• ベストアンサー
  • 困ってます

著作権って?

前はあまり気にならなかったのですが、「著作権」や「知的所有権」などといった言葉が最近になって自分の周りでよく聞くようになりました。 何となくは分かるんですが、これら「著作権」、「知的所有権」とは法律的にはどんな位置に属しているんですか?

  • nom
  • お礼率18% (10/53)

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数115
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
noname#75547
noname#75547

知的所有権は知的財産権、あるいは無体財産権とも呼ばれ、人間の知的創作活動による創作物に対する権利です。 だから「知的所有権」は総称だと思えば簡単かな? その中に、特許・実用新案・意匠・商標を扱っている「工業所有権」や著作物を扱っている「著作権」があります。 工業所有権にはそれぞれ特許法・実用新案法・・・とあり、主に弁理士といわれる人が代理人として扱います。 産業の発達に寄与する事を目的にした法律です。 一応簡単に説明すると、 初めてボールペンを発明したら特許の対象になります。 滑りやすいのでグリップにゴムをつけたら実用新案の対象になります。 ボールペンのデザインが意匠で、商品名をつけたらそれが商標です。 著作権には著作権法があり、これを扱うのは弁護士ですね。文化の発達に寄与する事を目的とした法律です。 著作物は思想または感情を創作的に表現したものであって、文芸、学術、美術又は音楽の範囲に属するものをいう。となっています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

工業所有権の例がすごくわかりやすくて、非常に役に立ちました! 返事遅れましたが、ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 知的所有権と著作権について教えてください。

    以前付き合っていた男性から、某ブログに私の顔なしの裸体写真を貼られました。私は許可をしていなかったので即削除するようにお願いしました。削除はされたのですが、その後別れた相手が随分気分が悪いとブログに書き込んでいたのを読んだので、「そんなに気分が悪ければ、私に関する内容を全て消してください」とメールで送りましたが、削除されているところとそうでないところがありました。その上、知的所有権と著作権はこちらにあるのに、腑に落ちないとブログに書き込まれていました。この場合、私のした事は知的所有権、著作権の侵害に当たるのでしょうか?そして、この件で相手に訴えられる可能性はあるのでしょうか?

  • キャラクターの著作権の譲渡に関して

    あるキャラクターの著作権(知的所有権?)を譲渡してもらいます。 その際に、相手から完全にこちら側に著作権・所有権などあらゆる権利を譲り受けるのですが、後で問題にならないように書面を取り交わしたいと思っています。 どういった手続き・手順を踏めば安心でしょうか? 著作権の譲渡に関するサイトもご存知でしたら、ぜひ教えていただけませんでしょうか? 権利についてはネットである程度わかったのですが、どのように文書を作ればいいのかなどわかりません。 どうぞ、よろしくお願いします・

  • 著作権(知的所有権)は誰にありますか?

    公立学校教員が,勤務時間中に貸与されたパソコンで作成した指導案や教材等の著作権(知的所有権)は誰にありますか? 私(教諭)が勤務している市立小中学校でも,本年4月より,全教職員に対し,1人に1台ずつのノートパソコンの貸与が始まりますが,セキュリティの関係で,「貸与されたパソコンで作成したすべてのデータは市のネットワークの外へ取り出すことができないようなシステムの設定にする」ということです。となると,市外へ転出する場合,貸与されたパソコンで作ったデータは自分では持って行けない,ということになります。著作権(知的所有権)が作成した本人に帰属するならば,自分で持って行く権利があると思うし,市に帰属するのであれば,持って行く権利はないと思います。 セキュリティの関係もあるかとは思いますが,市外転勤によって自分が作成した指導案や教材等のデジタルデータを失する,というのは納得できない話なので法律的にはどうなのか,ということをぜひお伺いしたいと思います。

その他の回答 (2)

  • 回答No.2
  • osafune
  • ベストアンサー率48% (106/217)

nomさん、こんにちは。 財産権の一つです。 だから「皆のもの」じゃなくて「自分のもの」とする権利が認められています。 その中でも知的財産権は以下のように分類されます。 新規の創作を保護するものとして 特許権・実用新案権・意匠権 標識を保護するものとして 商標権 著作を保護するものとして 著作権 となっています。 (特許・実用新案・意匠・商標は工業所有権とも言われています。) さらに著作権は著作人格権と著作財産権に分かれます。 で、これら知的財産権は、経済の発展上必要だということで権利として認められ、各種法律で保護されています。ですから、自分で創作したものは他人が無断使用できませんし、逆に他人のものを自分が無断使用することも出来ない訳です。 (勿論、それぞれに他人の使用権を認めたり、譲渡が可能であったりします。特許と実用新案の違いなどは過去に同じような質問がなされていますので、それらを検索してみて下さい。)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
  • yosikun
  • ベストアンサー率43% (235/542)

