• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

バンコクエアウェイズ

以前バンコク発プノンペン着のバンコクエアウェイズに乗りました。 その時一旦は離陸したのですが、一時間位飛行してからまたバンコクに到着しました。 もちろんその後、同じ飛行機に乗ったままプノンペンに行きましたが。 機内でのアナウンスがタイ語と英語だった為、理解出来ませんでした。 他の乗客たちもみんな何事も無いような感じでした。 いったい何が起こったのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数368
  • ありがとう数6

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4
  • nidonen
  • ベストアンサー率55% (3658/6607)

 #2です。質問者さんが乗ったのは、参考URLに載っている プロペラ機ではありませんか? 私もバンコク・エアウェイズの 同機材を利用したことがあります。プロペラ機は巡航高度が低く、 雲の上に出ないことは珍しくありません。バンコクからトラート まで飛んだときも、最初から最後まで地面の様子がよく見えました。  また、タイとカンボジアの国境にはカルダモン山脈があります。 ひとつ山を越えると、天候が急変することは珍しくありません。  もちろん、ダイバートの理由は天候不良とは限りませんし、質問 者さんのケースでも、たとえばプノンペン空港で事故が発生して、 滑走路が閉鎖されていたのかもしれませんね。 ※同エアラインは昨年からエアバス320を導入し始め、現在は バンコク-プノンペンはジェット機で運航されているようです。

参考URL:
http://www.bangkokair.com/en/about/fleet.php

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ん~、プロペラ機だったのでしょうか。 今までに何度かバンコクエアウェイズで、バンコクープノンペン間を利用しています。 毎回搭乗するまでは「プロペラ機だったら嫌だな。」とか考えながらチェックインするのですが、 いつも忘れてしまってプロペラ機かどうか確認しないでいます。 ただ、この日再度飛行した時は雲より上を飛んでいましたよ。 はじめてこの便に乗った時は、確かに山を越えていましたが、いつの間にか その山の景色が見れないルートに変わっていますよね。 もしかしたら山の天候が原因だったのでしょうか。 プノンペンの空港に着いて、バイタク・ドライバーに聞いたのですが、分からないと言ってました。

関連するQ&A

  • バンコク→プノンペン→シェムリアップ飛行機移動は可能?

    バンコク~シェムリアップ間を飛行機移動しようと考えております。 バンコクエアウェイズ直通で行くと片道4675THB(114USD)かかってしまうのですが、エアアジアで7:00バンコク発8:10プノンペン着(299THB)→バンコクエアウェイズで9:30プノンペン発10:25シェムリアップ着(56USD)の経由で行くと60USDで行けてしまうので、ちょっと面倒ですが、この二便をしようしてバンコク~シェムリ間を往復しようかと考えています。しかしながら、乗り換えに使える時間がわずか1:20しか無いので、可能かどうか不安です。国内線だからギリギリの時間にチェックインでも大丈夫なのでしょうか? 実際に使用した方や、詳しい方がいらっしゃいましたらご教授願います。

  • 機内英語

    飛行機の機内でのアナウンスはどのように言っているのでしょうか?離陸・着陸前,ドクターコールの時の英語でのアナウンスを御存じの方,又は掲載されているサイトを御存じの方は教えて下さい。 おねがいします。

  • タイ航空、日本語アナウンスはありますか?

