• 締切済み
  • 困ってます

リン酸ナトリウム緩衝液の緩衝能について

化学の素人です。 リン酸一ナトリウムとリン酸二ナトリウムを用いて50mmol/L リン酸ナトリウム緩衝液(pH5.5)を調製して実験していますが、この緩衝液に緩衝能はありますか?お教えください。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 化学
  • 回答数3
  • 閲覧数3884
  • ありがとう数4

みんなの回答

  • 回答No.3
  • 38endoh
  • ベストアンサー率53% (264/494)

緩衝液中で実験をされているということは、pH を変化させる物質(酸や塩基)の出入りがあるということですよね? 具体的に、どの程度の量の出入りがあるのでしょうか? また、pH = 5.5 で実験をされているということですが、実験を行いたい pH の範囲は、具体的にはいくつでしょうか?(例えば pH 5.4 ~ 5.6 とか) 実際に、ご自分の系でどの程度の pH 変化が起こりうるのか、計算をしてみるのが良いかと思います。pH 変化が所望の範囲内に抑えられていれば、「緩衝能あり」と判定してよいでしょう。pH 計算方法の概略については、参考 URL を見てください。もし分からない点があれば補足要求をしてください。 化学の素人さんということですので、きっと学生さんですよね? pH 計算は基礎ですので、ぜひ、頑張って解いてみてください。なお、どうしても解けないのでしたら、以下のようなシミュレーションソフトもあります。  http://www.vector.co.jp/soft/dl/other/java/se338621.html ちなみに、pH = 5.5 なら酢酸(pKa = 4.56)緩衝液の方が適切だと思います。もちろん、実際の実験では緩衝能以外にも多くのことを考えなければいけないので(副反応とか)、必ずしも酢酸・酢酸ナトリウムの緩衝液が適切とは限りませんが…。リン酸(pKa = 2.15、7.20、12.35)だと、かなり高濃度でないと高い緩衝能は期待できないと思います。

参考URL:
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=498675

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。参考にさせていただきます。

  • 回答No.2
  • indoken
  • ベストアンサー率37% (173/457)

No.1です。 各種の緩衝液がマニュアルなどに載っています。 ご覧になれば、緩衝効果があることが 確認できるでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。参考にさせていただきます。

  • 回答No.1
  • indoken
  • ベストアンサー率37% (173/457)

> この緩衝液に緩衝能はありますか? 緩衝能はありますよ。緩衝液ですからね。 緩衝液に緩衝能があるかどうか ちょっとふしぎな質問です。 心配する理由があるのでしょうね。 でも理由が分からないので、的確な 回答をするのがちょっと難しいです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。リン酸緩衝液では、中性での緩衝能があるとのことをよく拝見しますので、弱酸性ではどうなのか・・・と思いまして。 リン酸一ナトリウム溶液にリン酸二ナトリウム溶液を加えて、pH5.5にしますが、こういう溶液を緩衝液といってよいのでしょうか。素人質問で申し訳ありません。

関連するQ&A

  • リン酸緩衝液の緩衝能

     私はpH7のリン酸緩衝液をKH2PO4溶液とK2HPO4溶液の混合溶液を用いて調製しているのですが、たとえば、KH2PO4のみを水に溶かし、NaOHでpH7に調製した溶液はどのような緩衝能を持つのでしょうか?  pH7から酸性側にだけ緩衝能を持ったり、pH5付近でのみの緩衝能を持ったりするのでしょうか?  なぜかもご存知の方は理由も教えていただけると助かります。よろしくお願いします。

  • リン酸緩衝液作り方について教えてください

    実験でリン酸緩衝液が必要です。 前の実験者の人と同じ条件で行わなくはいけない実験なのですが、前の実験者の調製方法に誤りがあり、よくわかりません・・・ (1)リン酸二水素ナトリウム2水和物 0.2M (2)リン酸水素二ナトリウム12水和物 0.2M 以上の試料を用いて作る場合、どのように調製したら良いのか詳しく教えていただきたいです。 1L作る場合に、どちらを何gとか何mLとか具体的に教えていただけるとありがたいです。 よろしくお願いします。

  • 緩衝液について

    私は今、実験を行っています。 そこでリン酸のph緩衝液を作ろうと思っています。 そこで、リン酸一カリウム(固体)とリン酸一ナトリウム(固体)でph8の緩衝液とph12の緩衝液を作ることができますか? 片方の試薬だけ使って調製できるのであればそれでもOKです。 わかる方、作り方をご指導よろしくお願いします♪ P.S.わからないことがあればカキコミください。    なるべくお答えします。

  • リン酸ナトリウム緩衝液とは?

