• ベストアンサー
  • 困ってます

酸と塩基

(1)0.01mol/lの塩化ナトリウム水溶液 (2)0.01mol/lの炭酸ナトリウム水溶液 どちらのほうが、pHが大きいか? (1)KCl+H2O→HCl+KOH 強酸+強塩基なので pH=7 (2)Na2CO3+H2O→NaOH+HCO3(係数省略、因みにいくつになりますか?でてきません・・・・ NaOHは強塩基 HCO3は何ですか?? また、酸、塩基の強弱は暗記ですか? よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数8
  • 閲覧数1071
  • ありがとう数6

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.7

はーい。 ♯6の補足についてですが、強酸と強塩基だからpH=7っていうのがだめという理由は、あくまでも、これは、近似式によってほぼ中性であると判断しているからです。強酸と強塩基を混ぜると中性、ってのはあまりにも説明不足なんすよ。だからあまりよろしくない。式によって説明はできますけど、なかなか高度な範囲ですよ~ また、強酸と弱塩基では、必ず酸性になるし、弱酸と強塩基は必ず塩基性、弱酸と弱塩基は濃度にもよりますが、中性付近あたりですね。説明すると、高校1~2年の範囲を越えてしまうから、とりあえず暗記ってことじゃないかな。 暗記したほうがいいのは教科書に出てくる物質すべてです…(無機化学の範囲の酸と塩基)。同じ酸(塩基)でも強さの順番を参考書などで調べて知っておくと理解に役立つかも。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

返信ありがとうございました。 あいにく参考書ないです・・・・ そのようなことが載ってるHPなど知ってたら教えてください。 ご指導ありがとうございました。

その他の回答 (7)

  • 回答No.8
noname#160321
noname#160321

>>そのようなことが載ってるHPなど知ってたら教えてください。 はいー。お手上げになった代償に(?)お薦めのHPを挙げておきます。添付URLをご覧下さい。大阪教育大学天王寺高校 岡博昭先生のページ。さすが院まで出て教育歴ン十年の先生は違いますねー。このページの酸塩基の部分を拾って皆んな読んで下さい。高校はもちろん文系大学の教養化学までならこのページだけで余裕。

参考URL:
http://www.tennoji-h.oku.ed.jp/tennoji/oka/okaindex.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

とても参考になりました、ありがとうございました。

  • 回答No.6

ちわっす。 なんかみなさん混乱させる事ばっかかいてますね~ リアカー無きk…(略)はアルカリ金属、アルカリ土類金属の炎色反応であって強塩基とはなにも関係ないっす。 ♯3の方しか信頼できる回答はないっすねぇ。 さて、(2)ですが、水溶液中で、2Na+、CO32-イオンになりますね。この水溶液中でCO32-イオンはH202分子と反応して、2H2O+CO32-→2OH-+H2CO3ってなってますから(一部)塩基性。 手っ取り早く、炭酸ナトリウムは塩基性、炭酸水素ナトリウムは弱塩基性って覚えたほうが早いね~強塩基と弱酸の塩は塩基性って覚えてね。例:NaOHとH2CO3っていう強塩基と弱酸の塩であるNaHCO3は弱塩基性。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

>強塩基と弱酸の塩は塩基性 それは僕のいっていた方法と同じですよね? でもだめだっていってますし・・・・ それと、暗記したほうがよい、酸、塩基をすべて教えていただけないでしょうか?

  • 回答No.5

簡単な塩基の覚え方がありますが、知ってますよね? 一応かいとくと リアカーK村、動力借ると、するもくれない馬力 りあかーなきけーむら、どうりょくかると、するもくれないばりょく Li赤Na黄K紫、Cu緑Ca橙、Sr紅Ba(黄)緑 この中のCuを除いた全てが強塩基です

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

色はなにをいみしてるのですか?

