• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

空気抵抗がかかるときの落下運動

空気抵抗がかかるときの落下運動、もしくは放物運動に 関しての質問です。 抵抗力が速度に比例する場合は、変数分離法を用いて微分 方程式を解くことができるのですが、 抵抗力が速度の2乗に比例する場合の微分方程式が解けませ ん。具体的には次の式です。 ma = -kv^2 + mg a:加速度 v:速度 この式の解法をよろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数2491
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
  • w8o8w
  • ベストアンサー率100% (1/1)

変形分離法でも出来ると思います。 mv' = mg - kv^2 m(dv/dt) = mg - kv^2 {1/(mg - kv^2)}dv = (1/m)dt ∫{1/(mg - kv^2)}dv = ∫(1/m)dt 左辺は部分分数分解を使って、積分すると、 log[{(√mg) + v(√k)} / {(√mg) - v(√k)}] = t/m + C (Cは積分定数) これをvについて解くと、 v = (√mg/k)[(-1 + Aexp{2(√kg/m)t) / (1 + Aexp{2(√kg/m)t})] (A = exp(C)) となります。あとは初速度などの条件を入れて、Aを求めればvが求まります。 ちょっと積分の計算は自信がありませんので、答えは自分で求めてみてください。 こんなんでよろしいでしょうか?あまり得意な方でないので自信がありませんが…。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

この方法でできました。 ありがとうございました。

その他の回答 (3)

  • 回答No.4

真面目にやると、そうか、ベルヌーイの方程式に帰着されるんですね。 stomachmanの場合、ズルしてます。 f' =1- f^2 の解は f(t)=tanh(t) あとは係数と初期値の辻褄を合わせます。つまり v(t) = A f(Bt)+C として、もとの方程式および初期値に合うようにA,B,Cを決める。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
  • guiter
  • ベストアンサー率51% (86/168)

morisusu さんの書かれているように ベルヌイの微分方程式を使えば解けます。 まず、  v = y + √(mg/k)  v' = y' のようにシフトしましょう。 すると  mv' = mg - kv^2 ⇒my' = -ky^2 -2k√(mg/k)y のようになり、定数項が消えますね。 あとは、やってみて下さい。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

これは、ベルヌイの微分方程式を使います。 y'+P(x)y=Q(x)y^n・・・・・・(1) という式で考えます。 y^(1-n)=u・・・・・(2) とおく。 (2)を両辺微分してy'=(u'・y^n)/(1-n)・・・・・(3) (3)を(1)に代入。 (u'・y^n)/(1-n)+P(x)y=Q(x)y^n・・・・・・(4) (4)の両辺をy^nで割って、1-nをかけると、 u'+(1-n)P(x)u=(1-n)Q(x)・・・・・・(5) これで線形になり解けるようになります。 問題では加速度は速度の微分よりa=v'とおいて (5)式においてP(x)=0、Q(x)=-k/m、 n=2よりv^(-1)=uとおけば解けます。 詳しくは微分方程式関係の本の中にベルヌイの微分方程式の解法が載っていると思うので参考にしてください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

おそれいりますが、式の形が違うのではないかと思います。 与式は mv' = mg - kv^2 <-> v' = g - (k/m)v^2 で、定数項gが余計なんです。 ベルヌーイ方程式の解法を試してみますと、最後に-v^2で 両辺を割るところで、 gがあるためにv^2が復活してきてしまいます。 このあたりの処理方法をご教授下さい。

関連するQ&A

  • 自由落下について

    地球上での自由落下についての質問です。 粘性抵抗力が関わるときの運動方程式の解き方が分かりません。 運動方程式は次の式です。 ma=mg-kv この後の微分方程式の解き方が分かりません。 ∫{1/(mg - kv^2)}dv = ∫(1/m)dt どなたか教えていただけませんか?

