• ベストアンサー
  • 困ってます

DNAとRNA

核の中で合成され、核の外に出てはたらく。 この記述がDNA、RNAにあてはまるか?という問題なのですが、 RNAが核の中で合成されること以外、テキストで調べても載っていませんでした。 両方とも核酸なのはわかるんですが、DNAの合成場所と両者がはたらく場所って、どこなんでしょうか。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 化学
  • 回答数1
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • 1fan9
  • ベストアンサー率33% (209/622)

核の中で合成され、核の外に出てはたらく。→RNAのことですね。 DNAの合成場所は、真核生物では核、ミトコンドリアや葉緑体です(核、ミトコンドリアや葉緑体から出ない)。(DNAは「働く」というか、主に遺伝情報の保存ですね…) 原核生物では、核様体や環状DNAかと思われます。 RNAの合成場所もDNAとほぼ同じだと思います。 RNAは比較的小さな分子なので核から出られて働けるといえます。tRNAもmRNAもrRNAも核外で働きます(主にリボソームで)。それら(tRNA、mRNA、rRNA)の前駆体は核に存在はします。 やDNA合成にかかわるプライマーRNAと呼ばれるものは核で働きます。 ちなみに何のテキストでしょうか。高校ですか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。これで高校の化学の勉強はひとまず終わりです。8日間で急いでやったのでしんどかったですが、次は生物です。 テキストというか、参考書ですね。高校の化学I・IIです。

関連するQ&A

  • DNAとRNAの違い(TがUになってる事ではない)

    RNAにはメッセンジャーRNA(mRNA)と転移RNA(tRNA)、そしてリボソームRNA(rRNA)があるそうですね。mRNAはDNAの情報を鋳方として核内で合成され、その遺伝情報を受け取って細胞質に移動し、リボソームと結合する(マイペディアより)……とありますが、要はRNAは全体としてDNAの情報を受け取ってそこからさまざまなタンパク質合成をしてるんですよね。 しかし、RNAは「リボ核酸」と和訳されるようにDNAと同じような核酸の塊ですよね。でも上記の話を考慮すると、DNAは設計図、RNAはつくる側、という気がします。この見解はあっていますか?あと、mRNAが持ってる遺伝情報をtRNAがリボソームへ持っていくときのその「遺伝情報」とはあくまでDNAの情報のことですよね? 紛らわしくていつもこんがらがります

  • RNA、DNAについて。

    自信がないので、正しいかどうか教えていただけますでしょうか。 正しいものを選ぶ問題です。 1.高等真核生物ではRNAのほとんどはtRNAではなくmRNAである。 2.高等真核生物では遺伝子の転写調節はcoding regionで行われることが多い。 3.DNAとRNAのヘテロダイマーは高等真核生物には存在しない。 4.高等真核生物のDNAは単鎖の分子として存在することが多い。 5.コドンは三つのヌクレオチドの配列で構成される。 自分の考え 1.RNAの細胞内での多さはrRNA>tRNA>mRNAなので、間違い。 2.転写調節は、coding regionよりも離れた場所から関与するので、間違い。 3.よく分からないのですが、チミンダイマーは存在するので、あると思い、間違い。 4.DNAは二本鎖なので、間違い。 5.その通りなので、正解。 三番はチミンダイマーはホモダイマーになるので、ヘテロダイマーとは言わないですし、ヘテロダイマーという現象はどのような時に起こるのでしょうか。 宜しくお願い致します。

  • 大腸菌のRNA,DNA同時抽出について

    こんにちは。初めて質問させていただきます。 現在、大腸菌のTotal DNA, Total RNAを行っております。 現在、RNAはHot phenol法で行っているのですが、この方法で、RNA, DNAを分離して両方回収できないでしょうか。 Hot phenol法では、water-saturated phenolを使っているので、水層にはRNA、フェノール層には、DNAが来ているはずですが、フェノール層からDNAが回収できればいいと思っております。 似た方法であるIsogenのプロトコルを見ると、フェノール層にエタノールを入れ、沈殿させていますが、これでDNAは沈殿するのでしょうか?一般的に塩がないとDNAは沈殿しないといわれていますが、フェノール層のDNAも沈殿するのでしょうか。 また、Hot phenol法以外にも。DNA, RNAを分離してそれぞれ回収できる方法があれば教えていただけるとありがたいです。

  • DNAがmRNAやtRNAやrRNAを作り出すんでしょうか?

    いままで、私はDNAと一緒に細胞の中に 最初からmRNAやtRNAというものが 存在していて、それが役割を分担して蛋白質を 合成するとばかり思っていたんですが、どうも 他のHPによると、DNAが自分で、mRNAや tRNAやrRNAを作り出して、そして、それらが 蛋白質合成をおこなう・・・と書かれていました。 そして、DNAがmRNA等を作り出すには、 RNAポリメラーゼという酵素が必要だとか? だとすると、RNAポリメラーゼという酵素も、 DNAが最初に自分で作り出してから、 mRNA等を作り出していくんでしょうか??? その辺の因果関係を詳しくご存知の方、 是非、教えてくださいませ。 あと、RNAポリメラーゼという酵素は、蛋白質ですか? 以上、何卒、よろしくお願いします。

  • 核酸ってなに?

