-PR-
解決済み

申し込みキャンセル後の業者変更

  • すぐに回答を!
  • 質問No.1236714
  • 閲覧数299
  • ありがとう数4
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 50% (183/364)

-
先日、同じような質問をしてしまったたのですが。。
少し事情が変わってきましたので新しく質問します。

とても気に入った中古マンションがあったのですが、
金額が売り主さんとあわずに、諦める事になりました。

しかし、先日、仲介手数料が半額になる業者を発見し
同じ物件がその業者からも売りに出されていたために
再び購入を検討しています。

ただ、色々と調べていたら、あるホームページで
「一度申し込みをした後に別の業者から同一の物件を
購入すると仲介手数料を請求される場合がある」という
記述を見つけ、とても迷っています。

本当に業者を変更すると仲介手数料を請求されてしまう
のでしょうか?

自分なりに調べると。
申し込みをしても、それは購入の意思表示であり、
どのような理由でキャンセルしてもなんら
ペナルティはありませんというような記述は
見つかるのですが、業者を変更することに関しては
何も見つけることが出来ませんでした。

参考にしたHP
http://www.fudousan.or.jp/service/lecture/lecture_36.html
http://www.e-sumikae.co.jp/new/koramu326.htm

■補足
物件の内観手配をしてくれた業者と申し込みをした
業者は違います。

経緯としては。
内観してとても気に入ったが金額が高かったので
申し込みもせずにすぐに諦めてました。

その後、他の物件を紹介してくれた業者に何気なく
話したところ。ダメでも申し込みだけでもして
みないかということになり申し込みをしてみました。

が。やはり、私達の申し込み金額では売り主さんと
折り合わずにおわりました。

ちなみに。申し込みをした業者は私達から聞き出した
情報で、直接、お宅を訪問して交渉しています。

どうぞ宜しくお願い致します。
通報する
  • 回答数2
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
レベル4

ベストアンサー率 100% (1/1)

「一度申し込みをした後に別の業者から同一の物件を
購入すると仲介手数料を請求される場合がある」と書いておりますが、これは一度申し込みをして断られた不動産業者から仲介手数料を請求されると言う意味で解釈しますと今回、もし別の不動産業者で今検討中の中古マンションを購入しても一度申し込みをして断られた不動産業者からは仲介手数料の請求もきませし、もし請求がきてもお支払いすることはありません。
仲介手数料とは不動産売買契約を締結した時点でその物件を仲介した業者との間で発生するものであり、物件の紹介、内覧、交渉しただけでは支払う必要はありません。
似たケースで、稀にあるトラブルは、A不動産屋でいろいろ物件を紹介、内覧してもらい気に入った物件が見つかると知り合いのB不動産屋に依頼して契約してしまった場合などA不動産屋がB不動産屋に「人の客を横取りするな」とか業者間でのトラブルは稀にあるみたいですけど、直接購入者には何もありません。購入者にも不動産業者を選ぶ権利があるからです。ただ業者も時間を使って物件の情報収集、内覧をしていますので、このような事は絶対にしてはいけません。
今回は、一度申し込みを入れて、断られていますからこの物件の話は終わっていますので、ほかの不動産業者で交渉しても何も問題はありません。
お礼コメント
nsakurako

お礼率 50% (183/364)

お礼が遅くなり大変に申し訳ありませんでした。

丁寧な回答をありがとうございました。
とても参考になりました。
投稿日時 - 2005-03-23 19:04:06

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.2
レベル12

ベストアンサー率 27% (145/537)

このケースは微妙な問題を含んでおります。

最初の業者(A)に案内された時提示された売主の条件(金額・引渡し時期など)と、あなたから情報を得て交渉した次の業者(B)から提示された売主の条件が同一の場合、あなたが業者を変更する正当な理由がありません。

Bにとっては、ここで成約すれば「棚から牡丹餅」で手数料半額にすることは何でもありません。

そもそも、Bは売主から売却の依頼を受けていない業者のようです。(あなたの情報を得た後に交渉に行っている)

またこれは直接あなたには関係しない話ですが、売主とAとの間でどのような媒介契約が結ばれているか定かではありませんが、その契約形態によってはここでも問題が発生しそうです。

あなたの文面から察するに、Bはこのような事を常態的に行っている業者のようです。

このような業者は業界からは歓迎されてはいないと思います。

結論としては、あなたが再度Aに対してBと同じような手数料の減額を提案し、拒否されたらBと契約する、というのが本道でしょう。
お礼コメント
nsakurako

お礼率 50% (183/364)

お礼が遅くなり大変に申し訳ありませんでした。

丁寧な回答をありがとうございました。
なるほど、そもそもの道筋も違ったようです。。。。

勉強になりました。
ありがとうございました。
投稿日時 - 2005-03-23 19:05:51


このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
家選びの決め手、契約時に気をつけたこと。あなたの経験を教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-

特集


専門家があなたの悩みに回答!

ピックアップ

ページ先頭へ