• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

信用創造について

銀行には信用創造という機能があると聞きますが、SuicaやICOCAを発行しているJR東日本やJR西日本も信用創造をしているのでしょうか??たとえば今後JR東日本とJR西日本が協力して、Suicaにチャージされたお金でICOCAを買えたりすると、それは信用創造と同じような状況になるんですか?もしそうだとすると、JR東日本やJR西日本にもお金を創り出す機能を持つということなのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数345
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4

 最近、ICOCAとPITAPAを利用しはじめました。あのスムーズに改札を通り抜けられる快感は、もう後戻りできないですね。 パタン彡〕〔==(^0^)彡ロ  さて、プリ・ペイド方式の「スイカ&イコカ」には、それ自体、信用創造機能があるか?という質問ですが「若干は有る、ただし限定的、現時点では無い」というのが正確かと。  ICOCAチャージされて未使用の金額はある程度あるでしょう(一か月分後払いのPITAPAに比べれば少額ですが)、JRにすればその全額を準備金としてプールする必要はなくて、有る程度を残して投資にまわせますから、その分は信用が創造されたことになります。  ただし、チャージ金額の未利用分が、投資的な利用には廻らないという問題が現時点ではあります。2005年現在、JR各社は多額の借金を抱えている状態ですから、投資にまわすよりも借金の返済に廻っているとも取れるので、そのぶんは信用創造ではなく信用縮小の作用が働いている言えます。 #ポスト・ペイ方式のPITAPAカードは、信用創造機能があります、というか信用創造そのものですね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。現在のJRの状況などは不勉強のため知らなかったのでとてもタメになりました(^^)漠然と今までは信用創造などのお金を増やすことができるのは銀行などほんと一部の機関だけだと思っていたのですが、このようにJRなどが部分的にでもできるというのを知ることができてよかったです

関連するQ&A

  • 信用創造 銀行

    信用創造の機能において、銀行が果たしている役割はなんでしょうか。

  • 信用創造によってお金をすべて元に戻すと

    銀行の貸出によってお金の供給量が増加することを信用創造というと学校でならいました。 ふと疑問に思ったのですが、こうして信用創造によってお金をすべて元に戻すと、世界全体には実際にはどれくらいのお金があるのでしょうか。

  • 信用創造について

    以前、国民の貯金額が昔より増えた理由について質問したら、信用創造をしらべて ごらんという回答をもらったんですが つまりそれは、信用創造により世の中を回るお金の額が増える、するとみんなが稼ぐ給料の額もふえる、よって貯蓄額が増える、と自分なりに解釈しました。 (間違っているところがあったら指摘してください) とすると、貯金が増えつづけるには信用創造される額も増え続けなければならないということになってしまうんでしょうか? (参考URや本の紹介でもかまいません)

その他の回答 (3)

  • 回答No.3

#1さんの言うように、信用創造はしないのではないかと思います。  ちょっと根本的な話に戻ると、信用創造とは、銀行に対して行われた預金が、「何度も貸し出しをされる」うちに、何倍もの預金を生み出すことです。 (以下、分かってる場合は読み飛ばしてください)  信用創造のメカニズムとしては、例えば、A銀行に100億円預金され、A銀行は、預金者の引き出しに備えてその10%を手元に置き(法定準備率)、残りの90億円は他の企業aに貸し出すとします。  更に、その90億円を企業aは、企業bへの支払いに使い、企業bは、それを銀行Bに預金。銀行Bは、90億円の10%を手元に置いて残り81億円を企業cへ貸し出す。。。。。(以下エンドレス)  ということで、90(1+0.9+0.9^2+0.9^3+・・・)=90{1/(1-0.9)}=900  となり、100億円の預金から900億円の預金が派生的に発生します。これが、信用創造(お金を創り出す機能です)  ところで、Suicaとかに関して、チャージされたお金をJRは返す必要はないので、準備金は必要ないですよね?  チャージは、預金でなく、単に、乗車券を買うという行動と考えると、信用創造は起こらないのでは?と思います。  (ただ、Suicaはデポジット金がありますよね?それはもしかしたら、信用創造するかもと思ったのですが、、、、どうだろう?)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2

 (質問者も名前位は耳にした事があると思いますが)銀行業の場合は「銀行法」が係ってきます。処が、JR東日本等の場合、「旅客鉄道法」等が係る業種でありさえすれ、M銀行等を経営統合し、コングロマリット化でもするなら兎も角、そうでなければ「信用創造」とは無縁だと思ったからです  本来、「信用創造」は通貨(現金)に限られる訳ですが、それは、現金なら(額さえ満たせば)何にでも支払手段になりうるのが(大)前提の筈ですが、JR東日本のSuica場合、例えば「渋谷から、東横線で横浜迄、乗車しようとしても、東急には拒絶さとれるのがオチですよね。  この観点からするなら「信用創造」とは離れますが、Suicaは通貨(現金)よりは商品券に近い属性があるような気がするのです。    尚、上記のカキコみで、私がICOCAに触れなかったのは他でもありません。  JR西日本が2005-4-25以後、すべきは福知山線の死傷事故への取組等であり、「ICOCAの利用範囲の拡大へ腐心する事に一義性がない」のも自明でしょう。  但し、(ICOCAで)卒塔婆や墓石を買える様にするなら、話は全く別ですけども・・・

