• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

日本刀の重さは?その役目は?

日本刀は普通に思っている以上に重いと聞きました 子供だったら絶対持ち上げられない重さと聞きました 正確にはどのくらいの重さなのでしょうか?(それぞれとおもいますが) ということは暴れん坊将軍みたいに刀を華麗に振り回したりする戦い方というのはやはり難しいというか不可能なのでしょうか? それとその重さは人を切るのに切れやすくするために重く作られたのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数2430
  • ありがとう数30

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
  • kawakawa
  • ベストアンサー率41% (1452/3497)

ごく一般的なサイズ;2尺4寸~2尺5寸;の日本刀の場合、重量は920g~1200g程度です。 これは刀身のみの重さです。 日本刀は独特の焼き加工を施し、多重構造となっていて、また、他の刀とは異なる独特の反りが特徴となっています。これは馬上で横薙ぎにして用いることを基本として作られた形ではないかとも言われています。 重さ1kgを超える長い鉄の棒を振り回せばどうなるでしょうか?日本刀の事故で非常に多いのが、誤って自分の足を切ってしまうものです。竹や畳などの試し切りをするときに、その重さに負けてしまい、自分の足を切ってしまうのです。もっとも、現代人よりはるかに力があり、訓練されていた武士達は平気だったのかも知れませんネ。 宮本武蔵なんかは左手で一振りしただけで竹刀が壊れたという逸話があるくらいですから、刀を振り回しても平気だったでしょう‥ カミソリの切れ味と1kgを超える重量。これと遠心力が加わると非常に切れ味の鋭い殺人兵器となります。ただし、一人を切ると脂が付き、切れ味は極端に低下します。 ですから、薩摩藩の剣術のように、一太刀で敵の頭を砕くというものもあったわけです。これは切れ味よりも重さとスピードと気迫が重視され、実際に幕末では他の藩から非常に恐れられた一撃必殺の剣術でした。 参考になりましたでしょうか? 以上Kawakawaでした

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 戦いの時、日本刀の手入れはできるの?

     ハガネの包丁はすぐに錆びちゃいます。濡らしておくと、研いだ直ぐ後や、  気温が高いとあっという間にサビが浮いてきて、ほっておくと錆びちゃいます。  鋼の包丁は使ったら直ぐ拭いて、水気をとれ、乾かせば錆びない、と言われ  気をつけて、よく水気を拭いて乾燥させています。まあ、それでも気を抜くと  サビが浮いてきてしまいます。  ■さて、本題なのですが、よく、日本刀は数人切ると切れない、とか、いや切れるとか  議論を聞きます。でもサビの観点から考えたらどうなんでしょう?  戦いの後の刀のメインテナンスはどうしたんでしょうか?  もしもですよ、暴れん坊将軍みたいにバッタバッタときったらそれこそ、血だらけで  日本刀も血だらけです。そのままさやにおさめちゃったら、血糊がさやにくっついて  日本刀自体が抜けなくなると思います。おまけに錆びちゃいます。  水で錆びるんなら、血ならもっと早いです。  急いで刀を水で流して、拭いて乾燥させないとサビサビになってしまいます。  じゃあ、戦いで日本刀を使ったらどうでしょうか?戦っている最中に洗って乾燥する  なんてできっこありません。刃に血糊が付いている状態でさやに入れちゃえば、  くっついちゃって抜けません。おまけに直ぐ錆びます。  昔だからステンレスの刀、というわけにもいかないですしね。  ということは、武器として使った日本刀は結構面倒くさい、ということになりませんか?  当然、戦争が終わった夜に使った日本刀を研いだり、拭いたりしたんでしょうけども  どっちかといったら、殴ることに主眼をおいた槍、さやに入れるわけでもないので  槍のほうが、まだ、持ち運びやメンテナンスは楽だという気がします。  ■思うに、刀は実戦的ではない。   槍のような長柄の武器に比べて不利、ということもあるが   一旦、使ってしまうと、それを持ち運びするのがとっても面倒。   (血が付いたのでは抜身で持つか、サビを覚悟でさやに入れるか)   槍なら、使ったて、ただ同じように持ち運ぶだけ。    だから、刀は戦場では護身用にすぎない。最終的に使うもので   主武器にはならない。   戦い時の日本刀の持ち運び、手入れから考えて   刀は昔のいくさでは使いづらいと思うのですが、皆さんの考えを教えてください。     

  • 日本刀について

    このたび学校で日本刀の魅力についてプレゼンしようと思っています。そこで、わからないことがありましたので質問します。 ・日本刀の発祥はどこか。 もともと日本独自のものなのか。 それとも大陸から伝わった刀の製法を高度化させて作ったものか。 ・多くの日本刀にある「反り」は何のためにあるのか。 ・日本刀の魅力、醍醐味といえば? 回答よろしくお願いします。

  • 日本刀について

    日本刀とはなんぞやっていうことが疑問なわけですが、例えばルパン三世の五右衛門が持ってるのも日本刀ですよね。時代劇で使われているつばのついているものも日本刀ですわなぁ。なんか違いがあるんですか? それとひとつ、居合というものがありますよね。あれは鞘から刀を引き抜いて・・・ってわけですが、鞘がないとあんなスピードはでない・・・みたいなうまく説明できないですけど、とにかく鞘は結構重要なようですね。鞘ってなにでできてるんですか?居合なんてやったら鞘はぶっこわれないんでしょうか。すぱぁって切れないんですか?