知的な生産物に対して与えられるのが「知的所有権」です。知的所有権には様々なものがあります。 特許権:産業上利用できる発明(特許法) 商標権:商品及びサービス名(商標法) 意匠権:デザイン(意匠法) 著作権:文芸、美術、音楽etc(著作権法) 商 号: 会社名、商店名(商法) 半導体集積回路:集積回路配置(半導体集積回路の回路配置に関する法律) 植物新品種:バイオ生成植物等(種苗法) (  )は規定がある法律 後は以下のページの「知的所有権入門」がおすすめ。 詳しく、なおかつ、わかりやすく解説されています。 http://www1.odn.ne.jp/~cac23560/patnav/ipr/

参考URL:
http://www1.odn.ne.jp/~cac23560/patnav/ipr/

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

知的所有権と言うものがどんなものか、よく分かりました。 また、良いURLを教えて下さってありがとうございました!

関連するQ&A

  • 著作権と知的所有権団体についての質問です。著作権が自然発生なことは 調

    著作権と知的所有権団体についての質問です。著作権が自然発生なことは 調べて分かりました。また知的所有権団体が、民事裁判で敗訴したことも分かりました。私は登録はしていませんが 詳しく調べる以前に同協会の書籍を鵜呑みしてしまい、登録用紙を数枚買ってしまいました。レシートはあるのですが 払い戻しを申し出ることは可能でしょうか? 実態が分かった今は こちらの民間業者に発明を開示するような愚かなまねはやめます。  ただ 同社の書籍に書かれているのですが、特許にはならないが著作権登録をしていたために 盤上ゲームのオセロやダイエット用スリッパ、その他個人の創作などが無断で真似されずに済んだ、著作権料が入ってくる、とあります。素人の判断ですと、一見理屈に適っているような気がしてしまいます。これは一体どういうことでしょうか?  無名の人が 自分の創作だと言っても何の証明もない、と同社は言い、確かにそれもそうだな・・・、と思えるのですが・・・   もし著作権が自然発生で登録の必要などないならば、無名の人が作った特許にならないオセロのような創作を自分の創作だと証明するには どうしたらいいのでしょうか?  よろしくお願いいたしますm(_ _)m          

  • 著作権について

     知的所有権協会に登録した著作権の事ですが、自分が売り込める場合はという事で知りたい事があります。    1. 現在も、この著作権を「一時金で権利を買う」とか、「ロイヤルティーで契約する」とか、「著作権法に触れているに対して、払うとか契約する」を特に大企業がしているか、の点。    2. 実は売り込んでも「金にならない」などの場合は、この協会は現在企業からどう言われているかなど気になります、の点。    3. 著作権法の効果が、もしない場合で、それでも売れている場合は、企業が買う理由は。の点です。   ろくに知らないで申し訳ありませんが、お願いします。

  • 知的所有権の定義について

    知的財産権=産業財産権(特許他3法)+α 理解しています。 根拠は、小泉さんのときの知的財産戦略委員会の 答申などです。 ネット検索などすると、「知的所有権」という 言葉が出てきます。内容から推測するに 知的財産権=産業財産権+著作権 というように言っているように思えますが。 そこで質問です。 1)知的所有権という言葉はどこで、またはどの法律で  定義されているのでしょうか? 2)知的財産権=産業財産権+著作権  という理解で間違いないでしょうか? お教え下さい。  なお昔の「工業所有権」=現在の「産業財産権」 ということは知っています。

  • ブログの著作権は、誰に有るのですか。

    ブログの著作権は、書いているブログの著者に法律的に有るのですか。詳しい方お教え願えませんか。

  • 著作権の表記に関して

    著作権者を表すコピーライトマーク「©」以外にも「®」、「トレードマーク」(trademark, TM)等がありますが、(参考ロゴを添付します) 例えばタレントの写真、はマルシー、ロゴデザインはマルアールなど使い分けるのが正しいのでしょうか?著作権、商標権と分けられており、いろいろなマークがその他にも国によって存在するのでしょうか?すべての知的財産所有権をTMで表すことは法律上ダメなのでしょうか? また、日本国内でこのような案件に詳しい弁護士事務所がございましたら教えて頂けるとありがたいです。