  • 回答No.4

#2です。 まず、ご指摘のとおり、NaHCO3は炭酸水素ナトリウムですね。私の書き間違いでした。 あと、電離する時に生じるのはNa+イオンとHCO3-イオンの間違いでした。 電離というよりは、加水分解と言った方が正しいんでしょうか…忘れてしまいましたが、NaHCO3はNaOH(水酸化ナトリウム)とH2CO3(炭酸)、つまり強塩基と弱酸からできた塩、ですよね。 で、これが水と反応するとNa+イオンとHCO3-イオンが生じる、というのを加水分解と言ったような。 まとめると、NaHCO3は強塩基と弱酸から出来た塩なので、加水分解によってNa+イオンとHCO3-イオンが生じるが、これは酸性・塩基性に影響しない。 という感じでしょうか。長々と書いていますがあまり自信がありません… 私はセンター試験・某大学の二次試験の経験者(かなり昔の)ですが、先に挙げた強酸・強塩基だけでほとんど出来ましたよ。強酸・強塩基以外は皆、弱酸・弱塩基と覚えていました。意外と価数を間違えたりしていましたが…

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3
noname#160321
noname#160321

うーん、悩ましいなー。(--; >>強酸+強塩基なので pH=7 この覚え方誰か世界中でやめさせてくれないかなー。間違いじゃないからよけい悩ましい。良い説明がないものか。 >>(2)Na2CO3+H2O→NaOH+HCO3 以下のようになります。 Na2CO3⇔CO3(2-)+2Na+ CO3(2-)+H+⇔HCO3- (pKa2=10.33) HCO3-+H+⇔H2CO3 (pKa1=6.35) さらにこいつに H2CO3⇔CO2 + H2O と…、ここでやめよう。(--; 正しくはpKa1とpKa2の解離定数を用い、CO3(2-)とHCO3-とH2CO3の濃度の和が0.01mol/lになる、とします。さらに電荷のバランスからCO3(2-)*2とHCO3-とOH-の濃度の和が0.02mol/lになり、水の解離定数[OH-]*[H+]=10^(-14)を用います。やっぱ真正直に解くのは無理っぽいですね。 で、炭酸の第2解離のpKa2の値 CO3(2-)+H+⇔HCO3- (pKa2=10.33) のpH10あたりでCO3(2-)とHCO3-の濃度が等しくなりますからこのあたりが目安でしょう。 こうなるとやはり#2のお答えのような強酸、強塩基を覚える手になるのかなー、複雑な心境…。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2

Na2CO3 + H2O → NaOH + HCO3 じゃなく、 Na2CO3 + H2O → NaOH + NaHCO3 だったような… NaHCO3(炭酸ナトリウム)は塩なので電離はしますが、その時に生じるのはNa+イオンとHCO3+イオンなので、塩が酸性・塩基性に影響することはなかったはず。 なので、NaOHで塩基性側にpHがかたよる、としたような気が。学んだのは昔の話なので、何とも疑わしいのですが… あと、自分の学校の場合、強酸・強塩基は暗記でしたね。 強酸 → 塩酸(HCl)、硫酸(H2SO4)、硝酸(HNO3) 強塩基 → 水酸化ナトリウム(NaOH)、水酸化バリウム(Ba(OH)2)、水酸化カリウム(KOH)、水酸化カルシウム(Ca(OH)2) くらいは暗記した覚えがあります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

返信ありがとうございました。 >NaHCO3(炭酸ナトリウム) 炭酸水素ナトリウムといわないのですか? >NaHCO3(炭酸ナトリウム)は塩なので電離はしますが、その時に生じるのはNa+イオンとHCO3+イオンなので、塩が酸性・塩基性に影響することはなかったはず。 ここのとこがいまいちわかりません、教えていただけないでしょうか? 強酸 → 塩酸(HCl)、硫酸(H2SO4)、硝酸(HNO3) 強塩基 → 水酸化ナトリウム(NaOH)、水酸化バリウム(Ba(OH)2)、水酸化カリウム(KOH) うちの学校もこれだけでした、これで足りるのでしょうか?

