• ベストアンサー
  • 困ってます

住宅ローンの連帯保証人の支払いについて

  • 質問No.1349984
  • 閲覧数232
  • ありがとう数3
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 83% (282/339)

教えてください
友人が、お父さんの住宅ローンの連帯保証人になっているのですが、お父さんが不治の病気になり、働けなくなり、ローンを返済ができなりました。(お父さんは一人暮らしでした)

友人は未だ若く、収入も少ないので、お父さんの生活費の負担とその上ローンの返済もしないといけないとなると、生活もかなり苦しくなるようでとてもまいっている様子です。

その場合でも、やはり、無理をしてでも、友人は連帯保証人としてローンを返済していかなくてはならないのでしょうか?
又、支払いができないという、なにか証明になるものを提出する事によって、支払いを免除してもらう事はできるのでしょうか?

家は、お父さんがとても思い入れがあるらしく、できるなら、売らずに、最後の日まで、お父さんに住まわせてあげたいと考えているらしいのです・・。
やはり、この場合は、家を売って、ローンを返済する方法を薦めるべきでしょうか?

又、ローンの借り入れ時に、自宅の土地を抵当にいれているらしいのですが、もし、ローンの返済が滞って、抵当にいれている土地と家が競売にかけられた場合、競売で家が売れなくても、抵当の土地と家を銀行に取り上げられる事によって、ローンの返済は終えた事になるのでしょうか?

友人も、私も、全然その辺りの話が初心者でわからなくて、困っています。
今は、お父さんの残っている貯金でローンの返済やお父さんの生活費をなんとかやりくりしているようですが、貯金も近い将来底をつきそうで、とても不安がっています。

ちょっとでも友人の力になれればと思い、こちらに書き込みました。
よろしくお願いしますm(__)m

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2
  • ベストアンサー
>無理をしてでも、友人は連帯保証人としてローンを返済していかなくてはならないのでしょうか?
そうですね。どうしてもだめということになると破産・免責を受けるという方法はあります。この場合は持ちろんすべての財産は失われます。(その家も含めて)

>なにか証明になるものを提出する事によって、支払いを免除してもらう事はできるのでしょうか?
原則は出来ません。まあ銀行との相談により返済額などの相談や返済期間延長などはできますが、必ずしも銀行が了承するとは限りません。

>やはり、この場合は、家を売って、ローンを返済する方法を薦めるべきでしょうか?
問題はそれすら出来ない可能性がないかということです。売却代金がローン残高以下であればよいのですが。

>又、ローンの借り入れ時に、自宅の土地を抵当にいれているらしいのです
ちょっと意味がわかりませんが、”自宅”というのはその問題のいえということですよね?
であれば土地・建物に抵当権が設定されているのは当たり前です。必ず土地・建物に抵当権が設定されます。
何十年も前には建物だけとかありましたけど、いまはそんなローンはありません。

>抵当の土地と家を銀行に取り上げられる事によって、ローンの返済は終えた事になるのでしょうか?
いいえ残高があれば返済義務は残ります。全額返済しなければなりません。

>今は、お父さんの残っている貯金でローンの返済やお父さんの生活費をなんとかやりくりしているようです

まずお父様は自営業ですか?会社員ですか?自営業だと厳しいのですが、、、

会社員や公務員であれば、病気の場合には傷病手当金(給与の6割程度)が1.5年間もらえます。
また、障害が残る場合には障害年金・障害厚生/共済年金というものがあり、認定されると生涯受給できます。

まずは傷病手当金を受けていないのであればその受給が第一です。手続きはお父様の職場経由で行います。
障害年金関係は、主治医と相談して決めてください。こちらは直ぐに受給できるものではありませんが、上記傷病手当金が出なくなったあとに重要です。

ローンにかけられた団信生命保険や一般の生命保険はほとんど死んでいるに近い状態又は死亡でなければ保険金は出ません。
お礼コメント
mily3

お礼率 83% (282/339)

とてもわかりやすい説明、ありがとうございますm(__)m
やはり、無理してでも支払わないといけないのですね・・。(><)
友人のお父さんは自営業をされていると聞いています・・(><)
障害年金の手続きの話、一度話してみます。
投稿日時:2005/04/25 15:14

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.1
お友達とすればさぞかしご心配でしょう。
しかしながら結論から言えば、連帯保証している限り、代わりに支払う義務はあります。
ただし、借入先金融機関に事情を話し、月々の返済額を減額してもらうよう要請し承認を得たり、あるいは、住宅ローン借入時に、借りた人に万が一の事があった時のために加入させられる団体信用保険に加入していて、その条項の中に、重病等による支払免除事項があるかも知れません。
金融機関も、支払不能になって面倒な事後処理をするより、何とか完済してもらう方が都合が良い筈ですので、相談に応じる筈です。早めに相談される様、ご友人に勧めた方が良いかと思います。
お礼コメント
mily3

お礼率 83% (282/339)

早々のご回答ありがとうございますm(__)m
友人は一度、銀行に相談してみたそうですが、お父さんの病状は今の段階では、保険の免除対象にはならないらしいのです。(少しづつ悪くなっていって、数年後には病状が進んで免除対象になる病状になってしまうらしいのですが・・)
又、しばらくは利子だけの支払いにしてもらえるどうかも相談したらしいのですが、その後、ちゃんと支払える保障がないと難しいという返事だったらしいです。ローンの減額(延長)はお父さんがローンの組めるぎりぎりの年齢まで無理をしてローンを組んでいるらしく、それも無理と言われたそうなのです。(><)
なんとか、友人の気持ちが少しでも楽になる方法があればいいのですが・・・。
投稿日時:2005/04/24 21:04
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