• ベストアンサー
  • 困ってます

デジカメの「TIFF」と「RAW」の違いについて

最近のデジカメで、ハイスペックモデルには RAW撮影機能がついていますが、 付属のソフトなどで、RAWをTIFFに変換した場合、 どのような違いがありますでしょうか。 RAWのまま現像する場合は、露出やホワイトバランスなどを、画質を落とさずに自由に調整がきくと思いますが、 TIFFに変換した場合、たとえばフォトショップなどで レベル補正やトーンカーブなどで調整できると思いますが、RAW現像と比べて違いはありますでしょうか。

noname#10717
noname#10717

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3

> 付属のソフトなどで、RAWをTIFFに変換した場合、 > どのような違いがありますでしょうか。 RawはCCDを通った光の情報そのものであり、それにカメラ設定が 添付されたものがRawファイルです。そして添付されたカメラ設定に もどづき付属のソフトなどで現像したものがTIFFファイルとなるのです。 少し強引にフィルムカメラに置き換えてみると撮影し終わった潜在フィルム がRawであり、DPEで現像する事がTIFFという事になると思います。 潜在ファイルか現像済みファイルか.これがRawとTIFFの一番大きな 違いでしょう。 > RAWのまま現像する場合は、露出やホワイトバランスなどを、 > 画質を落とさずに自由に調整がきくと思いますが、 いえ、そんな事はありません。Rawで撮っておけばあとでなんとでもなる と良く雑誌などでみかけますが、ご存じかと思いますが写真は光がなければ 撮れません。そしてある一定量の光をCCDに当てる事により像を作っている わけです。一定の光の量とは適正露出であるのが良いのでしょうが、例えば Rawで調整するからかなり暗めに撮ってRaw調整・・・というのは現像時に 擬色カラー(ノイズ)を増やす原因にもなります。このノイズはモニタで相対的には確認しづらいので、いざプリント すると赤く仕上がってしまった・・・や緑っぽい・・・などの原因になってきます。 それと白飛びした画像をRaw調整で露出補正し、現像しても白飛び部に情報が帰って くるわけではないので例えRawと言えどもある程度シビアに撮影する必要があると 私は思います。 > TIFFに変換した場合、たとえばフォトショップなどで > レベル補正やトーンカーブなどで調整できると思いますが、 > RAW現像と比べて違いはありますでしょうか。 TIFFにした場合、カメラ設定をすでに読み込んだ現像されたデータである事から補正すれば するほど階調情報は失われていきますが、Rawならば光の情報にカメラ設定をそのつど 適用させる形で補正が行えますから階調劣化は無いんです。 ただRawから現像されるTIFFファイルには2種類あります。8bitファイルと16bitファイルです。 この場合、16bitでフォトショップで読み込んだ方が情報が豊富にある事から補正による劣化は 少ないと言えます。ただモニタでは16bit出力が出来ないためその階調の豊富さを確認する事は 出来ません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。 分かりやすく読むことが出来ました。 参考になりました。

その他の回答 (4)

  • 回答No.5

#4です。 単板(CCD素子が1個)の場合、画素の上にカラーフィルターが付いていて、200万画素の場合100万画素が緑、50万画素が赤、50万画素が青となっています。 3CCDの場合色分光プリズムで入社光をR,G,Bに分光し、分光された光を白黒のCCDで受け、それぞれをR,G,Bとして映像としています。 色再現性は3CCDの方がいいですね。 SONYのCCDは良く知りませんが、多分Gの半分をシアン(実際には水色)にして色情報を得ているのではないかと思います。 富士フィルムの銀塩カメラ用フィルムでシアン層をつけたものがありましたが、それと同じ考えかただと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答、ありがとうございました。

  • 回答No.4

3CCDタイプでないデジタルカメラはRGBの画素がモザイク上に配置されている場合が多いです。 RAWはその画素ごとの光の強度(多分10bit)を順番に記録しているだけの状態です。 ですから、そのままでは映像になりません。 TIFF、Bitmap、jpegなどは、RAW画像を画素補完し各画素にRGB情報を入れた状態です。 多分この時に輝度情報は8bitになってしまうと思います。(RGB×8で24bit) この時なくなった2bitは主にガンマ補正などの画像調整に使われます。 この2bitがあるためRAWが後加工できると言われているのではないでしょうか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 ただ、3CCDと言うものが良く分かりません。 たしか、TV-CMで3CCDという、うたい文句のビデオカメラがあったように思いますが、それのことでしょうか・・・? SONYのデジカメで、RGBのほかにエメラルドグリーンのセンサーを持つCCDがあったと思いますが、それにも興味があります。

