• 締切済み
  • すぐに回答を!

隣に自宅の基礎部分を削られ、境界線から侵入されて困っています。

 自宅の隣に大手建築会社が分譲マンションが建設しました。元々あった隣家は自宅が建つ以前に建てられ、高い塀もありました。自宅の土地の所有者と隣とが隣が建てた塀の外側までが隣の土地と確認していました。隣の塀を壊す前に桐の印を塀の外側に打ち付け、道路にも延長線上に印を打ち付けていましたが建設会社が新しい塀を作るにあたり、自宅の基礎部分のコンクリートを許可無く壊し、理由を聞くと私の家を測量したら書類よりも大きいから削った、と言うのです。既に建っていた塀の下まで掘って自宅の基礎を作ることはできません。昔の区画整理の時の測量記録を元にしたというのですが、近所の人に聞くと区画整理時には周囲の住宅も書類よりも大きい土地になっているとのことでした。また元の土地の所有者は自宅周囲の土地を切り売りしており、隣家との境界線がすべて一直線上には無いのですが、建設会社はマンションと接している別の隣家と自宅の両端を結んだ線を引き、その線からはみ出た領域をマンションの土地だと主張しました。そのときは双方の話し合いで建設会社と不動産会社が自宅基礎を削ったことを詫び、元に戻し、境界線は当方の主張するとおりで決着しました。今度は建設会社が新しく境界線側に作った花壇の外装のタイルが8mm境界線を越えて私の家側にはみ出ていました(前を隠されはみででいることは知らなかった)が突然許可もなく境界線の印をはがし、はみだしたところまで移動させようとしていたところを発見しました。理由を聞くと前の境界線が間違っていたといいます。これで2度目でどうしたらよいか困っています。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数1134
  • ありがとう数3

みんなの回答

  • 回答No.4
noname#4720
noname#4720

補足の内容を読んでも、どうも、これまでの複雑な事情が絡み合っているのだろうなという程度のことは分かりますが、正直なところ状況がよく分かりません。 土地境界に関する問題は、法律問題の中でも特殊の部類に属します。 弁護士の誰でもが得意としているわけではありません。 直ちにお住まいの弁護士会にご相談の上、土地境界問題に詳しい弁護士を紹介してもらい、紹介された弁護士に会って話をした上で信頼できそうな人であれば、その方に正式に依頼なさったほうが宜しいかと思います。 その際に、関係する書類は全てお持ちになって下さい。 これまでの経緯についても、簡単なメモ程度で良いですからお持ちになられた上で、順を追って、初めて聞く人に対しても分かり易く説明できるように準備しておかれた方が宜しいです。 弁護士費用は、原則的にはwani02さん持ちということになりますが、相手方の不法行為が原因になっている場合には、弁護士費用も相手方に対して損害賠償請求することができます。 お話をお伺いする限りでは、相手方の一方的な不法行為のように思いますが、詳細に事情をお聞きすれば、また判断が変わってくるかもしれません。 問題の建設業者に工事を依頼している土地所有者が不動産会社であり、その業者がお住まいの都道府県のみで営業している場合にはお住まいの都道府県知事の、それ以外の都道府県でも営業している場合には国土交通大臣の免許を得て営業しています。 不動産業も、建設業者と同様、5年ごとに免許の更新をしなければならず、免許を与える都道府県または国土交通省の担当部署の指導を受ける立場にいます。 それらの公共機関にご相談なさるのも一つの手です。 また、建設業者が建設業協会に加盟しているのと同様、不動産業者も全国の約8割程度の業者が(社)全国宅地建物取引業協会に加入しており、問題の不動産業者がそれに加入していた場合には(社)全国宅地建物取引業保証協会で、加入している不動産業者に対する苦情相談も受け付けています。下に、参考URLを載せます。 どの機関に対してもそうですが、何も知らない相手に、wani02さんの置かれている事情を判って貰えるように説明するためには、それまでの経緯、用意できれば写真や参考資料・協定書のコピーなども用意し、書面にして提出するのが一番良く、相談を受けた相手も動き易いです。 しかし、ご自分で作成するのが難しかったり、せっかく作ってもかえって判り難い物しかできそうもないのであれば、やはり専門家の弁護士の方に早めに正式に依頼して、その方の指示に従うほうが宜しいだろうと思います。 頑張って下さい。