その他の回答 (2)

  • 回答No.3

刀の長さにもよるとは思いますが、1kg前後はあると聞きました。 先日、模造刀を持つ機会があったのですが、 長刀はやはり、結構な重さがありました。 あれで時代劇にたいにチャンバラしたら、かなり疲れるでしょうね。 ただ、あのチャンバラがある事を考えると、あまり軽い刀では不安です。 簡単に折れちゃったりしたらシャレになんないですもんね。 確か日本刀は、切れ味の良い鉄と、粘りのある鉄との多重構造になっていると聞きました。 その金属の重ね目が、あの独特の波形を描く刃紋となって現れる訳ですね。 それから、日本刀に切れ味の話ですが、『日本刀は相手を切るものではなく、 相手を叩き殺す為の道具だ』と聞いた事があります。 確かに、新品では切れ味が良くても、戦の途中で相手の血や脂が付いたり、 徐々に刃こぼれしたりして切れ味が悪くなるでしょう。 そうなった際に、最終的には相手を撲殺する為の道具になってしまうのは、 仕方の無い事なのかなぁ~、と言う気がしますね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
  • eddy
  • ベストアンサー率23% (123/534)

いろいろ調べたんですが、刃渡りは書いてあっても、重さは記載されていませんね。 あまり重要ではなかったのかな。 確かに、マサカリやナタなどのようにある程度重さがあった方が、切りやすいと思います。 たとえばバットを片手で持つと結構不安定ですよね。 これを、さらに不安定な馬に乗ってぶんぶん振り回していたことを考えると、時の武将はよほど運動神経と筋力が発達していたのでしょう。 とわいえ、帯に差して歩いていたことを考えると、子供が持ち上げられないというのは、眉唾的ですが…

参考URL:
http://www2d.biglobe.ne.jp/~yamaka/

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 日本刀について質問します。

    日本刀について質問します。 私はずっと日本刀、特に鎌倉時代の古刀は現代でも再現できない優れた技術で作られており、世界的にも非常に優れた刀剣だと思い込んでいたのですが、実際はどうだったのでしょうか? というのも、亡くなった祖父に以前、以下のようなことを言われたことがあります。 「日本古来の玉鋼製の刀よりも戦時中に車などの廃材から作った刀のほうが粘りがあり頑丈でよく切れた」 「粗悪な戦時下の廃材の刀ですらよく切れたから現代の最新の鋼鉄や合金を使えばもっと凄い刀になるはず」 「日本刀なんかよりもこっちのほうがずっと優れてる」(食肉加工工場で使われてた食肉を骨ごと切断するための機械の刃。脇差くらいの大きさ) なお、祖父は居合道8段で、日本刀所持者であり、食肉から竹、巻き藁、氷柱など、色々なものを試し切りしてきた武道家です。 非常に身も蓋もない性格で、「拳銃より名刀のほうが優れている。なぜなら名刀を売って機関銃を買えば拳銃なんか敵じゃないからだ」みたいなことを言ってしまう人で、日本刀自体には思い入れがないようだったので、日本刀に対する偏見みたいなものがあった可能性はあると思います。 経済的に名刀で試し切りはしたことは多分なかったと思いますし。 例えばですが、現代の最先端技術を駆使して作った刀と古来の名刀を比較した場合、切れ味、頑丈さ(折れにくさ)、刃の耐久度(刃こぼれのしにくさ)はどちらが上か。(両方同じ形状に加工したとして) 両者を剣術家に持たせた場合、どちらの刀を持ったほうが強いのか。 どう考えられるでしょうか? イメージ的には戦車や宇宙船なんかの装甲を刀に打ち直せば切れ味はともかく強度は古刀より頑丈そうな気もするのですが。 なお、私自身は武道も未経験で金属工学もよく分からない素人です。 日本刀と金属工学に詳しい人がいたらよろしくお願いします。

  • 日本刀について教えてください。

    日本刀について教えてください。 刀剣商の説明によると、有銘の刀には偽銘が多くて素人では見分けがつかないが、日本刀剣協会が極めた保存刀剣や特別保存は無銘でも信用が出来るとの事です。 昔の刀匠は注文を請けたら、必ず二本を鍛えて注文者に渡す一振りに銘を彫るので、他の一振りが出来が悪いとは限らないそうです。 その話の真偽は別として、販売されている刀は、やはり古刀以外は有銘の方が高価なようです。 「無銘に偽銘なし」という言葉がありますが、持つ人の気持ち次第でしょうか。 日本刀に興味のある先輩方のご意見をお聞かせください。

  • 日本刀

    yahooオークションで、日本刀と検索するとよく、これは江戸時代の刀の鍔ですという売り文句で出品なさっている方が多くいらっしゃるのですが、本当に江戸時代のものなのでしょうか? また、江戸時代の刀のようなものはオークションに出されるほど、価値がないのでしょうか?