  • 著作権の売り込みについて

     知的所有権協会に誰かが登録した場合の著作権が、売れていた場合、次の事があります。著作権は「登録制度がない」「先願制でない」他らしいですが、その場合は人と同じ著作権を後から作ったとしても、お金をもらえるとして、お金を支払っている会社かその会社からお金をもらっている人からお金をもらえますか、ということをお願いします。また、次の事もあります。   1.騙されているかも知れませんが、自分の家の人は売れていると言っています。   2.本当に売れていた場合は、何で売れていたかの理由が知りたいです。   3.文中にあります「人と同じ著作権を後から作った」は、知的所有権協会含めた「民間登録団体」に登録した・しないの両方の著作権の事です。    お願いします。

  • 著作権について

    こんにちは、著作権についてお教えください。 あるテレビ番組の内容をそのまま文章にして(映像などは使いません)、サイト上で公表することは、法律に違反するのでしょうか? ある番組を見逃した人のために、その内容を日記のようにして書くつもりです。もちろん、番組を傷つけるという目的はありません。ただし、番組の一部ではなく「全部」を文章にするので引用の域は脱しているかと思います。 また、その際にそのサイト上で関連した商品を販売することは法律的に可能でしょうか? 

  • 著作権について。私が書いたレポートにも著作権ありますか?

    御世話になります。例えば無料レポートなんかをダウンロードしても著作権に関する記述があります。「著作権で保護されています」「違反した場合は法的な~」等です。私は投資系のブログを運営しているのですが今後はブログから口座開設やシステムを購入してくれた方に私のオリジナルのシステムをレポートにしてプレゼントしようかと考えているのですが、私の書いたレポートにも 著作権は発生するのでしょうか?前述の「著作権で保護されています」「違反した場合は法的な~」という類の事を書いても問題ないのでしょうか? しかし万が一、実際違反者がいたとしても、私は法的な罰則をどうやって与えるのか分からないし、正直面倒です。 取り敢えず威嚇の意味でも書いておいた方がいいと思うのですが、書くこと自体は法律的に問題ありますか? それとも著作権で保護されていないのに保護されていると書いたら違法ですか? ご指導よろしくお願い致します。

  • 著作権についてのレポート

    著作権につていの質問と正解を書くので、正解の理由を教えてください。おねがいします! Q1.文化祭のしおりに市販の地図やイラストをコピーする。→(正解)× Q2.美術館にある銅像を撮影して年賀状の写真に使う。(撮影前に美術館の許可をもらった)→○ Q3.合唱コンクールのために楽譜を買ってコピーする。→× Q4.文化祭のポスターに人気テレビ番組のキャラクターを使う。→× Q5.学校祭の様子を撮影してWEBページで公開する。(公開の許可を得て撮影し、著作物の上演や演奏は含まない)→○ Q6.著作権を得るためには申請や登録手続きが必要である。→× Q7.外国の著作物は日本では自由に使うことができる。→× Q8.標語やキッチフレーズは著作権で保護されている。→× Q9.友達に借りたソフトウェアをコピーして使う。→× Q10.個人で楽しむために市販の音楽やビデオをコピーする。→○ また、なぜ著作権や知的所有権を尊重しなければならないのでしょうか???

  • 著作権について

    初歩的な質問かもしれませんが、歌における著作権についてお聞きしたいことがあります。 1.歌詞 Aさん 2、曲 Bさん このようにAさん、Bさんと所有する著作権があるとします。 Aさん死後50年が経ち、歌詞については著作権が切れました。 ここでCさんが、Bさんとは全く違う曲調で同じ歌を歌いました。この時点では、Bさんの著作権は犯されていないと思います。 そのとき、Cさんの所有する著作権は、 1、歌詞 Cさん 2、曲 Cさん とは、ならないですよね? あくまで、歌詞は著作権なしなので、 1、歌詞 無し(Aさん。著作権切れ) 2、曲 Cさん    このような考え方で合ってますか?ですので、曲調が違えば誰でもAさんの歌詞を利用して歌を歌える事になるのですか? また、Aさんの歌詞を無断で自分のサイトにアップしたり、本にしたりしても問題にはなりませんよね? というのは、「とおりゃんせ」を調べたところ、「熊沢 辰巳」と言う方が著作者となっていました。 調べてみると、作曲の部類にしか名前はないので『作詞』は? と疑問に思った次第です。 長々と申し訳ないですが、どうぞよろしくお願いします。

専門家に質問してみよう