    栄養の勉強していると、最近消化の話になって、核酸とか核タンパク質とか、核~が普通に出てくるようになったんですが、これって何でしょうか?調べたら、「核酸(かくさん)は、塩基と糖、リン酸からなるヌクレオチドがリン酸エステル結合で連なった生体高分子。糖の違いによって、2-デオキシリボースを持つデオキシリボ核酸 (DNA) と 、リボースを持つ リボ核酸 (RNA) とがある。」と書かれていたのですが、難しすぎてわかりません。だれか、小学生でもわかるように簡単に約して説明してくれませんか??

  • 核酸・生化学

    こんにちは。 現在大学の試験勉強をしています。次の核酸に関する問題がわかりません。 (1)核酸(DNA-DNA,DNA-RNA,RNA-RNA)は相補性があればアニーリング(アニール)は可能なのでしょうか?加熱処理したところで相補性がなくなくってしまうような気がするのですが・・・。 (2)形質転換をしたS型菌を培養するとほとんどのR型菌に戻るのでしょうか?一回S型になってしまったものは戻らないような気がするのですが明確な理由がわかりません。 (3)DNAの塩基配列決定法であるサンガー分析法には、アガロース電気泳動法よりもポリアクリルアマドゲル電気泳動法が良く用いられるのでしょうか? 両方可能なのでしょうか?またサンガー法には質量分析計が用いられることはあるのでしょうか? よろしくお願いします。

  • たんぱく質の合成について

    たんぱく質の合成の際の伝令RNAと運搬RNAとの関係がいまいちわかりません。伝令RNAは核内でDNAの二重らせん構造のうちの一本の鎖の塩基配列により転写され作られるが、運搬RNAはどこからどうやってきてどのように伝令RNAと結合するのでしょうか?くわしく教えてください。お願いします。

  • センター生物 DNA量

    根端分裂組織の細胞の核DNA量を1として、タマネギの細胞の核DNA量に関する記述として最も適当なものを選べ。 1,タマネギの葉の柵状組織の細胞の核DNA量は0.5である 2,タマネギの維管束の道管の細胞の核DNA量は1である 3.タマネギの種子の胚乳の細胞の核DNA量は1である 4,タマネギの種子の子葉の細胞の核DNA量は2である という問題で、正解は1なのですが解説を見ても全く理解出来ません。 タマネギの葉の柵状組織の細胞は体細胞分裂後の分化した細胞だから。 と解説にあるのですが、それはどこから分かるのでしょうか。 また3が誤りの理由として種子の胚乳の細胞の核DNA量は1.5だから。 とあるのですがなぜでしょうか?核相が関係あるのでしょうか?

  • DNA転写について

    ある参考書にDNA転写の問題があったのですが、 よくわからないので質問させていただきます。 問:DNA断片の解析を行ったところ、以下のような部分が見つかった。この中で、転写開始部位と考えられるもの、終了部位と考えられるものをえらべ。 また、この中で情報をコードしているDNAを コード鎖として転写したRNAを書け ア.5'-ATGAGACTTATTCTTTGTTTTCTTCCCCTTGGTGGT-3' イ.5'-TCGCATCTTTGTTATAATGTCTCCATACCCGAG-3' ウ.5'-AACCTGGCTCAGGACCTTCCTGAGCACACTG-3' このような問題なのですが、翻訳の場合開始コドンがメチオニンなので どこから始まるかは理解できるのですが、転写の場合の開始と終了は どのように判断したらよいのでしょうか?

  • 原核細胞

    原核細胞は核を持たないが、DNAが凝縮した「核様体」なるものを持つ…ということですが、これに関していくつか質問があります。 (1)原核生物は全て、もしくはその多くが核様体を持つという認識で合っているのでしょうか?ミトコンドリアや葉緑体も核様体を持つようですが、大腸菌なども核様体を持つのでしょうか? (2)真核細胞では分裂前期に染色質の凝縮が起こりますね?この核様体が存在する時期というのは、やはり原核細胞の分裂期になるのでしょうか? 原核細胞のDNAからタンパク質が生合成される仕組みについてはおおよそのことは知っています。RNAポリメラーゼによって転写合成されたmRNAを伝って、いくつものリボソーム(ポリソーム)が順次コドンをタンパク質へ翻訳しますね。この様の図解や、その手の電子顕微鏡写真も見たことがあります。 (3)この原核細胞内でのタンパク質の生合成は、核様体という凝縮した状態でも行われているものでしょうか?真核細胞ではDNAが凝縮した状態というのは、基本的に転写が不活性化している状態だったはずですが。 (4)大腸菌などは、本来のDNA以外にもプラスミドと呼ばれる環状DNAも持っています。核様体はプラスミドもその中に含むものなのでしょうか? (5)核様体はDNAが凝縮したものであるとはいうものの、ヒストンは含まないようです。真核細胞の染色体はヒストン以外にも、非ヒストンタンパクと呼ばれる、転写調節タンパクやDNA修復酵素などを含むようです。核様体はタンパク質など、DNA以外のものを含むのでしょうか? 以上5点、すこし長くなってしまいましたが、いずれも ●核様体は原核生物に共通する構造なのか? ●核様体を持つ原核細胞のDNAが常に核様体という姿でいるのかどうか? という疑問がそもそもの発端です。 よろしくお願いします。