  • 回答No.1
  • crosis
  • ベストアンサー率66% (14/21)

2NaOH  +  H2CO3  →  Na2CO3 になりますねぇ。実際、こんな反応でできるのかどうかは知りませんが。 H2CO3は炭酸ですよ。 係数を省略するといいことありませんから、書いた方がいいですよ。 ちなみに、水に溶解するときのことを考えると、 Na2CO3  +  H2O  →  Na+  +  OH-  +  NaHCO3 NaHCO3  +  H2O  →  Na+  +  OH-  +  H2CO3 な風に、段階的に反応が進みます。(実際は一瞬ですが)、、、ホントは生成過程も段階的に進むんでしょうねぇ。 ときに、最後のH2CO3は実は電離してるかもしれないのであしからず(覚えてません) HCO3というのは、普通はHCO3-イオンとなってます、この溶解の過程では、NaHCO3ですね。 私はあんま化学出来る方じゃないので、酸・塩基の強弱は暗記(?)なのかな。。。知らず知らずの間に覚えてました。余談ですが、オキソ酸については、一応ある程度の強弱判別の方法は覚えてます。 あと、benefactor_geniuさんの考えた、、 >(1)KCl+H2O→HCl+KOH 強酸+強塩基なので pH=7 Kじゃなくて、Naですね。 私の回答はあまり参考にならないので、他の人の回答を期待してください(汗)。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

返信ありがとうございました。 全然参考になりましたよ、あと、どのくらいの酸、塩基を覚えればよいでしょうか? あと、benefactor_geniuさんの考えた、、 >(1)KCl+H2O→HCl+KOH 強酸+強塩基なので pH=7 Kじゃなくて、Naですね。 すいません、Kでいいんですけど、問題文の (1)0.01mol/lの塩化ナトリウム水溶液 が違ってました、すいません。 さらに、なんか係数決められないなぁ~~と思ってたら、HCO3でなくてH2CO3ですね、すいません。

関連するQ&A

  • 酸・塩基反応

    酸の反応として、 強酸(例HCl)+弱酸の塩(CaCO3)→強酸の塩(CaCl2)+弱酸(H2CO3=H2O+CO2) になりますよね。 で、質問なんですが、塩基でも同じことができるのかどうかなんです。 強塩基(例NaOH)+弱塩基でできた塩(MgCO3)→強塩基でできた塩(Na2CO3)+弱塩基(Mg(OH)2)が起こるのでしょうか? 炭酸塩でなくて硫酸塩では、 2NaOH+MgSO4→Na2SO4+Mg(OH)2の反応が起こるのでしょうか?また、この反応はNaOHが塩基、MgSO4が弱酸として働く酸塩基反応(中和反応)と解釈していいのでしょうか? 頭の中でぐちゃぐちゃになってしまい、混乱しています。 よろしくお願いします。

  • 受験化学 酸塩基滴定

    NaOHとNaCO3の混合水溶液の濃度を調べる問題で  1.混合水溶液に過剰のBaCl2を加える  2.1の溶液にHClを滴下する という作業があるのですが1ではBaCl2とNaCO3が反応しNaOHは反応しない。2ではまずHClとNaOHが反応しその後HClとBaCO3が反応する。 これらの反応の有無と順番の理由は何でしょうか?酸塩基の強弱から来るのだろうとは思うのですが。上手い説明が出来る方お願いします。

  • 塩と塩の液性(酸・塩基)

    水に溶解させたときの塩の液性 強酸と強塩基からできた塩は中性 弱酸と弱塩基からできた塩は中性 強酸と弱塩基からできた塩は酸性 弱酸と強塩基からできた塩は塩基性 とあったんですが、「塩の液性」とあるのに、塩が塩基性だとか、酸性だとか いうのはどういうことなのかわかりません。 これは液性のことをいってるのではなく、塩の性質のことをいってるので しょうか・・・?? 酸性塩でも液性は塩基性を示すものだってありますし、 混乱しています。 もうひとつ質問ですが、 CH3COONa + HCl → CH3COOH + NaCl 酢酸ナトリウムも塩酸も0.1mol/lずつです。 酢酸が加水分解しないのは、H+がHCl由来のものだからなのでしょうか。 しかし、Na2CO3 + HCl → NaHCO3 + NaCl Na+ + HCO3- + H2O → H2CO3 + OH- Na+がOH-と結合しないのが不思議なんですが・・・ Na+は強塩基由来ではないですよね? 酸塩基は混乱することがいっぱいで意味がわからなくなってきました。