  • 日本刀の重さ

    美術館や日本刀専門店で展示されている日本刀は、刃渡りやそりなどの数字は表記されていますが、 重さはどのくらいあるものなのでしょうか? (当然長さや幅などによって違ってくるのでしょうが) また、柄をつけて、鞘に収めた時は全部でどのくらいの重量になるのでしょうか。 素人にもわかりそうな本や資料を色々見ましたが、重量に関する記述が全く見当たりませんでした。 ご存知の方教えて下さい。

  • 日本刀の数え方

    日本刀は「一振り」「二振り」と数えるものだとずっと信じてきたのですが、 国立博物館の刀剣展示室の解説に「口」という単位が使われていました。 また、刀剣関係の書籍でも「口」という単位をよく見かけます。 どちらも正しい刀の数え方だとは思いますが、どういう風に使い分けているのでしょうか。 また、太刀も「振り」や「口」の助数詞をつかうのでしょうか。 (因みに、以前○売新聞の社会面の記事に、日本刀を「×本」と書いてあったのを見て、唖然としました。)

  • 日本刀について

    主人の友人のイギリス人が、日本刀を所有しているそうで、 刻印?を解読してほしいと頼まれたのですが、全く分からず困っています。 おそらく「濃州関住○窯兼廣作」(○の所は未だわかりません) と彫られているように思うのですが、ネットで色々調べても、 この刀がどういったものなのか、高価な物なのかどうか、 さっぱり分かりません。 この刻印から、何かお分かりになる方がいらっしゃいましたら、 どんなことでも結構ですので、教えていただけると助かります。 どうぞよろしくお願いいたします。

  • 日本刀

    日本刀について調べていたのですが、 まず鉄をもろくする硫黄やリンが含まれていない純度の高い砂鉄を 木炭に含まれる炭素と融合する事でハガネをつくるのだと 聞きました。 その精製されたハガネを今度は刀匠が1本の刀としての形を築くために、 含まれた炭素の量を刀全体に均等にした上で、断熱材として土+炭の粉を表面にぬり、それが刃文になるのだとか。 その後、とぎ師の元へ行き、完成するという事を知りました。 ここでなのですが、 刀は、もはや刀匠が刀としての形をつくった時点でといいますかハガネがつくられた時点で、それは世界に1つしかないもの(同じものはつくることができない)になるはずですよね? では「打ち直す」というのはいったいどういう事になるのですか? 損傷した部分にまた新たなハガネを取り付けていくという作業になるとしたら、 元の刀と取り付けたハガネの炭素量を均一にしたりできるものなのでしょうか? 名人ともなると可能な事なのでしょうか? 「打ち直し」という作業についてはあまりにもピンくるものがなく ここで回答をといいますか、解説を求めようと思いました。 刀について、打ち直しについて詳しい方がいましたら 回答よろしくおねがいします。

  • 日本刀の「はばき」について

    どのカテゴリにしていいのかわからず、ここにしました。 本に載っている日本刀の写真は、刀身だけのものばかりですが、 実際に博物館や美術館に展示されている刀は、必ず「はばき」がついていますね。 (ド素人なもので、最初は「はばき」という言葉を知らなかったので、 「刀のパンツ」と呼んでいました) 展示するにあたって、「はばき」を外したら刀にとって 何か不都合なことがあるからなのでしょうか。 素人が刀身だけを見る機会はないものでしょうか。 刀剣に詳しい方、教えて下さい。

  • 日本刀に詳しい方教えてください。

    日本刀に詳しい方教えてください。 この刀の掛け方っておかしくないですか? 柄の向きが逆だと思うのですがこれが正しい刀の掛け方ですか?

  • 日本刀のエピソードが載っている本を探しています

    日本刀と、それに関する薀蓄について調べています。絶版していない書籍の中で、何かお勧めの本はありませんか? 調べている内容は以下になります。 日本刀の造りに関しては調べていないので、注意してください。 ・刀が作られた由来 ・刀が使われた逸話 ・刀工に関する逸話 ・その他、刀に関する伝承など 写真や図解はあってもなくても良いです。 特に、天下五剣に関する話が載っていれば良いです。他にも、名刀であるないに関わらず(名刀であることに越したことはないですが)、逸話が多ければ多いほど良いです。

専門家に質問してみよう