  • 空気抵抗のある自由落下

     空気中を鉛直線に沿って落下する物体が速度vの2乗に比例する空気抵抗力kv^2を受ける。物体の質量をm、重力加速度をgとして、物体が落下し始めてから時間t経過したときの速度v=f(t)を求めたいのですが、途中から式を上手く展開していけません。どなたかこの式の続きの展開でも構いませんし、速度v=f(t)を求める他の方法でも構いませんので、教えていただけないでしょうか。宜しくお願い致します。(vの2乗をv^2で表しております) (自分が考えた式)  この物体は重力mgを下方に、空気抵抗力がkv^2が上方に受けるので、運動方程式(質量)×(加速度)=(力)は m・dv/dt = -mg + kv^2  となる。ここから両辺をmで割ると dv/dt = -g + kv^2/m  となり、両辺を(-g+ kv^2/m)で割ると 1/(-g + kv^2/m)・dv/dt = 1  となる。ここで、両辺をtで積分すると ∫1/(-g + kv^2/m)dv = ∫dt + C (Cは任意定数)  となる。  ここから、左辺を上手く展開できません。どなたかこの式の続きの展開でも構いませんし、速度v=f(t)を求める他の方法でも構いませんので、教えていただけないでしょうか。宜しくお願い致します。

  • 空気中の物体の落下

    空気の抵抗がある場合の、物体の落下速度を微分方程式で求めるさい、変数の変換がわからないので質問します。 運動速度がそれほど大きくないか、物体の大きさがそれほど大きくないときは、抵抗力はスピードに比例することが知られている。そこで質量mの物体を自由落下させ、時刻tにおける速度を下向きにvとしよう。この物体に働く力は、下向きの重力mgと、上向きの抵抗力kv(kは比例定数)である。よって、ニュートンの運動方程式 力=質量*加速度 により、mg-kv=m(dv/dt)・・・(1)という微分方程式がなりたつ。(1)を解いてみよう。変形して、 -k{v-(m/k)g}=m(dv/dt)そこでv-(m/k)g=u・・・(2)とおくと、ここがわからないところです。m(du/dt)=-kuになるのですが、なぜdv/dtがdu/dtになっているかが、あいまいです。自分では(2)の(m/k)gが定数で、両辺をtで微分すると左辺がdv/dt、 右辺が(d/dt)u=(d/du)u(du/dt)=1*(du/dt)なので、dv/dt=du/dtだと思いました。自分の考えが間違っていたら、訂正をおねがいします。

  • 微分方程式で式の変形 空気抵抗を受ける物体の落下

    質量mの物体が速度の2乗に比例する空気の抵抗を受けながら落下する問題を考えよう。 鉛直上向きにy軸をとり、時間をtとすると、速度はdy/dtで表される。重力加速度の大きさをg, 抵抗力を係数をkとすると、運動方程式は次のようになる。 m (d^2y)/(dt^2) = -mg + k(dy/dt)^2 この方程式にはyが含まれていない。 速度を v = dy/dt とおけば、(d^2y)/(dt^2) = dv/dt であるから、運動方程式(2.19)は次のようにvについての1階の微分方程式に帰着される。 dv/dt = -g + k/m v^2     (2.20) この微分方程式は、次のように変数分離形の1階常微分方程式であり 1/ (v^2 - mg/k) dv/dt = k/m 両辺をtで積分すると 1/{2√(mg/k)} ∫[1/{(v-√(mg/k)} - 1/{(v+√(mg/k)}] dv = k/m ∫dt log |{v-√(mg/k)}/{v+√(mg/k)}| = 2√(kg/m)t + C     (2.21) ここで、t=0 で v=0 として物体の落下だけを考えることにすると、y軸は鉛直上向きを正の方向としているので t>0 では v=dy/dt<0 dv/dt<0 となる。 したがって、式(2.20)から0<-v<√(mg/k)であることがわかり、式(2.21)からvは次のようになる。 v=dy/dt = -√(mg/k) * [1-e^{-2√(kg/m)t - C}] / [1+e^{-2√(kg/m)t - C}]     (2.22) ・・・と本に書いてあるんですが、どうやってこの(2.22)を導き出したのかが分かりません。 勘でやってみますと、 log |{v-√(mg/k)}/{v+√(mg/k)}| = 2√(kg/m)t + C     (2.21) の両辺でeをとって e^[log |{v-√(mg/k)}/{v+√(mg/k)}|] = e^{2√(kg/m)t + C} |{v-√(mg/k)}/{v+√(mg/k)}| = e^{2√(kg/m)t + C} |{v-√(mg/k)}| = e^{2√(kg/m)t + C} * |{v+√(mg/k)}| やっぱり分かりません。教えてください。お願いします。

