-PR-
締切済み

核や放射能についての質問2

  • 暇なときにでも
  • 質問No.13987
  • 閲覧数64
  • ありがとう数12
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 25% (4/16)

以前、テレビでスクラップの中に放射能を出すものに
触ってしまって触ったところは巨大な潰瘍ができた
というものをみたんですがどういう事でしょうか?
また治療法はあるのでしょうか?
僕は今14歳なのですが、興味があるのでぜひ
教えてください。
通報する
  • 回答数1
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全1件)

  • 回答No.1
レベル14

ベストアンサー率 41% (1452/3497)

tutinoko999さんが14歳とは知らず、『その1』のご質問に若干難しい用語を交えて回答してしまい、すみませんでした。もし、難し過ぎたなら、補足してください。 さて、放射能を出すもの(放射線を出す物質を放射性物質と言います)に触れるとどうなるでしょうか? 放射線には様々な『飛距離』があるのですが、いずれにしても、放射線の強さは距離に反比例するという性質があります。つまり、近ければ近いほど、人体 ...続きを読む
tutinoko999さんが14歳とは知らず、『その1』のご質問に若干難しい用語を交えて回答してしまい、すみませんでした。もし、難し過ぎたなら、補足してください。

さて、放射能を出すもの(放射線を出す物質を放射性物質と言います)に触れるとどうなるでしょうか?
放射線には様々な『飛距離』があるのですが、いずれにしても、放射線の強さは距離に反比例するという性質があります。つまり、近ければ近いほど、人体に対する作用が強くなるということです。
人間の細胞には細胞核という部分があります。これは赤血球を除く全ての細胞にあるもので、遺伝子の本体であるDNAがおさめられています。DNAは二重螺旋といって、2本の紐が絡み合ったようなねじれた形をしているのですが、これは、細胞分裂のときに1本ずつに分かれ、RNAというものになります。そして、それがコピーを作り、新しい細胞を増やしてゆくのです。
このDNAに放射線が衝突すると、遺伝情報の一部が破壊されてしまいます。その破壊された場所が何らかの病気の引き金となる場合があります。
また、強いエネルギーを浴びたDNAや細胞そのものが壊死してしまうことによって、潰瘍ができることもよく見受けられるものです。
通常は放射線火傷という状態になるのですが、かなり悲惨な状態になります。
これを治す場合、基本的にはその部分の切除、そして、必要に応じての移植が最もよい方法であると考えられます。
簡単に解説してみましたが、参考になりましたでしょうか?
以上Kawakawaでした
関連するQ&A


このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


新大学生・新社会人のパソコンの悩みを解決!

いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