    5 mg のパンクレアチンを含む、0.2 M リン酸ナトリウム緩衝液 (pH 8.0)を作りたいのですが、リン酸ナトリウム緩衝液とは、 リン酸緩衝液とは別物なんでしょうか? 日本語の文献には 「5 mg のパンクレアチンを含む、0.2 M リン酸ナトリウム緩衝液 (pH 8.0)」と記述されていたのですが、もとの文献には、 7.5 ml of 0.2 N sodium hydroxide and addition of 5 mg pancreatin in 7.5 ml of pH 8.0 phosphate buffer とありました。この文章からはpH8.0のリン酸緩衝液7.5 ml中に、 0.2 N水酸化ナトリウム7.5 mlとパンクレアチン5 mgが入っている かのように理解できるんですが・・・・ どなたか、ご存知のかた教えてください。

  • リン酸溶液の緩衝能について

    リン酸を水酸化ナトリウムで滴定する実験をしたのですが、リン酸溶液が明らかにpH=7付近でpH緩衝能を示すのはなぜですか?

  • リン酸緩衝液の作り方について

    200 mmol/L のリン酸緩衝液を80 mL 作るのですが、それぞれの試薬の分量が分かりません。 リン酸二水素カリウムを精製水に溶かし、5 mol/L KOHでpH6 に調整します。 これをメスシリンダーでメスアップして200 mmol/L にする。 リン酸二水素カリウム、精製水、KOHの分量が分からないです。 教えてください。

  • リン酸緩衝液の作り方(下の質問は削除してください)

    去にいろんな方が質問されていますが、私も質問させてください。 リン酸(関東化学 85% 1.69g/ml) リン酸1Na2水素 を使って作った場合ですが、 リン酸 50 mmol リン酸1Na2水素  50 mmol を混ぜて全量1Lに調整した場合(pH2.1) 100 mmol/L というのは理解できたのですが、 これを10倍希釈するとpH2.6 10 mmol/L になるというのが理解できません。濃度は良いとして、緩衝液を希釈した場合、pHはどのように計算しているのでしょうか? よろしくお願いします。

  • リン酸緩衝液の緩衝能測定実験結果について。

    学校で行った実験は、KH2PO4 6.733g,Na2HPO4 0.044gでpH4.68のリン酸緩衝液250mlをつくり、水酸化ナトリウム溶液,塩酸溶液それぞれ0.5mlずつ滴下し、pHを測定するものです。 私は、pH7.2のとき最も強い緩衝能を発揮すると聞いたので、pH4.68からスタートしてNaOHでpHをあげていきpHが7.2に近くなればなるほど、溶液を滴下したときのpHの変化は小さくなっていき、逆にHCLを滴下してけばしていくほどpHの変化は大きくなるだろうと思っていました。 しかし結果は、NaOHのほうはその通りだったんですが、HCLも滴下してくにつれpHの下がり具合は小さくなっていきました。これは何故ですか?もちろん変化の仕方はどちらも僅かずつではありました。 そこまで精密な実験ではないので、失敗だったんでしょうか。 また、緩衝能を最大に発揮しているときのリン酸緩衝液はどういう状態になっているんでしょうか? お時間あるかたはぜひ教えてください。 専門的なことはわからないので初心者向けの説明をお願いします。

  • イオンペア試薬とりん酸緩衝液について

    HPLCの新規メソッド開発で、りん酸緩衝液にイオンペア試薬を入れた移動相を調製したのですが、 いくつかうまくいきませんでした。 (1)10mMりん酸緩衝液(pH3.5)中に2mMのSDS(ドデシル硫酸ナトリウム) →泡立ってしまいHPLCの移動相として使えるか疑問 (2)10mMりん酸緩衝液(pH3.5)中に5mMのSDS →泡立ちと白濁(白濁は温めたら無くなったが冷えたらまた白濁した) うまく調製できない為、先に進めず困っています。 ご意見を伺えたら幸いです。 よろしくお願いします。

  • 緩衝液のpHに対する考え方について

    早速ですが・・ 0.05mol/Lリン酸一水素ナトリウムと0.025mol/Lクエン酸を用いてpH6の緩衝液(Mcllvaine緩衝液 pH6)をつくりたいのですが、どの考え方で混合していけばいいのかをアドバイスいただきたいです。 0.05mol/Lリン酸一水素ナトリウムは、リン酸水素二ナトリウム十二水和物(Na2HPO4・12H2O、分子量358.14)、0.025mol/Lクエン酸はクエン酸一水和物(分子量210.1)を用いて調製予定です。 この各々の溶液を調製するのはなんとかできると思うのですが、2液を混合してpH6の溶液をつくる際、どのような考え方で調製するのかが、よくわからないのです。 明日までにはなんとか知りたいです。 どうぞよろしくお願いいたします。