参考URL:
http://www.zentaku.or.jp/

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3
noname#4720
noname#4720

わざとやっているとしたならば大分悪質な業者ですし、法律を知らずにやっているとしたならば質の悪い業者ですよね。 仮に、wani02さんの方が隣家にはみ出して何か構造物を建築していたとしても、wani02さんに何の断りも無く勝手にそれらを取り壊したりするのは民事上の不法行為となり、wani02さんは相手に対して損害賠償の請求(民法709条)が可能です。 また、刑法上ではその取り壊された構造物が、人がその内部に出入りできる建造物である場合には『建造物損壊罪(刑法260条):懲役5年以下』が成立しますし、建造物以外の構造物の場合には『器物損壊罪(刑法261条):3年以下の懲役または30万円以下の罰金若しくは科料』が成立します。 境界の印をはがして移動する行為は、『境界損壊罪(刑法262条の2):5年以下の懲役または50万円以下の罰金』が成立します。 刑法262条の2 「境界標を損壊し、移動し、若しくは除去し、またはその他の方法により、土地の境界を認識することができないようにした者は、5年以下の懲役又は50万円以下の罰金に処する。」 この罪は、例えその境界標の位置が間違っていたとしても、前の所有者とwani02さん宅とで両者了解の下設置した境界標である以上、関係者に対し何の了解も無しに勝手にこの様な行為を行えば成立します。 また、花壇という形であろうと、わざとwani02さんの土地を侵犯してきているとするならば『不動産侵奪罪(刑法235条の2):10年以下の懲役』が成立します。 相手業者の態度があまりにも悪質であると考えられる場合には警察に対して告訴するべきでしょう。例え最終的に証拠不十分で罪に問われなかったにせよ、精神的にはかなり痛い目を見ることになるでしょうし、懲りるでしょう。 民事的には、wani02さん側が所有権に基づく妨害排除請求の一つとして『花壇のはみ出している部分の撤去およびその部分の土地明渡し請求』をすることができます。また、度重なる不法行為による精神的損害に対する賠償として『慰謝料の請求(民法710条)』もすることができます。 花壇により侵害されたまま放置しておきますと、10年または20年後には所有権の取得時効(民法162条)が成立したとしてその分の土地所有権を失うことにもなりかねません。 早急に是正するよう申し入れ、従わない場合には速やかに民事訴訟を提起するべきだと思います。 また、裁判所を使わずに解決できそうな場合には、今後この様なことの起こらないように、その建設会社との間で境界に関する『協定書』を作成し、両者の間で境界に関する明確な取り決めをしておくと宜しいと思います。 この協定書の性質は、所有権の範囲を確定するためのものです。 境界の考え方には、所有権の範囲についての境界を表わす「所有権界」と地番の境界を表わす「筆界」の2つの考え方があり、学問上この両者は明確に区別されるものなのですが、この説明をし始めると長くなりますし、現実には、例えその両者の間に多少の違いがあっても、所有権の範囲について両者の間に争いが無ければそれ以後、その土地を新たに購入した人に対しても争いとはなり得ないので、所有権の範囲についての『協定書』を作成しておくことは今後の紛争を防ぐためにも有効なものだと思います。 以上述べてきたこと以外の方法として、建設業協会に相談をすれば、このような業者に対し、迅速に適切な指導がなされるようです。 また、建設業者は、建設業を継続するためは5年ごとに、その都道府県内のみに営業所を置く場合には都道府県知事の、2つ以上の都道府県にまたがって営業所を有する場合には国土交通大臣の、それぞれ許可を得なければならないことになっております。 従って、監督官庁であるそれら都道府県または国土交通省の許可担当部署に相談した場合にも迅速に適切な指導がなされるようです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
  • oo1
  • ベストアンサー率26% (100/378)

>これで2度目でどうしたらよいか困っています。 ケーサツ沙汰なのです。手続きを踏まなければ、境界損壊罪となります。法治国家では、手続きさえ踏めば人を殺すことすら出来ます。 (境界損壊) 第二百六十二条の二 境界標を損壊し、移動し、若しくは除去し、又はその他の方法により、土地の境界を認識することができないようにした者は、五年以下の懲役又は五十万円以下の罰金に処する。