    タイへの旅行を計画しています。 今度は初めてタイ航空を利用しようと思っているのですが、ひとつ不安があります。 今まではJALしか利用したことがなく、当然ですが機内アナウンスも日本語でした。タイのスワンナプーム空港からの帰国便も、タイ人の方が日本語で「ただいまより優先搭乗を開始します・・・」といった搭乗アナウンスをしていました。 タイ航空の場合、そういった機内&搭乗アナウンスは日本語でしてくれるのでしょうか?それともタイ語&英語のみでしょうか? ちなみに成田~バンコク発着です。 よろしくお願いします。

その他の回答 (3)

  • 回答No.3

いったん離陸した飛行機が何らかの理由で、到着空港へ降りれないことはよこあります。 私も一度だけ体験していました。JASでしたので、機内アナウンスで理由が分かりました。仁川空港までいって成田へ。霧のために降りられなかったのです。 着陸の可否は機長の判断です。成田で1泊して明日朝早く臨時便の形で運行しました。 理由はいろいろですので何が起こったのかは分かりません。ただ、同じ機材で再出発ですから、プノンペン空港に関するトラブルでしょう。 航空会社にすれば、1往復の燃料代・着陸料・搭乗者のホテル(宿泊費こみ)代。 仁川空港で、その飛行機に乗る人の滞在費(普通は他社便等に)など相当の費用になります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

仁川まで行って又成田へ戻ったんですか?それもすごいですね。 ただこの日は昼過ぎの便で天気も良かったんですよ。 プノンペンの空港に関するトラブルとはなんでしょう? いつもガラガラで込み合ってないからトラブルもなさそうな気がします。 回答ありがとうございました。

  • 回答No.2
  • nidonen
  • ベストアンサー率55% (3658/6607)

「同じ飛行機に乗ったまま」ということは機材トラブルではないでしょうから、 #1 さんがおっしゃるとおり、天候不良が原因で引き返したものと思われます。  このように、目的地とは異なる空港に降りることを「 ダイバート(Divert)」 と言います。飛行機の運航ではあらかじめ、天候不良や機材故障時の緊急 着陸に備えて、代替空港を設定するのが決まりです。参考URLはJALの例 ですが、悪天候のため途中の空港に着陸するケースが多いことが分かります。  ダイバートのための代替空港は飛行経路の途中にある空港を指定することが 多く、バンコクからプノンペンでしたら、チャン島への入口であるトラートの 空港などが候補になります。ただ質問者さんのケースでは、プノンペンの天候 次第では運行中止の可能性もあったでしょうから、それに備えて出発地のバン コクに戻ったと推察されます。バンコクなら燃料補給にも都合がいいですしね。

参考URL:
http://www.jal.com/ja/operate/table4.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

この日は天候が良かった事ははっきりと覚えています。 と言うのも普通は離陸してしばらくすると、何とゆう言葉で表現したら良いか分かりませんが、雲より上を飛びますよね? この日はずっと雲より下を飛んでいたので最初っからおかしな感じがしていて、窓からずっと景色を眺めていたんで覚えているんですよ。 確かにバンコクに着いて直ぐ燃料補給していましたが。 回答ありがとうございました。

  • 回答No.1

こんにちは。 バンコクからプノンペンまではちょうど1時間ぐらいの飛行時間が設定されていますので、 プノンペンの空港に着陸出来ない何らかのトラブルがあって着陸出来なかったんだと思います。 天気が悪かったとか、滑走路が閉鎖されていた?とか…。 そういう細かい事まではニュースになったりしないので、 日にちと便を覚えていたらバンコクエアウェイズに直接聞いてみる以外方法はないかも知れません。 あんまり参考にならない回答でゴメンなさい。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

昼過ぎの便で行ったのでだいたいの時間は分かるのですが、 日にちが思い出せません。 バンコクエアウェイズのホームページを見たら英語でした。 一人で旅行をしてますが全く英語は苦手です。 回答ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 外資系航空会社の日本発着便は、日本語での機内アナウンスを義務付けられて

