• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

奴隷軍人

マムルーク=奴隷軍人みたいですが、マムルーク朝はアイユーブ朝の軍人奴隷が創建。奴隷でも、地位が高いみたいですが、どこの奴隷になっていたのでしょうか。簡単に教えてください。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数6
  • 閲覧数382
  • ありがとう数8

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • nacam
  • ベストアンサー率36% (1238/3398)

マムルーク朝の初代スルタンは、アイベクと言います。 アイベク自身の経歴は、知りませんが、彼と一緒にアイユーブ朝を倒し、後スルタンとなった、バイバルスは、アイユーブ朝のスルタン・サーリフに買い取られ、マムルークとなります。 アイベクは、バイバルスの同士とされていのすので、バイバルスと同じサーリフに買われたマムルークだったと思われます。 アイベクは、サーリフが急死するとサーリフの子をアイベクやバイバルスが倒し、アイユーブ朝が滅亡します。 さらにアイベクは、サーリフの元妻シャジャル・ドゥッルと結婚し、スルタンとなります。 イスラム世界の奴隷は、ヨーロッパの奴隷とは異なり、才能が有れば、どんどん出世します。 将軍、大臣、総督、地方領主などは、ほとんど奴隷でした。 そのため、自ら奴隷になる者も数多くいたそうです。 バイバルスも、18歳でサーリフに買われ、22歳ですでに、ルイ9世の十字軍を迎え撃つ司令官になっており、ルイ9世を捕虜にする手柄をたてています。 そして33歳の時に、ついにスルタンとなります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

奴隷という言葉が当てはまりませんね。奴隷=貧乏ってことはないのでしょうか。上も大してお金持ちでないとか…?十字軍の遠征でお金を使って、報奨金があげられなかったとか…。階層は奴隷でも、身分による差別とかもないってことでしょうか。サーリフの元妻ジャジャル・ドゥッルはアイベクの妻になり、どんな気分だったのでしょう。悲劇の人だったのか、状況の変化に対応する強い女性だったのか…?子供殺されたので悲劇の人ですね。子供は何歳くらいだったのでしょう。十字軍の遠征がそれだけ大変で、力が物を言う時代だったのでしょうか。奴隷でも支持する人は多かったのでしょうか?奴隷軍人が沢山いたとか?制度というものがなく、ごちゃごちゃしていたとか…。ありがとうございました。

その他の回答 (5)

  • 回答No.6
  • ss79
  • ベストアンサー率33% (258/765)

>奴隷から一般人になるケースはないのか 奴隷というのはこの時代、財産でしたから売り買いの対象です。 従って持ち主に対価を払えば自由人になれました。 普通キリスト教徒が奴隷にされていた場合、教会やキリスト教徒が対価を払って買い取るケースは多かったようです。  地中海沿岸のキリスト教徒はよく襲われましたから。 現代でいえばマラッカ海峡の海賊に拉致され身代金を払うようなものです。 一般人でもボディガードとしてマムルークに相当する軍人を奴隷として買い取る事は出来ました。 このような奴隷は家族同様の待遇で同じ屋根の下で暮らしました。 イスラム社会での奴隷は常識とかなり異なる存在でした。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

自分の力では、一般人になることはできないのですね。ありがとうございました。

  • 回答No.5
  • nacam
  • ベストアンサー率36% (1238/3398)

1・2番を書いた者です。 >一般人と奴隷の違いは自分の財産を持っているかということでしょうか チョット違います。奴隷も財産を持ちますが、あくまでそれは主人から与えられた物で、世襲財産ではありません。 一般人の財産は、世襲財産です。 >軍人は皆奴隷ということで 軍人=奴隷ではありません。 主人に軍人として買われた人が奴隷で、自分から応募した人は一般人(タワーシャと言います)です。 ただし、スルタンや諸侯(アミール)は、自分に忠誠をつくすマムルークを信頼し、出世させますが、裏切りやすい一般人を優遇しませんでした。 >奴隷から一般人になるケースはないのでしょうか これはあります。 老齢や負傷で、軍人として約にたたなくなったマムルークは、それまでの財産を没収され、自由身分となります。 また、主人の無くなったマムルークの一部は、自由身分となりました。 ただ、実質的に無一文で放り出される事になるので、その後の生活は、みじめだったようです。 一般市民の奴隷の状況については、わかりません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

奴隷は老後を考えると暗いですね。ありがとうございました。

  • 回答No.4
  • ss79
  • ベストアンサー率33% (258/765)

イスラム社会には通常の奴隷とエリート奴隷とも言うべきものとがあったようで後者がマムルークに相当するようです。 売買によるか戦時捕虜として獲得されるかして得られた奴隷は通常いわゆる奴隷労働に従事しますが、知能や体力、才能に見込みのあるものは奴隷学校に送り、教育、訓練し使用するシステムでした。 この中から軍人に適しているものがマムルークとして採用されたのです。  前払いで採用された軍人のようなものでした。 エジプト、パレスチナあたりを版図としていましたからこの地方の出自でしょうがトルコや地中海からも奴隷は集めましたからよくわかりません。 マムルークとなれば出世街道に乗ったのですからスルタンにもなれました。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