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

不勉強ですがSuicaやICOCAは、それ自体にクレジットカード機能はないですよね? 単に前払いした自分のお金の範囲内で切符やキオスクで買い物できるだけですよね? 便利なカードだけど信用創造ではないと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 信用創造

    教科書を読んでいたら信用創造機能と言う単語が出てきました。これっていったいなんですか??わかりやすく回答できる方、お願いいたします。

  • 信用創造と信用乗数(貨幣乗数)の違いを教えて

    信用創造と信用乗数(貨幣乗数)の違いがわからなくて困っています。 信用創造は銀行が預金を通じて貨幣創造することということは、マネタリーベースが信用創造によってマネーストックが増えることと同じなのでしょうか? もし同じなら、信用乗数は信用創造の度合いを示す数値ということになるのでしょうか?

  • 通貨発行権の行使と信用創造は同じ行為でしょうか?

    日銀が通貨発行権を行使すると、日銀の財務諸表の負債の部に発行銀行券として記載され、日本銀行当座預金口座に振り込まれます。つまりお金は負債ということになります。 この段階のことを指して、信用創造といってはダメでしょうか? 信用創造は英語だと、Credit Creation、別の言い方だと貸し方の創造になるので、借金を作ると解釈したくなるんです。 以上のことから、通貨発行権の行使と信用創造は同じ行為だと考えるのですがだめでしょうか?

  • 信用創造がわけわかりません!

    高校の政経の授業でやったのですが、「信用創造」が解りません。 たとえば、個人が100万銀行に預金するとして、その時支払準備率が10%だと、10万が日銀に行き、のこりの90万は銀行に残るけど、それをすぐに企業Aに貸し付けするメカニズムはわかります。 でも、企業Aがその90万を企業Bに支払い、そのお金を銀行に再度預金することで、なんで預金残高が上がるのかわけわかりません。 この場合、ここに出てくる銀行はひとつに限られるのですか? 複数あるわけじゃないんですか? それだけでもいいので教えてください。 本気で困ってます。

  • 銀行の信用創造について

    銀行の信用創造についてふと疑問に思ったことがあります。 信用創造の仕組みは理解しているつもりです。日銀に預ける支払準備金を10%とした場合、10倍のお金を作り出せる(貸出できる)というもので、貸したお金が返済されればそのお金は消える。 さて、ここで疑問に思ったのですが銀行が融資するとき、不動産(土地や建物)を担保としてお金を貸し出すと思います。 その、不動産は貸出金額に見合うもの、つまりほぼ同額のものであることが多いと思います。 ならば、銀行としては貸し倒れにあい、代わりに不動産を手に入れれたほうが得ではないか?というう疑問です。 貸し倒れに合うと、返済されていつかは消えてしまうお金ではなく、絶対に消えない不動産が銀行の所有物になります。もちろん支払準備金10%は人質に取られていますが、その10倍の価値のある不動産を永久に手にすることができています。もし、この不動産で年利5%くらいで運用できればたった2年で支払準備金の人質分は稼ぐことができます。 しかし実際に銀行は上記のような方法はとらず、貸し倒れで担保に入れていた不動産は、とっとと安値で売りさばいて現金化しているように思います。なので、上記の方法はきっと何らかの問題があるのだと思いますが、実際はどうなんでしょうか?

  • 信用創造に伴うシニョリッジ

    前の質問(http://okwave.jp/qa/q8449486.html)はいろいろ書き過ぎたので、単純に質問させてください。 金融機関の信用創造に伴って、通貨発行益(シニョリッジ)は発生しますか? 発生するとしたら、それは誰がどんな形で受け取っていますか? 私は、 (マネーサプライ ― マネタリーベース)×利子 の分が、信用創造に伴うシニョリッジとして、毎期、金融機関に入っていると考えているのですが、これは正しいですか?

