-PR-
締切済み

イギリス人との国際結婚

  • すぐに回答を!
  • 質問No.1196438
  • 閲覧数388
  • ありがとう数8
  • 気になる数1
  • 回答数3
  • コメント数0

お礼率 66% (2/3)

イギリス人の彼と近々結婚する予定です。アメリカ人との結婚やビザ取得情報は結構あるのですが、イギリス人とのケースがなかなか入手できません。おそらく、婚約者ビザをとって、英国できりかえなければならないのかとおもうのですが、それに必要と思われる書類も大使館のHPだといまいちわかりません。どなたか、必要書類、またその書類の入手、収集方法などお分かりの方がいらっしゃいましたら、お力添えください。
それから、イギリスで入籍・移住した場合、日本でも婚姻届をとどけるべきなのか(届けない場合なにか不都合があるのか)もおわかりでしたら、教えてください。
通報する
  • 回答数3
  • 気になる1
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全3件)

  • 回答No.2
レベル10

ベストアンサー率 25% (40/156)

1.「近く結婚することを証明するもの(式場の予約など)」について
英国では、登録官の立会いのもと、結婚することに対する意思を宣言しなくてはなりません。
私たちは、一番近いレジストリーオフィスで行いました。
まだ私が日本にいた頃、主人が予約を取ってくれて、
その予約証明書のようなものを、メールで送ってくれました。
入国した後、登録官との面接があり、簡単な質問をされました。
それから、式の予定がオフィスに貼り出されるのですが、
それに30数ポンドかかったかと思います。
プラス、式当日にもいくらか支払った覚えがあります。
式自体は、宣誓・リングの交換と結婚証明書へのサインだけで、
15~20分程度の、とても簡単なものです。
宣誓は、登録官の後に続いて言葉を繰り返すのですが、
覚えられないようだったら、頼めば宣誓が書いてある紙をくれると思います。
署名は、結婚する本人以外に、2名の証人のサインが必要です。
それが済むと、その結婚証明書をくれるのですが、
後々日本式の入籍やビザの申請などで、必要になり、
特に日本の手続きでは、書類は返してもらえないので、
余分に2~3通、結婚証明書を発行してもらうよう、
式当日にお願いしておくといいです。
あとから頼むとなると、自分達以外の方の署名をもらうのが面倒です。

ちなみに、認可されている教会やレストランなどでも、式は行えるようです。
(聞いた話によると、最近では登録官がその場にいれば、どこでもできるようになったとか?)

2.「両人が過去にしりあっていることを証明するもの」
どんな内容だったか、ちょっと思い出せないんですが。。。
たしか、私と知り合ったきっかけや、結婚することに対する意思など、
あれこれ主人が書いてくれたような気がします。
あとは、こちらに滞在している時に撮った写真なども、
ないよりいいかなと思って、付けたような気もします。

3.「両人の関係を証明する往復書簡」
これは、申請時には提出しなかったような気がするんですが、
定かではありません。
私たちも、ほとんどメールとチャット、電話で連絡をとっていたのですが、
3日に一通、手紙の交換もしていましたので、
面接時に一応持参しましたが、見せる機会はありませんでした。
ただ、私の面接時には、たまたま主人が日本に遊びに来ており、
大使館まで一緒にきてくれました。
少し話がずれますが、以前観光ビザで介護施設にてボラをしたことがあり、
それがまずかったらしく、かなり厳しく追求されたのですが、
きちんと答えられず、私も面接官もほとほと困ってしまい、
主人が面接室へ入室することを許可され、
面接官と直接話す機会を与えられたので、
手紙などを見せることなく、済んだのかもしれません。
個人的な意見になりますが、メールなどでも大丈夫では?と思いますよ。

とにかく、2人の関係の証明なんて、相手が日本人でも難しいですよね(苦笑)
書類不足で何度も大使館に行くのも面倒だったので、
主人に関するもので、持っていける物は、書簡以外の物も全部持って行きました。
提出したほうがいいかどうか分からない物は、
申請時に窓口で質問しましたが、あまり丁寧には教えてもらえませんでしたねぇ。
そういう場合は、封筒に全部入れて提出しましたが、
よっぽど必要な書類以外は、すべて返却してくれます。

ちょっと記憶がおぼろげで申し訳ないんですが、お役にたてたら幸いです。
また何かありましたら、いつでも聞いてくださいね。
お礼コメント
dnp

お礼率 66% (2/3)

