• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

RT-PCRが上手くできないのですが

RT-PCRでポジコン(GAPDH)を含めたバンドが検出されません。 RNAはキットの製品を使用し、OD260/OD280で2程度、電気泳動でRNAを確認しました。(poly-Aに精製してません) cDNAの作成もキットで、Randam hexamer primerを使用しました。 PCRは論文に掲載されているprimerと条件で行いました。 cDNAが上手く出来ていないのかprimerがいけないと思うのですが、このような状態でどのような原因検索をしたらよいでしょうか? また、primerはcDNAという1本鎖のDNAに対してでもsenseとanti-senseのペアーが必要なのはなぜでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.5
  • methyl
  • ベストアンサー率50% (29/58)

あ、laboの他の方が誰もRNA扱ってないってうのを思い出して 今ふと気にかかったんですが、DEPC水は大丈夫ですか? ちゃんと臭わなくなるくらいまでオークレしてますか??

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

確かにDEPC水は可能性があります。 蒸留水に終濃度が0.1%になるようにDEPCを加え、よく振り混ぜ、蓋を緩めて、室温でオーバーナイト放置、 その後、120℃ 40min、オートクレーブ滅菌しました。においは、いわゆる“滅菌したもののにおい”がややする感じです。無臭とは自信を持って言えないですが、微妙です。 今回の一連の流れでは、精製したTotalRNAの溶解ではじめてDEPC水が出てきます。そのRNAの電気泳動で先ほどの返答のごとくの結果でした。それでやや分解が進んでいるのかもしれませんね。また最終のPCRで使用したDEPC水はPCRする部屋で使用するもの(技官さんがつくってくれたもの)を用いたかも知れません。 もう一度検討してみます。(DEPC水が原因ならサンプルが全滅ですね)ありがとうございます。

その他の回答 (4)

  • 回答No.4
  • methyl
  • ベストアンサー率50% (29/58)

cDNAができてるてるかは、やはりPCRでの確認が普通ですねえ。 GAPDHは非常に発現が高いのでその条件でnon-speバンドすら出ないとなると あとは、RNAが分解しているかDNAが多量にコンタミしてるかのか。。 でも、ratのGAPDHって確かほとんどイントロンないんですよね? RT(-)の結果はも全体が薄く染まってますか?それとも何にも見えませんか? ちなみに、RNAを泳動確認したのは最近のことですか? 18Sと28Sは綺麗に見えてるんですよね? あ、あとGenBankで確認されてるんでしたらBLASTは必要ないです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

RT(-)では全く何も写っていないので、何かは出来ていると考えた方がよいかもしれませんね。 また、RNAの電気泳動はPCRの結果が不良だったので順番が逆なのですが先週行いました。バンドが2本見え、分子量の少ないバンド群を確認いたしました。 ご指摘のようにRNAの分解が多いのかも知れません。後はDNAのコンタミも考慮してホットスタートの時間を長くするとか、アニリングの温度を気持ち下げてnon-speも含めて引っかかるようにいろいろ条件を変えてやってみます。 繰り返しご返答いただきまして、誠にありがとうございました。

  • 回答No.3
  • methyl
  • ベストアンサー率50% (29/58)

いくつか原因が考えられると思うのですが、 とりあえず、 1. RTのKITはいつ購入しましたか? 2.Primer setが掲載されていた論文でtemplateとしていた動物や細胞は自分のものと同一ですか(例えば同じマウスでも系統は同じか等々)?また、PrimerをBLASTやEnsemblなどで投げて確認し直していますか? 3.PCRのannealing温度とサイクル数はいくつですか? 4.何ugのtotal RNAを反応させていますか? 5.GAPDHが検出できないというのは、何もbandが出ないのですか?それともnon-speのバンドのみなのですか?その場合、RT(-)の結果はどうですか? いろいろありますが、 GAPDHが出ないとなると何巡なケアレスである可能性が高いとは思うのですが,,

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

何度も申し訳ございません 1.RTのKitは昨年末に購入しております 2.Wistar ratで同じです。プライマーの塩基配列が正しいことはGenBankで確認しましたが、BLASTなどは確認しておりませんでした 3.アニリングは55度、合計35サイクルで、hot startです 4.説明書で必要量が10-5000ngでしたので、全て400ng位のtotal RNAを使用したことになると思います 5.全体的にゴーストのようにレーンが淡く染まっています。一部濃く見えそうな部分もあるのですが、同じ検体で違うプライマー(同じサンプルでGAPDHのプライマーと目的のプライマー)のレーンが全く同じに見えます BLASTは早速あたってみます。あとcDNAが出来ているかどうかは調べる方法はあるでしょうか?

