何十人も死んだり何人も犯人がいたりする話。 名探偵コナン:少年探偵が麻酔銃など危険な道具を使って事件を解決していく話。 ゼロ:考古品や古美術などを完璧に偽造できる男の話。 遊☆戯☆王:カードバトルで古代エジプトのファラオの魂を鎮める話。 ポケットモンスター:アニメではなく小学館の方。かなりの名作です。 こち亀:職務怠慢で前科多数の警察官を野放しにしている警視庁の話 ドラゴンボール:地球が何度も滅びかけながらも修行で救う話。 すごいよ!マサルさん:奇抜な学園生活。 ドラえもん:色んな道具で色んなことをする話。 めぞん一刻:未亡人が好きな学生の話。 爆走兄弟レッツ&ゴー:ミニ四駆で世界征服しようとしている博士を倒す話 デスノート:名前を書く人が死ぬノートで新世界の神を目指す話。 北斗の拳:荒廃した世界であたたたた!とか言いながら悪人を倒す話。 花の慶次:痛快な武士の生き様。うぉぉ!と言いながら悪人を倒す話。 サイバーブルー:近未来SF。ファックユー!と言いながら悪人を倒す話。 GANTZ:凄くリアルな世界初の3DSF漫画。人が死にまくる漫画

  • 非バトル系の面白い漫画教えて下さい。

    あまり戦いが発生しない面白い漫画教えて下さい。 レベルEみたいな日常の中で起こる非日常的なミステリー系の漫画が好きです。 最近だと「僕はまりのなか」が面白いと感じました。 ギャグ系やただの日常系漫画はあまり好きではありません。 少年系の中二的な内容や熱血系のバトル漫画もちょっと飽きてます。 完結してなくてもOKですので、おすすめを教えて下さい。 よろしくお願いいたします。

  • バトル系の漫画

    闘う漫画ってやっぱかっこいいですよね。燃えます。 特にバトルロワイヤルだとかトーナメント戦とかが特に! 「HUNTER×HUNTER」のハンター試験 「NARUTO」の中忍試験 「ネギま!」のまほら武道会 「家庭教師ヒットマンリボーン」のリング戦 「幽遊白書」の闇武道会 「ドラゴンボール」の天下一決定戦 のような感じのバトルが繰り広げられる漫画を教えてください! 今思い当たるのはこのくらいなので・・・ できれば念だの魔法だの気だの術だの現実離れしてる方がすきです 宜しくお願いします

  • 私も…アニメキャラに劣等感を抱いてしまいます…

    特に能力バトル物に対してですね。見るたびに胸糞悪くなりますよ。(お陰で私はアニメ本編を初めから最後までじっくり見る事は滅多に無いんです。) 「とある魔術の禁書目録」シリーズみたいな能力バトル物をみると、主役キャラ達は皆並の人より強靭で、非凡な能力を持って、彼らの前に立ち塞がる様々な危機と問題に勇敢に立ち向かって見事に解決したりします。(そして私めみたいな非力なキャラはただのモッブ、雑魚。) 勿論、あれ達は唯実際でもない虚構の物語の為に造られた人型であり、幻に過ぎないのは承知しております。 その事実を気付いてもあれ達に対する劣等感が消えるのは愚か、寧ろエスカレーターしちゃいます。 私の場合なら精神的にも物理的にも木端微塵に粉砕されかねない大変な状況を、あれらはなんとか打ち破りながらも健在な、そんな凄まじい耐久度(?)を誇示しますね。w あんな能力バトル物を私の目線から見ると、スーパーマン顔負けの優れたキャラ達の力自慢劇にしか見えない(同時に「こいつ等に木端微塵粉砕されるモッブがおまいらだ」みたいなサブリミナルメッセージを受けるような気がする)から、大変不快感を感じてしまいます。 あれ達はスクリーンの中にしか存在しない幻で、スクリーンの中の描写の99%は実際に絶対起こるはずあるまい、故に私とあんなスクリーンの中の幻との因果関係、全く無いのは承知の上。 なのに、私がアレ達に対して抱く劣等感は相変わらないです。 何かアレ達に対して被害妄想でもあるんでしょうか。(一部のキャラは私の手で個路して欲しくなるくらい憎いものもあります。此処では其のキャラ名を晒しやしませんけどね。) 「中二病」という言葉がありますね。「自分には漫画、アニメの登場人物のように何か凄い能力を持っているかも知れない(ただ目覚めてないだけ)」と勝手し錯覚する… 私はそんな事想像するたびに胸糞悪くなるから到底出来ませんぞ。(敢えて名付けるなら、逆中二病?反中二病?) 幻に過ぎないアニメキャラに対して敗北感抱き過ぎて、果てには一部キャラに対して○意まで感じられるくらいの私、一体どうすればこんな行き過ぎたような二次元劣等感から解き放たれられますか。 又、強過ぎる者達の力自慢だけの物じゃなく、私みたいな人のための癒やしになる作品は果たしてあるんでしょうか。 アニメでも、ゲームでも、映画でも良いから、もしあれば推薦お願い致します。 私めみたいに非力な人物が主人公で、周りの人物があんな強者である作品で… (但し、アニメ等を見たり読んだりする読者、視聴者が素材の作品、ギャグ物は御勘弁を… 鬱展開でも良いから、真面目な作品でお願いします。)

専門家に質問してみよう