-PR-
解決済み

内閣不信任案について

  • 困ってます
  • 質問No.13198
  • 閲覧数83
  • ありがとう数10
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 43% (10/23)

最近、森内閣に対する内閣不信任案提出などいわれていますが、可決されたときに首相が取る判断についてよくわかりません。1内閣総辞職、2衆議院解散のどちらかをとるということは聞いていますが、いみがわかりません。
内閣総辞職ということはそのまま退陣ということなのでしょうが、衆議院解散ということはどういうこと?衆議院が解散すれば、首相(この人も国会議員ですよね)もやめてしきり直しということ?それとも首相は残るの?うーん、よくわからないので誰かわかる方教えてください。
通報する
  • 回答数2
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2
レベル13

ベストアンサー率 44% (527/1181)

◆Naka◆
shoyosiさんが、きっちりご説明くださっているので、私は簡単なお話をさせていただきます。
内閣不信任案というのは、いわゆる「世論」が内閣を認めていないときに発せられることが多いですね。なぜなら、例え建前でも「国会議員は主権たる国民の代表者」として、国会に集っているからです。また、世論が不支持に廻っているときの方が効果が高いからです。

さて、衆議院で内閣不信任が可決されたとしましょう。そこで内閣が安易に「衆院の解散」→総選挙をしたとするとどうなるでしょう??
世論は内閣不支持に動いているわけですから、総選挙において、与党が敗れる可能性が高くなりますよね。少なくとも現状よりも議席を減らす覚悟が必要になります。
そうすると、政権の維持に大変な努力や妥協が必要になりますし、最悪、政権を奪われる可能性も出てきます。また、野党の中から協力を求め、ポストを分けたり、言い分の一部を認めなくてはならなくなったりします。
ですから不信任案が可決されたからと言って、「衆院を解散」すればいい、という問題ではないわけです。
お礼コメント
komasa

お礼率 43% (10/23)

なるほど、現代にそったわかりやすい解説で
理解しやすかったです。ありがとうございます。
投稿日時 - 0000-00-00 00:00:00
関連するQ&A
-PR-
-PR-

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.1
レベル14

ベストアンサー率 46% (1678/3631)

 憲法69条により、衆議院を解散しない限り総辞職することになっています。  1.衆議院解散  衆議院を解散すれば、衆議院議員は全員やめることになり、新しい国会では、新しい内閣が指名されます(他の人が指名されれば、やめることになります)。それまでは、本人が落選しても、その間の事態に対処するため(憲法71条)、内閣を続けることになります。  2.内閣総辞職  内閣が、総辞職すれば、国会の議決で、選出す ...続きを読む
 憲法69条により、衆議院を解散しない限り総辞職することになっています。
 1.衆議院解散
 衆議院を解散すれば、衆議院議員は全員やめることになり、新しい国会では、新しい内閣が指名されます(他の人が指名されれば、やめることになります)。それまでは、本人が落選しても、その間の事態に対処するため(憲法71条)、内閣を続けることになります。
 2.内閣総辞職
 内閣が、総辞職すれば、国会の議決で、選出することになります(憲法67条)。この場合も、新しい内閣が任命されるまで、森内閣は続きます。規定上は、あたらしい新内閣もまた森内閣でも、かまいません。
お礼コメント
komasa

お礼率 43% (10/23)

ありがとうございます。これで月曜からの動向は
わかりやすくなるでしょうね。
投稿日時 - 0000-00-00 00:00:00
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


新大学生・新社会人のパソコンの悩みを解決!

いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