いろいろな国から奴隷が集められたので、一般人が奴隷になるというケースはありそうですね。奴隷から一般人になるケースはなさそうですね。しかし、奴隷でも夢が持てて、他の国と比べてると昔はイスラム社会の方が夢があったような。でも戦いばかりで大変ですね。ありがとうございました。

  • 回答No.3

奴隷という日本語の訳語のイメージに引っ張られすぎかもしれませんね。 マムルーク、というのはアラビア語で動詞MLK(支配する、王として君臨する、等) から派生している単語で、原義は、所有されている者、とでもなるでしょうか。 (MLKという概念は多義的でひとつの日本語訳をつけるのは難しいのですが。) スルタンに直属する軍人・兵士のことです。 貴族に雇われた傭兵隊であった平家や源氏が、やがて政治の実権を握って いったのと似たようなものと考えれば、イメージできるのではないでしょうか。 日本語で奴隷というと、古代日本の奴婢や、昔のアメリカの黒人奴隷のイメージ を連想させて、財産も持てず結婚もできず生存するのに最低限必要な ものだけを与えられて最もきつい肉体労働に酷使される.......なんて印象を与え がちですが、マムルークはプロの軍団です。力があります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

訳語が悪かったのですね。ありがとうございました。

  • 回答No.2
  • nacam
  • ベストアンサー率36% (1238/3398)

1番を書いた者です。 >奴隷=貧乏ってことはないのでしょうか この当時のエジプトでは、支配層は、スルタンの奴隷が占めていました。スルタンから領土をもらい、家臣を雇います。貧乏かどうかは、買った主人の地位によります。 >報奨金があげられなかったとか という事ではありません。 サーリフは、十字軍との対戦中に死んでしまいます。 サーリフの子が、新スルタンとなると、それまでサーリフに使えていたマムルーク達は、全て解雇され、その地位を失い、別の主人の奴隷となってしまいます。 このことが、原因と思われます。 シャジャル・ドゥッルは、始め自らがスルタンとなっています。その後アイベクにスルタンの地位を譲っていますので、彼女の気持ちは分かりませんが、悲劇には当らないと思います。 >奴隷でも支持する人は多かったのでしょうか?奴隷軍人が沢山いたとか? 高級軍人は、奴隷です。 スルタンの奴隷であるマムルークは、自分が雇った一般人や、自分で買った奴隷を指揮して戦います。 スルタンは、自分の奴隷しか信用しませんでした。 奴隷たちも、自分の保身の為に主人に忠誠を誓います。 自分の主人が死んだり、失脚すると、その主人に仕えていた奴隷は、全てを失い、他の主人の下で働く事になります。 主人が変わった奴隷が、再度出世する見込みは、あまり多くなかったそうです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

再びご回答ありがとうございます。サーリフが死んだら、その子供の奴隷になったとしても出世することがないので、殺してしまったのですね。実力次第で一般人より奴隷の方が偉くなるみたいですが、買ってくれる人が入れば奴隷ということなのでしょうか。一般人と奴隷の違いは自分の財産を持っているかということでしょうか。それとも軍人は皆奴隷ということで、軍人に対して非常に厳しかったということでしょうか。奴隷から一般人になるケースはないのでしょうか。

関連するQ&A

  • 現代の中国軍人は奴隷の身分では?

    軍人なってトップになっても戦う相手が政府に指定されて、武器使用もトップの許可がないと出来ません。 衣食住が保証されてお金をもらえて結婚も許されているけど世襲ではありません。 なのに命はかけないといけません。 ちっぽけな地方の領主だとしても自身が政治と軍事と警察と司法の頂点に君臨してハーレムを作る夢もないし、警察権や司法権は限定された一部が戦時に発行されるだけです。 戦国時代には許されていた乱取りも禁止されて、奴隷売買は諦めるとしても戦地で見つけた子を嫁さんとして一生大切にしますというのもダメ、これで戦争に参加して何の意味があるんですか? 中国の軍人さんらは奴隷の定義ではないでしょうか?

  • イスラーム世界でのマムルーク

    イスラム教では聖職者身分がないなど人は神の前に平等であるはずですが、 イスラム王朝のサーマーン朝やアイユーブ朝などに (軍人)奴隷であるマムルークという身分が存在したのはなぜですか? 王朝がいくらイスラム教を信仰していても奴隷身分は現れるものなのでしょうか?

  • 駐留米軍人によるレイプはフィリピンでも起こっていますか?