参考URL:
http://roppou.aichi-u.ac.jp/scripts/cgi-bin/hanrei/hanrei.exe?209

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

ご回答ありがとうございました。アドバイスをいただいた後、警察へ数回足を運び、刑事に相談したのですが、現行犯でない、相手方がその場にいない、元々境界線という民事がらみであることから、まったく相手にされませんでした。 御礼が遅れましたのは、3回目の被害にあってしまい対処に難渋しているからで、申し訳ありません。 こちらに相談した後、当方が家の建て替えのために建物を除去しましたが、塀に吹き付けをしたい、と建設会社が申し出たため自宅土地へ入ることを許可したところ、塀を5cmくらい上塗りし土地へ侵入してきました。そのことを問いつめると、境界線の位置を協定書に記載したものでなく、座標のほうだと主張し、それ以上の話し合いに応じず塀を元に戻してくれません。協定書のほうが本来の境界線として法的に認められるものとも聞いているのですが、こちらは自宅建築の工事日程が大幅に遅れもう1ヶ月近くになりますが、未だに工事ができず困っています。 こちらは実際に工事をした建設会社に目の前でせせら笑われ、境界線の話は建設会社が土地の持ち主ではなく、他の不動産会社であったのでそちらで話せ、と逃げられ、どこへ怒りを持っていけばいいのか、当惑しています。何とかならないでしょうか。 刑法に明らかに触れることがあっても警察の力は及ばないようです。

  • 回答No.1
noname#1280
noname#1280

その業者の言い分は通らないでしょう。 もし仮に隣地同士が同意しても、勝手に筆界を動かすことは出来ません。 移動する場合は手続きが必要です。 http://www.jcp-itabashi.gr.jp/manshon/mansyon5.html http://ichikawaoffice.com/ichikawa/chousashi/sokuryou/tejun.htm http://www1.biz.biglobe.ne.jp/~buzz/fudousan/totikyoukai.htm http://www.okos.co.jp/asahi/gyoumu/02kyoukaihyou.htm http://www.koshoku.or.jp/qanda/ これらが参考になると思います。 しかし、そんな酷い『プロ』がいるとは・・・(T_T)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 隣の家との境界線

    私の家との隣の家が最近立て替えるので取り壊しました。 その際に隣の家が境界線の上に立っていた塀を取り壊し、 その際に塀の下にあった境界線を抜いたらしいのです。 親の代の頃に隣の家が境界線に塀を自分のところでお金を出すから 立たせてほしいといってきたのですが、 壊してから塀の外側までが自分達の土地だと主張してきました。 その塀の両端は塀を建てた後でこちらで境界線まで新たに塀を立てそれが残ったままになっています。 隣の家の立て替えている建築会社にクレームを入れたところ 地籍測量図からではよくわからないとのらりくらりとかわされので こちらも法務局で公図と地籍測量図を取り寄せ詰め寄りましたら、 土地家屋調査士で測量しますと態度を急変させました。 相手の会社で土地家屋調査士をいれ先日測量が終わりました。 結果は後日立ち会っていただきますとのことですが、 相手側で頼んだ調査士を信用してよいものなのでしょうか? また、境界線の杭を抜いたことは刑法の262条では犯罪みたいなのですが、 隣人以外に抜いた業者も同罪になるのでしょうか? また、違反だと通報するのはどこになるのでしょうか? ちなみに私周辺のところは昭和40年代に区画整理が終わり、 地籍測量図でも細かい値まで出ています。 よろしくお願いします。

  • 隣の境界線について

     よろしくお願い申し上げます。  田舎に介護のため家を空けていましたが、帰宅後隣の空き地に家の基礎工事が完成していたのでビックリ・・・・・・ 私の敷地の境界との間隔が30cmほどしかなく、施工会社に問い合わせると、前回隣の土地販売不動産屋との境界線の確認(口頭)をした境界線とはことなっていました。隣との境界には、ブロック塀があり、塀の半分半分に近い認識で確認していましたが、施工会社イワク塀をすべて隣の所有と聞いていますと・・・・・・・・    新築を建設するのに50cm離す民法があると聞きますが、施工会社は、下請けのようで、親会社からは、境界から40cmはなして基礎をつくりなさいと聞いているようです。  前回の土地販売の不動産屋から書面での取り交わしがなく、どのようにすれば、円満に事が進むのかと悩んでいます。お隣が家を建て引越後モメタクはありませんので・・・・・  また、当方のガレージの波板が、ブロック塀に少しでています。よろしくお願いいたします。

  • 公園と自宅敷地の境界線がブロック塀の中心??