  • [化学]酸と塩基はなぜ反応するのか。

    高校で習う化学の酸と塩基について。 何時間もわからず悩んでいます。 調べても出てこないので、どなたか説明できる方、教えて下さい 「どうして酸と塩基は反応するのでしょうか?」 ブレンステッドの定義では、酸はH+を与える物質、塩基は受け取る物質となっています。 しかしなぜ酸はH+を与えようとし、塩基は受け取ろうとするのでしょうか? 反応後の方が安定だからですか? ではなぜ安定なのでしょうか?電子配置などと関係があるのでしょうか? わかりにくくてごめんなさい。 例えば、 HCl+NaOH→NaOH+H2O と反応が進むのはなぜ? HClがH+をNaOHに与えるから反応が進むといいます。ですが NaOH+H2O→HCl+NaOH という反応はありません。 どうしてH+絡みのものだと反応するのでしょうか?

  • 化学 酸性塩NaHCO3の水溶液の電離について

    <教科書> NaHCO3は水溶液中で次のように電離する。  NaHCO3⇄Na(+)+HCO3(-)  HCO3(-)+H2O⇄H2O+CO2+OH(-) <先生> NaHCO3は弱酸H2CO3と強塩基NaOHからできる塩なので、より大きいNaOHの方の電離度に合わせてすべて電離します。なので  NaHCO3→Na(+)+HCO3(-)  HCO3(-)+H2O⇄H2O+CO2+OH(-) というように電離します。 ・・・と、電離の一段階目が異なっています どっちが正しいんですか?もしくはどっちも正しいということもありますか?

  • 化学 東大入試 二段階の中和滴定

    水酸化ナトリウムと炭酸ナトリウムの混合水溶液を塩酸で中和滴定する場合について まず、フェノールフタレイン溶液を加える。 0.1mol/Lの希塩酸で滴定したところ、終点までに30mLを要した。 次にメチルオレンジを加え、同じ希塩酸で滴定を続けたところ、終点までにさらに10mLを要した。 第一段階での反応、第二段階での反応をそれぞれ書け。 第一段階 NaOH + HCL → NaCl + H2O Na2CO3 + HCl → NaHCO3 + NaCl 第二段階 NaHCO3 + HCl → NaCl + H2O + CO2 解説には 混合塩基を中和していく場合、強塩基から反応していく。 まず、NaOHと反応し、これがすべてなくなると、Na2CO3と反応し始める。 これがすべて反応し、NaHCOになる。 この点ではNaHCO3の加水分解により、弱塩基性を示し、フェノールフタレインが赤色から無色になる。 とあります。 質問なんですが、Na2CO3と塩酸が全部反応するまで加水分解って起こらないんですか? 解説を読んでいると、「HClとNaOHがすべて反応し、さらにHClとNa2CO3もすべて反応したときにはじめてフェノールフタレイン溶液の色が変わる」という感じですが、なぜですか? NaOHを滴定し終わった時点で、強塩基がなくなったわけですから、これだけでもすでに弱塩基になってしまっている気がするし HClとNa2CO3が反応している途中にも加水分解が起こるなら、絶対に最後まで反応しきったかどうかは分からなくないですか? どういうことなんでしょうか?