    外資系航空会社の日本発着便は、日本語での機内アナウンスを義務付けられているのでしょか? ずっと以前から標題の件で気になっていたのですが、実際どうなのでしょうか? 例えば個人的にはよく、タイ国際航空を利用するのですが、日本発着便に関しては、例外なく、タイ語、英語に続いて機内で日本語の機内アナウンスが流れます。(日本人乗務員によるアナウンス) 因みに、タイ国際航空のバンコク発クアラルンプール行きは、タイ語、英語のみで、マレー語の機内アナウンスはありませんでした。 同じくParis CDG行きも同様にタイ語、英語のみでフランス語の機内放送は一切ありませんでした。 他の外資系航空会社も同様であったと記憶しています。 例えば <キャセイパシフィック航空> 香港-東京:広東語、英語に続いて日本語あり。 香港-チューリッヒ:ドイツ語、フランス語など一切なし。 バンコク-ムンバイ:ヒンディー語無し <マレーシア航空> クアラルンプール-東京:マレー語、英語に続いて日本語あり。 クアラルンプール-ウィーン:ドイツ語無し 外資系航空会社の日本発着便は、日本語での機内アナウンスがあるのは何故でしょか? また、これらは各航空会社が自主的に実施しているのでしょうか? それとも何らかのルールが存在して、その様に実施が義務付けられているのでしょうか? 本件に詳しい方、是非ご教示お願いします。

  • 旅客機の故障で引き返しの原因って?

    先日乗ったジャンボジェット機(747-400)が、空港離陸約 1時間10分後(11時間の飛行予定)、「メカニカルトラブル発生のため 今から、引き返しますが、飛行に支障はありません」とのアナウンス。 その後、燃料を捨てる必要があるといって羽根の両端から約30分に渡って 大量の垂れ流し。その後、離陸した空港に戻り、別の機体に乗客全員乗り 変え後、再び目的地に向かいました。 このような場合って一体どんなトラブルが考えられるのでしょうか? 「飛行に支障はありません」と言っている割には、わざわざ戻るという のは、この先9時間以上飛行するには、危ないということでしょうか? それとも乗客の混乱を控えるためのうそ??? もちろん安全最優先での判断でしょうが、燃料、乗り継ぎ客に対する 保障など、相当な損害額を出した思いますが。

  • 飛行機が陸上を移動しているときの速度は?

    教えてください。 飛行機が離陸する前や着陸した後に滑走路から外れて移動するときがありますが、時速何キロくらいで移動しているものなのでしょうか? いつも機内アナウンスで「危険ですからシートベルトははずさないで」といわれますが、時速40キロくらいなら、確かに急ブレーキ踏んだら危険だな、と思いました。 ご存知の方、よろしくお願いします。

  • 群集から “ざわめき” が起こる瞬間といえば?

    テレビドラマやアニメを見ていると、 群集から “ざわめき” が起こる場面があります。 しかし、実際にはあのような瞬間はまれです。 さて、実生活において皆さんが、 群集からの “ざわめき” を聞いた瞬間は、 どのような場面でしたか? 印象に残っている体験を教えてください。 ※学校時代の教室での出来事は除きます。  (誰かが授業中に放屁したとかw) 【回答例】 ◎年末に “那覇→新千歳” の飛行機に乗るとき。  (国内線で最長距離の旅客路線) 那覇空港を離陸直後に機内アナウンスで、 『ただいま、到着地・新千歳空港の天候は曇り、  気温はマイナス10度と報告を受けています。』 と流れる瞬間に、いつも乗客の驚く声が機内に響く。 (このとき、沖縄と札幌の気温差は30度に近い。)

  • 飛行機に医者が乗っている可能性は

    映画や、テレビドラマを観ていると、飛行機の中の場面で、急病人やケガ人が出て、スチュワーデスが、「お客さまの中に、お医者さまはいらっしゃいませんでしょうか?」と機内アナウンスすると、 かならず、「わたしは医者です。」 と名乗り出る乗客が出てきますが、 あれは、現実的なシーンと考えてよいのでしょうか。 つまり、飛行機の乗客の中に、医者がいる可能性は、100%に近いのでしょうか? どんな飛行機にも、ほぼ必ず医者が乗っていると考えて、まちがいないでしょうか?