  • 回答No.2
  • methyl
  • ベストアンサー率50% (29/58)

すいません、もちろんlabe→laboのミスタッチです。 あと、ついでにPCRは 片側だけですと一本のDNAが 2→3→4→5→・・・としか増えません。 両側だと 2→4→8→16→・・・ですよね。 とまあ、とにかく普通のPCRと同じことです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
  • methyl
  • ベストアンサー率50% (29/58)

RT-PCRはたしかにGAPDHまで出ないとなると厳しいですね。 まずは、あなたのlaboで他のRT-PCRやってる人はいますか? いるなら、とりあえず逆転写酵素がへたってたり、 GAPDH primer(共用なら)という問題はクリアしてるわけですし。 他にも、PCRの条件も再検討する必要が有るかもしれません。 例えpaperに載っていた条件でも, labeによってTaqが違ったりthermal cyclerの機種によって 同じ条件でもうまくいったりいかなかったりしますからね。 >primerはcDNAという1本鎖のDNAに対してでもsenseとanti-senseのペアーが必要なのはなぜでしょうか? これはあまり質問の意図がつかめないのですが、 通常のPCRと同じことですよ。 片側だけだったら、 いろいろな大きさのフラグメントができていきますよね。。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

早速のご返答ありがとうございます。 当方のlaboではRT-PCRは今まで誰もしていないようです。通常のPCRをしている方に相談しながらの施行で困難を極めているのですが・・・。 Taqは他のPCRをした際に上手く出てたので今回は問題ないと思います。primerはGAPDHを含めて新しくしており、Taq以外では共用はないです。 先生方でしたら、この状況でどこから問題の検討をされるのでしょうか? PCRの条件チェックやTaqの再検討は、RT-PCRではなく、通常のPCRをその種の動物検体(特にGAPDHをしようして)に行うことで検討が出来るかな、と思ってはいるのですが、いかがでしょうか? 他のcDNAの精製からPCRまで上手くいっているかの検討は未だ全く見当がつきません。 >primerはcDNAという1本鎖の・・・の部分はご説明をお聞きして、勘違いしていることに気づきました。ありがとうございます。

関連するQ&A

  • RT-PCRについて

    RT-PCRの質問です。 RNAからcDNAに逆転写するときに、Randam Primerと いうものがありますが、これってランダムにRNAに くっつくのですよね?だからいろんな長さのcDNAが できてしまうと思うのですが、Randam Primerを使っても 大丈夫でしょうか?Randam Primerの他に、オリゴdT Primer というのもありますが、どっちが逆転写に良いのでしょうか? あと、cDNAを増幅させるときのPCRで、遺伝子特異的な プライマーを使おうと思うのですが、1つのサンプルに センスとアンチセンスのプライマーを混ぜても大丈夫 なのでしょうか?あらかじめセンスとアンチセンスを 等量混ぜたプライマー液を作っといて、反応液に混ぜれば 良いのでしょうか?

  • RT-PCRにおけるプライマー設計について

    はじめてお世話になります。 通常のPCR時におけるプライマー設計は理解できるのですが、RT-PCRにおいては、はじまりが1本鎖のcDNAであるということでひっかかりを感じます。 cDNAの塩基配列がわかっていますのでそれをもとに遺伝子解析系のソフトを用いてプライマーを設計したところ、sense-primerの配列が、cDNAの相補鎖となるものと相補的になっていました。(anti senseのほうはcDNAと相補的だったのですが) 実験書を読むとsenseがまずcDNAとアニールして2本鎖になってから通常のPCRがはじまるというふうに理解できましたので、上記のプライマー設計ではPCRがおこらないということでしょうか? この場合はcDNAの相補鎖に対してプライマー設計をおこなえばよいのでしょうか。 それともこのままのプライマーでよろしいのでしょうか? よろしくお願いいたします。

  • RT-PCR

    RT-PCRでcDNAの作成を行っています 通常は、 RNA抽出物を逆転写して (polyA primerで) PCRへもっていっています。 しかし 先日ふと思い立って、 RNA抽出物を鋳型として そのままPCRしてみました。 すると、このRNA抽出物を鋳型としてPCRした場合も、 cDNAを鋳型とした時と同じ位置にバンドが出てきました。 このバンドは、鋳型RNAをRNAse Aで処理すると消えます。 このPCR産物の シークエンスをチェックしてみると、 目的遺伝子であることが確認できました。 (全長800bpの中の500bpのシークエンスを確認) RNA抽出キットはキアゲン社のものを使っています。 精製度が高いということなのでDNase処理は行っていません。 この場合、 RNAを鋳型として 目的遺伝子が増幅しているのでしょうか? あるいは、 ゲノムDNAがコンタミが原因で イントロンを含んだものが増えているのでしょうか? 通常、 DNA polはRNAを鋳型として 遺伝子増幅できないといわれていますが、 本当でしょうか? 何か参考になる文献があれば 教えていただけないでしょうか? よろしくお願いいたします。