    公園と自宅敷地の境界線がブロック塀の中心ってことありますか?? 敷地の境界線について質問です。 実家(昭和53年築)の隣地との境にあるブロック塀ですが 購入当時隣地は公園でした。 しかし半年後に隣地に家が建ってしまいました。(隣の敷地は公園ということで買ったのに詐欺??) 3年前、家の建替え時に建蔽率等を細かく計算する為土地を測量し直したのですが 隣地との境界線を示す印はなく、ハウスメーカーの方が「古い家は普通塀の中心が境界線になっていますので。」 と言われるままに測量してもらいました。 登記されていた面積と若干数字が違い、「昔の測量は結構適当なんですよ。」とその時登記し直したみたいです。 最近になって隣地の方が勝手に境界の塀の一部を壊してしまいました。 母が共有の部分を勝手に壊したので文句を言おうとしていたのですが ふとこの塀が本当に境界線の中心で隣との共有物であるのか疑問か出てきました。 購入当時隣地は公園。。家を建てた時にその塀も一緒に作られたものです。 建売でしたが普通に考えたら塀は公園との境界線の中心ではなく自分の家の敷地内に作るものだし家のものなんじゃ?? そんな疑問がでてきたのですがどうでしょう? 3年前に塀を境界線としてたぶん登記し直してしまっているので もう確認するのは不可能なのでしょうか?(ちなみに現状でも境界を示す印はつけてありません。) 隣は塀を壊して勝手に新しく作り変えるつもりのようですが 塀が共有物なのかこちらの所有物なのかで対応が変わってくるので 早めに知りたいのですがどのような方法がありますでしょうか?

  • 隣との境界線トラブル

    高低差(我が家が高い位置にあります)のある隣家との境界線トラブルです。境界杭(コンクリート)はありますが、塀などはありません。境界杭を確認しながら我が家の敷地内に主人の趣味である竹の垣根を作っっていたところ、非常識だとか、境界線のグレーゾーンに勝手にそんなものを作るなと言われました。もちろん境界線と思われるところより、家側に作ってあります。いくら説明してもかみあわないので境界線をはっきりさせたく、金銭的にもこちらの負担で測量士に依頼したのですが、相手側がなぜか理解できないことを並べ立て測量することに同意しません。 相手側の家は境界線を超えて私たち側の方へ、自分たちの樹木を植えてあります。それについてはこちらは全くクレームをつけたこともありません。測量はさせない、境界線の近くに垣根をつくることもさせないという隣家を相手に境界線をはっきりさせ、境界杭だけでなく目に見える形で境界線を相手に示すために、なにかよい方法、または規則・法令などがあるでしょうか

  • 境界線を越えてきました。

    隣の家が建設中です。 ウチは境界線の内側に塀を立てています。 隣が駐車場の後ろの塀を作っているのですが ウチが作った境界線内側の塀に 垂直に作ってコンクリートでつながれていました。 (Hの横棒な感じです) これって普通なの? 境界線をはみ出し、勝手にウチの塀に コンクリートでくっつけているなんて。 めちゃ腹立つんですけど。 施工主に直接電話したほうがいいのでしょうか? 今、ハウスメーカーの担当者に電話したのですが すっごい使えない感じで… さすが評判の悪いHMだけありますわ… 「境界線を越えて勝手にウチの塀まで コンクリートで固められるのは、絶対に嫌です」 と言ったら 「じゃぁ、どうしたらいいんでしょうね…。 両家がうちのHMで建てた場合は、境界線に塀を立てるので お互い広く使えていいんですよ」 とぬかしてきました。 境界線には、杭があったので、その杭上には入らないように ウチの塀は立ててあります。 今すぐ来い。と言ったのに遠いから明日でいいですか? と… 警察って動いてくれるものなんでしょうか? 直接、施行主へ連絡した方がいいのでしょうか? どうしたらいいのかご教授ください。

