• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

オラクル、ファイルのミラー化について

  • 質問No.1213094
  • 閲覧数638
  • ありがとう数4
  • 回答数2

お礼率 100% (5/5)

新たにDBサーバーの構築を任され悩んでおります。

新サーバーはOSにAIX5L V5.2を使用し、73GのDISKを3基でRAID5のアレイにOS、Oracle10gをインストールします。

REDOログファイル、制御ファイル、アンドゥ表領域はミラー化すべきということですが、RAID5にした場合、パーティションは分割してもあまり意味は無い用に思うので、1つのパーティションにファイルをまとめて入れようと思っています。この場合、REDOログファイル等も同じパーティションにミラー化するのですが、特に問題ないでしょうか?それよりパーティションを分割し、ファイルを分割したほうがよいのでしょうか?パーティションを分割するとRAIDのメリットが無くなるような気がするのですが、、、よろしくお願いします。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 37% (34/91)

ファイルの多重化とミラーリングを混同されて質問されてますね。
(REDOログはシーケンス書き込みなのでミラーリングすべきというは
チューニングで良く言われています)

RAID5+1は、通常無い(3台ではそれ自体無理)ので、多重化を前提にしますと
その程度のディスク容量であれば、アプリ用とデータファイル用の
2つに区分けすれば十分だと思います。
AIXには触ったことはありませんが、単一パーティションにすると、iノード不足とか発生する可能性もあるかもしれないので注意してください。

ちなみにパーティションサイズは、故障時のリカバリー時間
にかなり影響しますので、慎重に設計してください。
(今回は正味150GB程度ということですので問題にはならないでしょう)

REDOログは、OTPだと相当な書き込み量になるので
あまり多重化すると、RAIDコントローラがパンクします。
クリティカルなシステムでなければ、2つにしておいた方がよさげです。
当然ですが、データファイル用のパーティションが故障して、REDOログが壊れたら
オンラインREDOログ使用したリカバリーはできなくなります。

老婆心ですが、もし大事なシステムなら知識のあるデータベース管理者を最初に雇った方がいいと思います。
なにも事前に施してなくて、壊れたときに呼ばれても何もできないというのは良くある話ですが、
やっていてもまったく使えないバックアップを毎週していたというのも良くあります。
お礼コメント
popeti

お礼率 100% (5/5)

大変参考になりました。ありがとうございます。

>なにも事前に施してなくて、壊れたときに呼ばれても何もできないというのは良くある話ですが、やっていてもまったく使えないバックアップを毎週していたというのも良くあります。

まさに、現状その通りです。もっと勉強します。
投稿日時:2005/02/14 08:44

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.1

ベストアンサー率 55% (526/942)

単一のRAID5上に、ミラーリングする意味はないと思います。
そもそも、ミラーリングの意義は、メディア障害の時のバックアップであり、
メディア障害の可能性の少ないRAID5であれば、必要性はないと思います。
どうせ、ミラーリングするなら、RAID5以外の他の装置へ取るべきです。

パーティションの分割については、RAID5でのメリット、デメリットに関係のない話であり
どちらでも良いでしょう。ファイルシステムの管理上、分けたければ、分ければよろしい。
お礼コメント
popeti

お礼率 100% (5/5)

なるほど、いろいろ参考になります。ありがとうございます。
投稿日時:2005/02/14 08:46
関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