  • RT-PCRトラブルシューティングとして

    こんにちわ。RT-PCRの初心者です。アドバイスを頂けたらと思います。 ある目的の遺伝子のmRNAを抽出してcDNA合成後、PCRで増幅してバンドを確認したいのですが、バンドが確認できません。 TRIZOLでの抽出及びキアゲン社のRNeasykitの両方で試しましたがうまくいきませんでした。OD260/280の値から見ると1.8-2.0で純度も悪くないと思います。そこから濃度計算しておよそ1μgほどをテンプレートとしています。RTにはキアゲン社のOneStepRT-PCRを使っています。 そこからPCR後に泳動するとバンドが確認できません。(ポジコンのサンプルです)違うサンプルではバンドが出ていたのでプライマーやアニーリングには問題が無いと思います。泳動も問題ないと思います。 そうなると抽出か分解かになると思うのですが・・。 自身で考えられることはしましたが改善できませんでした。 何か考えられる問題点とアドバイスをいただけたらよろしくお願いいたします。

  • GAPDH用 プライマー設計方法について(RT-PCR用)

    Humanの細胞から作成したcDNAを用いてRT-PCRを行う予定にしております. cDNAが正しく生成されていることおよび発現を検証したい領域がおよそ150bpのため,150bpほどのGAPDH(or β-actin)のPrimerを作成しよう考えています. GAPDH用のプライマーはどのように作成すればよいのでしょうか? Web検索などで450bp程度のPrimer情報は見つけることができたのですが,どのように設計したのかが不明でした. 指定したサイズのGAPDHのプライマーの設計方法をご存知の方がいましたらお教えください.

  • RT-PCRについて

    抽出したRNAからRT-PCRでcDNAを作成する際に、原核生物の場合はoligoーdT primerはpoli(A)-tail が存在しないので、利用できないと書いてあったのですが、実際手違いで利用したところなぜかmRNAを取り出すことができました。これはもしかしたらpoli(A)-tailが存在するかもしれないということなのでしょうか? この理由について知りたいのですが、回答よろしくお願いします。

  • RT-PCRについて

    RT-PCRをするさいに、oligodT3sitesAdaptor Primerをつかっているのですが、このAdaptorの役割はなんですか?またmRNAにAdaptor自身がひっついてしまうことはないのでしょか。それとAdaptorはcDNA合成後も離れずprimerに結合したままなのでしょうか。教えてください。

  • RT-PCRのランダム,オリゴdTプライマーについて

    今度RT-PCRを使用しようと考えております. そこで疑問なのですが,1st cDNAの精製の際に 使用するランダム,オリゴdTプライマーなのですが 両方の特性を考えると長いRNA上流に目的配列が 無いときやGCリッチがないときはオリゴdTプライマー の方がいいような気がします. しかし,他者の論文その他を読みますと 自分と同じような系で ランダム,オリゴdTプライマーを使用している方が 半々ぐらいいます.金額的にもオリゴdT,ランダム プライマー共に変わりません,何かランダムにする 理由が考えれますでしょうか? 宜しくお願いします.

  • RT-PCRでのプライマー設計

    生命理工学部の三年生です。 RNA発現量をみるためにRTーPCRを使うのはわかるのですが、このときなぜプライマーの設計をイントロンをはさむようにしなければならないのかがわかりません。どなたかご教示お願いします。

  • RNA抽出

    RT-PCRで、各組織でのRNA発現量の定量、比較を行っています このPCRのときに、RNA抽出物にDNAのコンタミがないかどうかチェックするためにネガコンとしてcDNA作成に利用したRNA抽出物を一緒にPCRを行っているのですが このRNA抽出物(吸光度で濃度が1,9)にもcDNAのものと同じ位置にバンドが出てしまいます PCRのプライマーは、イントロンを2ヶ所はさむように設計しているので、RNA抽出物にこのようなバンドが出てしまうのが理解に苦しんでいます RNA抽出キットはキアゲン社のものを使っています 精製度が高いということなのでDNase処理は行っていません 脳、肺ではこのRNA抽出物ではバンドが出ず、発現が高いと思われる肝臓でバンドが見られる(2回RNA抽出を行って2回とも)ので、このことも関係しているのでしょうか?? このバンドがなくなるまで定量はできないのでしょうか? アドバイスをいただけたら幸です