  • 加速度aを用いない運動方程式なんですが…

    とりあえず解いたのですが自信がありません! どうか知恵を貸してください!! 物体が気体中を落下するときの抵抗を F=kV と表すときの問題なのですが… ●物体の質量をm、重力加速度をgで、落下速度Vのときの運動方程式を求めたいです!! 自分が考えた式は以下のとおりです。 普通に運動方程式を立てると、 ma=mg-kV となりました。 問題にはaを用いるとは記述がないのでVをtで微分したもの、つまりa=dV/dtとしました。 ここからがよく分からないのですが、友人は「瞬間の速さだからdt=1とおけて、a=dVになるんだ。」といいました。 そして運動方程式にa=dVを代入すると m・dV=mg-kVとなり、Vで積分するとaのない運動方程式 m・V=mgV-(1/2)・kV” (”は二乗です。)が得られました。 じっさい、この式で正しいといえるのでしょうか? これをミスると他の問題も芋づる式にミスってしまいますので結構重要なんです。 よろしくお願いします!!

  • 空気抵抗が速度の自乗に比例する場合の運動方程式

    自然落下する物体があり、その物体のt秒後の速度は速度が遅いうち(空気抵抗が速度に比例している時)は      m・dv/dt=mg-kv  mは物体の質量、gは重力加速度、kは空気抵抗定数。 という運動方程式を解いて   v=[mg-exp{-k(t+C)/m}]・1/k という一般解を得ます。(Cは積分定数) ここまではできるのですが、この先の空気抵抗が速度の二乗に比例するばあいの運動方程式    m・dv/dt=mg-kv^2 を解くことができないのです。解こうとしてもどうしても、途中で    -log|mg-kv^2/C|/2kv=t/m  という形になってしまい解くことができません。logの中にvが含まれていて、さらにlogの外にvのある形をv=の形に直せません。強引にv=の形に直せますが、両辺にvが現れてしまい解いたことになりません。 どうすればいいのでしょうか? 余談ではありますが、A=xlogx のx=への変形のしかたや、B=exp(x)+x のx=への変形のしかたを教えてくれると幸いです。

  • 物理の微分方程式

    物理の微分方程式 高二です。塾で微分方程式を習ったのですが、さっぱりです。。。。 問 質点が速度Vに比例する抵抗力を受けて運動する際、V(t)、X(t)を求めよ。ただし、比例定数をk(>0)とする。 解 ma = mg-kv --1 a = dv/dt --2 v = dx/dt --3 1,2より dv/dt = g-kv/m よって dv/dt = -k/m(v-mg/k) ---4 ←変数分離型     (1/v-mg/k)dv = -k/m dt ----5 ここから積分して、計算して log{v(t)-mg/k} = C-kt/m ----6 (C=log{v(0)-mg/k}) {}は絶対値 そして {v(t)-mg/k} = e^C -e^-kt/m -----7 その後 v(t)=mg/k(1-e^-kt/m)(t≧0) となりました 質問 (1)初期条件ってなんですか?   (2)4→5の過程はなぜやるんですか?変数分離型ってなんですか?   (3)6→7の過程でなぜlogがとれるんですか?   (4)よければx(t)の答えを教えて下さい とても困っています!部分的でもよいので教えて下さい、お願いします

  • 高校・大学の物理(力学)教えてください。

    ma=mg-bv (a:加速度 b:定数 g:重力加速度 v:速さ m:質量) という運動方程式がかける状態があったとして(つまり、質量mの物体が落下しつつ、速さに比例する抵抗力を受けている場合です)、これをx=f(t)の形に直すにはどうすればよいのでしょうか? 位置xの一回微分と二回微分がでてくる微分方程式は初めてでわかりません。

  • 空気抵抗のある自由落下について考えているのですが…

    空気抵抗をkv^2として運動方程式をm(dv/dt)=mg-kv^2と立てて、これを解いたらv=V∞tanh(gt/V∞)となったのですが、この式をt=の式に変形をしたいのです。どなたかt=の式に変形できる方がいましたら教えてください。(V∞は終端速度です。)

  • 力学(抵抗力について)

    鉛直上向きにy軸をとり、重力加速度の大きさをgとする。時刻t=0に位置y=y(0)から質量mの物体を鉛直下向きに初速度v(0) (v(0)<0)で放り投げた。物体には、速度vに比例する抵抗力 -bv が働く。 1.運動方程式をvの微分方程式として書き出せ。 2.終端速度の大きさv(t)を求めよ。 3.運動方程式を解いて、t >0におけるv(t).y(t)を求めよ 4.y(0)=0、v(0)=-3v(t)/2 の時、十分時間がたったときのv(t),y(t)の漸近線を求めよ。 問題数多いですが、簡単でいいので途中式もお願いします。