• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

光速の宇宙船の時間経過

こんにちは。 例えば、光速近くまで加速する宇宙船で地球からA星まで行って帰ってくるとすると、地上の人と宇宙船乗りの年齢は差が開くのでしょうか? また、なぜでしょうか? 教えてください。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数7
  • 閲覧数879
  • ありがとう数24

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
  • frank
  • ベストアンサー率15% (15/94)

一つ前ですでにアドバイスしているfrankですが 今回は私なりの解釈を説明してみようと思います まず、相対性理論では光速は常に一定 誰から見ても、どんな速度で動いている人にも光は同じ速さ(cメートル/秒)に見えるという定義を前提として話をします 上空Yメートルを猛スピードで飛行機が飛んでいるとします 飛行機から地上に向かって垂直に光を放ちます 飛行機から見ると光は2Yの距離を2Y/c秒で帰ってきます 地上から見ると、光が飛行機に戻るまでに飛行機が2Xメートル進んでいるとしたら、光は2(Xの二乗+Yの二乗)になります 帰ってくるまでの時間は2(Xの二乗+Yの二乗)/cです (ただし、全てが真白で、飛行機と地上以外は何もない空間を想像してくださいね) はい、時間にずれがでていますね。 このとき地上から見た光の移動にかかった時間は飛行機のそれよりも長くなっています はい、時間のずれが生じてしまいましたね こんなんどうでしょう

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 説明はわかりますが、それでは慣性系の運動とはなにを指すのでしょうか?互いに別の時間を持っているなら、地球と飛行機はお互い遅れて観測できるような(~~;)ウーン 私は重力場のみが一方的に時間がずれることが出来るのではないかなと思ってるんですが、怪しいです(^^;) ずばりという答えが知りたいです。

関連するQ&A

  • 超光速の有人宇宙船に乗ることができたら

    超光速の有人宇宙船に乗ることができたら、どこに行ってみたいですか?一年間、宇宙を旅して、地球に帰ってくることができるとします。 その宇宙船は非常に速く、数万光年だろうが、数日で行けるとします。

  • 亜光速宇宙船の航行について

    地球から10光年離れた植民地惑星Aがあると仮定します。宇宙船が、地球からAに向って光速の90%のスピードで発進したとします。 さて地球&A時間で5年が経ちました。Aから航行中の宇宙船に向って電波通信が放たれました。 そのとき宇宙船は4.5光年進んでいるはずですよね? 宇宙船が通信をキャッチするのは地球を旅立ってから地球&A時間で何年後になるのでしょうか? 無い知恵絞って考えてみました。 Xを地球&A時間とします。 通信の速さ×X+宇宙船の速さ×X=通信が放たれたときのAと宇宙船との距離 で、数式は合ってるでしょうか? 速さを光年で表します。 1X+0.9X=10-4.5    1.9X=5.5       X=約2.89 約2.89年後に通信をキャッチしたことになるのでしょうか? これが正しいとすれば、宇宙船は地球を旅立ってから(つまり5を足して)約7.89年後に通信をキャッチした、と考えていいのでしょうか? ここで新たな疑問です。宇宙船内では時間はどのくらい経過したのか? 相対性理論によれば光速の90%では、地球の1秒が0.44秒にまで遅れるはずです。 7.89×0.44=約3.47 宇宙船の通信士は、約3.47年旅をしてきてある日、地球&A時間で5年経った、すなわち宇宙船からすれば5-約3.47=約1.53年未来からの通信を傍受することになるのでしょうか? なんだか頭がこんがらがってきました。長文、大変失礼いたしました。 どなたかこの方面に明るい方、ご回答願えれば光栄です。  

