• 締切済み
  • 暇なときにでも

競売落札

倒産企業の競売物件の落札に付いてお尋ねします。 競売物件を落札した人間が、倒産企業の子孫であり、 その費用の大半を倒産企業(合資会社)の、代表者が融通をし、落札をしました、子孫は、落札後、この物件の一部を、公共機関に売却をし、代表者へ、融通された、代金を返済しました、その後、代表者が死去した為、財産相続権を放棄し、物権は子孫の物になっています、・・死去する前の代表者には、まだ多額の債務が残されており、これらは、保証人への債務に変わっています、代表者が準備した競売費用は、金融機関から融資を受けたもので、これは返済されています。 これは、財産の隠蔽かサガイ行為に当たるのではないかと思いますが、なにか良いアドバイスがあれば教えてください

共感・応援の気持ちを伝えよう!

みんなの回答

  • 回答No.2

No(1)の回答者です。修正前に誤って「回答」をクリックしてしまいました。こちらを正式回答にさせてもらいます。 いくつかの法律行為がありますので、行為ごとに自説を述べさせてもらいます。 (1)代表者の子孫に対する貸付行為は、現金を失う一方で子孫に対する債権を有することになるので、資産の額に変動はなく、この貸付行為は詐害行為にはならないのではないでしょうか。しかし、貸付債権が回収見込みのないものである場合は詐害行為になる可能性もあるのではないでしょうか。もっとも本件では子孫は代表者にその借入金を返したということなので、この資金に関する代表者の財産状況は回復されており、そもそも詐害行為にはならないと思います。 (2)競売について。競売は担保権者の申立てによるものであり、債務者(本件の場合、合資会社と代表者)による法律行為ではありませんので、競売すること自体はもちろん会社あるいは代表者の詐害行為にはなりません。この時点で債務者ではない子孫の法律行為(落札した物件の一部売却や代表者への借入金返済)も詐害行為にはなりません。 (3)代表者が子孫に貸し付けた競売用資金は代表者が借り入れたものであり、代表者がこれをその借入先に返済した行為について。代表者が全ての債権者に弁済できない財務状況下において、特定の債権者に弁済した場合は詐害行為になりえますが、この弁済により他の債権者が害されることを知っていたことおよび、このことについて返済を受けた債権者も知っていたことが要件になります。 (4)子孫は相続を放棄しているので、代表者の債務は相続せず、(本件では触れられていませんが)代表者が亡くなった後にする子孫の行為は詐害行為になりません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

いくつかの法律行為がありますので、行為ごとに自説を述べさせてもらいます。 (1)代表者の子孫に対する貸付行為は、現金を失う一方で子孫に対する債権を有することになるので、資産の額に変動はなく、この貸付行為は詐害行為にはならないのではないでしょうか。しかし、貸付債権が回収見込みのないものである場合は詐害行為になる可能性もあるのではないでしょうか。もっとも本件では子孫は代表者にその借入金を返したということなので、この資金に関する代表者の財産状況は回復されており、そもそも詐害行為にはならないと思います。 (2)競売について。競売は担保権者の申立てによるものであり、債務者(本件の場合、合資会社と代表者)による法律行為ではありませんので、競売すること自体はもちろん会社あるいは代表者の詐害行為にはなりません。この時点で債務者ではない子孫の法律行為も詐害行為にはなりません。 (3)代表者が子孫に貸し付けた競売用資金は代表者が借り入れたものであり、代表者がこれをその借入先に返済した行為について。代表者が全ての債権者に弁済できない財務状況下において、特定の債権者に弁済した場合は詐害行為になりえますが、この弁済により他の債権者が害されることを知っていたことおよび、このことについて返済を受けた債権者も知っていたことが要件になります。 (4)子孫は相続を放棄しているので、代表者の債務は相続せず、(本件では触れられていませんが)代表者が亡くなった後にする子孫の行為は詐害行為になりません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 競売物件落札後の債務者(所有者)へのアプローチ方法は?

    競売物件落札後の債務者(所有者)へのアプローチ方法 を教えてください。 立ち退き交渉方法や立ち退き費用とか・・・ よろしくお願いいたします。

  • 競売物件を落札しました。どのように債務者を出せばいいですか?

    競売物件を落札しました。 残金を振り込んだ後は所有権がこちらになると思いますが、その後のどのように債務者(現在の占有者で所有者)と交渉すればいいでしょうか? まず裁判所に引き渡し命令を出してもらってから、 それでも出て行かない場合は立ち退き交渉を直接こちらからアプローチするのがいいのか、裁判所に強制執行してもらえばいいのかよくわかりません。 立ち退き費用は負担した方がいいのか色々アドバイスしてください。よろしくお願いいたします。

  • 競売物件について

    裁判所の競売物件の入札に参加しようと考えていますが、 所有者(債務者)占有の物件が多いので、心配です。 落札しても、いつまでも住めないのでは困ります。 競売物件を購入された方、落札しても困った状態になられた方、等、何でもお教え頂ければ嬉しいです。