  • 回答No.2
noname#18887
noname#18887

順序としてはRAWファイルを現像処理してTIFFで保存しますが その段階で画像調整も行なうのが普通です。 何の処理もせずにRAWをTIFFに変換するだけならRAW撮影の意味がありません。 最初からTIFFで撮る方が後の手間(現像処理)がかかりません。 ですからTIFFになった段階で画像調整も終っているはずですが もちろんその後でTIFFファイルに対して再度の画像調整も行えます。 RAWへの処理とTIFFへの処理での違いは RAWは(使用カメラにもよりますが)56億色分のデータで画像処理しますが TIFFでは1600万色のデータに対しての処理になりますから 大きな調整を行なった場合には「数値上」では画像の劣化度合いが違います。 「数値上」としたのは、目で見て違いが分かるようなものではないからです。 違いが出るような画像を選んで、違いが出そうな処理をすれば「出る」程度です。 一般的な用途では大きな違いはないと思います。 大きな違いがあるのは現像段階ではなくて撮影段階です。 TIFFとRAWとで、約2倍の画像容量(RAWのほうが少ない)になりますから 撮影できる枚数が違ってきます。 RAW撮影のほうが2倍多く撮影できます。 それと、これもカメラによりますが TIFFにはPhotoshopの一般的な画質調整しか行えませんが RAWでしたらカメラ特有の機能を現像段階で加えることができますから 調整できる幅が広いです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。 分かりやすく、理解できました。

  • 回答No.1

凄く違います「RAW」の圧勝? >RAWのまま現像する場合は RAWは、生データ(未現像)のファイル形式の総称で、規格が、統一されていないので、それぞれの機種に対応したソフトでしか、開くことが出来ません RAWから他の一般的ファイルに変換することを、現像と云っています TIFF(現像済み)は、スキャナーなどで使用されている標準的なファイル形式で、画像劣化は無いようですが、ファイル容量が、大きくなります LZW圧縮等で小さくすることも出来ます TIFFの解説はコチラ http://yougo.ascii24.com/gh/07/000777.html

参考URL:
http://yougo.ascii24.com/gh/07/000777.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。 参考になりました。

関連するQ&A

  • RAWとTIFFの違い?

     RAWモードに関するほかの方の回答も 読みましたがいまいちしっくりこないので お教え下さい。  RAWもTIFFも非圧縮ですよね。 1)方式的にどこが違うのか? 2)画質、Photoshopでの後加工など、  どうゆうときにRAWとTIFFの  差が出るのか? 3)TIFFよりRAWが優れていると  単純に考えていいか? 4)RAWとTIFFの差を、実際の  画像をもとに説明しているホームページ  はないか?  サンプル画像があるページはありますが、 画像が同じではなく、また優位差の 説明もないので、違いが分かりにくいです。 RAWモードがついたデジカメのほうが 値段が高いので、その値段差がどの 程度画質に現れるか、概略を知りたく 思います。  

  • PhotoShop CS2でNikonのRAWを開くとCanonと違う?

    PhotoShop CS2でキャノンのRAWファイルを開くと色温度調整やトーンカーブやその他、細かい設定が行える現像ウィザードが立ち上がるのですが、ニコンのRAWファイルを開くと色温度と露出補正の2項目しか設定できない簡単なウィザードしか立ち上がりません。一応、Camera Raw プラグインはバージョン3.7にしています。 コレはどうしてでしょうか?(゜ -゜ )?

  • RAW撮影時に設定項目について

    RAW撮影について、教えてください。 撮影後にRAW現像するタイミングで、いろいろ設定を調整してJPGなどに変換することが出来るかと思いますが、撮影する時に考慮しなくてはいない設定はどのような点になるのでしょうか? (JPG撮影時と比較した場合に違いはありますか?) RAW現像だと、後で自分の好きなテイストに現像(加工)ができるようですが、例えば、ホワイトバランス・露出補正などは撮影時は気にしなくてもよいのですか? (撮影時に調整しても、RAW現像時に調整しても結果は同じ絵になる?) ISO・絞り・シャッタースピード・測光方式などは、撮影時に適切な設定にしておかないといけないように思われますが、その他の設定については如何でしょうか? よろしくお願いいたします。

  • RAWデータの現像とレタッチについて

    CANNON の50Dの一眼レフを使って撮影した写真を現像したいと思っております。 現像するにはカメラに付属のソフト「Digital Photo Professional」を使えばできますが その後レタッチも加えたいと考えていたので、 方法としてはPhotoShopのCamera Rawが使いやすいのではと思いました。 しかし、Camera Rawは画質が落ちるって情報を目にするので教えて欲しいのですが 単純に現像だけならDigital Photo ProfessionalとCamera Rawでは どちらがクオリティ高い画質で出力できるのでしょうか? さらにレタッチを加える場合は Digital Photo Professionalを使って色味等を調整後 →TIFFに変換 →PhotoShopでレタッチ でやる方法と、 最初からCamera Rawを使って 現像、レタッチと一度に処理する方法 ではどちらの方法が画質を落とさずにできるのでしょうか? よろしくお願いします。