ご回答くださいまして、ありがとうございます。とても詳しい情報で、いろいろな疑問点が解決いたしました。あとは彼に相談しつつ、進めていこうと思います。本当にありがとうございました。
投稿日時 - 2005-02-18 21:34:43


  • 回答No.1
レベル10

ベストアンサー率 25% (40/156)

おめでとうございます。

英国の法にのっとって、挙式等されるのでしたら、
まず、日本で婚約者ビザを取ることになると思います。
在日英国大使館に、メールでお問い合わせになれば、
同じくメールにて、詳細を教えて頂けると思います。
希望すれば、英語と日本語両方の説明文を送ってくれます。
私が婚約者ビザを取得したのは、数年前ですので、
今は多少変更等あるかもしれませんが、
申請に必要な書類は、かなり沢山ありました。
思い出せる限りでは、
・婚約者ビザ申請書
・婚約者からの手紙
・婚約者と自分の、財産証明書
 (銀行のステイトメントや残高証明書)
・婚約者の雇用証明書
・自分の戸籍謄本、旅券
・結婚式の日取りを証明する書類
私の主人は、離婚暦もあり、改姓もしていたので、
・離婚証明書
・出生証明書
・改姓証明書
も必要でした。

また、申請後、大使館での個人面接があります。
小さい部屋に面接官(イギリス人)と2人きりで、
婚約者のこと、自分のこと、出会ったきっかけ、
渡英経験、滞在時どんなことをしたか、等々
あれこれ聞かれ、答えられないと、かなり追求されます。
やりとりはもちろん英語ですが、
面接官との間には、ガラスのしきりがあり、
さらに私のときの面接官は、アイリッシュ訛りがあり、
非常に聞き取りづらく、返答に時間がかかったことで、
不審な印象を与えてしまったようでした(苦笑)
面接の日程は、4週間くらい待ちました。

婚約者ビザを取得し、英国に入国されたあとは、
6ヶ月以内に挙式しなければなりません。
その後、ロンドンにある、在英日本大使館に行き、
日本式の婚姻届を提出しなければなりません。
それから、HomeOfficeの指示にしたがって、
配偶者ビザを申請します。
(よく変更になっているようなので、HomeOfficeに直接問い合わせた方がいいと思います)

婚約者ビザ申請から落ち着くまで、
半年~1年はかかるかと思います。
不備なく書類を集めるのは大変かと思いますが、
彼にも協力してもらってくださいね。
お礼コメント
dnp

お礼率 66% (2/3)

詳しいご回答本当にありがとうございます。
大使館に何度聞いても、不親切で適切な答えが全く返ってきませんでしたので、途方にくれていました。
いくつか、追加でお聞きしたいことがあります。
1、ガイドブックの婚約者ビザを取る際に必要な書類という欄に「近く結婚することを証明するもの(式場の予約など)」とありました。私たちは、挙式することなく籍のみ入れる予定ですが、その場合はどう証明すればよいのでしょうか。あるいは、もしかして、英国では挙式は義務付けられているのですか?
2、同じく、ガイドブックに「両人が過去にしりあっていることを証明するもの」とありますが、具体的にどのようなものを提出されたのでしょうか。たとえば、上記に婚約者からの手紙とありますが、この内容は交際についての相手からの説明書ですか?それとも、それ以外の場合、どのような内容の手紙でしょうか。
3、また、同ガイドブックですが「両人の関係を証明する往復書簡」とあります。これは、プライベートにやりとりしたお互いの手紙でしょうか。私たちは手紙でのやりとりはほぼなくメールなのですが、これは、証明にはならないですよね。

以上のことについて、何かお分かりなようでしたら、ご回答いただけますと幸いです。よろしくお願いします。
投稿日時 - 2005-02-07 14:32:36
  • 回答No.3
レベル5

ベストアンサー率 0% (0/0)

ここで、国際結婚の手続きや相談、質問を受け付けているみたいですので、相談してみてはどうでしょうか?

http://www.itn-wedding.com

http://www.itn-wedding.com/question/question.html

ちなみに、イギリスで結婚した場合は、日本で届け出ないといけません。。。が、ほとんど罰則のないようなものですし、届け出なくてもわかりません。
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
-PR-
-PR-
結婚について悩んでいる人にあなたの体験を伝えてみませんか?
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


新大学生・新社会人のパソコンの悩みを解決!

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