  • 亜光速宇宙船の航行について その2

    前回「亜光速宇宙船の航行について」という質問をした者です。新たな疑問がわきましたので恐縮ですがまた質問させていただくことにしました。 地球から10光年離れた植民惑星Aが存在したと仮定します。 光速の90%で航行できる宇宙船がAに向って発進しました。 宇宙船は地球&A時間で11.11年かかってAに到着します。 皆様方のお力添えで宇宙船内ではこの間4.84年しか時間が進行しない、という結論をいただきました。 ここで新たな疑問です。 宇宙船がAに到着したとき、Aの住民は11.11歳の歳を取っているのに乗組員は4.84歳しか歳を取っていないのでしょうか? いくつか文献を読んでみました。 PHP研究所〈相対性理論〉92ページにこんな記述があります。 「宇宙旅行する人が年をとらず若さを保つといっても、それは地球上の人がロケットの中を観察した場合のことです。ロケットの中の人は、自分の時計も身の周りの変化もすべて平常通りに動いているのです」 さらに同書では、 「もし、そうでなかったらたちまちおかしなことになります。なぜなら宇宙は膨張していて(中略)地球から非常に遠い星は光速度に近い速さで後退しています。運動の相対性により、その星に対して地球は光速度に近い速さで運動していることになります。」 そして、 「ということは、地球上では時間がほとんど止り、人類は年をとらないことになります。」 結論。 「しかし現実はそうなっていません、すべて正常の状態にあります。つまり、時間の遅れや長さの短縮は、互いに運動している一方の観測者が、他方の状態を観測したとき、そのように見えるということなのです」 ということは、地球やAから観測したとき、宇宙船のクルーは4.84歳だけ歳を取ったようにしか見えないが、Aに到着したら、クルーは地球&Aの住人と同じく11.11歳歳を取っていた、ということになるのでしょうか?

その他の回答 (6)

  • 回答No.7

Resについて: ともかく、うんと速く、うんと時間を掛けて移動すれば、差はどんどん広がることになります。 (1) まさに、重力と加速度はその効果においてまるっきり一緒だ、というのがかのアインシュタイン先生の言う「等価原理」です。ブラックホールの近くでは時間が止まるという話をご存じですか? 山の上にある時計より地表にある時計の方が(重力が大きいから)ゆっくり進みます。この効果を神戸のSpring 8で実測する実験が行われています。(高低差はわずか1mかそこいらです!) (2) 等速度運動しているもの、というのは、つまり加速度が働いていない、ということと同じ意味であって、「絶対的速度」というものはない。 (3) ちょっと高等レベルの話ですが:マッハ先生は、「いや、宇宙全体が基準となっているんだ」とおっしゃってます。例えば全く何もない宇宙にコマがひとつだけある。このコマが回っているのかいないのか、どうやって決められる? こう言われるとわかんなくなっちゃいますねえ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.6

松田卓也・木下篤哉「相対論の正しい間違え方」雑誌パリティ 1999年5月号位~2000/5, 2000/7 の中で図入りで非常に丁寧に解説されています。結論から言えば、「年齢の差は開く」です。 この問題は「双子のパラドックス」と呼ばれ、「地球から見て宇宙船は高速で動いたから、宇宙船乗りの時間が遅れるはず。でも宇宙船から見ても地球が高速で動いたことになるから、地球の時間が遅れるはず。変だねー」というパラドックスです。 Astroiaさんの仰るとおり、加速度があるかどうかで地球と宇宙船とは条件が違うんです。宇宙船や地球の質量は関係ありません。宇宙船が十分速くてA星が十分遠ければ、幾らでも年齢差は大きくなります。(勿論、重力による時間の遅れがありますが、これはまた別の効果です。)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 と言うことは、重力と加速度は等価ということですか? どのような運動の場合に差が開くのか、ということも教えて欲しいです。

  • 回答No.5
  • Astroia
  • ベストアンサー率47% (20/42)