  • Raw現像からプリントまで

    10年ぶりくらいにフォトショップを使います。デジタル一眼のRawデータの加工がメインです。ここで非常に簡単な質問です。 1 Rawデータを加工するときは、まずRaw現像で色やコントラストなどを整えてからTiffやPSDなどに変換してフォトショップで作業するのでしょうか。それとも、Rawを開いてすぐにフォトショップで加工をしたほうが良いのですか。 2 フォトショップで写真を加工する順番を教えてください。例えば、彩度→コントラスト→ヒストグラム→フィルター類など。 3 画質を考えるとPSDから直接プリントしたほうが良いですか。それとも、TiffやJpegに変換してからでしょうか。また、Jpeg/300Dpiの場合他の2つのファイル形式よりインクの使用量は少ないのでしょうか。 4 現代のフォトショップだと空と雲を簡単に分離(選択ツールなどで)できますか。4,5の時代にフォトショップを学んだので、当時は色選択→近似値の後は拡大して少しずつ選択していました。

  • RAW撮影とJPEG撮影のハイライトの違いは?

    デジカメでRAW撮影をしている方、教えてください。 最近の一眼デジカメでは、RAWフォーマットで撮影できるようになってますよね。これって記録画像が12bitと豊富なので、現像時のトーンカーブやホワイトバランスなどの自由度が増え、かつその際の画像劣化もJPEGに比べて少ない、というのは良く理解できます。 ところで同じ撮影条件(絞り+シャッタースピード+ISO感度)で、RAW撮影した場合とJPEG撮影した場合とで、ハイライト側の情報には差があるのでしょうか。 つまり、JPEG撮影した場合には、白く飛んでしまったハイライトのディテールが、RAW撮影ではちゃんと写っている、なんてことはあるのでしょうか。 もしそうだとするとRAW撮影の際、露出にあまり気を取られなくて済むので助かるなぁと思うのですが。

  • RAWについて色々教えて下さい

    1.RAWを現像するとどうなるのでしょうか? 必ずjpegかTIFF(又はその他)になるのでしょうか?RAWの画像を表示してRAWのまま保存はできないのでしょうか? 2.RAWは現像しないとPC上で画像を表示できないそうですが、RAWのサムネイル一覧を表示できるソフトがあったと思うのですが、どういう仕組みですか?それを使って現像しないで画面いっぱいに表示できますか? 3.100~1000枚位、まとめて現像できますか? (時間はいくら掛かってもいいです) 4.基本的に「RAWを現像(数十秒)→表示された絵を見てホワイトバランス等々を設定→保存」という事でしょうか?何百枚になるとそんな事やってられないと思うのですが、みなさんはどうやっているのでしょうか?

  • NikonCapture と PhotoShop

    NikonのRAW画像処理ソフトでNikonCapture4というソフトがありますが、この中で「追加RAW調整」の項目があり撮影画像の露出補正が出来ます。 これはPhotoShopで「色調補正」→「トーンカーブ」で補正するのと同じ原理なのでしょうか? 現在、RAWで撮影しNikonCapture4で露出補正を施しJPEGに保存しています。 JPEGで撮影しPhotoShopのトーンカーブで補正してJPEGで保存しても結果が同じであればRAW撮影は止めたいのです。 (JPEG圧縮による画像劣化は考慮しないものとする)

  • RAWデータの現像方法

    D70とD70SのRAW画像をニコンキャプチャーで現像したいのですが、アンシャープやトーンカーブの度合いが分かりません… 皆さんは全部の機能を使われているのでしょうか? 皆さんの補正はどのような感じで仕上げていますか? 参考にさせて下さい! 宜しくお願い致します。

  • キヤノンEOS 6で質問です。RAWで撮り

    キヤノンEOS 6で質問です。RAWで撮り、カメラ内でRAW現像で保存するのと6D に添付のDigital Photo Professionalで補正するのではどれぐらいの画質的に変化がありますか? 容量的にはカメラ内補正よりDigital Photo ProfessionalでPCで補正すると約2倍になりPCで確認すると画質には変化がないようですが全紙ぐらいでプリント現像すると変化があらわれますか 尚RAW設定でカメラ内でRAW現像するのと最初からJPIG撮り出しと同じ容量になるようです RAWで撮りでカメラ内でRAW現像は効果ないと思ってもいいですかね