  • 信用創造がされる段階

    銀行の信用創造(預金創造)について、 日銀のからのキャッシュ(100とする)をX銀行が借りて、市場で貸し出す、→A社へ(100全額)・・・(1) A社→B社へ全額お金を貸す、返す、投資する、何か購入する、などして、  B社のX銀行の口座へ送金する(X社銀行でなくても、X銀行でもよい)(A社は現金を手元に置かない、以下同様)・・・(2) X銀行は、B社の預金口座の預金から、準備率分を日銀に預けて(たとえば10)、C社に貸す(90)・・(3) これを繰り返していくわけですが、 信用創造によって「預金」が増えると考えるのはどの段階でしょうか? (1)は、市中銀行に現金が存在する分を貸し出しているだけなのですが、この段階で想像されたと考えるのでしょうか。キャッシュ100に対して、預金100と。マネーサプライ200. そうしたら(3)の段階でも同様に90の預金が創造されたと考えられます。 しかしまた(1)は、Aの口座には入りましたが、Aは一旦、現金を引き出すかもしれず、そうしたら、市中に出回っている分、マネーサプライは100と、減ることになると思います。 貨幣乗数の式で出てくる、預金とは、とにかく銀行口座の通帳にプラスで表示される分、すべてなのでしょうか。(それがその口座をもっている銀行から借りたものであれ、預入した残高であれ。) しかしところで、そもそもm、企業が銀行からお金を借りて、その銀行の口座に入っている際には、それはプラスで表示されているのでしょうか。当座借越の口座のように、マイナスで表示されているものなのでしょうか。 とりとめがありませんが、多少なりとも、部分的にもお答えいただけるとありがたいです。

  • 信用創造について、英と日で違いがあるのはなぜ?

    信用創造の解説が英語サイトと日本語サイトで違いがあるのはなぜでしょう? 英語サイトでMoney creationで検索しての解説だと銀行がお金を作り出すことに重きを置いて解説されています。しかし日本語サイトでは、銀行間でお金が移動することに重きを置いて解説されています。 なんで信用創造の解説は英語サイトと日本語サイトで違いがあるのでしょうか?

  • 信用創造のデマ解説_権威者もデマを鵜呑み

    信用創造についてようやく理解ができました。 しかし信用創造の嘘解説にさんざん振り回されてしまいました。 信用創造の理屈はとても簡単です。 信用創造とは「民間の銀行がお金を作り増やすことでお金が増えていくこと」です。単にそれだけのことです。 民間銀行は指定の日銀口座に準備金を用意すれば、規制の範囲内でその数十倍のお金を作って、そのお金を企業などに貸し出すことが行えます。結果その企業の借金分だけ世の中にお金が増えるというものです。 しかし意味不明なのが信用創造にまつわる嘘が多くの経済関係者で共有され、政府主催の経済〇〇会議とかに出席するような経済有識者などもがその嘘を書籍に書いていたりすることです。 信用創造自体の論理はそんなに理解困難なものではないですが、嘘があまりに多く出回り、また多くの日本の経済権威者までがその間違いを復唱しているため、最初はその嘘情報にさんざん振り回されてしまいました。 信用創造のデマ解説では 「信用創造とは、銀行が預金と貸し出しを連鎖的に繰り返すことで、お金が増えていく仕組み」 といった趣旨のデマの解説がなされています。 「銀行が預金と貸し出しを連鎖的に繰り返した」ところでお金は全く増えません。ですが、多くの権威ある経済学者さんも「銀行が預金と貸し出しを連鎖的に繰り返すことでお金が増えていく」とか訳のわからないことを言っています。 こんなものちょこっと考えてみれば、預金と貸し出しを連鎖的に繰り返したところで、お金が増えないのは、まともな人ならすぐに理解ができます。 お金が増えるのは預金と貸し出しを連鎖的に繰り返した結果ではなく、単に銀行が新しくお金を作ったからです。「銀行が新しくお金を作ったから」だからお金が増えていると、単にそれだけのことです。 にもかかわらず「信用創造とは、銀行が預金と貸し出しを連鎖的に繰り返すことで、お金が増えていく仕組み」というデマが様々な書籍に書かれています。 また、このデマが各所に存在していることについて、インターネット上では、フリーメイソンの仕業、ユダヤの陰謀といった荒唐無稽な話ばかりです。 なんで日本の経済関係者の間では、権威ある人たちがデマに基づく信用創造の話を公然と語り続けているのでしょう?  

  • 民間銀行の信用創造機能について

     銀行員のかたが詳しく初歩的な銀行簿記かもしれません。 銀行に、(1)100万円の現金を持ち込み口座を開いた。銀行が(2)100万円を別のひとに貸付けた。以上の取引で銀行側の仕訳は次の理解でよいでしょうか。  (1)現金100万円 預金100万円  (2)貸付金100万円 預金100万円 この仕訳で正しいとすると、(2)の貸方 預金100万円がまさに銀行の信用創造機能を 表しているという理解で良いのでしょうか。 またこれが正しいとすれば、銀行のバランスシートで負債側の預金残高は、(1)で実際に預かったお金100万円と、(2)の信用創造機能で作られたいわば「架空」のお金100万円が混在しているということでしょうか。