• 締切
  • 暇なときにでも

CD-RWのパケットライトはエラーが起こらない?

  • 質問No.1300
  • 閲覧数84
  • ありがとう数4
  • 回答数1

お礼率 4% (7/152)

パケットライト方式のCD-RWについてお尋ねします。
出所は忘れたのですが、「パケットライト方式ではバッファアンダーランが
起こらない」と聞きました。
本当でしょうか?
本当だとしたら、書き込み中に他の作業ができるんでしょうか?
また、パケットライトで使うのに長時間(1枚30分以上!)のフォーマット
が必要ですが、フォーマット中でも他の作業(実はこれが一番やりたい)を
しても大丈夫なんでしょうか?
あと、なぜ書き込みエラーが起こらないのかについてもご教授願えたら幸いです。

パケット焼きソフトはAdaptec DirectCD。
ドライブはPanasonic KXL-RW10ANをSCSI(PCカード経由)で接続しています。
PCはIBM ThinkPad i1455をWin98SEで使用。
メモリは128MBありますが、CPUは MMX300MHzです(^^;

回答 (全1件)

  • 回答No.1
おそらく、パケットライトしている間は、それぞれのパケットごとの
書き込みなので、CD-RWドライブに内蔵されているバッファ内に蓄積
できるため、バッファ・アンダー・ランは起こらないと思います。
それは、他の書き込み方式が、バッファに送られてくる内容を、指定の
サイズ分だけ書き込み続けるのに対して、パケットライト方式は、
小さな単位で行うため、バッファの中が空になっても、すでに書き込んで
いるため、空であるはずだからです。もし空でなければ、また書き込めば
いいだけですから。

ただ、フォーマットする際は、それ相応の内容を書き込むため、バッファ内が、
空になるのは、まずいと思います。これは、他の方式と同じだと理由かと
思います。

まぁ、どちらにせよ、CD-Rを焼いている最中は、あまり仕事をさせない方が
いいと思いますよ。何かしらの仕事をさせると、失敗することが多いですからね。

間違いがありましたらご指摘ください。
ではでは☆
関連するQ&A

ピックアップ

ページ先頭へ