  • 土地の境界線トラブルです・・・

    よくあるトラブルなのかもしれませんが、土地の境界線のトラブルで困っています。。。 ぜひ詳しい方、お力添え頂ければ助かります。 どういうふうに説明すればいいのかよくわからないので、箇条書きで説明させていただきますと、 1近所に売地があり、売主の看板があったので、そちらに連絡して土地を購入したい旨連絡しました。 2「現状渡しになりますよ」ということで売買することに決定。公図を確認。 3両方土地に関しては素人のため、間に司法書士さんに入ってもらって、売買契約完了。 4件の土地は売主の担保になっていたので、担保の解約、土地の売買を同時に司法書士さんと銀行の方に立ち会ってもらって手続き完了。 5測量士さんに頼んで購入した土地を測量してみると、隣家の境界線の塀が公図のとおりではなく、境界が少しずれていることが判明。 (少しクロスしている状態です。) 6それと、塀から40cmくらいのところに杭がうってあることが判明。 7隣家と境界線のことで話合いに行った際、「杭のところからこちらの土地であるということでずっと住んできた。」とのこと。(隣人の言うことを了解すると、およそ4,5坪) 8境界をはっきりしておかないと面倒だと思ったため、分筆しようかということになり、「5坪ほどお渡しするので登記はそちらで払ってください」と話してみると、どうして、「登記代をもたなくてはならないのか」と言う話に。 9実際隣家の人は区画整理?の時に市役所の人と話して今の境界線に塀をしたらしい。ただ、法務局にも確認しましたが、公図は現在測量したものと一致しています。それで、隣家の人も「どうして」という思いがあるらしい。 わかりにくい説明だと思いますが、これがだいたい今現在の状況です。 わからないのは、 ・購入した土地の自分のものでもない5坪の固定資産税をこれからずっと払わなければならないのか?(分筆しない場合) ・売主には一切問題がないのか? ということです・・・。 正直言うと、お断りされましたが5坪ただでお渡しするのも納得できないです。 司法書士さんと売主と契約書を結んだとき、その契約書の内容に、土地に問題があった場合は代金が戻る(契約を解除できる)とあるんですが、そこまでしなくても、問題の部分の金額を返金してもらうとか法律的に可能かどうか知りたいです・・・。 迷うのは、購入時、「現状渡し」と言われたことですが、実際売主方も杭のことは了解していたようです。そうなると、実際自分の土地ではない部分を売ったことになりませんか?こちらはその坪分もお金を支払って購入しています。 わかりにくい説明で長々と読んで頂きありがとうございました。 どうか教えてください。よろしくお願いします。

  • 土地の境界線問題で悩んでます。

    土地の境界線問題で悩んでます。 以前隣人が当方が思う境界線より外側に塀を作ったため揉めていたのですが、 隣人が3年ほど前に引っ越し、 最近になり土地の売却に伴い測量するので境界線の確定を申し出てきました。 どうなっているのか確認のため地積測量図で調べてみたら登記されておらず、 実地でも特に印はありません。 ただ公図を測ってみると塀の造られている部分はどうも筆界を越えておりましたが、 塀は造られて20年以上経っているため、 おそらく時効取得になると思っております。 現状では隣人は立ち会いは民民での境界線確認を求めてきており、 当方としては後でまた揉めると困るので、 官民での境界線確認をお願いしようと思っておるところです。 ここで質問なのですが、 ・隣人宅は二方が密接した家屋に囲まれており、そういった場合でも土地家屋調査士は筆界と一致する調査は可能なのでしょうか? ・官民の場合の依頼の場合は土地家屋調査士に測量する費用を当方が負担しなければならないのでしょうか? (ちなみに当方は自分の土地を測量する気はないです) ・もしその塀の部分が時効取得されていた場合は先方に登記のやり直しを依頼できるのでしょうか? ちなみに隣人は税理士なので法知識には長けていそうで大変困っております…。 以上三点ですが、足りないところがあれば後で加えます。 宜しくお願い致します。 ・ 私としては第三者

  • 隣との境界線を移動したら塀の作り直しはどちらが持つ。

    測量の結果、隣との境界線に誤差があってわが家が隣の敷地側へ広く出来る場合、わが家の塀や囲いの植木は隣に作り変えてもらえるでしょうか。塀は我が家の方だけでお隣のはありません。

  • 隣との境界線トラブルについて

    10数年前隣との境界に生垣を作りました。剪定作業が出来るように境界線より自宅寄りに設置したのですが、最近になってそのスペースに隣人が私物を置くようになり撤去を求めると、境界は生垣の所だからここは自分の土地だと主張してきました。測量をしてはっきりさせようと提案したのですが、測量をするのは勝手だが費用は払わないしこちらの主張が正しい結果が出ても従わないとすごい剣幕で捲し立てられました。何か良い方法はないでしょうか?

  • 隣との境界線のトラブルについて

    今まで住んでいた家を壊し新しい家を建てました。 新しい家にもやっと慣れて、少し落ち着いてきた時に、隣の人が境界線について話があると言ってきました。 話の内容は ・今境界線に建っている塀は間違っていて、実際は数十センチ隣に入り込んでいる。 ・隣の人は前から知っていたが、自分たちもその事を知っていると思っていた。 ・実際は、自分たちは全く知らなかった。 ・隣の人は、隣同士良い関係が保たれていた為、あえて言わなかった。 ・ただ、間違っている境界線(塀)を考慮せず、家を建て外溝工事も始めたため、慌てて言ってきた。 ・家を建てるときに、境界線の確認を隣の人に確認してもらって行っていない。 自分に言わせると、立ち会って貰わず、境界線の確認を行ったミスは反省しますが、なんで今頃になって・・・というのが本音です。 今後どのような対応が1番良いのでしょうか? 因みに、土地は妻の所有なので自分はまだ細かいことを把握していません。