    いつもお世話になっています。 駐留米軍人によるレイプはフィリピンでも起こっていますか? 沖縄で駐留米軍人によるレイプを筆頭にした事件が後を絶ちません。私はその原因の一つに「日米地位協定」の存在が大きいと思っていました。この協定は米軍人に日本人を奴隷と思わせるに十分な内容を含んでいると思っています。 所がヨーロッパにも同様の協定が駐留米軍との間で結ばれていると知りました。しかし住民の娘をレイプするような犯罪は皆無と聞きました。とすると「日米地位協定」の存在が沖縄での米軍人の犯罪を誘発しているわけでもなさそうです。 そこで思考がハタと停止してしまいました。考え続けているのですが、思いつきません。 結局白人(米軍人)による有色人種(日本人)差別の思想の為か? とも思っています。 そこで上記質問になりました。フィリピン(有色人種)にも駐留米軍人は多数いるでしょう。レイプなどの犯罪は多発しているのか知りたく思いました。 宜しく御願いします。

  • 奴隷についての考察

    ギリシア、ローマ、オリエントなどの時代にいた、奴隷のことです。 さまざまな奴隷制度があったり、奴隷の生活、どんな(なにをする)奴隷がいたかや奴隷の地位などについて調べてレポートを書いています。 それについての考察がいるのですが何かいい考察(?)ありませんか? 私なりに書いたりしてみましたが、何が伝えたいのか全く分からなかったり、短かったり、同じことを繰り返したり、となかなかいいものが書けません。。。泣 何かありませんか??助けてください!!

  • 軍人の胸の小さなバッチ

    映画の中で軍人の偉い地位の人の胸には小さなバッチがたくさんついていますね。あれは、なんなのでしょう。またどういうときのもらえるのか教えてください。

  • 軍人

    女性も軍人にならないといけないなんて辛い世の中だ、というのは女性軍人に対して失礼ですか?自ら志願して軍人になった女性軍人にです。 またこれは男性軍人が軍人になってもどうでも良い的な意味になりますか?

  • 在日米軍人による事件って結構有る物なのですか?

    いつもお世話になっています。 在日米軍人による事件って結構有る物なのですか? 在日米軍人による少女レイプ事件の様に大きい問題だと私のような基地のマチ部外者の人間にも耳に入ります。 そうでは無くて全国紙に載らないような、小さな事件にはどのような者がありますか? 頻度はどの程度ですか? そのような事件を起こしても「日米地位協定」によって米軍人の立場は守られる物なのですか?

  • 徴兵は、奴隷制度でしょうか?

    慰安婦問題について、にわか勉強しているものです。 どっちかというとネトウヨ(?)ぽい考え方に傾いています。 質問です。 国連における奴隷制(性的奴隷を含む)の定義は、 「奴隷状態とは、所有権を伴う権力の一部もしくは全部が  一個人に対して行使されている状況もしくは状態である」 というものらしいです。そこで次の質問に、簡潔に答えていただければと思います。 (1) 旧日本軍における徴兵された軍人は、国連の定義にいう奴隷制度の奴隷だと思いますか? (2) いわゆる従軍慰安婦は、国連の定義にいう奴隷制度の奴隷だと思いますか? (3) 現代の売春婦は、国連の定義にいう奴隷制度の奴隷だと思いますか? (4) (2)と(3)が異なるとしたら、その理由は何だと思いますか? (5) 現代日本で、国連の定義にいう奴隷制度の奴隷がありますか? それは何ですか? 以上について、考えを聞かせていただければと思います。 質問は以上です。 *--------------------* 質問の経緯を書いておきます。 戦前ならどこにでもある身売り話を、大げさにしたものが慰安婦証言だと思っております。 身売り話ならかわいそうで同情できますが、 性奴隷だというのはセンセーショナルに過ぎ、同情が吹き飛ぶように感じていました。 ところが国連における奴隷制(性的奴隷を含む)の定義ならば、性奴隷といえるような気がします。 しかしどうもしっくり来ません。範囲が広すぎな気がします。 この定義を無制限に適用するなら、世界に奴隷はあふれているような気がします。 戦中の日本人など一億総奴隷といっていいのではないでしょうか。 要するに、この定義には欠陥があるような気がするのですが、それが何か、すぐに思いつきません。 なので、皆様の考えをお聞きして、私の気になっている欠陥がなんなのか考えてみたいのです。 よろしくお願いします。

  • 奴隷とは

    奴隷とは何ですかな。 奴隷の特徴は何ですかな? 外国に行って奴隷状態の人を見聞きしたことはありますか? あるいは映画とかの奴隷でもいいのですが。

  • 昔の軍人の社会的地位は、医者弁護士より上?下?

    元自衛官の方の書かれたブログや書籍を読むと「普通の国」や「戦前の日本」では軍人の地位が高かったらしいのです。何か功績のある英雄というわけでもなくただその地位にあるというだけで昔の軍人は世間では尊敬されたらしいのですが、その尊敬の程度ってどれくらいでしょうか? 「普通の国」や「戦前の日本」で幹部以上の階級にある軍人がどういう特権を持っているのか、医者や弁護士、高級官僚、そのほか社会的地位の高いエリート的な職業と比較してかつての士官の序列はどの位置にあったのか、わかるところだけでいいので教えてください。