この質問に対する回答としては、厳密にいえば年齢の差が開くといったところでしょうか。 特殊相対性理論によると、確かに等速度運動では光速度に近づけば近づくほど時間の経過はゆっくりになります。しかしすべての運動は相対的であるので、地球から観測した場合と宇宙船から観測した場合での差はまったくありません。つまり、お互いの系の時間が遅れていると主張してもまったく矛盾は出ないはずです(これが俗に言われる双子のパラドックスです)。 しかし、地球から、光速度近くで出発した宇宙船が地球に再び帰ってくるには、ターン(?)のために加速しなければなりません。つまり等速度運動ではなく、加速系の運動になります。ここで適用されるのは、特殊相対性理論ではなく、一般相対性理論です。等価原理によって、時間のずれは解消されます。 よって、年の差が離れることはないという結論に導かれるのですが、本当に時間の差がないかというとそうでもありません。厳密に時間の差がなくなるのは、地球と宇宙船の質量が等しいときです。 というわけで、厳密に言えば時間のずれは起こることになります。 詳しい方、補足をお願いいたします。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます! この答えを知りたかったんです(^^) 加速度系があったんですね。(._.)φメモメモ 等価原理など、専門用語もフォローしてくださる方の回答ももう少し待ってみます。

  • 回答No.4
  • will-y
  • ベストアンサー率22% (48/214)

自分としては鏡を使った説明がわかりやすかったのですが 思っていた物は見つかりませんでした。 一応参考URLを書いておきます。 説明ですが、違っていたら指摘してください。 まず「光の速度は一定である」という前提があります。 光速で移動する乗り物の中で鏡の前に立っているとします。 光が鏡まで届いて戻ってくるまでの時間は乗っている人からすると 地上にいるのと同じ時間ですが、 地上から見るとその間に光は「鏡までの距離+乗り物の移動距離」 だけ進んでいます。 光の速度は一定なのですから地上と乗り物の中での 時間の進み方が違うということになるのです。 この説明で行くと飛行機のパイロットもほんのわずかずつですが 歳の取り方が違ってくるのだと思います。

参考URL:
http://www.d1.dion.ne.jp/~kubota_t/ein-kubota.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございました。 参考URLは興味深かったです。 この場合、地球と飛行機の移動距離は相対的ではないのでしょうか? 飛行機から地球の光を観測した場合も地球の時間は遅れて観測できないのですか? また、飛行機が光速定速航行している場合、速度の定義とはどこに対しての物なのですか?加速していないなら相対的だと思うので。間違ってます?(^^;)

  • 回答No.2
  • frank
  • ベストアンサー率15% (15/94)

こんなことを言ってしまうと反感を買うことになるかもしれませんが 私なりの解答は「そんなことは一般人には理解できない」です アインシュタインが相対性理論を発表したときに、理解できた人は世界中で数えるほどしかいなかったそうです ですから、ここでどんなに相対論について議論しても結局納得のいく解答をしてくれる人はいないでしょうし、いても普通の人では理解できないものでしょう ただし、理解しようという努力をしないわけにもいきませんし、いやあ、どうしましょう

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

まず、宇宙船乗りと地上の人の年齢は差が開きます。 時間の進み方が、宇宙船乗りの人のほうが遅くなります。このことを、多分ウラシマ効果といったと思います。 (宇宙旅行に行った人が、帰ってきたら地上の時間が進んでしまって、あの浦島太郎の話と一緒だから。) これは、特殊相対性理論だと思います。 地上の時間をt、宇宙船の中の時間をT、宇宙船の速度をv、光の速さをCとすると、   T/t=ルート(1-(v/C)2乗)   という関係があるそうです。(わかりにくい表記ですみません。) この式を使えば、もし宇宙船が光速の80%の速さで飛んでいると、地上で5年経ったとき宇宙船の中では3年しか経ってないことになります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

回答ありがとうございます。 ということは、加速度がある方が時間が遅れるのですか? また、宇宙船から地球を見た場合も同様に・・・? まだちょっとわからないです(^^;)

関連するQ&A

  • 光速の宇宙船。

    光速で飛んでいる宇宙船の中は慣性系です。 この中では人間は自由に生活できます。 ここで、 中の人間が進行方向に進むとどうなるのでしょうか? 即座に潰れてしまうの??? つ^^;)つ

  • SFにおける巨大宇宙船の加速

    SFで、船体が巨大すぎて、地上で造ると圧壊するため宇宙空間で建造、地上には降りないというタイプの宇宙船があります。 重力干渉装置などの存在は無いとして、この場合、その宇宙船が加速したときにも、加速Gで船体が崩壊するような気がするのですが、実際に作ったら、どうなるのでしょうか?