  • 飛行機内で安全阻害行為をした人に賠償請求できますか

    先日、国内線の飛行機に搭乗したときのことですが離陸前に、ある乗客が、足元の手荷物を座席の下にいれるか、荷物棚に入れるよう客室乗務員から再三注意をうけました。その乗客は指示に従わず、客室乗務員に逆切れして、荷物を投げつけたり、離陸前なのに席を離れ客室乗務員に食ってかかっていました。 飛行機は誘導路で止まったままで、したので後続機も同じように誘導路で停止しているようでした。20分間くらい、もめたあと客室乗務員は警告書なるものを発行して、最後通告らしきものをしたらその乗客は素直に着席し、飛行機は離陸しました。飛行機の到着がこの件で遅れましたが、この場合、この乗客に対し、飛行機が遅れたことによる時間的損失や着陸後タクシーを使わざるを得なかった等の金銭的損失の損害賠償請求をしたら、認められますでしょうか?

  • 飛行機の出発時刻とはいつのこと?

    よろしくお願いします。 飛行機の出発時刻・到着時刻とはどのように定義されているのでしょうか。 例えば、離陸の瞬間とか、乗客を入れて扉を閉めた時間とかです。 出張のたびに便の遅れなどを記録して次回の参考にしようと思って います。 ご存じの方教えてください。

  • 機内アナウンスについて

    先日、LCCの飛行機に乗りました。 日本人が多かったけど、韓国の人がいるかもしれないし、少なくとも白人の人も2,3人いました。 が、機内アナウンスは日本語のみで英語はありませんでした。 客室乗務員の人って英語ができないといけない、と思ってたけど、あれだったら誰でも出来そう。というかそもそも機内アナウンスって英語で話さなくてもいいんでしょうか?

  • 航空機内、空調噴出し口の白い霧状のものについて。

    まず、画像をご覧頂きたいと思います。 この画像は、水平飛行中に、航空機内を撮影したものですが、 離陸直後から、客室内にて、白い霧状のものが酷くなり、 約40分のフライト時間中、終始このままの状態でした。ほとんど、視界がきかない状態です。 シートベルトサインは常時点灯。常時よく揺れました。 天候は、出発地は曇り、到着地は小雨です。 約7割くらいの搭乗率です。 幻想的な雰囲気の中で、スナックが配られ、コーヒーをブラックで飲みました。 着陸の少し前くらいから、白い霧状のものは消えはじめ、 着陸時には、すべて消えていました。 乗務員からは一切何のアナウンスも有りませんし、乗客も静かに黙って座っています。 着陸後、何事も無かったかの如く、乗客はブリッジからサテライト内へ去っていきました(私も含めて)。 もしかすると、良くある事なのかも知れません。 質問ですが、 これは、空調の不具合でしょうか? それとも、設定の問題でしょうか? 何がどうなると、この様になるのでしょうか? 機材の専門家で、お詳しいかた、ぜひお願いします。 機材は、B737-800で、機齢は非常に若い(ほぼ新機)です。 ※ちなみに、キャリア名と国名・地域、搭乗区間は公表をひかえさせて頂きます。

  • iPhone6sでiOS12.1で質問です。

    iPhone6sでiOS12.1で質問です。 昨日、国内線飛行機に乗る前に 機内モードON wifi OFF ブルートゥース OFF に設定し機内に乗り込みました。 離陸してからiPhoneの画面を開きますとGoogle mapで自分の位置が更新されており、飛行中も位置が移動しておりました。 明らかにGPSが機能しているようです。 機内アナウンスではGPSに関しての注意点には触れていませんでしたが電波を発しないようにして欲しいと言っておりました。 振り返ってみると気づいた時点でiPhoneの電源を切るべきだったのでしょうが、その時点ではGPSの事まで気が回りませんでした。 この辺りの件、知識のある方のご意見をお聞かせ下さい。 よろしくお願いします。