  • 塩と酸・塩基の反応

    (1)弱酸の塩と強酸の反応 弱酸の塩に、より強い酸を加えると弱酸が遊離し、強酸の塩を生じる。 [弱酸の塩+強酸->強酸の塩+弱酸] CH3COONa+HCl->NaCl+CH3COOH これは、電離度の大きい強酸のほうがイオンになりやすく、イオン性物質である塩をつくりやすいためである。 (2)(1)弱塩基の塩と強塩基の反応 弱塩基の塩に、より強い塩基を加えると弱塩基が遊離し、強塩基の塩を生じる。 [弱塩基の塩+強塩基->強塩基の塩+弱塩基] NH4Cl+NaOH->NaCl+NH3+H2O これは、電離度の大きい強塩基のほうがイオンになりやすく、イオン性物質である塩をつくりやすいためである。 (3)揮発性の強酸の塩と不揮発性の強酸の反応 揮発性の強酸の塩に、不揮発性の強酸を加えて熱すると揮発性の強酸が遊離し、不揮発性の強酸の塩を生じる。 [揮発性の強酸の塩+不揮発性の強酸->不揮発性の強酸の塩+揮発性の強酸] NaCl+H2SO4->NaHSO4+HCl これは、揮発性の強酸が加熱されることにより、気体となって反応系(反応する場所)から出ていくためである。 NaClが、(1)では強酸の塩になっていて、(2)では強塩基の塩になっているのですが、 どういう場合に強酸の塩になったり強塩基の塩になったりするのでしょうか。 また、揮発性の強酸が気体となって反応系から出ていくことが、どのようにして(3)の反応の理由になるのでしょうか。

  • 化学 pHの問題

    0.1mol/lの炭酸ナトリウムNa₂CO₃水溶液のpHを計算してください。 Na₂CO₃⇌  2Na⁺ + CO₃²⁻ 一段階目の電離は pKa=6.4 CO₃⁻ +  H₂O HCO₃⁻  +  OH⁻ 二段階目の電離は pKa=10.4 HCO₃⁻ + H₂O H₂CO₃ + OH⁻ 答えと計算方法をお願いします。

  • 高校化学 二段階中和の問題

    第一段階 炭酸ナトリウムと水酸化ナトリウムの混合水溶液20mlを0.10mol/Lの 希塩酸で滴定したところ、30mlを要した。 第二段階 同じ希塩酸で滴定をつづけたところ、終点までにさらに10mlを要した。 という問題で、解答には、 化学反応式 第一段階 NaOH + HCl →NaCl + H2O Na2CO3 + HCl →NaHCO3 + NaCl 第二段階 NaHCO3 + HCl →NaCl + H2O + CO2 より、混合溶液中のNaOHをx(mol/L)、Na2CO3をy(mol/L)とすると、 滴定(1)について (x+y) × 20/1000 = 0.10 × 30/1000 滴定(2)について y × 20/1000 = 0.10 × 10/1000 より連立して解くと書いてありますが、滴定(1)においてなぜNaOH、Na2CO3は20ml中 それぞれ何mlづつあるのかを考慮する必要はないのでしょうか。 例えばNaOHが5ml、Na2CO3が15mlの場合と、 NaOHが8ml、Na2CO3が12mlの場合とでは答えが変わってくるような気がするのです。 よろしくお願いします。

  • phを求める問題

    問1 0.1mol/L NaOH 1L に NH4Cl (分子量53.5)10.7gを加えると25℃においてpHはいくらになるか。ただし、容積の変化はなく、NH4Clの活量係数を0.8、NH3のpKbを4.76、log2=0.30、log3=0.48とする。 問2 0.1mol/L Na2CO3 を 0.1mol/L HClで滴定する場合の第1、第2各当量点におけるpHは?ただし、H2CO3のpK1、pK2をそれぞれ、6.37、10.25、log2=0.30、log3=0.48とする。 問1は 強塩基と弱塩基の塩なので、弱塩基が遊離してくることは分かるのですが… NaOH +NH4Cl = NH3 + NaCl 0.1 0.2 0 0 ↓    ↓     ↓     ↓ 0 0.1 0.1 0.1 ここからどうやってpHを求めればよいのか・・・ 問2は、 (1) CO3^2- + H+ → HCO3- (2) HCO3- + H+ → H2CO3 という反応は分かるんですが、そこからどうやってpHを求めるのか・・・ 困っています。 お願いします。