  • 宇宙船の速度はいかほどに見えるのか?

     例えば宇宙の任意の点Pを限りなく光速(とりあえず光速の99%として)に近い 速度で宇宙船Aが通過したとします。 当然、点Pからも宇宙船Aからもお互いにどちらも 光速に限りなく近い速度で遠ざかる様に観測されますよね。  そんな宇宙船Aと宇宙船Bがすれ違いました。 宇宙船Bは宇宙船Aと同じ速度で点Pに向かっています。  宇宙船Aにとって点Pは限りなく光速に近い速度で遠ざかっているように見えますが、宇宙船Bも限りなく光速に近い速度で遠ざかって行きます。  宇宙船Aから見て、宇宙船Bも店Pも同じ速度で 宇宙船Aから遠ざかってゆくように見えるのでしょうか?宇宙船BとPの間の空間は宇宙船Aからどんなふうにみえるのでしょう? よろしくお願いします。

  • 相対性理論、光速宇宙船の乗員と地球の人間はどちらが先に歳をとる?

    みなさんこんばんは。 アインシュタインの相対性理論で、光速で飛行する宇宙船の 乗組員と地球にいる人間がどちらが先に年をとるか?という 命題がありますが、それは宇宙船が等速直線運動を している場合のみ起こりうる問題ときいたことがあります。 では、ここで質問ですが、光速で地球から飛び立った宇宙船 が途中で向きをかえ、地球に戻ってきた場合、いったい どちら(宇宙船、地球)の人間が先に年をとることになるので しょうか? 科学に疎い私でもわかるようにお教えいただければ幸いです。 よろしくお願いいたします。

  • 「猿の惑星」の宇宙船の使命は何だったのでしょう?

    映画「猿の惑星」があります。 宇宙船のミッションから戻ったら、何百年もの未来の地球だったという設定です。 この宇宙船ですが、元来どういうミッションで宇宙に飛び立っていったものだったのでしょうか? 顕著なウラシマ効果が現れていますので、光速に近い速度で航行していたものと思われますが。 よろしくお願いします。

  • 宇宙船のスピード

    物理学のカテゴリーの方で質問すべきかもしれませんが、よろしくお願いします。アポロ計画で使われた宇宙船は月に行くのに3日ぐらいかかったらしいですが、今の技術で作ってもそんなスピードの乗り物しかできないんでしょうか?宇宙は真空なのでどんどん加速してゆけば、光速に近いようなスピードがでないんでしょうか?もっとも減速するにもエネルギーがいるわけですから、実用上はそのことも考えないといけないわけですが、ヴォエジャーのように帰ってこなくてもいいものならどうなるんでしょうか???

  • 光速を超える宇宙船は、絶対に存在しえないのか?

    ブラックホールの周囲には、非常に強い重力場が作られるため、 ある半径より内側では脱出速度が光速を超え、 光ですら外に出てくることが出来ないそうです。 このようなことを応用して、遠い将来、光の速度を超える 宇宙船や、移動手段をつくることができる可能性はあるのでしょうか? また、ほかの理論などによって、 実現する可能性はあるのでしょうか?

  • 光速より100km/h遅い宇宙船の内部で、車が110km/hで走ったら?

    くだらない質問失礼いたします。 質問タイトルの通り、 光速より100km/h遅い宇宙船の内部で、宇宙船の進行方向に、 車が110km/hで走ったらどうなるのでしょうか?

  • 宇宙船の横を亜光速の隕石が通過するとどうなります?

    宇宙空間に静止している宇宙船の10m横を宇宙船と同じ質量の小さな隕石 が光の99%の等速運動で通り過ぎた時、宇宙船はどうなりますか? また加速運動だとどうなりますか?

  • 月は宇宙船なんですか?

    月は宇宙船なんですか? 月は地球にいつも同じ面を向けていて、岩石の成分も地球のものと比べ、年代が相当古いもののようですが、その昔遠い宇宙の彼方からやってきた宇宙船なんでしょうか? 人類は地球の生態系から外れているし、我々の祖先は別な星で生まれたのではないでしょうか?

専門家に質問してみよう