カラビ・ヤウ多様体について教えて下さい

 物理学的興味で、カラビ・ヤウ多様体について 追っています。  物理学は物理学科で量子論から超対称性あたりをの ...

scale--free さんからの 回答

  • 2005/05/15 15:39
  • 回答No.2
scale--free

ベストアンサー率 40% (24/60)

専門でないのでよくは知りませんが、深谷先生の本を参考にしてみたらどうでしょう。(ただし、本格的な数学の専門書で難しいですが。。。)

深谷賢治、『シンプレクティック幾何学』、岩波講座 現代数学の発展、岩波書店。
お礼コメント
apple-man

お礼率 63% (644/1022)

 ご紹介の本を読んでからお礼を書こうと
思っていたのですが、丁度図書館、本屋で
見つからず、取り寄せでかなり時間が
かかることが分かりましたので、
とりあえずお礼書かかせて頂きます。

 京大の深谷先生のページは時々
覗かせてもらっていたのですが、
どうも私の知りたい事は
深谷先生がご専門のようで・・・

というか、いろいろ調べて行くと
みんな京都大学の関連ページに
行っちゃうんですよね。

有難うございました。
また教えて下さい。
投稿日時:2005/06/18 18:16
この回答にこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう!
この回答にはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
関連するQ&A
  • 数学科に進んで素粒子論の研究者を目指すには 数学・算数

    私は今、大学1年生で2年生の時に学科選択があり、物理学科か数学科で悩んでいます。将来は素粒子論の研究者を目指していますが、素粒子の分野と高度な数学の分野(トポロジーや代数幾何、数論(ゼータ関数周辺)など)は密接にかかわりあっていると聞きます。また数学の世界自体、自分はとても興味があります。そこでとりあえず大学在学中は数学科に進み、物理は独学をして、いずれ大学院等で物理の方面に移れたらと考えています。(物理学科に進んで数学を自習するという選択も可能で、それが(素粒子を目指す者にとって)普通のような気もしますが、今の自分にとっては数学の本は読みにくく、物理の本は読みやすいというイメージがあり、数学の方がよりじっくりと取り組まなくてはならず、物理の方が自習しやすそうという見込みがあります。また既存の物理学にとりあえず必要なだけの数学を学ぶだけではなくある程度十分な数学の素養を身につけたいという考えもあります。)そこで素粒子の研究者になるためには具体的に大学院(またはその他)のどの時期に移ればよいのか(例えば博士過程は数学、物理のどちらで進むべきなのか)、またそれは可能な道であるのかを教えていただきたいです。身につけたい数学の素養は例えば代数幾何ではスキーム論(もしくはそれに関する本が読める程度の基礎知識)、数論でいうとゼータ関数周辺のある程度専門的な知識です。大学院のことについてはほとんど知識がありませんので詳しく教えていただけると幸いです。...

  • なんであんなに難しい問題が解けるのでしょうか? 物理学

    僕は工学部の4回生ですが、物理学科の学生が使うような量子力学とか古典力学とかの教科書を見ても数式が難しすぎて理解できません。物理学(理学)と比べると工学は求められている数学のレベルが低いような気がします。物理学科の学生は超弦理論とかの数学を授業でやるのでしょうか?それとも独学ですか?...

  • 物理学の勉強 物理学

    大学で数学を勉強しています。 物理のほうも興味があるので、電磁気学や力学を独自に勉強しています。 学部は理学部なので物理学科のほうがいいのかな、と思いつつ工学部でも電磁気学とかは開講されていて、来年4年生になったら2年生くらいの講義に潜ってみようかな、と。 が、同じ電磁気学でも物理学科と工学部の電気関係の学科では、どのように違うのでしょうか? 前者は理論、後者は実学かな、と思いつつ、どちらが数学のネタとして勉強になるでしょうか?...

  • 物理学の発展に新しい数学が必要な理由について 数学・算数

    物理学の発展に新しい数学が必要な理由について 素粒子物理学の通俗解説書を読んでいると超弦理論というものにも新しい数学が適用されているそうです。ニュートンも自分の物理学を完成させるために微積分を考え出したというような話を聞いたことがあります。アインシュタインの理論にしても数学が必ず裏打ちしているように思います。この辺の関係をわかりやすく教えていただければと思います。...

  • 物理学の最期 物理学

    題名の通り、物理学の最期(終わり?)の質問です。 物理学に対して、数学は人間の作り出した学問ですから、いつまでも拡張し続けることができます。 だから数学は、永遠に続く「終わりのない学問」だと思うのです 。 しかし、物理学は現実世界を対象にしている以上、いつか終わりが来てしまう(すべて解決してしまっ てやることがない)時が来てしまうような気がしてなりません。物理学も「終わりのない学問」なのでしょうか?あるいは、すべて解決した後、物理学者は何をするのでしょうか? 文章分かりづらくて申し訳ございません。...

ページ先頭へ