  • 競売物件落札後のトラブル

    落札しました競売物件の明け渡しのトラブルを極力さけたいのですが、強制執行の申し立て、または、明け渡し執行など、どこまで手続きすれば、執行後万一占拠された場合、不法侵入として警察が介入してくれるのでしょうか。 話し合いで明け渡しにかかる費用などとして相手方に渡して、一切の残地物権利の放棄、明け渡しの約束などの書面交わすだけで、占拠された場合、事足りるでしょうか。不法侵入として警察が介入してくれるのでしょうか。 相手方が急に現れたり、第三者の賃借人が急に現れ占拠された場合でも安心できる方法をお教え下さい。

  • 自宅が競売特売でも入札が無く差し戻されました。

    事業資金の担保一千万円の分割返済を滞納したために公的機関より競売に付されました、市街化調整区域内の不法建築のため、物件の環境が悪く落札が無く差し戻されました。現状ではどうしても返済が出来ません。このまま返済せずに住みついても良いのでしょうか?

  • 競売について実務経験者の方に質問です。(長文です。)

    買いたい競売予定物件があります。 その物件の状況として・・・ 1.競売予定物件所有者は死去。現相続人が実質所有者。 2.前所有者は本年初旬に死去。 3.被相続人は相続資産を相続していない状態。 4.現時点で被相続人は相続方法(単純/限定承認)を選考している段階。 5.債務15000万に対して実勢担保価値7500万相当の資産 6.前所有者及び相続人は債務に対し、半年以上支払いを行なっていない。 7.当方が購入希望しているのは、上記7500万相当(3物件)の内、  3000万相当分である。 8.3000万相当分は、競売を行なった場合に2000万前後の落札金額  になると思われる。(周辺調査/競売経歴確認済み) 質問としては ○以上の状況から、いくら相続が済んでいない物件だからといって、無期限 に競売が行なわれないのか? ○上記を踏まえ、競売になる期間はどれ位の期間なのか? ○債権者と折衝を行い、所有者の意思とは別に当物件を売却可能なのか? 長文となりましたが、どうぞよろしくお願い致します。

  • 競売不動産取得について持分3/10 持分7/10

    入札したい競売物件があるのですが、競売対象が土地と建物の7/10が対象物件となります。 3/10の権利は債務者の亡くなった母です。債務者以外にも兄弟はいますが、持分の相続に関しては話し合いをしておらず、相続手続きもしていないとの記述があります。 占有者は債務者家族が住んでいますが、この物件を落札後、3/10の権利を行使しそのまま居座られるようなことがあると困ると考えています。 この物件を落札したら落札者が住むことが出来ないような問題が起こる可能性はどのような事が予想されるでしょうか? 感覚としては危ない物件でしょうか?

  • 競売物件落札後の債務者との交渉?

    競売物件落札後の債務者との交渉方法を教えてください。 (1)債務者の自宅で交渉した方がいいのか近くのファミレスがいいのか? (2)一人で行った方がいいのか複数で行った方がいいのか? (3)立退き料を払った方がいいのか払わない方がいいのか? (4)払う場合、相手から言われてから提示した方がいいのか  先に提示した方がいいのか? (5)立ち退き費用はいくらくらいがいいのか? (6)引渡し命令の申請は交渉前がいいのか?交渉決裂後が いいのか? 以上の件よろしくお願いいたします。

  • 競売物件を落札しました

    競売物件を落札しました。 空き店舗で、現在誰も住んでいません。倒産した食堂(株式会社)で、銀行が差し押さえていました。 店舗の中は、ロッカーや応接セット、デスク、厨房機器等がそのままになっています。 短期賃借権等の問題はありません。 弁護士がその物件の破産管財人となっています。 全額支払って、裁判所の手続きが完了したら、私は何をすべきでしょうか? 【素人考え】 破産管財人からカギもらって、不用なものは勝手に処分していい?

  • 競売で落札した物件についてのトラブルで質問します。

    競売で落札した物件についてのトラブルで質問します。  私は競売の申立人であり、落札者です。その物件が欲しくて落札したのではなく、債権回収のために転売目的で仕方なく落札したのです。この家には、債務者の母親が一人で生活しており、債務者に明渡し命令の申立をする旨通告したところ、(1)「落札物件は増築未登記部分が隣の息子名義の土地にはみ出しているので、引渡し命令の申立をするなら、はみ出し部分を買い取れ、さもなくば、増築部分を取り壊すぞ」と言って来ました。この隣接する二つの土地は、落札した土地から息子名義の土地を分筆したのですが、測量図も無く境界はあいまいです。競売の「調査書」にも「境界はっきりせず、縄伸びの可能性あり」とありました。他に(2)落札物件の敷地が袋地になっていて息子名義の土地の私道部分を通らないといけない。「封鎖する。」と言っています。  (1)は、相手が土地の測量をして確かにそうだという証明をしたうえで、全面的に相手の主張が正しいと裁判所で認めらたれたとしても、取り壊しという事にはならない。家屋の建て替えしない以上は現状での使用が認められる。(2)は、相手が私道という証明をした上で、袋地通行権の「使用料」(地代相当料?)を払えば問題はない。と考えられ、相手の主張には、正統性がないと思うのですが、法律的にはどう考えたらいいのでしょうか?