• 締切
  • すぐに回答を!

人事のかた。

  • 質問No.1255461
  • 閲覧数90
  • ありがとう数4
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 71% (28/39)

私は今、大学教授秘書をしております。26歳です。大学、大学院と音楽(ピアノ)を専攻しておりましたが、日本における音楽ビジネスの厳しさ、また自分の実力の限界を認めざるを得ない現実から、一度、音楽とは違う分野で社会に貢献したいと思い、音楽から離れたところで仕事をしたいと思い、今教授秘書をしている次第です。仕事にはやりがいを強く感じておりますが、もっともっと広い視野で社会を見たい、という気持ちから、転職を考えております。化粧品、食品関連の会社で企画に関わる仕事がしたいと考えております。仕事をやれる自信はありますが、私のような経歴では再就職は厳しいと思っております。しかしながら、少しでも可能性があるのでしたら、それに賭けて見たいという気持ちも強く持っております。人事の方は、私のような人間をどうお思いになりますでしょうか?何かよきアドバイスがございましたら、宜しくお願い致します。

回答 (全2件)

  • 回答No.1

ベストアンサー率 23% (306/1302)

スミマセン人事担当ではありません、一会社員です。
少し厳しい意見を言わせて下さい。

>日本における音楽ビジネスの厳しさ、、、
>化粧品、食品関連の会社で企画の仕事、、、
>仕事をやれる自信はあります、、、

今の日本では音楽に限らずどの分野でも非常に厳しいのです。
質問者さんは化粧品、食品関連の会社なら何故自信があるのでしょうか?
失礼ながら質問者さんはこれまでに普通の会社勤めの経験も全く無いのに自信がある理由は何ですか?
企画の仕事というのはその会社の仕事全般が解っている中堅社員が中心になっている部署の筈です。
全く何の経験も無い質問者さんのような人が簡単にそういう部署に必要とされる筈がありません。

ご存知でしょうか、今、日本の会社では正社員を雇わずに契約社員や派遣社員で人数を確保しているのが現状です。

質問者さんは現在教授秘書をされているとのこと。
一般の人達からみたらすごく羨ましいですよ。
また、これまでせっかく音楽に関係してきたのでしたら質問者さんのフィールドは音楽ではないのですか?
もし、転職するにしても音楽関連の仕事を目指すべきかと思います。

厳しい意見でスミマセン。
  • 回答No.2

ベストアンサー率 47% (142/300)

 人事部で採用を担当していた者です。
 ご質問を読ませていただいて、本質的な部分でお考え違いが有りそうですので、苦言を申し上げます。
 まず、文章は簡潔明瞭に。ご質問文は、余計な修飾語句が多い一方で、肝心なことが伝わってきませんね。

「音楽とは違う分野で社会に貢献したい」
 この節は不要。「社会貢献」などというのは字面は綺麗なのですが、当時のご自分の考えを正直に表現していませんよね。
「仕事にはやりがいを強く感じております」
 本当ですか?どんな点で?
 でも不満も有るから転職を考えているんでしょ?
「もっともっと広い視野で社会を見たい」
 では、化粧品食品関連の会社でキャリアを積んだ後には、さらに広い世界に出て行きたいということ?。
 それに「もっともっと広い視野」と言いつつ希望職種が限定されているのは矛盾していませんか。
「仕事をやれる自信はあります」
 何を根拠に?
 職務内容も知らない外部者がそんなことを言うのは、現にその会社で企画の仕事をしている人に失礼すぎませんか。

 はっきり申して、音楽専攻とか教授秘書といった経歴そのものよりも、24preludesさんの考え方あるいはその表現方法に問題が有りそうな気がします。むしろ経歴なんか、入社後の努力でいくらでも取り返せるのですから。
 そういった意味で、もう少し謙虚に、そして正直にご自分を見つめたうえで、転職をお考えになると良いのではないでしょうか。
 なお、現職を続けながら興味の有る会社に応募することも可能ですので、「賭けてみる」というほど大上段に構える必要も無いと思います。
お礼コメント
24preludes

お礼率 71% (28/39)

ご回答ありがとうございます。自分の考えの甘さを痛感しております。音楽ばかりやっておりますと、どうしても社会から離れたところにいる自分を感じてしまうのです。才能、実力のある優れた音楽家は本当に一握りです。それ以外の音楽家は、まったく陽の目をみることなく、終わってしまいます。そういう中、たまたま教授秘書という仕事につくことができ、世界レベルで研究をされている先生の仕事のサポートをすることにやりがいを感じてはいるのですが、おっしゃるとおり不満もあります。人間関係は狭くなりますし、自分から、という仕事はありません。もっと広い世界に出たい、という気持ちになったのも、就職していく学生や先生方の仕事を見ていて、そう感じはじめました。自分自身が責任をもって最後までやりとげられるような仕事をしたい、と感じるのです。今の仕事は、最後に責任を持つのはすべて教授ですから。それが悲しいのです。。今の自分を正直に見つめなおし、下積みでも何でもする覚悟で再就職をしたいと切に思います。本当に貴重なご助言をありがとうございました。見ず知らずの私に、厳しい意見をおっしゃてくださったことが、嬉しく思いました。
投稿日時:2005/03/07 14:37
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,600万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